無料ブログはココログ

マイフレンズ

« 駅前ラーメン (JR千葉駅) | トップページ | カップ麺のことでガタガタぬかす奴 w »

2014年2月15日 (土)

やっぱ佐村河内って凄いよ!

Photo_2

ソチオリンピック、東京都知事選など色々と大きな話題がある中で、相変わらず毎日報じられている佐村河内氏の問題。もういい加減に飽きたという人もいるし、バカバカしいと思っておられる人も多い。私もそうだけれど、いや、そうじゃないか。むしろ、日に日に興味が沸いてきた。単に「このペテン野郎!」みたいな怒りは不思議にないし、実はどんな音楽だかそのHiroshimaって聴いてみたい。

続きは以下

http://www.oretachi.jp/shiba/zaki29/shibazaki_1450.htm#samura

*写真は、佐村河内氏に激似の某バー(幕張)のマスター。(笑)

« 駅前ラーメン (JR千葉駅) | トップページ | カップ麺のことでガタガタぬかす奴 w »

音楽」カテゴリの記事

コメント

耳が聞こえない作曲家・・・という部分が皆にとっての最大の興味となったんだと思います。オーディションで世に出たスーザン・ボイルなんかと一緒なのかなって。
彼女も容姿が悪いけど歌が上手いが皆の興味の目に止まったのかなって。彼女が普通程度の容姿ならそんなに話題にもならなかっただろうし(あの程度の歌唱力ならたくさんいますもの)。

だから彼は、柴崎さん仰るように戦略家として評価できますが、聴覚ハンデを演じきれなかった(手抜いてしまった)時点で、プロ?じゃなくなってしまった。
今後は、戦略家?としてどういう幕引きをするのかだけが興味対象であります。

耳が聞こえない、容姿が悪い・・・でも才能はある。皆、上から目線的に興味な気がします。自分より不幸な身の上の人に対して似非的に寛大と言いますか優しいと言いますか。クチ悪く言えば、「○○くせに上手」みたいな感じですかね。「立ち食いにしては美味しい店」みたいな感じのひどく上から目線のような差別的区別・・・。

う~ん、すみません、ちょっと伝達能力ナシですね

宮崎さん、伝達能力ナシなんて、とんでもない。
とてもわかります。
というか、私はこういうことを言いたかったんですよ。さすがです。表現力というか、文章化するのが私の何十倍も宮崎さんが素晴らしいです。有難うございます。
こういうことって、一歩間違えると、簡単にみんなの敵になってしまう。難しいですよね。

上から目線・・・。うまいこと言いますねえ。ほんとそうだと思います。私達って、障害者に優しくしているつもりでも、無意識に上から目線的なものになってしまっている時があるんでしょうね、きっと。
もちろん、気持ちよりも行動。街で困っている障害者を見かけたら、助けてあげたいです。
上から目線であっても。(← そこが難しい。)

佐村河内氏ですが、おっしゃるように、障害者を演じきれないことで諸々がバレて、今や日本中を敵に回した感じですが、ひょっよすると、損害賠償を仮に支払ったとしても、かなり金が手もとに残ると思うので、そこまで計算していたら、凄いですよね。

世の中、悪いことをやって、金を儲けている奴はいくらでもいるわけですが、法で裁いても、それでも差引結果的に大儲けしていることに変わりないというケースはいくらでもあります。逆に客にカラオケやらせて上がりはちょっとでも、JASRACに多大な著作権を払わななくてはならないケースもあります。ありゃりゃ、おかしな一例かな。

佐村河内事件で、私は今、別のところに興味を持ってます。というか、この一連のCDやら書籍やらコンサートで儲けていた関係者は本当に被害者なのだろうかというところです。ひょっとしたらずいぶん前に気づいていたんじゃないかって。
もしそうだとしたら、佐村河内が全責任を取るように動いているのも、ひょっとすると????

考えすぎですかね。

あ、それから、このやり取りをご覧になっておられる方、私も宮崎さんも、佐村河内が障害者のふりして云々というところは絶対に許せないので、誤解の無いようにお願いしますね。彼が戦略的に長けているというのは肯定的に言ってるわけではないので・・・。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/517676/59135611

この記事へのトラックバック一覧です: やっぱ佐村河内って凄いよ!:

« 駅前ラーメン (JR千葉駅) | トップページ | カップ麺のことでガタガタぬかす奴 w »