無料ブログはココログ

マイフレンズ

« 絡み合う2匹の蜘蛛 | トップページ | 徳田雄一郎さん »

2012年10月26日 (金)

立石もつ焼きツアー

Photo

久々。
オーソドックスに、宇ち多゛~鳥房。
すげえ、腹いっぱい。

上は鳥房のビール。
久々のキリンのラガー。

Photo_2
宇ち多゛のもつ煮込みの鍋。

Photo_3
同じく、その煮込み。
もつ以外には何も入っていないのが、宇ち多゛のもつ煮の特長なのだ。
もう言葉では表せないくらい旨いです。

ご一緒したM野さんも納得の味。

Photo_4
見た目はグロいが、意外にあっさりしているタンのナマ。
醤油に酢というだけのシンプルのタレで食べる。
しこしこしていて旨い。

Photo_5
レバ若焼き。塩で。
なんとも言えない甘味がある。

Photo_7

適度に甘くて、適度にドライな梅割り。
これ、1杯で、ふわーっと酔い。2杯でくらくら。3杯目でへろへろになる。(笑)

一応、ローカルルールで3杯しか飲めない。
懇願すると5杯までOKだという。

酔っぱらったと確認した時点で場外コールが・・・。(笑)

他のお客さんに迷惑をかけないようにというのもあるが、そこが店の優しさなのだ。

Photo_6
一方、鳥房の鳥のから揚げ。
このボリュームと、表面がサクサクした食感。
そして中は柔らかで、適度に油の浸みた肉。
旨いっ。

こちらも酔っ払いはお断り。

基本的には他店で飲んできた人はお断り。

我々はOKだったが、「あんた、飲んでるでしょ? うちは他で飲んできたら入れないんだよ。」と店のおばちゃんに怒られている客もいた。(笑)

みんなおばちゃんに怒られたくて来ているのだ。

Photo_8
鳥わさ。
ふわっとして、しこっとして、なんとも言えない食感。
久々に食べて大感動。

- - - - -

ところで、桑名正博さん、お亡くなりになったんですね。

直接どうのこうのということではなかったですが、過去に仕事関連で何度かお会いしてましたし、彼のライブには何度も行きました。だから勝手ながらとても身近に感じていた人だったです。とても悲しいです。60代、70代の彼を観てみたかった。

« 絡み合う2匹の蜘蛛 | トップページ | 徳田雄一郎さん »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/517676/55978326

この記事へのトラックバック一覧です: 立石もつ焼きツアー:

« 絡み合う2匹の蜘蛛 | トップページ | 徳田雄一郎さん »