無料ブログはココログ

マイフレンズ

« 2013年8月 | トップページ | 2013年10月 »

2013年9月

2013年9月28日 (土)

魚力 @海浜幕張駅ナカ 立ち食い寿司

03
なかなかでした。
特にランチメニュー。
690円と890円の2種があります。
上はその安いほう。
十分です。
みそ汁付きです。
これにお好みで3貫プラスして1,000円ちょっとです。

塩とんこつタンメン

Siotonkotsu6

うっしっし、これがまた旨いのだ。

http://shibazaki.iza-yoi.net/zaki28/shibazaki_1399.htm#shiotonkotsu

2013年9月27日 (金)

ジミー竹内 記念館 久々の投稿があります!

Photo_2
うわぁ~、ジミーさん、めちゃ若いっ!!
(最後列の左端)

ジミー竹内ドラム教室の忘年会だか新年会の写真だということです。
プリントの端っこに77という数字があるので、おそらく1977年なんでしょうね。

千本さん、有難うございました。

http://www.oretachi.jp/jimmy/message.htm

(↑) 千本さんの記事は上のURLをご覧ください。

Tパパのチリ滞在記

Photo
皆さん、お待たせしました。

更新しました。

http://baytown.yokochou.com/osea/chile01.htm

更に、追加の記事、写真、色々あります。
鋭意更新中。

よろしくです。

2013年9月25日 (水)

しずる村上のラーメン二郎本がトラブル 「勝手に出したと店主が激怒」の情報

 お笑いコンビ「しずる」の村上純さん(32)がラーメン二郎のうんちくを本に書いたところ、東京・三田本店の店主が激怒したとの情報がネット掲示板に書き込まれ、物議を醸している。所属先の吉本興業では、こうしたトラブルがあったことを取材に認め、出版社が交渉していることを明らかにした。

 トラブルになっているのは、村上純さんらが光文社新書から2013年9月18日に出した「人生で大切なことはラーメン二郎に学んだ」という本だ。

ネタ元 = http://news.nifty.com/cs/entame/showbizddetail/jcast-184541/1.htm

うーむ。何が逆鱗に触れたんだろう。勝手に出したことは確かに怒られてしまうかもしれないけれど、しかし、タイトルから察してきっと悪いことは書いてない筈じゃないか。二郎の品格を傷つけることも書いてないだろうし。

それとも、味に関する門外不出の情報をバラしてしまったりとか?

まさかねえ。

読んでみたくなるな。

ところで、しずる村上というお笑いタレント(?)ってまったく存知ないのですが、こういうことでマイナスのイメージがついたら可愛そう。

2013年9月24日 (火)

あまりにも衝撃的なバイキング店(その3) そうか、その手があったな!!

先日来、印西のグリーンズKのことで頭を悩ませている。どうしたら750円のフリーアルコールを楽しめるかを真剣に考えていた。(笑)

あ、この前みたいに自転車で往復というのはダメよ。道交法違反でちゅ。もちろん食べるだけだったらOK。当たり前。でもね、どうしても飲み放題にありつきたいのよ、私としては。

どうせ駅から離れているし、飲まない人間にクルマを運転させて、というのが一番簡単だ。だが、よく考えてみると、一緒に行ってくれそうな知人、友人のいずれも酒を飲むのが大好きときたもんだ。あ、絶対に飲まないという人もいるけれど、そういう人のいるところで、少しならともかく大量に飲むというのはどうも気が引ける。

あるいは、電車で行けばいいのだが、海浜幕張駅から千葉ニュータウン中央駅まで行くのになんと890円かかる。つまりだ、往復すると1,780円もかかってしまう。これじゃ、せっかくの安さが台無しになってしまう。近所の居酒屋(海浜幕張駅周辺)で、ぐだぐだ飲んでいるほうがはるかにいい。

ま、そうは言っても、あの鉄板グリルで楽しく調理をしながら飲めるという点ではたとえ遠くても、少し電車賃がかかってしまっても仕方ないと割り切るか。うーむ、悩ましいところだ。その電車賃について更に言えば、海浜幕張から東松戸、つまり武蔵野線の区間の290円は納得する。しかし、東松戸から千葉ニュータウン中央の600円が許せない。高すぎる。かつて値下げしたかもしれないが、それにしてもだ。

そこで私は、いいことを考えた。このサイトにアクセスしてくれた貴方だけにこっそりと教えちゃおう。絶対に他言しないでね。いや、嘘、どんどん広めて頂いて結構。と、エラそうに言うほど凄いアイディアではないけれどね。

なに?
歩いてゆく???

