無料ブログはココログ

マイフレンズ

« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »

2013年1月

2013年1月31日 (木)

午後8時の東京駅

Photo

日中は暖かだったけれど、夜になって冷えてきた。

http://shibazaki.iza-yoi.net/zaki27/shibazaki_1301.htm

2013年1月30日 (水)

木更津で5km走る

病院の老母と色々話をしてから実家に行く。既に午後6時半を過ぎ、暗くなってきた。いや、木更津ならではの暗さだ。都内ではギンギンに明るいというのに・・・。

さて、仕事道具を広げて、でもな、もう仕事したくない感じ。
コタツに入ってぼんやりしていた。

もう手術しか治す手段はないんだって、と私が言ったときの母の悲しそうな顔がまぶたの裏に焼きついてしまった。

木造で、まあ、木更津の近辺の家に比較するとそう大きな家でもないけれど、ここに一人で暮らすとなったら寂しいよな。そのいつもいる老母も今は病院で、もうかれこれ3ヶ月近く家に居ない。

一度、正月にちょこっと帰ってきたのだが・・・。、

寂しい。
そして、虚しい。

モヤモヤが心の中を占拠していて、こりゃ走るしかないと決めた。

特にランニングする格好をしているわけではない。
ごくごく普通の格好で走ることにした。

ただ、途中で暑くなるといけないので、ジャンパーの中はTシャツだけにした。

ネットのキョリ測で、5kmを設定して、準備OK。

でも外に出ると物凄く寒かった。
日中は暖かったのに・・・。

まず線路のところまで走って、そしてそこを左に折れ、君津方面に向けて線路沿いの道を走った。誰も歩いていないし、時々クルマがすれ違う程度。電車は合計3本すれ違った。とても寂しい。

東の空からのったりと丸い月が出てきた。1割くらい上部が欠けているようだ。

桜井というところの折り返し地点で、ふと、小学校時代の同級生の家がこの近辺にあったのを思い出した。小さな一軒家の借家である。行ってみた。驚いたことに、築50年くらいは経っているだろうその家がまだ残っていた。

暗いので確認するのは大変だったが、表札にはその友人の名前が書いてあった。そして中からは光が漏れている。小さな庭にはグレーの軽自動車がとまっていた。雰囲気からすると若者が乗っている感じだ。となると、私の友人のお子さんなのだろうか。それとも友人が乗っているのか。

なんとなく、ちょっと嬉しくなったし、懐かしかったけれど、同時にとても寂しい気持ちになった。なんというか、この小さな借家に住んでいること自体で判断すべきじゃないけれど、絶対に裕福じゃないような気がした。

負の連鎖。

貧乏人の子どもは貧乏人。

急にそんな言葉がアタマの中をよぎった。

だからどうだってわけじゃない。貧乏人を侮蔑しているのではない。なんかそいつには今からでも這い上がってほしかった。もちろん、自分にも言える。私だって立派な貧乏人だ。頑張らなくては。

その友人、おっと、友人ったって、小学校から中学に行ってからはクラスも違ったので殆ど会話もしていなかった。高校では学校も異なったので、まったく会わなくなった。

それから、十年くらい経って、我々が二十七、八の頃だっただろうか、木更津駅前でばったりと会った。向こうから話しかけてきた。ガテン系の格好をしていたし、ちょっとチンピラ風にも見えたのだが、目を細めながら再会を喜んでいた。

それ以来は会っていない。一生のうちで、もう一回くらい会ってみたいものだ。しかし、そいつの家のドラをノックする勇気は無い。

さて、ちょっとサボると、すぐく体が冷える。帰りは急ぎ足で、汗びっしょりかいて完走した。シャワーを浴びて、食事。

- - - - -

竹岡式ラーメンのワンちゃんに行った。
十数年ぶり。
前回は老母と、我々家族揃って一緒に行った。

濃い醤油味が懐かしい。

Photo_3
(↑) ラーメン(大) 600円
細切りのメンマと、スープに浮かぶたくさんの玉ねぎが特長。
麺はナマ麺を使用。

今日はクルマだったので、木更津やきそばは寄らずに帰宅。

でも、昼間、ちょこっとだけ寄って、たこ焼きだけ食べた。
T高校の3人組がギターで歌っていた。

Photo_4
(↑)たこ焼き

なんと嬉しい200円。

Photo_5

(↑)高校生。
この向かい側で私はたこ焼きを食べる。
そして私の隣には、将来プロを目指している高校生ドラマーが・・・。

製鉄所に沈む夕陽

Photo

今日の落日は木更津港から。
製鉄所に沈んでゆく夕陽を見ていて、先ほどの「ぼくらの町は川っぷち」という歌を思い出した。

この夕陽は子どもの頃から見ている。

今夜も泣けるなあ。

- - -

病院をちょいと抜けて気分転換に来たのだが、心の整理が出来ていない。
先生は思ったより酷いので、絶対に手術をするべきだとおっしゃっている。

これから再び病院へ行き、おふくろと話をしなくてはならない。

Photo_2
何度か書いているように、木更津からの富士は裾のまで綺麗に観える。
郷土自慢のひとつだ。

ぼくらの町は川っぷち / 西六郷少年少女合唱団

http://youtu.be/FBBmeBKE8Fw

嬉しい。
こどもの頃、大好きだった曲です。
小学校の4年生の頃かな、視聴覚教室で観たような気がします。

落日

2013_0129

今日も~涙のぉ~今日も~涙の日が落ちる~ 日がぁ~~お~~~ち~るぅ~♪

まさにそんな感じ。
眺めているだけで泣けてきてしまった。

涙もろいお年頃なのだ。

(昨日 1月29日の幕張海岸より)

手術かも

どうも母の病状が芳しくない。
と言っても、命が危ない状態ではない。
歩けないに加えて、ベッドに横になっていても痛いという状況なのである。

ご心配頂いている方々に、個別にメールをお送りするのも逆に大げさになってしまうので、ここで、ちらりとご報告。

今、看護師さんから連絡があった。
内容は表題の通り。
家族の同意が必要だというのだ。

家族、即ち、それは長男の私。

母も私も手術には物凄く抵抗がある。

私の父は腎臓癌だった。その時に先生は、手術するしかないようなことをおっしゃった。ところが、腎臓の提出手術を受けてから、まるで坂道を転がってゆくように父の容体が悪くなっていった。あの時、手術することの家族の同意は私だった。つまり手術に踏み切る最終判断は私だったのだ。

私は今でもその責任を非常に大きく感じている。

そして今日、いや、今、その決断を迫られている。

2013年1月28日 (月)

セントラルパーク 並木道ストリートライブ 2001

古いファイルの再アップロードです。
写真は故ずっきーの撮影っす。

http://baytownmusic.tyonmage.com/bay-chu/2001/1121.htm

このページの中にケリーちゃんが登場します。
ベイタウン中年バンド(ユニット名は「桃家500/1」)としてのデビューです。
ケリーちゃんファンは必見!!
約11年前の彼女に会えますよん。

