無料ブログはココログ

マイフレンズ

« This Boy (Take 12) - The Beatles | トップページ | 幕張上空から »

2011年12月28日 (水)

人のフンドシでスモウをとる / カップめん編

カップめんを食べ終わった後、「ふー、満足!」ってときもあるけれど、ちょっと食べ足りないと思ったことはないっすか。そういうときには、冷凍になったご飯を解凍して、残ったスープ入れ、まぜまぜして食べるのだ。その応用系として、ストックしておいた乾麺を茹でて、同じように残ったスープに投入する。

ずっと以前、そうやって食べていたら息子がちょうど帰ってきて、「あ、ずるい!」と言った。そうか、奴の目にはお父さんがこっそり「赤いきつね」を食べているように見えたわけだ。実は本物の「赤いきつね」はとっくに腹の中。君が見ているのは、新たに投入した乾麺なのだよ。

ということで、こういう食べ方を私は「人のフンドシ大作戦」と心の中で呼んでいる。今日の昼もそれをやった。イオン幕張で88円のトップバリューのシーフードヌードルを食べたスープをとっておいて・・・。

ところがだ。乾麺(うどん)を茹でている間にスープをたくさん飲んでしまった。大丈夫。私は少しも騒がず、冷蔵庫からめんつゆ、キムチの素を入れ、ポットから熱湯を注ぎ、スープを増やした。これがまたいい感じ。とても88円のカップめんがベースになっているとは思えない。

01
(↑)これがシーフードヌードル。

右側は残ったスープにめんつゆとキムチを素を加えて熱湯を継ぎ足したもの。

今思いついた。やっぱり、ネーミングは「虎の威を借りる」のほうがかっこいいかな。

02_2

(↑)左は投入寸前のうどん。

これを右のように入れる。

ほら、旨そうっしょ!?

« This Boy (Take 12) - The Beatles | トップページ | 幕張上空から »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

最後の画像見て思うんですけど、うどんをカップにいれるより、スープをドンブリに入れたほうが良くありません?
でもブログのビジュアルために、汚さなくてよいドンブリを汚すところが、「さすが」です!

どもっす。
残念ながら、今回ばかりはノブさんの推察とは異なります。乾麺の1束分は多いので、取りあえずどんぶりにいったん移したのです。
ま、でも、ブログ用に写真を撮っておくクセが確かにできてしまって。(笑)

来年は考察力に磨きをかけます。お互いに「人の気持ちは正面から、ブログネタは360度から」見ていきましょう。来年も訪問させていただきます。

どもっす。
これから新潟っすね。
どうぞお気をつけて!

来年もよろしくお願いします。

新潟は凄い雪なんでしょうね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/517676/53589514

この記事へのトラックバック一覧です: 人のフンドシでスモウをとる / カップめん編:

« This Boy (Take 12) - The Beatles | トップページ | 幕張上空から »