せ、せ、正解。
なんでわかったの?

そう歩くのである。歩くのだったら基本的にただ。無料なのだ。あー、俺って天才。

で、距離をキョリ測のサイトで測ってみた。すると、25.4kmある。あららら、やっぱ遠いや。第一、そのべろんべろんに酔っぱらって帰ってくるにしても、25.4kmの夜道は危険だ。それに歩きたくなくなる。じゃ、どうするか。しょうがない、帰りだけは電車に乗る。それならば交通費が890円だけで済む。そうすると、食べ放題770円(休日は970円)+フリーアルコール750円+電車賃890円。合計で2,410円だ。うん、これなら納得の金額。よし、これで行きましょ!!

というわけで、誰かご一緒しませんこと?

これからの季節、秋晴れの空の下、花見川サイクリングロードをゆっくりと北上。いいじゃありませんか。途中まで、例えば10kmを少し越えた弁天橋のところで、待ち合せし、脚に自信のある人はそこまでランニングで行ってもいいし、マイペースで、ゆったりとジョギングと徒歩を組み合わせてもいい。そうしてエネルギーを使ったほうが安心して食べ放題に臨める。(笑)

それから、千葉ニュータウンの少し手前辺りにある結縁寺に寄ってもいいと思う。どうでっしゃろ。素晴らしいじゃあーりませんか!!!???

キム・ヨンジャ 浅草に歌う

Photo_3

いよいよですね。
皆様、ぜひぜひお越しください。

9月27日(金)、浅草公会堂大ホールにて開催です。

詳しくは以下へ。

メジャーセブン音楽事務所 : 03-5302-8633
http://www.major-seven.jp/

これも凄すぎじゃないかなあ~って件

Photo_2
テレビで観て、かなり欲しくなっている。
でも、これって、合計20万円くらいの購読しないとたぶん買えないんじゃないかなあ。

以前、知人が似たようなものを購読していたら、やはりそうだったようなことを言ってたと記憶している。

セブンイレブンのロコモコ丼が物凄くまいう~な件

Photo
アツアツのうちに急いで食べないと、と焦って写真撮ったのもあって、思い切りピンを外している。お恥ずかしい。

でも、うまかった。デミグラスソースのハンバーグ。最高っすね。

あのテレビCFで、玉子をスプーンで、切ると、黄身がとろーんと出てきるシーン。あれ、本当。まるでテレビでやってたのと同じ。あれをやりたかった。

おっと、そのとろーんというシーンを撮り忘れた。
やはり慌てて食べてしまった。(笑)

時々セブンイレブンの弁当シリーズを買うが、なかなかだと思う今日この頃。

2013年9月23日 (月)

打瀬中学校の演奏

こ、これは・・・。
素晴らしい、ベイタウン夏祭り2013、打瀬中学校の演奏だ。
ふーむ、こんなファイルがあるなんて知らなかった。

それにしても素晴らしい。

”あまちゃん”のテーマもやっている!
ディープパープルもやっている!!!

因みに、あまちゃんって、2回しか観てない。

それはどうでもいいか。

とにかく凄いなぁ。同校のブラバン。

それにしても、ベイタウン夏祭りの実行委員会のカメラマンは複数人いたけれど、誰もこの様子をスチールに収めてなかった。
うーむ、残念。

墓参り

Photo
木更津でした。
滅多にかち合わない弟が、これまたここ7年間は全然会ってなかった彼の次女、つまりワタシの姪を連れてきてました。

わぉ、ずいぶん大きくなりました。
社会人2年目です。
しかも、かわいい。
BF多数(?)ということ。

でも、素直で純情なんです。
彼女のおねえちゃんは、ちょいとやんちゃですが・・・。(笑)