2013年1月27日 (日)

とっぴん舎

02

さっそく行ってみた。
デフォルトの290円の醤油ラーメンにトッピングセット150円を加える。

トッピングセットは別皿で出てくるので、デフォでも食べる。
うん、なかなかいいじゃない。
そぼろが入っている。

幸楽苑の中華そばと値段が同じなので、味の系統も同じかと思ったら、全然違うね。

チャーシューというか、豚バラなのか、ちょっと薄いので、寂しいかも。これに野菜(100円)を加えるとかなり豪華になる。しかし、トッピングをどんどん載せているうちに値段が高くなってしまうので、注意が必要だ。まあ、そこが先方の狙いなんだろうけれど・・・。

- - -

更に詳しく (↓)

http://shibazaki.iza-yoi.net/zaki26/shibazaki_1299.htm

本気盛り 豚骨醤油

Photo_3
もやしがたっぷり。
スープはコクがある。
麺もなかなか。

これ、なかなかいいと思う。

10年前

10年前のベイタウン中年バンドは、こんなことしてました。

(以下)

http://baytownmusic.tyonmage.com/bay-chu/2003/3011.htm

ミッキーカーチスさんのライブです。

2013年1月26日 (土)

餅つき大会

うちのマンションの餅つき。

すげえ、感動。

仲間っていいなあ。

Photo_2

最後のほうは酔っ払っていて、こういう写真を撮ってもらったことさえ忘れてた。(笑)
それにしても楽しかった。

おーっ!! HUBが海浜幕張にオープン!!

FBできりんさんが流していた情報より。
なんとスークの1階ですね。

オープンは2月8日(金)。

いやぁ~、楽しみ!!

https://ircms.irstreet.com/contents/data_file.php?template=178&brand=87&data=138512&filename=pdf_file.pdf

ライブもやってくれるようになるといいっすね!!

2013年1月25日 (金)

4km走ってみた

昨夜、ランニングをしているノリPさんにお会いしたことで触発されたわけじゃないのだが、久々に走ってみた。

まいった。

すごく苦しい。

心肺機能が低下している。
足の筋肉もやや衰えている。

まずい。
また徐々に鍛えてゆかねば。(汗)

昨夜は新検見川~幕張~ベイタウンと3軒ハシゴ

いや~、深夜2時まで。
楽しかったけれど、ちと疲れたかな。
1軒目は完全なお仕事モードで、楽しかったけれど、反面めちゃ緊張した2時間半。事情があって、店名を出せないのだけど、新検見川って、ほんと、いい店が多いっすね。
2軒目はお馴染み「むら田」で久々のタッキーさんとネオ昔話に花を咲かす。その後、当然ながらバーミヤン。バーミヤンは餃子と紹興酒。なんと2人で634円。今まで長きに渡ってバーミヤンを利用していたが、こんなに会計が安かったのは初めて。かなり驚いたのであった。

そうそう、むら田の前で待ち合わせしていたら、ランニング帰りのノリPさんにお会いする。この前のマリンマラソンの成績は上位6分の1の中に入ったそうだ。ツルちゃんはどうだったんだろう。気になるところ。

さて、私もまたそろそろ走りを本格化しようっと。

そういえば、昨日、この界隈の実業家の方と初めてお会いし、お話しさせて頂いた。その方は飲むのが大好きで、殆ど毎日飲んでいらっしゃるらしい。うひょー、いいな、いいな。是非今度ご一緒に。実業家といってもとても素敵な女性なのだ。仕事ちょーだいっ!!

- - - - -

Photo
なんかいい感じの酔い方で登場のたっきーさん。

2013年1月24日 (木)

とっぴん舎

Photo_2

旨いんだろうか。
値段から察するに・・・。

人の暖かさに触れた一日でした

今日、いや、もう日付を超えてしまっているので、昨日、母の今後の件で、木更津市役所(高齢者福祉課)で介護保険に関する相談に行った。その後、木更津福祉会館(地域包括支援センター)へと足を延ばした。

いずれ、そういうところにお世話になるときが来るとは分かっていたものの、まったく予期せぬことで、しかも、まったく知識が無かったのだが、親切に色々教えて頂いた。

市の窓口は若い娘さんが担当だった。とても親身になって教えてくださった。自分の息子が二十五六だったら、是非お嫁さんに貰いたいくらいのチャーミングで、しかも、知的な感じの娘さんだった。(一応、尋ねたら独身だということが判明。ww)

福祉会館のほうは私と同じくらいの年齢の女性だったが、これまた親切にしてくださった。お忙しいところ、長い時間をかけてくれた。

ま、なんとか無事に介護保険の申請を済ませた。

お二方には本当に感謝している。
仕事とは言え、大変だと思う。

特に、福祉事務所で私が相談している最中、別のご担当は電話で、かなり込み入ったお話をされていた。おばあちゃんがどうのこうので、勉強が出来ないと、泣きながら子どもが電話してきている、というような感じだった。この事務所には、そういった日常の色々なトラブルまで持ち込まれるようだ。

心からご苦労様と言いたい。
有難うっ!!

- - - - -

01
午後の木更津富士見通り。
殆ど人が歩いていないのはいつもと同じ。

02
もみじマークのご婦人が捕まった。
でも、暫くしてから解放される。

よかった。

03
潮だまりに面した木更津市役所。
ここで、色々お世話になる。

故トシヤはここに勤務していた。

04
こんな粋な店もあったんですな。
今はもうやってないみたい。

バブルの頃の産物かな。

Photo

今日の昼メシは森田屋本店の月見そば。
550円。
玉子は表面だけ軽く茹でるようだ。
ていねいなつくり方に感動。

この店、殆ど40年ぶり。

11

晩ごはんはここ。
再び木更津焼きそばです。

12
そして松葉選手と再会。
彼と一緒にビートルズを歌う。(笑)
驚いたことに、その後、前回店でやはりお会いしたお客さん(その方も二回目)とお会いしました。その奇遇さに驚き。(笑)

その後、モデルさんのようにとても綺麗な女性が来店。
松葉選手と一緒に歌っていたら拍手まで頂く。

な、なんと、鬼怒川温泉サンシャインホテルの女将さんでした。
若くて美人。

いい思い出になりました。

当事者に責任を追求するだけなら誰でも出来る

私はとにかく時からニュースバラエティに出てくるコメンテーターという奴が全て嫌いになっている。あんたが当事者だったらどうするんだ、ばかやろーっ、と言いたい。例えば、桜宮高校の体罰問題。私は体罰容認派ではないけれど、当事者を叩いているだけのコメント。なんじゃそりゃ、誰だって言えるぞ。アルジェリアの事件にしてもそうだ。外交のまずさ、政府の対応の悪さを声高に言ってるだけ。それも誰だって言える。でもあんたが担当だったとして、うまく対処できるのか。原発問題にしてもそう。一般ウケしか考えてないのか、ご近所で飲み会している程度のコメントしか出てこない。今更当時の対応の悪さとかをことさら大声でコメントしても前進は無いのである。そんなにあなたのディレクションが凄ければ、あなたが率先して現地に入り当事者になってみろって言いたいよな。

