無料ブログはココログ

マイフレンズ

« 信州へ | トップページ | キャンディーズ「春一番」がカラオケから抹殺されていた »

2012年11月14日 (水)

信州と言えばそば。その代表的なそばを食す。

昨日の信州小旅行では信州を代表するような2店舗へ行った。戸隠そばでは人気ダントツで休日だったら2時間待ちもある「うずら家」と、明治創業の軽井沢へよく行く人であれば知らない人はいない「かぎもとや」である。昼と夜だから無理はしていないが、あと胃袋が2つあったら善光寺界隈のそば店や、戸倉上山田の近辺の地元に愛されているそば店などへも寄りたいくらいだ。

名物にうまいもの無しとはよく言われている。確かにそういうことは多分にある。でも今回訪れた2軒とも単に有名だけではなく、味の評判も非常に高いのだ。

Photo
まずは戸隠神社の中社の鳥居のすぐそばにある「うずら家」。写真をご覧になってお分かりになる通り、そばは白っぽい更科系である。店頭のウィンドウの中で職人さんがゆっくりと石臼でそばを挽いているのが見える。その奥では茹でている職人さんの姿も観ることが出来る。

店の外には約10人の方が名前を記帳して待っていたが、約30分ほどで中に入れる。私が食べ終わってからは待つ人が2、30人くらいに増えていたので、1時間待ちは覚悟したほうがいいかもしれない。

味は、もう言うことなし。丁寧な仕事をしているなという感じ。そばの香りや甘味も楽しめる。そのまま食べるとそのおいしさを非常によく体感できる。のどごしがいい。上品な仕上がりである。もちろん、本わさびをすりおろしたつゆにつけて食べるのも良い。私が注文した天ざるの天ぷらははアツアツのサクサクでこれまた旨い。1,700円と、若干観光地値段も入っているかもしれないが、いや、この価格でこの味であれば、逆に安いかもしれない。接客の丁寧さも嬉しい。

Photo_2
一方の「かぎもとや」もこれまた有名すぎるくらい有名。「うずらや」とタイプは全然違うので、好対照。本店は中軽井沢の駅前にあって、いつも並んでいる印象がある。かの故ずっきーも生前に訪れていて、絶賛していた。ひょっとしてジョンレノンとかも立ち寄っている可能性もあるんじゃないだろうか。

今回私が訪れたのは南軽井沢の塩沢店。本店とはまたちょっと雰囲気が異なるが、それはそれでいい。写真はざるそば(850円)。そばはやや黒ずんでいて、典型的な田舎そば。写真ではわかりにくいけれど、太さもかなりバラバラ。手作り感が強い。味のほうも「うずら家」よりも素朴という感じ。あちらが「しなやか」であれば、こちらは「硬くて」、そばをすするというより、よく噛んで食べたほうがいい。

でも、こういうそばも私は好きだ。美味しい。うまく表現できないが、この素朴なそばだからこそ長い間人気があったのだろうと思う。この手のそばはずいぶん久々に食べたような気がする。天ざるも1,350円(だったかな?)で良心的だ。またぜひ食べに行きたい。

« 信州へ | トップページ | キャンディーズ「春一番」がカラオケから抹殺されていた »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/517676/56110123

この記事へのトラックバック一覧です: 信州と言えばそば。その代表的なそばを食す。:

« 信州へ | トップページ | キャンディーズ「春一番」がカラオケから抹殺されていた »