Photo_2
矢那川には彼岸花が咲いていました。
上の写真では分かりにくいですが、よーく見ると、左右の川岸に赤いものが・・・。

なんか急に”つげ義春”の「紅い花」を思い出しました。

Photo_3
訳あって、今日もバイキングです。(笑)

あ、でも、私は今日はバイキングの気分じゃなかったっす。
いや、ほんと。

でも、その姪っ子と、弟の会話を聴きながらの食事は楽しかった。

うちは女の子いないから、改めて女の子のいる家は賑やかなんだなということを再認識した次第。(笑)

http://shibazaki.iza-yoi.net/zaki28/shibazaki_1398.htm

半沢直樹最終回と八重の桜

「半沢直樹」については、既にネットの至るところで語られているだろうから、私の拙い文章であれこれ書くのはやめておく。最終回の視聴率は50パーセントに達するんじゃないかという見方もある。確かに面白かった。サラリーマンの悲哀を分かりやすく描いていた。大袈裟なストーリー展開かもしれないけれど、割合現実にもありがちなところだろう。

一方、戊辰戦争が終わり、緊張感が一気に無くなってつまらなくなった「八重の桜」も、昨夜の「西南戦争」でワタシ的には再びボルテージが上がった。薩摩の西郷隆盛が挙兵するのだ。あの田原坂の激しい戦闘シーンなどをかなり端折っているけれど、それなりに迫力があった。佐川官兵衛も戦士する。

西南戦争は不平士族の新政府への蜂起であるのはご存知の通り。そのヘッドが西郷なのであるが、新政府をつくった立役者なのである。官軍から賊軍になってしまった悲しさ。それは脚本にもあったが、会津がまさにそうで、朝廷を守っていた立場の会津がいつの間にか賊軍になって、薩長軍に滅ぼされてしまう。それがその西南戦争では会津も加わった新政府軍に西郷軍が滅ぼされるのだった。

会津にとって、西郷軍を滅ぼしたのは、それこそ倍返しなのだろうか。いやそれは違う。

倍返し出来たとしても、失ったものはもう戻ってはこない。

そういう虚しさを感じてしまった。

ところで、吉川晃司の西郷はとても迫力があって、今までの西郷の中で一番好きだ。吉川そのものはこれまで申し訳ないのだが、軽視していた。ロックをやっていても、どうも、嘘くさい感じがして好きじゃなかった。若干世代も違うしね。俳優としては素晴らしいね。ロックの吉川もちょいと見直してみようかなあ。

さて、「八重の桜」だが、次回から見るべきものがあるのだろうか。西南戦争後、もう大きな話題も無いような気がする。あったっけ。「半沢直樹」も今回で終わったし、しばらくは日曜夜の楽しみが無くなってしまう。まあ、それもいいだろう。焦って帰宅しなくても、録画のセットであれこれ頭を悩ます必要もないし。(笑)

2013年9月22日 (日)

サッポロラーメンの「幌」(検見川)

01
十数年ぶりの味噌ラーメン。
続きは、以下。

http://shibazaki.iza-yoi.net/zaki28/shibazaki_1397.htm#horo

2013年9月20日 (金)

ゆらゆら橋

Photo_3
この時刻に、八千代にいることなんてめったにない。
でも、いい雰囲気だ。
新川に架かる通称ゆらゆら橋。

あまりにも衝撃的なバイキング店(その2)

01_2

お待たせ。グリーンK(鉄板焼きバイキング)の続きです。あまりのコーフン状態で、一気に書き上げてしまう筈だったのに、睡魔の急襲に勝てなかった。かなりのブランクで、いきなりの自転車、それも最近にしてはやや長距離なので、体がびっくりしたのだと思う。

さてっと、どこまで書いたんだっけ。そうそう、グリーンKの入口で看板を見たところまでですな。まず、店を入ったところで、「当店は初めてですか?」とお兄さんに言われ、「はい」と応えると簡単な説明してくれる。説明と言っても殆ど普通のバイキング店と変わらないが、食べ終わった後、食器を返却カウンタに戻す義務があるところがユニーク。そこが770円という脅威の料金の秘密なのだ。