木更津から

乗り過ごして、午前様になってしまいました。(苦笑)

木更津から乗ったのに、何故か都内から戻ってきたような経路で海浜幕張。(笑)

2013年1月20日 (日)

マリンマラソン

01

壮観ですな。
しかし、あまりにもたくさんの人が走っているので、誰が誰だかわからず。
唯一、のりPさんに私の名前を呼んで頂き、判別できただけ。

まあしょうがない。

でも、ギャラリーがとても少ないのがちょっと寂しい。

参加者 > スタッフ > ギャラリー > 犬

02

シーサイドデッキの上で、仲間を応援する為に待機していたノブさんに似た方にお会いする。わんちゃんは完全にそっぽを向いている。(笑)

04
走っているのを見ていると、自分がこの大会に出場していないのが非常に悔しくなってくる。

驚いたことに、つるちゃんは10kmじゃなくてハーフを走ったらしい。すげえ。

03

海沿いを走るこのコースは最高。
初めてここを走る人は景色の良さに驚かれたんじゃないかな。

ところで、このマリンマラソンで一番注目されていた人は誰だか分かりますか?

実はランナーでもノブさんでもなく、ドラムおじさんだったのだ。(笑)

競技中私はシーサイドデッキから花見川方向に向かって歩いて移動したのだが、段々、例の音が近づいてくる。西田佐知子の「女の意地」のBGMに合わせて、豪快なドラムを叩くおじさん。さすがとしか言い様が無い。ゆくゆくは千葉市芸術文化賞を差し上げたい。(笑)

Photo_3
夜は、まっきーさんの完走を祝して、焼肉で乾杯!!

2013年1月19日 (土)

マリンマラソン

いよいよ明日っすね。
出場される方は頑張ってください。

実は私も物凄く緊張してます。
出場するのではないですが、足首を痛めてなかったら出場するつもりだったもので、その気分が未だ続いてます。(笑)

今回は例年にも増して、知ってる人がたくさん走るので、応援に行きますよん。

ノブさんにばったり会った

夕刻、ちょいと先日撮ったある人物の写真が納得できなくて、撮影のリベンジに向かった。目がかなりおかしくて、オートフォーカスで撮ったものはOKだけど、手動で撮ったものは全てピンとが甘かった。かなりショック。なんというのか、ファインダーのところにある視度調整のところはもう遠視のいっぱいまでスライダーが右に来ている。つまりこれ以上調整が効かないのだ。悲しい。

ま、そういうわけで、悔しい再撮影なのだ。

ところが、被写体さんがお忙しいということで日を改めることにした。で、せっかく外出したので、そのまま海岸で夕陽でも撮ろうかとテレテレ歩いていたら、ワンちゃんを抱っこしたノブさんにお会いした。お久しぶりっす。

ノブさんと言えばあの世界のノブさんなのであるが、最近はFacebookをしっかりとやっているらしい。私はといえば、年末年始、ちょいとドタバタしているうちにアクティブじゃなくなってきている。というか、あの皆さん活発にやられているタイムラインにうまく割り込めなくなってしまった。話の前後を良く観ていないと駄目なのだ。縄跳びをやっている仲間達にうまく乗らないといけない的なタイミングが必要である。

そんなわけでタイミングを逸しているうちに面倒になってしまった。(笑)

暫くあっちは休業しよう。

さて、ノブさんとちょっとだけ雑談をしてからシーサイドデッキを渡り、海岸に。
そこで今度は例によって知らない人から声を掛けて頂き、暫くお話をしてしまった。

知らない人と言っても、私が知らないだけで、向こうは私のことを知っているというところがもどかしい。年齢は明らかにあちらさんのほうが上だ。うーむ、自治会連合会関連だろうか。それともイベントのときにお会いした方であろうか。

結局最後までどなたかわからない状態で夕陽の撮影ポイントの話をしてしまった。しかもですよ、「ここシーバスが釣れるんですってね。」とその方。

「はい、そうですよ。花見川の河口の辺りとか、もっとずっとアクアリンクのほうとか。」と私が話しをし始めたら、「あ、それ以前お聞きしましたよ。」と言われてしまった。すると、以前こんな感じで海岸で立ち話をしたのだろうか。

もしこのブログをご覧になっていたら教えてください。

いやいやお恥ずかしい。

まだこのくらいだったら問題は無い。
今後、ノブさんに会ってもこういう状態になる日が来るかもしれない。

その方と別れた頃、静かに夕陽が沈んでゆく。
何枚か写真に撮って、花見川のほうへ向かって歩いていたら、聴こえてきました、ドラムの音。そう、ドラムおじさんです。ずいぶん久々のドラムおじさんです。あ、私が久々ってことで、あちらさんはしょっちゅうやってらっしゃるのかもしれません。

内藤ヤス子の曲を叩いてました。
おかずを入れるのはいいのですが、微妙にタイミングがずれるところがいかにもアナログでいいです。いや~、楽しいですな。

ひょっとしてあと何年か経つと、あのドラムおじさんも毎回初めて観たというようにブログに書き込んでしまう日が来るかもしれないっすね。

そうだ。パラグライダーというやつでしょうか。ハンググライダーの背中に扇風機のでかいやつを背負って空を飛んでいる人がいました。あれは幻だったのでしょうか。

そういえば、ノブさんにお会いしたのも幻か、記憶違いだったかもしれません。

- - -

Photo
パラグライダーの写真があったので、幻ではなかったことが証明された。
ああ、よかった。
しかし、ノブさんの写真が無いということは、やはり幻だったのだろうか。(笑)

Photo_2

1月19日の夕陽。
箱根連山に沈んでいった。

ベイタウンの職人さんシリーズ

Photo_4
竹見さんっす。

蒙古タンメン(カップ)

Photo_2

蒙古タンメンのカップ麺のことを語る前に、ちょいとそのなんというか前置きを語る。いつものように、前置きのほうが長くなるのをご了承ください。

私がラーメンを食べ歩くようになったのは、実は相当歴史がある。今からもう30年近く、あっちのラーメンがうまいと言えばあっちへ行き、こっちのラーメンがうまいといえば、こっちに行き、そんな感じだった。一時期、牛丼中毒になって、来る日も来る日も牛丼を食べていた時期もあったり、歌舞伎町で食べた元禄寿司があまりにも旨くて楽しくて、ハマった時期もあった。更に餃子の王将にハマった時期もあって、そういう時期には極端にまたラーメンを食べなくなってしまうのだが、でも、私の半生を振り返るに、やはりラーメンに費やした金と時間が最大だったと思うのだ。

ただね、私の場合、その道のスペシャリストにはなれないのである。何故なら、ひとつは物凄く忘れっぽくて、よほど印象が強くなければ、あのときに食べたあのラーメン、どんな味だっけ、みたいに、店に行ったことすら忘れてしまうのである。だから、こうしてブログに記録を残せるような時代になって非常に嬉しい。自分でも過去ログを時々観ては、あー、こんな店にも行ったんだ、なんて驚きと喜びを禁じえない。(笑)

