無料ブログはココログ

マイフレンズ

« Kelly オンステージ(千葉そごうでのライブ) | トップページ | イパネマの娘 »

2011年12月18日 (日)

もはやA級グルメと呼びたい >>> アリランラーメン

Photo
ついに、ついに行ってきた。
あの山の中にある日本一行きにくいラーメン屋、アリランラーメン「八平」。

何故行きにくいかというと、最寄駅からえらい遠い上に、田舎の道なので、くねくねしているし、山の中の古民家を改造したような店舗なので、非常にわかりにくいのだ。

案内人はまっきー。彼は、今月これで二度目のアリランラーメンだ。ほっそも同行。いや、どちらかと言えば、ほっそがどうしても行きたいと切望しての今回のツアーだ。

午前8時ベイタウン・コア前集合。もちろん、自転車ででかける。往復約96km。そして、開店の11時前に現地到着。しかし、しかし、山の中にも係らず既にたくさんの人が開店を待ちわびている。凄い人気だ。結局。注文し、お目当てのアリラン・チャーシュー・大盛りにありつけるまでに一時間かかった。

さて、味は、というと・・・。

これがめちゃくちゃうまい。ひと口スープを飲んで実感した。以前からビジュアルを観ていたので、そこから想像するような味だった。辛くて、玉ねぎの甘さ、ニンニクの風味。具材がごろごろ入っている。チャーシューはしっかり味がついている。ややしょっぱ過ぎるかもしれない。麺は、そう、麺は事前に知った情報だと柔らかいとなっていたが、そうでもない。ちゃんとしたいい生麺を使っているし、茹で具合もちょうどいいのではないだろうか。

座った席が窓際で、そこからは店の裏側にある小さな川や、竹やぶや、山間部の田舎の風景が広がっている。そんな情緒たっぷりの店で味わえることも含めて、これは単にB級グルメという括りで語っていいのだろうか。いや、アリランラーメンは間違いなく一級のグルメである。

---

ところで、このところ不摂生で、体がめちゃめちゃなまっていて、帰りはへろへろだった。登り坂なんて、口から心臓が飛び出るほどだった。ちゃんとトレーニングしなきゃ。

お、そうだ、忘れてた。自転車で走っているときに、アリランラーメンの近くで狸の死骸を見た。なにしろ一瞬のことなので、幻かと目を疑った。でも、まっきーもほっそも見ているので、私の幻覚ではない。そんなことはどうでもいいか。

« Kelly オンステージ(千葉そごうでのライブ) | トップページ | イパネマの娘 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

こんな店の存在を知らなかった自分が恥ずかしい・・
これって、「ラーメン」というカテゴリーを超えた食べ物でしょ?

どもっす。
酔っぱらいモードで帰還しました。

そう、その通りです。
おっしゃる通り、ここは一般的なラーメンという次元を遥かに超越してます。

アリランラーメンを知らないとは、モグリだな>ノブ

わ!

あのノブさんにタメな口のきき方をされているというのは、かなりの使い手!!!

恐れ入ります。

まさか、いいねさんは、たかやまちゃんじゃないよね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/517676/53513427

この記事へのトラックバック一覧です: もはやA級グルメと呼びたい >>> アリランラーメン:

« Kelly オンステージ(千葉そごうでのライブ) | トップページ | イパネマの娘 »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31