驚くべきは、ランチタイムでも、ディナータイムでも料金が同じ。土日祭の料金は970円で、200円アップするのだが、でも、そんなの関係ないっ。970円でも近所にあったら寄ってしまうだろう。休日の飲みホはいくらなのかわからないが、やはり200円アップなのかしらん。でも、それでも安い。ちゃんとビールサーバーも完備しているしね。

いやぁ~、教えてくれた山下さんには心から感謝。

店内はめちゃ広い。そして綺麗。各席に鉄板グリルがある。殆どが家族連れ、夫婦、または恋人同士という複数人で来られている。それはしごく当然で、ひとりでこういう店に入るのって、ちょいと寂しい。一人で4人掛けのテーブルを独占している奴は、私を含めて5人いたな。いずれも、決まったようにブーデ。やっぱりなあ。私は自転車だから飲めないけれど、うまそうに、生ビールを飲んでやがった。羨ましい。770円プラス750円。つまり、1,520円で飲み放題&食い放題なのだ。こんな店、ほかには絶対無い。逆に近所に無くて良かったかも。近くにあったら絶対に今の体重より5kgはアップしてしまう。まじで。

まずは食材を取りにゆく。ま、色々あるんだけど、でも肉は、鳥モモと、豚バラの2種類しかない。あとイカかな。その点は一般的な焼肉バイキング店とは異なる点だ。それ以外はなんでもある。天ぷらやフライやら和風の惣菜など予め出来上がったものもある。握り寿司もある。私はそこに注目していた。寿司はまあ凄く美味しいとまではゆかないけれど、でも、十分な美味しさである。デザート系も充実している。ユニークな点は自分のテーブルでクレープをつくり、そして、そこに色々とトッピングできるのだ。それは楽しい。あと、フローズンなドリンク、これなんというのかな。要するにマックシェイクみたいなものもあるし、ソフトクリームマシンもある。これらが全部770円の中に含まれているのだ。更に、鍋まであって、豚バラ、野菜を入れ、うどんを煮込んでもいいし、うどんの変わりに中華麺もあるので、ラーメン鍋にしてもいい。もちろん、焼きそばだって、お好み焼きだって作れてしまうのだ。

私はまず、コーフン状態を落ち着かせる為に、出来るだけ冷静に色々並んでいる食材をチェック。そして、飲み物だけ取ってテーブルに戻ってきた。そしてゆっくりと深呼吸をする。最初が肝心。出来るだけたくさんは食べたいけれど、いいお歳になっているわけで、馬鹿喰いは許されない。そう自分に言い聞かせ、気持ちが落ち着いた時点で、寿司と、惣菜を取りにゆく。実は惣菜を多く取り過ぎて、これで結構満腹感70%くらいになってしまった。しまった、打ち合せと違うじゃん。私の中のブレーキ役がもう一人の大食いの私に注意する。しょうがないじゃん。次に、焼き物の食材を取りにゆく。豚バラ、鳥モモを適当に塩コショーして、食べる。ふむふむ。そして、豚バラで野菜炒めをつくる。野菜を食べることで、もう少し食べてもいいよ的な免罪符を手に入れる。

やばい。この時点で満腹度は90%。いや、もう限界かもしれない。暫く温かい緑茶を何杯か飲んで胃袋を沈着させる。そんなに簡単に満腹が解消されるわけでもない。でも、滅多に来れる店ではないし、それに、ブログネタとして、色々なものを食べましたという具合に自慢したいのだ。私にとってはたくさん食べることが一種の自慢なのである。馬鹿やっちゃたなあ、というのも私の自慢であり、また私の周辺はその馬鹿さ加減を評価してくれるのだ。仕方ない(笑)、頑張って、次にお好み焼きと、餃子を取りにいった。なんと餃子もあるのだ。両者とも旨かった。これを食べた後、本当に本当に限界なのだ。

カレーライスやら、うどんやら、スープなど、もっと食べたかったよ。ご飯もあるからチャーハンだって、雑炊だって出来た筈だ。そうだ、鍋も結局つくれなかった。やはり複数で来ないと、そういう楽しみが無いな。