さて、そこまでラーメン好きならば、当然のことながら蒙古タンメンくらいとっくに食べているだろうと、まあ一般のラーメン好きの方ならそう思うのである。でもでも、実はちょっとしたワケがあって食べていないのだ。場所的なものもあるし、メンタル的なものもある。

それは、今から遡ること10年くらい前。私が某社のサラリーマンをしていた頃の話だ。まあ私と言えば、金も力も無いが、唯一自慢していたのは、安くてうまい料理店を良く知っていることなのである。ラーメン屋然りだ。同僚に「へえよく知ってますねえ。」と言われることを最大の喜びとしていた。しかし、その頃、都内の至るところにあるラーメン屋は知っていると標榜していたのにも関わらず、実は池袋から北西部辺りになるとあまり詳しくない。いや、詳しくないどころか、そっち方面には大した店は無いと勝手に信じ込んでいた。

ところがだ。あるときに、後輩が「いや~。今日は蒙古タンメンを食べちゃいました。凄く旨かったですよ。今度行きましょうよ。」と私に向かって言った。ちょっと悔しかったけれど、「ほほう、して、どのような味じゃ。」と冷静に聞き返すと、「とんでもなく辛いっす。」と答える。うーむ、辛いのか、だったら恵比寿の地獄ラーメンで十分。「辛いのは好きだけど辛いのだけを売りにしているのって、実は好きじゃないんだよねんぇ。」なんて興味の無いフリをしてしまった。

普通だったら、「いえ、そんなことないっすよ。それがまたえらくうまいんですって。」と言い返してくるのだが、「あ、そうっすか。そりゃ残念。」とそっけない。うーむ、なんとも悔しい。

それから数日後、その後輩のさらなる後輩達が皆で蒙古タンメンを食べに行って、旨さを絶賛していたのである。「今度いつ行きましょうか。」なんてことも言いやがっている。私の入り込む余地は無かった。当然ながら私は聞いていないフリをして、「さってと、今日はどこでラーメンを食おうかなあ。」なんてうそぶいていたのであった。完全な負け犬だった。

うまいラーメン屋とか、安いラーメン屋を見つけるとちょっとした英雄になれてしまうのである。「よし行こうか!」なんて言うと、後輩の2、3人はついてくるのである。そういうこと誇り(笑)としていた私なのに、蒙古タンメンにはすっかりやられてしまったのである。その日以来、後輩の後輩は蒙古タンメンにハマってしまい、頻繁に通いだしたのだ。更にそのまた後輩にも蒙古タンメン熱が広がり、私は完全にカヤの外になってしまった。

そうなると悲しいもので、「錦糸町にうまいラーメン屋があるので、今度行ってみない?」と誘っても、「えー、でもそれなら蒙古タンメンに行きたいです。」と若者。

そんなに蒙古タンメンはうまいのかよ。ばかやろう。怒りはしなかったけれど、それからの昼メシ、晩メシ(うちで食べる以外)はひっそりと一人で食べるようになってしまった。暗黒時代が暫く続く。もちろん、それ以降は蒙古タンメンにかなりのコンプレックスを持っている。蒙古タンメンなんて絶対に食わないぞと心に誓ったのだった。(笑)

02

さて、ここからが蒙古タンメンのカップ麺の話。
このカップ麺は蒙古タンメン中本と、セブンイレブン、そして日清食品のコラボレーションというわけである。セブンイレブンで195円で売っていた。その辺りは神田まつや監修の日清食品の鷄南ばんとまあ似たような感じなのかな。で、蓋に旨みスープみたいなものが付いているのも同じ。売っているのをもう二ヶ月くらい前には知っていたものの、その前述の通りのコンプレックスから購入を躊躇していた。

でも、レビューを観ると、どの人も一応に褒めているのである。しかも本物を食べている人も「うまい!!」、「いいね!!」と言っている。これは相当な期待が持てる。

で、早速食べてみた。

「うまいっ!!!!!」

ちょいと辛いものを最近はそれほど好まなくなった私だけど、いい味だしている。具も多い。野菜が素晴らしい。豆腐もいい感じ。それと、麺がナマ麺のような雰囲気だった。いやいや、最近食べたカップ麺の5指に入るくらいの旨さだったと思う。うーむ、そうなると、もう本物を食べに行かなくてはなるまい。悔しいけれど。

2013年1月18日 (金)

浜田川のすぐ近くの祠

Photo

打ち合わせの帰り、こんな場所にやってきた。
ちょっとした小高い丘になっている。
(場所は首塚の丘から北東方向に約300mのところ。)

Photo
祠には、この階段を登る。
幕張にこういうところがあるということだけでも嬉しい。

ここ時々通る道だけど、初めて登った。

Photo_2
そこからの眺め。
ベイタウンの方向が良く見える。

2013年1月17日 (木)

ラーメンショップ稲毛店

Photo_4

時々無性にラーメンショップのラーメンが食べたくなる。
特に国道沿いなんかにある店は魅力的なのである。

この稲毛店はベイタウンからだとちょっと間の悪い距離にあって、まずこの近辺で昼食の時刻を迎えるなんてことはないのだが、今日は見事どんぴしゃに昼メシ時。

実はかなり時間調整してしまった。どんぴしゃと言っても1時過ぎだったけれど。(ははは。)

さ、中に入ろうと思った瞬間、無情にもケータイが鳴り、込み入った話で30分くらい費やしてしまった。うわぁ、なんか食欲が30パーセントくらいダウンしたかな。あんまりいい話じゃなかった。

でもまあ気を取り直して。

同店は、ネギラーメンとか、ネギチャーシューが有名。
でも、なんとラーメンの普通盛りは500円なのだ。
それにご飯が無料。

こりゃいいわい。

前述の通り、ちょっとテンションが下がってしまって、普通盛りにしてもらった。

でもでも、旨かった。
このなんというか、決してデリシャスじゃない味はぐーだよね。

食べ終わって元気が湧いてきた。

虫めがね

名刺の住所はまあなんとか見えるのだけど、ちっちゃい字で書かれたメールアドレスが見えん。

しょうがないので、虫眼鏡で見ている。

困ったもんだ。

と、言うよりかっちょ悪い。(苦笑)

大仁田2・8曙戦「史上初の電流爆破だ」

俺さあ、この人がプロレスをめちゃくちゃ面白くなくしてしまった人だと思ってるのだ。

有刺鉄線張って、電流爆破って、なんじゃそれ。すげえ馬鹿にしてるよな。
ま、でも興行的に成り立ってるということはファンも多いのか。

うーん。

2013年1月16日 (水)

