無料ブログはココログ

マイフレンズ

« 黄昏のギター | トップページ | 宮田ボクシングジム »

2013年6月24日 (月)

夕暮れのセンベロ(立石)

大阪のセンベロもいいけれど、立石もやっぱいいね。

四谷で緊迫した打ち合せを終え、へとへとになりがら、とにかく一刻も早く立石へ・・・。
そう、今夜は宇ち多゛のもつ焼きでべろべろになりたいのだ。

でもまずは腹が減ってしまったので、玄庵のそばを食べて・・・。

Photo
京成立石駅で降りて、夕暮れの奥戸街道を西へ。

ところがですね、なんと玄庵はお休み。
なんてこったい、臨時休業だって。
まいった。

しょうがない。それでは宇ち多゛へ。

01
これこれ。この黄金水。
これ2杯でべろべろ。

02
レバ 塩 若焼き。
うわ~、うめえ!!

この時刻だと、殆ど売り切れで、レバ、ガツ、シロ、アブラしかない。
もちろん、それを全部2本ずつ頂いた。(笑)

03
ダイコン 酢。
これもうまいよね。

ご馳走さんっ!

締めて1,260円だったかな。
1,000円を多少オーバーしちゃったけれど、でも、結構いい酔い心地。

もうちょっと食べたい気分。

ということで、宇ち多゛の斜め前の東京屋台という店にハシゴした。
酔った勢い。(笑)

07
お話好きのご夫婦がやっているほんわかした店。
ナスの天ぷら、レバニラ炒め、辛しらっきょ、コハダを頂く。
ホッピーの大ジョッキ2杯。
いや~、楽しかったぁ~~っ!

右側のおじちゃんは御年80歳。
超元気!!
おばちゃんは75歳。
栃木県出身の山登りが大好きな元ギャル。(笑)

居酒屋さんは新宿で10年、中野で30年、立石で2年という経歴。
立石は息子さんの家が近いので、いつ倒れてもいいようにということで引っ越してこられたそうだ。

08
写真の真ん中の人物。
もちろん、あのボクシングの元世界チャンピョンの内藤大助だ。

彼の地元は立石。
下町のチャンピョンなのだ。

« 黄昏のギター | トップページ | 宮田ボクシングジム »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

そうだ。今、思い出した。
宇ち多゛に、OLさん風のお一人で来られていた女性が、すげえ飲んで、しかも食っていた。
男真っ青のおやじギャル。
いいね、俺、そういう人好きだよん。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/517676/57660946

この記事へのトラックバック一覧です: 夕暮れのセンベロ(立石):

« 黄昏のギター | トップページ | 宮田ボクシングジム »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31