再びお茶を飲んで、ひと休みした。そろそろ帰ろう。いや、でも、もうひとつだけ、うどんだけ食べたい。とろろもあるし、それだけテイスティングしよう。私の中のブレーキ役がどこかへ行ってしまった。それでも、迷いに迷い抜き、結果、うどんを取りにゆく。そこが私の卑しいところなのだ。でも、ちょっとだけにした。当たり前か。(笑)

02

しかし、このうどんが大ヒット。極太麺で、ぷるぷる、しこしこなのだ。いや~、たまげた。こういった類の店にしてはかなりいい麺を使っている。うわ~、どうしよう。もう暫く来ないと思ってたのに、すぐまた来たくなってしまう。例えば、このうどんをメインにして、サイドメニューで、惣菜などをちょこっと、あくまでも欲張らない程度でも770円という値段は全然OKだよね。カレーうどんにしてもいいし。ソフトドリンクも付いてるしさ。うーむ、こりゃやっぱり近くなくて悔しいかも。

ということで、胃袋がパンパンになった状態で再び自転車にまたがって幕張に向かう。幸いなことに、無風状態、月も煌々としているので、とてもいいサイクリングだった。ややもすると寒いくらい。月明かりに白く照らされた一本道。時々やはり自転車に乗った人とすれ違う程度だから、鼻歌なんぞを口ずさむ。ドリフの加藤茶のお巡りさんを想像して頂くといいかも。

おーっと、郷愁に駆られてきた。小学校低学年の頃、弟と床屋に行った帰り道。床屋で貰った飴玉をなめながら、月に白く照らされた田舎(木更津)の砂利道を歌いながら歩いたあの頃。段々歳取ってくると幼少の頃のことばかり思い出すってのは本当だな。というわけで、無事に帰還。到着時刻は22時を過ぎていた。復路は尻が痛くなったので、四回小休止した。また時間をつくれたら自転車に乗って・・・。

- - -

それにしても、仕事じゃない文章って、どうしてこんなにすらすら書けちゃうんだろうね。仕事だと全然はかどらないのにね。(苦笑)

- - -

以下、追加写真。

03
マイテーブルにマイ鉄板があるということは、冷めている惣菜なんぞも温め直しが出来るのだ。

Photo_2
夕暮れのベイタウン。
(撮ったのは、一日前だが・・・。)

2013年9月19日 (木)

あまりにも衝撃的なバイキング店

Photo
イマドキ、私の周囲にはまだ宅ファイル便の送り方が分からない人がいる。それがB君である。あ、これ見てたらゴメン。ま、でも、いいか。お陰で、先ほど会えましたものね。

ということで、写真データを取りにデザイナーのB君宅まで急遽行くことになった。午後5時半。そろそろ日が沈む頃である。B君の家は八千代。クルマで、とも思ったけれど、ガソリンが高騰の折り、節約したいのと、自転車で行けばいい運動になるということで、そうした。久々の花見川サイクリングロード。
(なぜか私の仕事仲間って八千代に住んでいる人多いっすよね。)

おお、久々にしてはいい調子。ぐんぐん加速する。風も涼しくて嬉しい。瑞穂の杜を過ぎた頃、日が沈んだ。代わりに東の空にぽっかりと満月が・・・。

そうだ、今日は中秋の名月。十五夜お月様なのだ。そういえば、花見川サイクリングロード沿いで、ススキの穂を採っている人が多かったな。中には明らかに「それススキじゃないんじゃない?」というのを採っている人もいた。まあ、どうでもいいのかな。(笑)

月光を浴びながら、さてさて、順調にB君宅へ到着。そんなに急いでもなく、かと言ってゆっくりでもなく、汗もかかずに楽々到着した。周辺は住宅街なのだが、真っ暗。やはり八千代って田舎なんだな。いや、失礼。たまたまB君の住んでいる界隈が暗いのだ。

再び、花見川サイクリングロードに出た。いや、その辺りは新川サイクリングロードである。時刻は6時半をまわったところ。このまま幕張に帰るのがちょいと勿体ない。もうちょい先、印旛沼まで走ってしまおうかとも考えた。コンディションもいいし、月明かりで、道の状態も良く見える。もちろん、ライトも装備しているけれどね。