久々のティーヌン

Photo

昼前、ホテルスプリングスさんで打ち合わせ。
応接間の天井。

01
午後イチで幕張新都心の某社で打ち合わせなので、この辺りで腹ごしらえと思ったら、スークのオモテに気になる看板が。
ティーヌンの500円メニュー。
(上はティーヌンの店内に貼られていたポスター。)

こりゃ食べるしかないっしょ!!!(笑)

でもね、本当はスークの前に行くまでアタマの中では「貴闘力のランチが食べたい」という言葉がぐるぐる回っていたのである。だから、例え500円でも、ちょっと後ろ髪は引かれた。同じ3階のフロアだし。

02

さて、そのトムヤンラーメンを食べる。
うわぁ、久々。

あ、そうか、ここではグリーンカレーとタイラーメン(見た目は白っぽい色をしている)しか食べたことがないので、ここでのトムヤンラーメンは初めてだな。

さて、ひと口。

がーん。すっぱい!!!
そして、ちょい辛い。

この酸っぱさが旨さなんだろうけれど、どうも今日の体がここまでの酸っぱさを求めていなくて、最後まで酸っぱさを非常に意識しながら食べた。うーむ、タイラーメンにすりゃよかったかな。ま、でも500円だからな。しゃーない!!ご馳走さまでござる。

お、そういや、スークの三階で若者から挨拶されて、軽く「あ、こんちは。」とだけ応えたものの、またまただけど、誰だったか分からない状態。しかもこの時点で顔さえ思い出せない。すみません、今日ご挨拶してくださった方、どなたでしょうか。(ここご覧になってたら、教えてください。)

0116_01

それにしても寒かったでごさる。
雪の日から二日経ってるのにまだこんなに雪が残っているのだ。

0116_02
でもマリンマラソンまでは道路や歩道の雪は完全に溶けるんじゃないかしらん。

マリンマラソン、色々な知り合い、友人、その他がたくさん走るので、楽しみ。
私もその日(1月20日)の前後でひとりマリンマラソンをしたい。

自分の預かり知らぬところで、いつの間にか悪者になっていることってあるよね

ある?
普通は無いかな?

まあ、仕事のコンペチターとか、学生時代のちょいとしたトラブルなんぞではままある話だ。

でも、自分よりずっと年長者で、今まで信頼してきた人ですよ、ましてやその方の為に一所懸命働いていたのに、ある日突然その人から悪者扱いされて、更に、周囲にどんどん悪い噂を立てられて・・・。

そんなことが私に起きているのだ。
いっぺん年末に愚痴ったけれど、それが未だに続いている。
もう悲しいというより、はっきり言って非常に迷惑なことなので、これ以上実害があったら訴えようかとも考えている、今日この頃。

2013年1月15日 (火)

どうしてこんなに悲しいんだろう

03_2

タイトルは吉田拓郎のパクリ。

先ほどの続き。
そういうわけで、なんかウツになりつつ、でも夜になって、そろそろ幕張に戻らなきゃ、と木更津駅に向かって歩く。

しんしんと冷える夜だ。

気がつくと、腹が減っていた。

以前から入ってみたいと思っていた焼きそば屋に入る。
外から見たら中で店主と思われる人物がギターを弾いていた。

よっしゃ、これはいい店に違いない。

そう思って店に入り、焼きそばとビール。
そのうちエンジンがかかってきて、ミニセッション。

マスターはギター、お客さんは歌、そして私はベースという組み合わせ。(笑)

そのうち後から入ってきたお客さんも一緒に歌で参加する。

上の写真はマスター。

そうそう、店内でパーカス担当と歌を歌ってくれた若者はビーチバレーのプロで、松葉洋弥君。その業界では有名らしい。すみません、勉強不足で・・・。

http://www.athleteyell.jp/matsuba_hirohiko/

おお、すげえ。
いいHPじゃん!!

よかった。サイン貰っておいて。(笑)

- - - - -

05
(↑) こちらが店の入口。
というか、店の前に屋台が置いてあって、焼きそばはここでつくる。出来上がると店内に持ってきてくれるというスタイル。面白いスタイルだ。(笑)

04

(↑)これが木更津焼きそば(大盛り)。
ノーマル料金は300円。
大盛りの値段を聞くのは忘れた。
でも、CPは高いと思う。ギターも弾けるし。(笑)

そうそう、この店、「木更津焼きそば」という店名なのだ。

02_2
(↑)この人が松葉洋弥君。
ビーチバレーのプロ選手であり、そして、今夜はボーカリストでもあった。
しかも、ボーカル、めちゃうまい。
今度ベイ中で歌ってもらいたいくらい。

01

(↑) 年甲斐も無くセッションに参加させて頂き楽しんじゃいました。(笑)

悲しいけれど・・・

おふくろさんに面会に行った。
1月1日以来だからもう2週間は会っていない。
インフルエンザにかかかっているが、だいぶ良くなっていて、今日は大丈夫だろうということだった。

しかし、看護婦さんからはノーが出た。
面会はできませんということだ。

わざわざ行ったのに・・・。

でも、私がしつこく「遠くからきたので!!!」と言ったので、病室の入口で、ほんの数分間だけ面会することを許してくれた。

おふくろの手には見舞い客から貰ったイチゴがあった。
大粒の「とちおとめ」だった。
しかも2パック。

食欲があまり無いのもあるけれど、息子に食べさせたくて、おふくろは病室のベッドの下に仕舞っていた。菓子などはその場で同じ病室の方に分けあうのだが、ナマ物だし、気兼ねしたりと、その扱いに苦慮したようだ。

おまけにインフルエンザを貰ってしまって、そのイチゴは病室で数日過ごしていたのだ。当然ながら、暖かい病室なので、既に傷んでいた。勿体無いというより、ベッドの下に隠していような状況が、私はとても悲しかった。更に、2週間ぶりに遠方から来た息子にさえたった3、4分しか会えないのだ。

一旦私は病院から歩いて実家へ行き、一人仕事を始めた。仕事する為の道具はちゃんと持ってきていた。

仕事をしつつも、ちょいと用事もある。お隣さんから預かってもらった郵便物などを取りに行ったり、郵便局で預金をおろしに行ったり、市役所に行って・・・。おっとそこまで時間が無かった。

夕刻、おふくろから連絡があった。
先生がOKを出してくれたのだ。
でも同じ病室にははっきり言って、ボケたお年寄りの方が入院されていて、病室で会うことも、気兼ねしてか、また、談話室に移動するのもなぜか控えて、ちゃんと会えないのだ。どうしてなのかよくわからないまま、面会はやはり数分で終わった。

話好きのおふくろのことだからもっともっといっぱい話したいことがあったろうに。

そしてまた私は実家に戻った。

(つづく)

雪がまったく残っていない

現在、木更津。

昼過ぎからこちらに居るけれど、幕張にはあんなに雪が残っていたのに、こちらは全く。

驚き。

通勤大変そう

Photo_3
いやいや、思ったより降りましたなあ。

10年に一度の大雪ってことですが、12年前、つまり2001年1月28日の写真を見つけたので、ご覧くださいませ。(以下)

