無料ブログはココログ

マイフレンズ

« アクアテラスふれあいコンサート | トップページ | アクアテラス ふれあいコンサート »

2012年3月13日 (火)

目からウロコ

Photo_4
副題:もうバカチョン・カメラとは言わせない!!

いや~。マニュアルつうのはどうも読むのが苦手で、ケータイにしろカメラにしろ知らない機能が実はたくさんあって、それはそれでいいやみたいな感じだったのだ。

ところがだ、ちゃんとマニュアル読んだほうが良かったなと思い直すことがあった。

今日の夕刻、駅から帰宅するときに、幕張海浜公園の梅を観る為に寄り道し、マクロで撮影。なかなかいい感じで写真が撮れた。パナのバカチョンカメラの凄いところは(今や殆どのコンデジがそういう機能がついているんだろうね)、自動でマクロになるところで、梅の花にぐっと寄ると、いい具合でマクロの撮影が出来るのだ。

ところがだ。高いところにある花は、つまり接写が出来ない。これまではそういうときにはズームを使って、望遠で撮っていた。それでも撮れないことはない。しかしだ、どうもパキッとしない。合焦し難い。ちょいとイライラしながら色々といじくっていたら、なんと、望遠でもマクロが使えることを偶然に発見した。

そのマクロは自動的に切り替わるのではなくて、マクロ撮影というモードに切り替えるのだ。今まで自動でマクロに切り替わるから望遠でもそれでいいのかと思っていたら大間違い。手動で切り替えるマクロモードで撮ると、ちゃんとそれなりのクオリティになるのだ。

きっとそんなことはマニュアルに書いてあるだろう。最初からそれを読んでさえすりゃ、もっと早くこういう写真が撮れたのに。上の写真は、約2mくらい離れたところの梅を撮った写真である。これまでこのような写真を撮るのには一眼レフの世界であった。まさか自分の持っているコンデジでこれが撮れちゃうなんて知らなかった。しかも、知らずに買ってから2年が経っていた。

そんなわけなので、ますます一眼レフを持ち歩く機会が無くなりそうだ。考えてみりゃ今使っている一眼レフでさえ実は便利な機能があるのを忘れている。そちらはもう3年以上、いや、もう4年くらい使っていて、未だに使いこなしているとは言い難い。(笑)

話は変わるけれど、その梅の撮影をしているときに、近くで高校生同士の喧嘩があった。最初は傍観していたが、殴り合い蹴り合いに発展した。5、6人の仲間がいるのに誰も止めない。彼らも傍観している。私は大きな声で「こらーっ!喧嘩をやめろ!!」と叫びながら彼らのほうへ近づいていった。

意外に一発叫んだだけで、攻勢なほうが私と喧嘩をしていた相手を見比べるようにしながら小走りで逃げていった。劣勢なほうは仲間と一緒に私に一瞥をくれただけでその場から立ち去った。

「おじさん、有難う。」くらい言えよ、と思ってもみたが、その劣勢なほうはかなりダメージがあったようで、あまり顔を見られたくなさそうにしていた。ちょっと可愛そうだった。自分にも高校生の息子がいるけれど、こんなふうに喧嘩していたら嫌だな。なんちゃって、自分のことを棚に上げて・・・。(苦笑)

そうさ、おいらの時代は殴り合いの喧嘩なんて当たり前だったからな。少なくとも木更津は。(苦笑)

最後に去ってゆく彼らの背中に、良き理解者といった演出しながら、にっこり笑って、「おい君たち。喧嘩はダメよん!!」と言ってはみたが、2人くらい振り返ったものの、それだけだった。こういうのが蛇足というのかな。

いや、でも、将来あいつらが大人になってから、「そういえばさあ、おまえが喧嘩してたときに、だせえオヤジが止めに入ったよな。」と思い出してくれりゃいいんだよ。な。

« アクアテラスふれあいコンサート | トップページ | アクアテラス ふれあいコンサート »

コメント

良い仕事しましたね(*^^*)
そういえば
高3の文化祭「音楽喫茶マーチン」
の打ち上げ事件思い出しました。
私はそれしか知らないけど
殴り合い そんなに日常茶飯事だった??
木更津

いやいや、あの高校の中ではそんなに頻繁じゃなくて、それぞれ、自分の住んでいるその近所がかなりヤバいわけで、特にれんさん住んでいた隣町のあのN浦には番長がいたし、K総高校の近辺とか、木更津だと金田とかその近辺とか、デンジャラスゾーンがそこかしこに。(笑)

なんつったって、あの当時は第二次暴走族ブームだったのです。(笑)

あー確かに
K総高校の番長で暴走族の頭は幼稚園から
中学までの幼なじみでした。
世間では恐れられていたみたいだったけど
同級生にはずっと「ちゃん」付けで呼ばれてて
未だに○○ちゃん。
毒気ぬかれちゃうのか、ソリのはいった
ふつーの同級生で(。-_-。)
あ、しばちゃんも「ちゃん」付けだね。

うわ。
その人はあれですよね、私も存じてますが、幸いなことにあの人のお兄さんですからね、我々にも優しくしてくれました。(笑)

しっかし、ローカルな話題だなあ。(笑)

超爆です
僕は18の時に○正館という流派の突き蹴り投げ
極め在りの総合武道を習っていたのですが
空手家と立ち会うハメになり・・突き蹴りを躱して
後を取り、裸締めにしながらそのままアスファルトの路上に倒れ込んで締め上げ続けたらやっと
見ていた人が「勝負あり!」と言ってくれTKOと
成りました。
しかし流石○○コーの木更津。。。僕だったら
20になる前に他界してましたね。。。。

たいへんな経験をされましたね。

木更津は確かにかつての漁師町ですし、その後も港湾労働者などの町ですから、何かと荒っぽかったです。

でも、あの当時はどこの港町も同じ状況だったと思います。高倉健に憧れ、仁義なき戦いがかっこいいという男がたくさんいましたから。今の男の価値観とまったく違っていた。ヒーローは「愛と誠」のように、喧嘩が強くないとダメみたいなところがありましたね。

星飛雄馬で根性を学び、空手バカ一代、男一匹がき大将で男の美学を学び・・・。(笑)

しかし、一方で、吉田拓郎で人生を学んで、ピンクフロイドで・・・、ビートルズで・・・。そう音楽からは色々教わりました。キリが無いからこの辺りで。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 目からウロコ:

« アクアテラスふれあいコンサート | トップページ | アクアテラス ふれあいコンサート »