実は、ここまで走りながら、グリーンタワーホテルの山下さんが以前FBに千葉ニュータウンのバイキング店の画像をアップしていたことを思い出した。腹も減ってきた。やはり、行き先は、印旛沼じゃなく、その店にした。ルートは印旛沼へ新川サイクリングロードを遡り、途中の神尾橋のところを左折。川五郎の脇を抜けて、そこからゆるく長い坂を上る。おお、順調。全然苦にならない。

「食」を求めて行動するときに、思いがけぬポテンシャルの存在が明らかになるのだな。我ながらアッパレ。(笑)

そして午後7時40分頃、無事に到着。「グリーンK」という鉄板焼きバイキングの店である。な、な、なんと看板には、「食べ放題770円」、「フリーアルコール2時間750円」と書いてある。
まじ? や、や、安いっ!!!!

ここから先のリポートはいずれまた。ちょいと疲れた。

(写真は、ラーメン鍋。私のではない。知らない人の鍋なんだけど、周囲に人がいないのを見計らって写真に収めた。鉄板焼きの店なのに、鍋も出来るのだ。私はその頃既に腹いっぱいでお茶だけ飲んでいた。w)

茂原公園の展望タワー

Photo_2
この写真、約3ヶ月くらい探しに探しまくって、見つからなかった。
ある雑誌に載せようということで、担当から依頼があって、そのときには確かある筈だということで気安くOKを出してしまったのだ。
残念ながら、掲載には間に合わなかった。悔しいので、折りある毎に、HDDの中やらDVD-Rなどを探したのだけど、結局出てこなかった。
その後、別のところからWEBに載せたいという依頼もあった。そのときには写真の所在が不明ということでお断りした。

何故、この写真が貴重なのかというと、この茂原公園の展望タワーは既に老朽化と財政難(?)で数年前に撤去されたらしいのだ。つまり今は無いのだ。無いのだけど、茂原市民、というよりも、茂原に以前からゆかりのある方々にとっては、とても懐かしい建造物だったらしい。

実は私もこの写真を撮った10年前、別の目的でここを訪れたのだが、時間があったらタワーに登ってみたいと思ったまま、あれから結局登ってないのだ。その後、まさか撤去されるなんて知らなかった。知っていたら絶対に登っていたのに。とにかくこのタワーの撤去を残念がっている同志の皆さんの中の一人に私を加えておくれやす。

しかしなあ、意外なところから写真が出てきた。驚き。如何にきちんと写真を整理していないかちゅうことですな。残念っ!!

2013年9月17日 (火)

宮入り

01
筒井さんや林さん達のお陰で、とてもいいものを見せて頂いた。
子守神社の宮入りの日。

上は、神輿を担ぐ直前の記念写真。
有り難く一緒に撮って頂く。

05
林さんの雄姿。
徐々に子守神社に近づく。

動画もご覧ください。

2013年9月15日 (日)

子守神社の例大祭 初日

02_2

時折バケツをひっくり返したような大雨の中、朝からの準備ご苦労様でした。
上は、(左から)佐藤さん、林さん、筒井さんです。
残念ながら、境内をトラックまでのほんの短い間しか担げませんでしたが、でも、お三方ともかっこよかったです。

筒井さん、似合いすぎ!!

実は私も筒井さんの計らいで、担がせて頂くことになってましたが、当日(あ、今のことです・・・)、急ぎのデスクワークがあって、NGでした。法被まで用意してくださったのに、すみません。ぜひ、来年、またお声を掛けてください。

2013年9月14日 (土)

三よ志のたこ焼き@新検見川

02
すげえ、うまい!!

http://shibazaki.iza-yoi.net/zaki28/shibazaki_1394.htm#miyoshi

2013年9月13日 (金)

名店「あまね」のご主人が今年ご逝去されていた

yoshiさんと一緒に花見川サイクリングロードを利用して行ったあの「あまね」さんに、近々再々訪したいなと思って食べログを見たら、マイレビュアのしろくまさんが閉店した訳(新店舗がなかなか開店しない訳)を解説されていた。