Photo

5番街の交差点のところからの写真っす。
大雪の翌朝。
その12年前のほうが質的にずしっとした雪で、しかも量が多かった感じっす。今回の雪はかなり湿っぽいですよね。

2013年1月14日 (月)

雪ですね

Photo

上の写真は、お昼ちょっと過ぎ、コンビニへ出かける時に撮ったもの。
ナンシーさん母娘に中庭でお会いしました。これから近くの美味しいものを食べに行かれるそうです。いいな羨ましい。

ナンシーさんはボストンの周辺の出身で、雪は懐かしいし、嬉しいとおっしゃってました。

さて、私は木更津へ行こうと思っていたのですが、急遽予定を変更して、仕事を頑張りたいと思います。

こんな雪の中を息子は学校さ行ってますだ。

2013年1月13日 (日)

逆光の撮影

Photo_2
逆光時の撮影って、私は未だに難しいと感じている。

露出を調整しなければ、シャドウ部が真っ黒に潰れたり、逆にケアし過ぎでコントラストが損なわれたり、あるいはストロボを使って露光補正したとには不自然になったりと、成功例があまり無い。

うまく行った場合、逆光ならではの空気感がうまく表現できる。
上は、最近のカメラライフの中では一番うまく行ったと自分で思っている写真。

2013年1月12日 (土)

管理組合+自治会 合同懇親会

Photo

パティオス2番街のビストロ・グランビアにて。
またまた年甲斐もなく馬鹿飲みしました。(笑)
エビスうまし!

まくはりーと

Photo

なんとなく面白そうな企画ですな。

2013年1月11日 (金)

今日はめちゃ歩いたぞぉ!!

Photo

朝、ベイタウンから幕張本郷のマクスタさんまで歩き、そこで打ち合わせ。

同社の経営するホテルのレストランでコーヒーをご馳走になる。

帰りはバスで、海幕の駅近くの「李さんの台所」でランチ。

それから、ベイタウン。すぐに稲毛海岸。

そしてまたベイタウン。その後、検見川浜。
ドトールでかなり厳しい打ち合わせ。
へこむ。

再びベイタウン。
タルブさんにちょい寄り。

トータルで、10km以上は歩いたな。
いや、そんなもんじゃないな。もっと歩いてるか。

- - -

Photo_2

朝の幕張新都心。
ここをえっちらほっちら歩いた。

それにしても寒いっす。

Photo_3

李さんの台所のユッケジャン定食。
かなりボリューミー。
銀色の器にはご飯が入っている。

寒いときには辛いのが最高っ!!
肉もうまいぜよ。

Photo_4
新しい街(第二ベイタウン)。
こういう景色を眺められるは今のうち。

MTGのイルミ

Mtg

昨夜、打ち合わせに行った。
ここ、年がら年中イルミが点いているんだっけ?

2013年1月 9日 (水)

白河とら食堂の中華そば

Photo

お金が無くなってきたので、今日は営業から一旦戻り、昼前にちょこっと走って、そして昼食はこれで済ませた。(実は、おにぎり2つを併せて食べた。w)

これ、ちょいお高いシリーズである。
コンビニでは195円だったかな。
しかし、ドンキで158円でゲット。やったね。
神田まつや監修の鷄南ばんそばも158円で売ってた。

さて、お味のほうはというと、確かに廉価版のカップ中華そばよりは間違いなく美味しい。しかし、そうだな、特筆することはあまりないかな。具が多少多めだというのと、麺はなかなかいい感じだった。

- - -

ところで・・・

前述したとおり、少し走ってみたのだが、腿の張りがあって、ゆっくりでしか走れないし、痛めていた足首(どうやらアキレス腱かな?)がやや痛み出した。一応、5kmくらい走って、帰りは歩いて帰ってきた。うーむ。まだ足首は完治していないのか。(汗)

Photo_2
花の美術館。
今は一年で最も花の少ない時かも。

- - -

あ、それと、木更津へは行かないのかというご質問がありました。
行きたいですが、老母は残念ながら院内感染でインフルエンザにかかってしまいました。感染るといけないので、待機中です。
それにしても病院に居て病気を貰ってしまうのって、悲しいですね。

- - -

先ほど、帰宅する歳、ご近所の集会室の横を通ったらそこで、おそらくお通夜だと思うが、○○家と記された提灯が掲げられていた。

ベイタウンの中の集会室でのお通夜は以前別のマンションでもあったのを知っているが、これで2例目。私としては、どこかの葬儀関連の会社が所有するホールなどやるよりは、絶対に自分の住んでいたマンションの集会室でやったほうがいいと思うな。生前親しくしていたご近所さんにも、わざわざ遠くに出かけるようなご負担を掛けないし、またお手伝いもしやすいし。

私の弟の嫁さんのお父さんが亡くなったときも当時住んでいた県営住宅(集合住宅)の集会所で通夜と告別式をやった。アットホームでとてもいい葬儀だった。

私のときも是非そうして欲しい。あ、でも、家族、親族だけの密葬でもいいし、なんにもしなくてもいい。これ、公開遺言ね。(笑)

2013年1月 8日 (火)

うどん村

01

今日のランチは、イオン幕張の2階のフードコート。
打ち合わせが延びて、午後3時半になってしまった。

うどん村は初めて。
以前から気になっていた。

上は、天丼。
うどん(小)がついて600円のセット。

ご飯は大盛りに出来る。

所詮500円だからとあまり期待していなかったのだが、しかし、そこそこちゃんどしているので、びっくりした。エビも入ってるし。

02

うどんは思ったよりもちもちでしこしこしていたので、嬉しい。

この合わせて600円はCPが高いのだ。

食べ終わって、幕張本郷へ急行。
カメラマンさんと打ち合わせ。
その後、マクスタの幕張実業さんへちょこっとお邪魔する。

ところで、足はどうやら大丈夫のようだ。
但し、ものすごく運動不足が原因だと思われる、腿の筋肉痛。
階段の上り下りがきつい。
今日の運動はお休み。

以前(去年の夏から秋にかけて)は走った後に筋肉痛になるということは全く無かった。
走ることの頻度が高かったから足が慣れていたのだと思う。

徐々にまたランニングをやってゆきたい。

今日は久々に充実した一日だったかも。

俳優の佐藤允さん死去 78歳

佐藤允さんのことについてはあまり詳しく知らない。
でも、好きな俳優さんだった。
なんというか、ルックス、雰囲気が私好み。

「若さだよ山ちゃん!」というCMで好きになった。

Photo

http://blogs.yahoo.co.jp/tiggogawa66/54470014.html

この絵、凄く好きだった。
大人になったらこういう男になりたかった。

2013年1月 7日 (月)

走り初め

足首を痛めた昨年の11月以来、つまり約2ヶ月ぶりに走った。正確に言えば、一昨日、つまり1月5日にゆっくりと1.5kmを走ってみたのだが、足の痛みが無さそうなので、今日は一気に12kmを走ってみた。かなりゆっくり走ったつもりだけど、10kmのタイムが1時間を少し越えたくらいなので、明日辺りまで様子を見て、足が痛くなければ、また定期的に走りたい。次回はタイムを少しだけ縮めてみたい。