なんとご主人が亡くなったのである。

しかも、新店舗を建築中であり、写真で見る限り、もうちょっとしたら完成するというところまで来たのに。

なんということだ。無常だ。悲しすぎる。

以下は、しろくまさんの書いた同店の閉店に関する記事。

http://tabelog.com/chiba/A1204/A120402/12000968/dtlrvwlst/602595/

私は、ご主人と会話したことは無いけれど、でも接客は至って丁寧だっという印象がある。

以下は、初めて同店を訪れたときの、「しばざ記」。

http://shibazaki.iza-yoi.net/zaki16/shibazaki_793.htm

この後、確か、一年後くらいに、yoshiさん、まっきーさんとも行った。

ご冥福をお祈りします。

- * - * - * - * - * - * -

Photo
上は、しろくまさんの撮影された写真を拝借。
今年5月の新店舗の様子。
開店間近という感じですよね。

悲しい。

2013年9月11日 (水)

夏祭り 反省会

Photo
ベイタウン夏祭りの反省会をジャイネパールで開催。
問題点、改善点などを話し合う。

しっかし、飲み過ぎ、食い過ぎ。(笑)

2013年9月 9日 (月)

ライブ情報 ~外山安樹子トリオ~

外山安樹子トリオ 4th CD発売記念Live
~『Nobody Goes Away』~

2013年11月5日 火曜日 at Jz Brat(渋谷)

Members
外山安樹子(p) 関口宗之(b) 秋葉正樹(ds) 
Show Time
1st:Open 17:30 Start 19:30
2nd:Start 21:00 

Live System
入替なし 予約¥3,300 当日¥3,800
学生¥2,500(要学生証)


0909image1_3情熱的かつメロディアスなオリジナル曲が好評の外山安樹子が、待望の新作を引っ提げJZ Bratに2度目の登場。今回はスタンダードを3曲収録、今まで以上にジャズへの想いが滲み出る注目盤!精緻で緊密なトリオサウンドの美しさと熱く高まるアドリブのスリルの両方を楽しめるトリオです!

2013年9月 8日 (日)

BayChu-13 木更津ツアー

Photo
バンド仲間と一緒に、木更津へ。
めちゃ楽しかったっす。

http://shibazaki.iza-yoi.net/zaki28/shibazaki_1393.htm

ご近所さんとの飲み会

Photo

ちょいと飲み過ぎました。(苦笑)

http://shibazaki.iza-yoi.net/zaki28/shibazaki_1392.htm

2013年9月 5日 (木)

プリンターのことで真剣に悩む

今、私が使っているプリンタは、モノクロのレーザープリンタ。もうかれこれ6年は使っている。購入したときはおそらく4万円くらいだった。でも、今現在は1万円くらいで買えてしまう。

プリンタはまだまだ元気なのだが、ここに来てトナーが無くなってきたのか、ちょいと掠れてきた。うーむ、さて、トナーを交換しなくては。トナーは1万5千円くらいする。でも、約1万枚印刷が出来るので、1枚当たりのコストは1.5円。ま、高くは無い。

ところがだ、アマゾンで何気なく最新のプリンターの交換部品などを観ていたら、最近の機種のトナーはもっと安くなっている。それに、私の所有している古い機種と同等のスペックを有するプリンタが、前述の通り1万円で、しかも、3000枚くらいの印刷が出来るトナーが最初から入っているわけで、果たして、1万5千円を出して古い機種のトナーを買うことが正解なのかわからなくなっている。

因みに、知人に訊いたら、プリンターはなかなか下取りしてくれないらしい。トナーとか、インクカートリッジについてはリサイクルで家電量販店にも回収ボックスがあるが・・・。

つまり、新しくプリンターを買うのはいいけれど、古いプリンターは処分しなきゃならないわけだ。処分にはもちろんお金がかかる。いや、それ以上にまだ使えるものを捨てるということが、貧乏根性まる出しの私からして勿体ないのだ。

そうは言いつつも、テレビも、パソコンも、まだ使えるものを過去に処分しているわけで、今更、そういうことを考えてもしょうがないのかもしれない。

2013年9月 4日 (水)

キム・ヨンジャ「浅草に歌う」を開催いたします。

Photo
キム・ヨンジャ 浅草に歌う
日程 : 2013年9月27日(金)
場所 : 浅草公会堂 大ホール
開演 : 昼 14:00 (13:30開場) / 夜 18:00 (17:30開場)

料金 : 1階席 5,500円 / 2階席 4,500円  (全席指定)

受付 : 03-5302-8633

ますますご好評を頂戴しております、キム・ヨンジャのステージです。
大人気の為、ぜひお早めにご予約ください。
チケットの購入方法、振込先などの詳細は以下をご覧ください。

http://www.major-seven.jp/

(メジャーセブン音楽事務所)

1000円でワンドリンク付きチケット!!!

こんにちは。マリーンズ・スポーツカレッジです。
このたび、9月6日(金)に行われる「埼玉vs.千葉シリーズ」(千葉ロッテマリーンズvs.埼玉西武ライオンズ戦)にベイタウンのみなさまを特別価格でご招待します。
千葉の誇りを懸けた戦いにみなさまのご声援を!
たくさんのご来場、心よりお待ちしております。

http://www.baytown-mall.com/event/2013/marines-special.htm

おお。
これはお得じゃないですか!!!
みんなで行きましょう!!!

2013年9月 2日 (月)

夕刻は船橋にいました

05
先日、久々で西船の加賀屋に行ったばかりなのに・・・。(笑)
相変わらず、ここは旨いね。

早い時刻、クライアントさんとの打ち合せでした。

Photo
その後、少なくとも10年は行かなかった「かっぱ寿司」。
ひとりで回転寿司の店に入るのも20年以上は無かったかも。

02
何故、入ってしまったかというと、この平日88円ののぼりに目がくらんで。(笑)

そして、何故、今までかっぱ寿司には行かなかったかというと、以前入った同チェーンの他店(大宮だったかな?)で食べたときに、ネタがぱさぱさ、ごはんがぱさぱさでまずかったからだ。その更に前に食べた他店(あれはどこだったっけ?)で食べたときも同様だった。

あれはたまたまだったのか、それとも、そんなものなのか、最近、改めて確かめてみたかったのもある。

でも、今日食べてみると、ちゃんとはしていた。
10皿食べて920円は嬉しい。

http://shibazaki.iza-yoi.net/zaki28/shibazaki_1391.htm

WE'RE ALL ALONE by 是方博邦 and Rainbow Jam

「We're All Alone」
Hirokuni Korekata and Rainbow Jam Live in Baytown Jazz Street 2013
是方博邦(g)、石川俊介(b)、熊谷徳明(dr)

ウィンドノイズたっぷりで、お聴きぐるしいとは思いますが・・・。
今から考えると、あれだけ強風だったので、ラインで音を録れば良かった・・・。
ちょいと残念でした。

まあ、そんなに余裕無かったしなあ。
しょうがない。

ある意味、ウィンドノイズのお陰で、あの状況のリアルな雰囲気が分かります。
とにかく現場にいたあの喜びを共感できますよね。

なんて、苦しい弁明。(笑)

2013年9月 1日 (日)

ベイタウン夏祭り 終了しました!!

Photo

ベイタウン夏祭り 終了しました。
楽しかったけれど、疲れた。
強風で極度のストレス。
思ったようにオペレーションが出来なくて、悔いの残る、ちょっぴり苦い夏の締めくくりとなりました。
反省点が多々ある。悲しい。
せっかくご来場くださった知人、友人の皆様にもちゃんとご挨拶できなかった。
でも、是方さん、サイコーだった!!
ご来場の皆さん、スタッフの皆さん、出演者の皆さん、有難うございました!!
本日朝のゴミ拾いにご参加の皆さんも有難うございました。
さてさて、本日はなんとなく、気の重い一日です。
疲労感、脱力感に加えて、本来ならば一か月くらい前にやっつけなきゃならない仕事が山積している。夏休みの宿題を焦ってやっている感じっす。

http://shibazaki.iza-yoi.net/zaki28/shibazaki_1390.htm

« 2013年8月 | トップページ | 2013年10月 »