あー、走るのは楽しいなあ。

マルホシの中華そば

Photo_2
研究のために買ってみた。
メーカーは群馬県の星野物産。

パッケージのデザインは私好みのシンプルさ。

02

麺はよく見ると若干ウェーブが入っている。

03
1.5人前をつけ麺で食べた。
茹で上がったビジュアルと、食べた感じは、先ほどのウェーブはまったく感じられない。でもなかなかいいお味だった。

http://www.hoshinet.co.jp/index.html

おお、星野物産って製粉もやってる大きな会社なんだ。
知らなかった。

- - -

Photo_3

今日の幕張の浜の夕陽。

なんだ この安さは

Photo

アマゾンで、カシオのデジカメが、5,379円。
まるでトイカメラじゃないか!!!

http://www.amazon.co.jp/dp/B006WN65A8/ref=pe_epc_td1

こんな安くっていいのだろうか。

聯合艦隊司令長官 山本五十六 -太平洋戦争70年目の真実

昨夜、睡魔と闘いながら、一応最後まで観た。一応と言っても途中覚えていないところがあって、おそらく目を開けながら寝ていたのだろう。4時とか、へたすると3時半起床の私は夜が極端に苦手になってしまった。

だからまともなレビューは書けない。

役所広司の山本五十六はかっこよかった。柳葉敏郎とか、伊武雅人などの脇役もよかった。でも、阿部寛は思いっきり違和感がありすぎ。かっこよすぎだろう。高身長でスタイルもいいし、顔もいい。そういう俳優さんああいう映画で使っちゃだめでしょ。

戦時中の航空母艦の艦長なんて役柄は最も避けたほうがいい。

で、ストーリーはなんとなくわかるけれど、サブタイトルの仰々しさは、なんだろう。我々が今まで知らなかった真実が明かされるのかとワクワクしちまったじゃないか。しかし、家庭を愛し、甘いものが好きというという側面を描いたくらいで、肩透かしをくらったような気がする。

それとも、戦争が避けられなくなり、「戦争の早期終結のために真珠湾攻撃をした。」というところがその70年目の真実ってことなのだろうか。いやいや、そのフレーズは以前の映画かドキュメンタリー等で観たような気がするな。

博打が好きで、トランプや将棋を好んでいたということは知っているが、ミッドウェーで赤城をはじめ日本の航空母艦が3隻沈没したときに将棋を打っていたというのはちょっとショックだったなあ。それも史実なのだろうか。待てよ、それも確か以前の映画だかドラマにもそういうシーンがあったな。

戦艦、戦闘機のCGはよくできてたなあ。
リアリティたっぷり。

そうだ。新しい大河ドラマ「八重の桜」も観た。こちらも眠さと闘いながら観た。幕末の歴史ものは好きなんだけど、以前にも書いた通り、どうも綾瀬はるかって好きじゃないので、この先、入り込めるかが心配。2、3話を観て、こりゃダメだと思ったら、諦めよう。そのほうが日曜が有意義に使えそう。(笑)

2013年1月 6日 (日)

ちばチャンでランチ

Photo

エステシティさんで打ち合わせ。
その前にちょいと昼メシ。

しかしながら、海浜幕張駅前界隈はとにかく凄い人。
しょうがないので、交差点を渡ってテクノガーデンのちばチャンへ。

ここ、休日のランチは結構空いている。

しかも安い。

上の写真は麻婆豆腐定食。580円。
ボリュームもあるし、ピリ辛でまんずまんず。

エステシティの打ち合わせが終わってから幕張本郷の某所で打ち合わせ。
ぶらぶら歩いて行く。

その途中で子守神社。

Photo_2
子守神社は1月3日にお参りしたので、一礼をして、前を通過するのみ。

仕事始め & バンド始め

正月休みを満喫して、のんびりできる立場でも無いので、まだ本格的に企業さんが動いていない今に仕込みをこつこつとやっている。しかしだ。昨日はまあ朝っぱらからクレーム対応。年末に新しく立ち上げたWebsiteの動作がおかしくて、担当もつかまらなくて、しょうがないので、そのデバグというのかなんというか、かなり焦りつつもなんとか対応できた。苦しいときの神頼みで、この業界の先輩にお電話してアドバイスを頂戴した。いや~、まいった。昨年末からのてんやわんやがまだ続いている。早いところ落ち着きたいもんだ。

さて、その後、ずいぶん久々にバンドの練習をした。ギターを触ったのは、半年ぶりだ。弦も張りっぱなしになっていて、心持ちサビが出ている。半年前にできたことが半年全くやってないとできなくなったり、あれ、あのコードはどうやって押さえるんだっけと、相変わらずボケっぱなしの私だけど、でも楽しい練習会だった。今いろいろなことで大変な時期だけど、いや、だからこそ、音楽はやってゆきたいと思った次第。仲間に感謝。

2013年1月 5日 (土)

きしのりこ in ベイタウン朝市(2/16 SAT)

Kishi1
2013年2月16日(土) ベイタウン朝市に"きしのりこ"さんが登場。スマッシュヒットの「まくはりのうた」を歌ってくれます。CD販売会、サイン会もやります。入場無料。是非ご来場ください。会場はベイタウン・コア横のひろばです。

--きしのりこ--
千葉県市川市出身。幼少の頃より、長唄・長唄三味線を学ぶ。中学高校では、ミュージカル部に所属。声楽、ボイストレーニング、ダンスを学ぶ。2004年より作詞作曲を始め、LIVE活動を開始。2008年よりピアノ弾き語りでのLIVE活動を開始。現在までに、6枚のCDをリリース。毎年ワンマンLIVEを開催し、LIVE本数は年間100本を超える。「ありがとうと笑顔を届けたい」という想いで歌を歌い、日本全国に活動の場を広げ、精力的に活動している。2012年、幕張情報サイト「まくじょー(maku-jyo.com)」にて、幕張の方々と共作にて作詞・作曲をした「まくはりのうた」を製作、CD発売。千葉を盛り上げるべく、千葉での活動も本格化。FMうらやすパーソナリティー(Bay City Caller、きしのりこのほげほげradio)をつとめる。

プロモYUTUBE = http://youtu.be/zYHDX0NkEgk

2013年1月 4日 (金)

正月から嫌な思いをしたくないよね

104_01

今日の落陽

夕刻、新検見川駅近くのお客さんのところへ年始のご挨拶に。
運動不足解消も兼ねているから当然徒歩。

まずはタルブの竹見さんのところで打ち合わせ。

ちょっと面白い企画。

それから、シーサイドデッキを渡り、花見川大橋を通過。
ちょうどその時、上のような光景に出会えた。

たくさんのカメラマンがその瞬間を写真に収めている。

気温はずいぶん低い。
たまたまダウンジャケットのポケットにマスクが入っていたので、フードをして、そしてマスクをかける。いやぁ~。温かくなる。

104_02
日没直前のスカイツリー。

ああ、いい眺めだなぁ~、なんて思いつつ、花見川大橋を下り始めたら・・・・・・・・・・・。

なんと、あまり関わりになりたくない人と、その人達が乗っているクルマがとまっていた。

104_04
これです。

そして、駐車している前後の車両を見ると、まあ、片っ端からフロントガラスに黄色い紙が貼られている。

うーむ。一網打尽だな。

確かに駐停車禁止の区域だから、駐車しているほうが違法で、貼られても文句は言えないけどさあ。

「皆さん、危ないですから至急クルマをどかしてください!!!」とか、拡声器を使って予めアナウンスしてほしいんだよね。ここに駐車している殆どの人は、夕陽が綺麗でちょこっとクルマを駐車して写真を撮っている善男善女なんだよな。せっかくいい気分で写真撮って、さてクルマに乗って帰ろうとしたら・・・。

なんか可哀想。

104_05
用事が済んで、せっかくだから検見川神社にも寄ろう。

三が日じゃないからか、空いていた。
というより、遅い時刻だからか。

人が少ないと、神秘的な雰囲気が濃くなる。
ちょっと怖いくらい。

104_06
でも階段を登ったら、ライトアップしてあったのでほっとする。

夜の神社もなかなかいいね。

RX100は余裕の手持ち。

オービックシーガルズ優勝報告会

オービックシーガルズの脇田さんから、賑わい研宛のメールが来ました。
フリーのイベントなので、皆さんにも公開します。

- - -

新年明けましておめでとうございます。

旧年中は、大変お世話になりました。

さて、オービックシーガルズは、昨日行われましたライスボウル(日本選手権)にて、関西学院大学ファイターズに21対15
で勝利し、シーズン当初に掲げておりました三連覇を達成することができました。
日頃より、皆様からの熱いご支援・ご声援を賜り、ここまでこれました。改めまして、御礼申し上げます。

そんな皆様と優勝の喜びを分かちあう機会として「オービックシーガルズ優勝報告会」を、地元習志野市の方々が中心となって企画してくださいました。選手、コーチ、スタッフ一同で出席させていただく予定をしております。

つきましては、皆様にも、優勝報告会にご参列賜りたくご案内でございます。年始のご多忙な時期、且つ、急なお誘いではございますが、ご都合がよろしいようでしたら、ご参列くださいますようお願い申し上げます。

尚、フリースペースでのイベントですので、皆様の周りの方をお誘いの上、ご来場いただけると幸いです。

優勝報告会の詳細は、下記の通りでございます。

----------------------------------------

【オービックシーガルズ優勝報告会】

http://www.seagulls.jp/hometown/2013/01/15.html

日時:2013年1月5日(土) 17:00~17:30

場所:JR津田沼駅前「モリシア」1階センターコート

<住所>千葉県習志野市谷津1-16-1

http://www.morisia.com/access/index.html

内容:第一部:優勝報告会

第二部:選手インタビュー&お楽しみ抽選会

---------------------------------------------

皆様にお会いできる事を楽しみにしております。

オービックシーガルズ
脇田 雅史 / masafumi wakita

http://www.seagulls.jp

麒麟の翼

日本橋にある翼を持った麒麟像の下で、青柳武明という男性が息絶えた。彼はナイフで刺された状態で8分間も歩き、わざわざその像の下までやって来て倒れたのだ。日本橋署の刑事・加賀恭一郎は、青柳のそんな行動に疑問を持つ。容疑者の八島冬樹は、青柳の鞄を持って逃走している最中に車に轢かれて意識不明になっていた。加賀は警視庁捜査一課の刑事で従兄の松宮とタッグを組み、八島の恋人・香織や青柳の家族たちに話を聞いて回る。

今年初めてのテレビで観る映画。
東野圭吾の作ということで、期待したものの、なんか疲れていて、ぼーっとして観ていたので、なかなか内容を把握できなかった。

それと、主役の阿部寛はどうかな。嫌いじゃないけれど、どうもミスキャストのような気がする。ま、これはシリーズものというし、しょうがないんでしょうね。彼のファンにとっては最高の映画かもしれない。

話の筋書きはさすがに東野圭吾だけにとても素晴らしい。ミステリーというよりは人情噺だ。最初の被害者、そして容疑者の二人の死があまりにも悲しく、また、一人の脳障害を負った青年、そして母親があまりにも悲しい。

ただ、無理やり設定しているなという部分が大いにある。そんな馬鹿な、という点だ。ま、ミステリー小説にはそういったツッコミどころが絶対にあるものだから、深くは追求しない。

2013年1月 3日 (木)

幕張からの初スカツリ

Photo_2

風が強いせいか、お昼近いのに、こんなにくっきり。

今日もなんかドタバタだったなあ。
あー、疲れた。

2013年1月 2日 (水)

初詣

Photo

今日は妻の実家へ。
夕刻、散歩がてらに洗足池の周りを散歩。
そして千束八幡神社へ参拝。

小さい神社ながらもそれなりの行列が出来ていた。

02
今まさに参拝しているのが息子と、その従兄弟。
割とこういうことはきちっとやるほうである。

Photo

哀愁のある池上線の石川台駅。

2013年1月 1日 (火)

元日の夕暮れ

11_01

今年最初の夕日は、木更津にて。
新日鉄君津の工場群に落ちる陽。

息子と一緒に木更津港で眺める。

11_02

そして本年最初の富士。

木更津から観る富士は丹沢山塊が邪魔をせず、ほぼ全景を観ることができる。

色が段々濃くなり、街の灯りも輝き出す頃まで、もうちょい長く居たかったが、夕食の買い物に向かう。

1103

実家での正月。外出届けを出して、50日ぶりに家に帰った母と、私の家族で、ささやかながらの夕餉のひと時。

スーパーで買った寿司だけど、これがなかなか旨い。

続きはこちら

あけましておめでとうございます

うつらうつらテレビ観ながら、いつの間にか新年、そして、朝ナマ観ながら、寝てました。(笑)
なんだかよくわからないうちに新年を迎えました。ま、昨年もぐうたら新年を迎えたし、そんなもんかな。(笑)

現在、午前2時40分。
さて、どうしようか。
午前中には家族と一緒に木更津へ行く予定ですが、初日の出を拝みに一人、どっかへ行こうかなぁ。
それにしてもまだ早すぎる。

- - -

Photo_2

初日の出を観に茜浜に行ってきました。

初日の出を観るという行動をしたのはずいぶん久々です。
前回はいつだかわからないくらいだから、10年は視てないような気がします。
いや、それとも忘れているだけかな。

で、上は、そのぉ、なんと言っていいのか、本来なら太陽が出てくる時刻(6時50分頃)なんですが、雲が多くて、赤くなっているだけ。
ちゃんと太陽が顔を出すのはそれから30分以上も経ってからでした。
めちゃくちゃ体が冷えてしまいました。

« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »