無料ブログはココログ

マイフレンズ

« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »

2011年12月

2011年12月31日 (土)

吉田拓郎&アルフィー

笑った。
これいいね!


二十代後半のある日、友人が「シモキタ(下北沢)を歩いていたら坂崎幸之助を見た。」と何気なく言った。その当時私はその人物もアルフィーさえまったく知らなくて、聞き流していた。その後、別の友人とシモキタで飲んでふらふらしていたらその友人が後ろを振り返りながら小声で「あれ、今の坂崎じゃねえか。」と言った。その時もアルフィーのことにはまったく興味を持っていなかった。更にその後、その坂崎と思われる人物とは何回かすれ違ったが、誰も騒ぐわけじゃないし、私もどうでもいいと思っていた。その数年後なのか、ちょっと時代は分からないけれど、例の「メリーアン」(だったけ?)でアルフィーはスターダムにのし上がる。実はその頃もテレビに出ていたのは知っていたけれど、それがアルフィーであり、そして真ん中が坂崎幸之助であるという認識は無かった。それから十年くらい経って、テレビで彼らが歌っているのを何気無く観ていたときに初めて、「おっ!あれは俺が観たあの坂崎だ!!」と確信した。

とまあ、私にとってのアルフィーは馴染みが薄いし、だいたいガロに似たような路線を狙っているような姑息なバンドとして捉えていた節がある。しかし、坂崎を意識するようになって、彼が色々なセッション等で、素晴らしいギターやボーカルを披露するに至って、物凄く好意的に観るようになった。特にビートルズのコピーがほぼ完ぺきに出来るのが凄い。吉田拓郎のギター真似、歌真似も巧かった。上の動画はそんなこんなを思い出させてくれる。いや~、フォークっていいですな。

二十年前

1991
20年前の1991年。
大晦日になって慌てて大掃除をしているワタシ。
またまたおサボりで、古い写真を眺めつつ、長い長い休憩モード。

詳しくは以下。

http://shibazaki.iza-yoi.net/zaki23/shibazaki_1140.htm

そんなところで・・・、さて、掃除をしなきゃ。
来年もどうぞ、よろしくお願いします。

皆さんにとって良い年になりますように。

2011年12月30日 (金)

"Another Day" (Paul McCartney) bass cover

アナザーデイというよりも、本来とは別のところに目が釘づけになってしまうので、「another part」(of body)っつうのが相応しいタイトルかも。(笑)

しかし、年末だっちゅうのに・・・。

ビートルズの息子達

ジュリアン・レノンと、ショーン・レノンは日本でも有名だけど、じゃ、ジェイムズ・マッカートニーとなると、知っている人は多くない。ポール・マッカートニーと、最初の妻で故リンダ・マッカートニーの長男。1977年生まれの34歳。

Photo
上がそのポールとジェイムズのツーショット。ネットから見つけた。 すげえ似ている。 親子というよりも兄弟のようだ。 今のジェイムズはスキンヘッドなのでこの写真はかなり前のものだろう。

声も良く似てるし、歌もうまいんだけど、でも、この動画を観ると、ちょっとがっかりしてしまう。
スター性にもちょっと欠けるかな。

いや、失礼。

それに比べると、ショーン・レノンは、かっこいい。 つうか、可愛い。
確か、最近も日本のCMに出てたね。

こちらは、ジュリアン・レノン。 オヤジのカリスマ性を受け継いだとは言えないけれど、でも、雰囲気はある。

上はダーニ・ハリスン ルックスは最高。但し、彼の音楽は聴いたことがない。 知人に訊ねたところ、めちゃいいということだ。 オヤジのテイストをしっかり受け継いでいるらしい。

ザック・スターキーはリンゴ・スターの長男。 ごめん、わたしゃ彼のことをあまりよく知らない。

いずれにしても彼ら、偉大な父のこどもとしての役割を嫌が応でもやってゆかねばならない。物凄く大変だ。

まーかんブルース

来年の2月4日(土)、ベイタウン・コアでライブをやる予定の「Uncle Cozy Band」のまーかん(もうあかん)ブルースです。かっこいい!!

同バンドは、幕コン(2月25日)のテーマも担当しています。

-----   -----   -----   -----    -----

Uncle Cozy(作山功二) プロフィール
(Amazonのページより)

1953年名古屋にて生誕
小学校6年の時、あまり好きじゃない橋本君がクラシックギターを弾くのを見て、負けず嫌いに火がつく。NHKのギター教室が僕のレッスン先生であった。ビートルズ・モンキーズと共に僕の洋楽思考は爆発。それ以来、はまりにはまってもうおじさん。

高校時代はフォークブーム。エレキブーム。エレキは不良の始まりということでその時は購入を控えた。本当は欲しかったが高くて買えなかった。数千円のフォークギターで日夜、アメリカのフォークロックにはまる。JTやらCSNYやらよくコピーをした。これが現在の血と肉と成っている。
大学時代。上京を果たし本場の音楽に唖然とする。みんな上手かった。大学ではジャズ研に参加。ジャズのいろはを叩き込む。
その当時のアルバイト先があのライブジャズの老舗。ピットイン。アルバイト代は時給250円。もう格安。でも、ただで一流ジャズメンの演奏が聴けた。すばらしい学校であった。
そこで知り合ったミュージシャン・業界関係者とは今でもFBで付き合いがある。その時、ピアニストの鈴木宏昌氏に音楽理論などを学ぶ。そこで作曲・編曲の技術を習得。初めてのCMの仕事を頂く。それはかの有名な「日本文化センター」トーキョーゼロサ~ンである。

年は28歳。ジャズのライブハウスに出始める。バンドは大野えりバンド。その他にも多数のバンドに参加。当時、クロスオーバーやらフュージョン時代である。ソウルフルなギターが得意な僕は水を得た魚状態。その頃から、作曲・編曲・スタジオワークなど活動の場を広げる。とても良い時代であった。
30歳の頃、中島みゆきのツアーに参加。とても楽しい大名ツアーであった。その後さだまさしの中国ツアーなど参加。地固めは終わり、次のステップアップへ。しかし、友人に誘われコンピュータ会社を設立。これが僕の音楽人生を休止状態に。その後、地道な音楽活動は続くがミュージシャンとしてのライブ活動は無くなっていく。気づくと、57歳。最後は楽しい音楽で人生を締めくくる決意をする。
そして2011年12月初のアルバムを発表する。
Uncle Cozy Band 「MUSUL」これを足がかりにオジンパワー大全開である。

http://www.amazon.co.jp/MUSUL-uncle-cozy-band/dp/B006B1WJ24

-----   -----   -----   -----    -----

makukon from Koji Sakuyama on Vimeo.

(↑)幕コンのPVも更新!!

2011年12月29日 (木)

立川談志について ちょいと

敬称略。
しかも、いい気になって談志評を書いてしまう。私の如き教養も無い人間が本来はこういうことを語っちゃいけねえ・・・、のかもしれない。ごめん。ま、いいか。

談志ファンには申し訳ないけれど、私は談志の落語を聞いて面白いと思ったことがない。落語大好きな私だけどね。枕も面白くない。その昔、まだ若い談志と円鏡が一緒になんか掛け合い漫才みたいなものをやってたけれど、あれもまったく面白くなかった。なんで世間が談志の落語は凄いと言うのかわからなかった。あと、政治家や、有名タレントをこきおろすのも、どちらかと言えば、あまり好きじゃなかった。

でもね、この間亡くなったからおべっか使うわけじゃないんだけど、談志そのものは大好きだった。昔から時々談志の出ているテレビを見ていて物凄く痛々しく思うときがある。テンション上がっているのは談志だけで、周囲が思い切り引いているところを何度も見た。でもその痛さが好きだった。破天荒に見せていても、本当は頭のいい人なので、本人はかなり痛かったんじゃないかな。毒舌吐いても、全部自分に跳ね返ってきているようにも見えた。それと、晩年、かなり苦しかったんだろうね。志の輔だか志らくが言ってたけど、師匠はやせ細って苦しんでいるところを弟子に見せたくなかったので、だから、夏ごろからは弟子の誰にも会わなかったらしい。

そうそう、私が談志の落語が好きじゃなかった理由の大きな要因は、声が出てないことだ。かなり若いときから無理してたのかな。元々喉が強くなかったのかもね。ここ数年は、もちろん、食道癌だったこともあって、まったく声に張りがなかった。1週間くらい前、たけしが自身のテレビ番組で、「しかし神は酷だよね。喋ることを生業にしている人間から声を取り上げてしまうんだからね。」と言ってた。まったくその通りだ。談志ほどの器量のある人間がもっと声が出ていたら、間違いなく私も大笑いする落語家だったに違いない。

で、実は談志の落語で好きなやつがある。それが芝浜。これは誰もが凄いと言うやつで、ほーれみろ、お前もやっぱ談志の落語が好きなんじゃないか、と言われそう。まあ、間違ってはいないかも。でも、それ以外の談志の落語は冒頭の通り好きじゃないのだ。この芝浜だって、ここ数年前のものは声が出てないから聴いてるほうも苦しくなってくる。しかしだ。夜明けの芝浜で、たばこを吸っている仕草。その静寂なところ。増上寺の鐘の音。情景が浮かんでくる。また最後の場面での可愛らしい女房の声。もう声が思い切り掠れているのにも関わらず。まるで生前の大原麗子のような鈴を転がしたような可愛らしい声が聴こえてくるのだ。談志の瞳がちょっと潤んでいるのも色っぽい。

この芝浜。今頃の季節に演じられることが多い。最後の女房の告白シーンが大晦日。百八つの鐘がぼーんと鳴り出す頃がクライマックス。お前さん、お酒つけようか。そう言う女房。そして・・・・・・・・・・・。ここから先は芝浜を聴いてちょ。YOUTUBEにもあるからね。これからもこの芝浜を聴く度に、談志のことを思い出すんだろうね。あ、それから志らくが言ってたけれど、談志はあの北のテレビで吠えるおばさんのファンだったらしい。いや~、いいね。しかも、北の将軍様も一緒に連れていっちゃうんだもん、さすが師匠。ってことで、やはり偉大な人だったのだ。

あの人は今・・・

そんな番組があったね。今でもあるのかしら。まあいい。そんなことよりも、今、この時間(12月29日 午後10時35分)、私を除く殆どの知人が、旅行、忘年会、中には海外旅行中なのだ。

いったいにゃんなのだ!!!???

なんだか世界中で私だけが仕事しているような気がしてきた。
と言いつつ、酒がまわり過ぎてぼーっとしてきた。
おサボりがまだまだ続く。

わーん! まだ仕事中っす!(泣)

メール、ツイッター、フェイスブック、どなたも楽しそうに食事、バカンス、諸々と楽しげな情報を受信中。そして、この私・・・。

はっきり言わせて頂くと、仕事してます!!!!(きっぱり!)

でも、ちょっと酔っ払い。
シャンパン、旨かった。

さ、明日までの仕事を片付けないと。

とか、言いつつ、気分が乗らなくて、昼過ぎ辺りから放置プレイ。

やばい。

現在、20時40分。

千代松のラーメン

Photo_3

千代松と聞いて、ピンと来る人は案外少ないかもしれない。海浜幕張の駅ナカにあるラーメン屋さんだ。上がそのラーメン。490円と、ワンコインで食べられるのが嬉しい。味は見た目通り、あっさり。昔懐かしい中華そばという感じ。ちなみに味噌ラーメンは520円。餃子は190円とリーズナブルだ。

Photo_4
駅前の広場がやっと平らになったね。
もう大震災は来ないでほしい。
頼むっ!!

2011年12月28日 (水)

SDHCカード 32GB

Photo

Amazonでの今年最後の買い物。

2,700円。(税込・送料なし)

安いよね~~。

Photo
http://www.amazon.co.jp/Sandisk-Extreme-Video-Class10-UHS-1%E5%AF%BE%E5%BF%9C-%E6%B5%B7%E5%A4%96%E8%BC%B8%E5%85%A5%E3%83%91%E3%83%83%E3%82%B1%E3%83%BC%E3%82%B8%E5%93%81/dp/B004Q3C98S/ref=sr_1_23?ie=UTF8&qid=1325108682&sr=8-23

でも、ビデオ等に使うんだったら、上のサンディスクの5,300円がいいみたい。
(スピードが違う。)

幕張上空から

02_3
ぼろぼろになった企業庁のパンフに載っていた写真。

まだシータワーとパークタワーが無いし、もちろん、グランエクシヴやファーストウィングも無い頃。十二、三年前???

人のフンドシでスモウをとる / カップめん編

カップめんを食べ終わった後、「ふー、満足!」ってときもあるけれど、ちょっと食べ足りないと思ったことはないっすか。そういうときには、冷凍になったご飯を解凍して、残ったスープ入れ、まぜまぜして食べるのだ。その応用系として、ストックしておいた乾麺を茹でて、同じように残ったスープに投入する。

ずっと以前、そうやって食べていたら息子がちょうど帰ってきて、「あ、ずるい!」と言った。そうか、奴の目にはお父さんがこっそり「赤いきつね」を食べているように見えたわけだ。実は本物の「赤いきつね」はとっくに腹の中。君が見ているのは、新たに投入した乾麺なのだよ。

ということで、こういう食べ方を私は「人のフンドシ大作戦」と心の中で呼んでいる。今日の昼もそれをやった。イオン幕張で88円のトップバリューのシーフードヌードルを食べたスープをとっておいて・・・。

ところがだ。乾麺(うどん)を茹でている間にスープをたくさん飲んでしまった。大丈夫。私は少しも騒がず、冷蔵庫からめんつゆ、キムチの素を入れ、ポットから熱湯を注ぎ、スープを増やした。これがまたいい感じ。とても88円のカップめんがベースになっているとは思えない。

01
(↑)これがシーフードヌードル。

右側は残ったスープにめんつゆとキムチを素を加えて熱湯を継ぎ足したもの。

今思いついた。やっぱり、ネーミングは「虎の威を借りる」のほうがかっこいいかな。

02_2

(↑)左は投入寸前のうどん。

これを右のように入れる。

ほら、旨そうっしょ!?

This Boy (Take 12) - The Beatles

最近はYOUTUBEでビートルズナンバーのテイク違いがたくさん聴けて楽しい。そういう時代なんだね。上のやつは、楽しそうな感じで終わっていていいね!!

昔私が秋葉原の中古CD屋で見つけてきたものは、ポールがヒステリックに怒っているテイクがいくつか収録されていて、まあ、それはそれでファンとしては違う側面を見ることが出来たという満足感も多少あったな。でも、あまりにも酷いミステイクの音がネットに流出しないことを望んでます。

こっち(↑)は、最後までのバージョン。 いいなあ。 この頃のジョンのソロは、ジンと来ますね。

この(↑)の音が一番馴染んでるかな。
ほかにも色々あるけれど、片っ端から消される可能性もある。

ガロ たんぽぽ

大好きな曲です。

当時、めちゃ高くて、おそろしく性能の悪いオープンリールデッキでエアチェックし、そして安物のヘッドフォン(安物でも当時は1万円以上はしたな)で何度も聴いていた。

Dmで始まり、Cに行って、それで、あの頃、最も苦手なB♭が登場してきて、手が痛ぇのなんのって。
でもこれ弾けるようになって、なんだFなんてへっちゃらじゃん、なんてちょっと嬉しくなったりして。

それと、この「たんぽぽ」のDmって書いてますが、実際にはオープンコード(ローコード)の1弦を弾かないやつ。それが新鮮たった。 ← じゅんちゃん、正確なコードはなに?

2011年12月27日 (火)

対バン募集

Music is Future Energy
(音楽は未来エネルギー)チャリティーコンサート
2012年2月4日(土) 16:00〜
会場: 幕張ベイタウンコア
出演: UNCLE COZY BAND  (幕コンテーマソング『夢を語ろう』)

*アコースティックなライブです。
*3~4人くらいの編成がベターです。
*ジャンルは問いませんが、ヘビーなものはNGです。
*お客さんを10人以上連れてこられるのがベター。
*テイストを知りたいので、事前に音源チェックだけさせてください。
*候補が複数あった場合には一応、審査ってことで・・・。
*メリットとしては、幕コン関連のメディアに多少露出するかも。
*あ、ギャラはありません。申し訳ないっす。
*CD販売は収益金の中から義援金を出して頂けるという条件ならOKです。

uncle cozy band = http://www.unclemeet.com/
ベイタウン・コア= http://www.chizumaru.com/map/map.aspx?x=504180.584&y=128291.604&scl=500&memo=1&tab=cz_07sta&lk=&msz=&svp=&ex=504180.584&ey=128291.604

幕コン= http://makukon.com/

わたすのメールはこちらへ

小野寺涼子さんだけじゃなくて・・・

本田 弘子、高野 ジェシカ、吉沢 雪愛、寺田 真月、佐久間 あおい、高瀬 美由紀、久米 美奈、森岡 恩恵、石丸 理恵子、渡部 さおり、塚田 亜友佳、佐藤 美智子、中井 恵美子、稲田 ナナ、北島 さおり、大石 祥子、長沢 麻晴

昨晩私へのジャンクメールがたくさん。そしてその差出人が上のようになってます。これ、出どころはおそらく一か所で、ひとりの人間が創作しているもんだと思うんですがねえ。

毎日どれだけの迷惑メールを出しているのでしょうかねえ。日本国内だけでも何百万通も出しているのでしょう。それだけ出していれば経路から出どころを特定できるようなもんですが、何故犯人を割り出せないのか。

それとも、犯人は分かっていても、手を出せない状況にあるのか。例えば、国交の無い国からの発信とか。あるいは、ウィルス駆除ソフトのメーカーが絡んでいるとか。まさか。

でも、一昨日テレビでやってたスパイ大作戦「ミッション・インポッシブル」のストーリーは極めて危険なウイルスをばら撒き、そのウィルスに有効なワクチンをとんでも無い価格で売りさばこうという悪い奴がいて・・・、みたいなストーリーで・・・。

話は元に戻るけれど、ジャンクメール出したり、その差出人の女性の名前を毎日、毎日とっかえひっかえ、それが仮に自動でやっていたにしろ、また、くだらない中身の文章をつくったりと、それを仕事としてやっている人がいるというのがなんともやるせない。

悪いことしていたって、一所懸命ジャンクメールを発信している奴にとってはそれが業務であり、そういうことをやってなんだかの収益を上げているわけだ。ある意味大変だ。サクサクと単調に作業していても、精神的なストレスは相当なもんだろう。差出人の名前も一所懸命考えてるのかしらん。

こういうジャンクメールの駆除も政府レベルで対応してくれないかねえ。マニフェスト全部破っているんだから、せめて、そっち方向で活躍してくれたまえ。何か少しでもいい実績上げてくれよな、M主党はよ。大阪の橋下市長のことをあれだけボロクソに言ってくせに、当選した途端、持ち上げる、持ち上げる。

なんだね、あの仕草。全国民が見ているなかでのおべっか政治。恥ずかしくないのか。あいつらのやっているのは、政治とかじゃないね。その一貫性の無さは今どき小学生にも劣るぞ。いや、こども達がああいう政治を見ているから、だから大きくなって矛盾だらけのことやっていても是としちゃうわけだ。N総理は成れの果てか。

おっと、ジャンクメールのことを書いていたら、知らず知らずのうちに長くなってしまった。今年最後の嘆きかな。こんなことブログで書いたって気は晴れないっすね。

2011年12月26日 (月)

uncle cozy band と会う!!

Uncle_cozy_band

今日、もろもろの案件で、幕コンのテーマを担当するuncle cozy bandさんと打ち合わせ。ギタリストでコンポーザーのcozy(作山功二)さんとはお初。

本業はイラストレーターなど長年広告に携わっている御仁。
私の業界の先輩だ。
音楽のほうも有名アーティストと共演するなどプロフェッショナル。

上の写真、右側がcozyさん、左はベイタウン在住のKプロデューサー。

以下は、その彼らがつくったテーマ曲に合わせて私がつくった幕コンの仮PV(Ver.2)。

正式版は、cozyさんが別途つくってくださる予定。

な、なんと、伊藤哲一クンも!!!!

千葉市芸術文化新人賞受賞(美術部門)だそうです。

おめでとうっ!!!

よかったね~~っ!!!


で、実は、公式発表は1月26日なので、それまでは公式的なメディアには出さないでという主催者側からの通達なんだそうですが、ブログだったらいいよ、ってことで、ここに書いちゃいますね。少しでも早く、少しでも多くの方々と喜びを分かち合いたいっ!!!

いや~、哲一ちゃん、ほんとにほんとに私は嬉しいっすよ!!!(感涙)

クリスマスの富士山

Photo_3

クリスマスだからといって、別にどうだってことない。
けれど、クリスマスに対話してくれるのは、遠くかすんで見える富士山だけ。

な~~んてね。

ま、どうでもいいんだけど。

これ、例によってルミックスのコンデジで撮った。
ほんと、よく撮れるわ。

房の麺

Photo_2


これ、茂野製麺が製造し、ユアサフナショクが販売している乾麺(そば)。

「房の駅」を除く一般の小売店では見かけないと思ったけれど、なんと新検見川駅前のヤックスで売ってた。

しかも、お安く。

しっかりした製品なので、お薦めっす。

釣れますか?

Photo

「なにか釣れましたか?」

「釣れるわけねぇだろ。このジジイ!」

「わ、そうなんですか、どうして釣れないのですか?」

「糸ついてねえもん。」

「そうでしたか。釣ってるふりしてたのですね。余計なこと訊いてすみませんでした。」

「いいか、じいさん、釣ってるふりじゃなくてさあ、これ、エアフィッシングつうんだよ。エアギターの流れ、そう、そういう説明でわかるかな?」

「フライフィッシングだったら知っているのですが、あ、いえ、そういうジャンルがあったんですね。」

「ねえよ。俺が今発明したんだ。いいからあっち行ってな。気が散るから。」

「はいはい。お邪魔しました。」

うーむ。私はいったい何を書こうとしていたんだろう。

そろそろブログを書くのも限界なのだろうか。(苦笑)

門馬由哉バンド

門馬くんは、本当に素晴らしい。

2011年12月24日 (土)

クリスマスイブの幕張新都心

Photo

エステシティのクリスマスコンサートに行くのに、ぎりぎりまで仕事をしていたので、クルマで行く。しかし、途中渋滞に遭って、遅刻。慌てて、ヨーカドーの駐車場に入れる。どうせ買い物もあるので、ということで、気軽に入ったのだ。しかし、満車で、結局屋上の駐車場にクルマを置いた。

で、エステシティから戻って、ちょいと買い物をして、さて、クルマを出そうとしたら、屋上から出口に向かって、凄い渋滞。なんじゃこりゃ。

しょうがないので、時間調整をする。上の写真を撮ったり、再び売り場に行って、そして様子を見る。やや、さっきよりクルマが増えているではないか。やっぱ、これはクリスマスイブだからなのか。まずい。こんなところで時間をつぶしているわけにはいかない。

なんだかんだと駐車場から地上に降りるまで40分以上もかかってしまった。

ところで、上の写真の真ん中辺りに白抜けみたいな点が空にあるけれど、それは宵の明星だす。写真ではあまりわからんですが、とても明るく光っておったとです。

Photo_2
今夜はスカイツリーもライトアップ。
yoshiさんに教えてもらった。

でも、露出を間違えたみたいで、イマイチ。

うーむ。

エステシティ海浜幕張・クリスマスコンサート

幕張総合高校シンフォニックオーケストラの演奏。
素晴らしいっ!!

上のYOUTUBEは、約40分に及ぶ演奏の中の1つをピックアップした。タイトルはアメリカン・グラフティー。「サーフィンUSA」、「ヘイ・ポーラ」、「ダイヤモンドヘッド」をメドレーにしたもの。ソロも随所にあり、また、ダンスもありで、めちゃ楽しい。

どこの吹奏楽部もそうなのかもしれないが、女子生徒が大半を占めている。「スウィングすんべー!」のあのスウィングガールのようだ。ドラマーの女の子は将来レディースのロックドラマーか、あるいはプロのジャズドラマーを目指してほしい。あ、でも、音楽でメシ食ってゆくの大変だから、やっぱ、大学に行ってからじっくり考えましょう。って、勝手なことばかり言ってすみません。

エステシティは夏、秋、冬と、素晴らしいイベントを開催している。自治会、実行委員の皆様のエネルギッシュな活躍ぶりはベイタウンとしても見習いたいところだ。Hさん、本日はお招き頂き、有難うございました。

ジャズギタリストの田中裕一氏が快挙!!

先ほど、簡易書留にて第10回千葉市芸術文化新人賞受賞決定の通知が届きました。いま現在は狂喜乱舞中!!来年1月26日(木)に千葉市役所で授賞式と記者会見だそうです!!最高のクリスマスプレゼントを戴きました♪♪
(田中裕一 FaceBookより転載)

今年の「ベイタウン・ジャズ・ストリート」(ベイタウン夏祭り)​にも出演してくれた田中氏が快挙っす!!
千葉市民の皆々様、拍手っす!!

それにしても、田中君はまだ二十代っすよ。
すげえですな。

田中裕一 Official Site = http://yt.web5.jp/

ヒロ川島さんとまたまたご縁が・・・

ベイタウンに何度も来てくださっているヒロ川島さん(ミュージシャン)が、実は幕コンのテーマ(uncle cozy band 「夢を語ろう」)をプロデュースするベイタウンのフランク大雑把さんと昔仕事を一緒にされていたとか・・・。

再びなにか面白いことが始まりそうな予感。

http://www.lovenotesjoy.com/ehiro/

(↑)ヒロ川島さんのページ

(↑)ヒロ川島さんがつくったムービー
ピアノはあの栗本修。

昨夜はベイ中・自転車グルメ部の忘年会

Photo_3
クリスマス連休の最中(さなか)、クリスマスに無縁な5人(と言ったらそうでもない方もいるかな?)の忘年会がささやかに開催される。場所は博多屋。盛り上がった。

ベイ中の忘年会も、あるいは新年会もやりたいっすね。 > ベイ中の皆々様

2011年12月23日 (金)

アルハンブラから連想

ナハトムジーク(クラシック音楽)

ナンプラー(魚醤)

ハムナプトラ(映画)

なんか、こんなことを連想しちゃいます。

アルハンブラの思い出・・・うーむ、弾けない・・・(泣)

右手の親指1本で3つの弦のアルペジオ。
そして高音弦を人差し指と中指でトレモロ。

同じ手の中で違うリズムが二つ進行しているという感じ。

かなりリズム感が良くないとできないっすね。

最初の小節、Am → Cへ行く過程で早くも挫折。(苦笑)
なんて難しいんだ。(泣)

2011年12月22日 (木)

一's(いちず)の海塩ラーメン

総武線の幕張駅から約10分くらいだろうか。つるかめランドの通りを挟んだ対面のちょっと路地を入ったところにある。ちょっと目立たない店。でも、ここが人気。物凄い寒い日だったので、界隈にはいつもより人通りがあまりいなかったが、私が行った1時少し過ぎには満員だった。

店内は白と黒が基調。非常にお洒落な感じ。女性ひとりで行っても全然平気だと思う。そして、スタッフの感じも非常によく嬉しくなってしまう。さて、注文は、事前に知人から「塩がうまいっ!」と聞いていたので、それにする。いや、そうしようとしたら、本日のサービスってんで、海塩ラーメンがなんと500円。そっちにした。や、安い。これはいい。もうひとつ、すじこん飯というのを頼んだ。牛スジ肉とぷりっとした固めのコンニャクが載ったご飯のことだ。これが200円。合わせて700円。

さて、味はというと、海塩ラーメンは、透明なスープ、そしてたくさん浮かんだ海苔。それから殻付きのアサリ。いや~、あっさりしているけれど、これがグー。コクがあるというか、お上品な旨味があるというか。どんどん飲んでしまう。麺は細麺にした。これがベストマッチのような気がする。中太麺は100円増し。

そして、すじこん飯も旨い。ラーメンのスープを残しておいて、最後にすじこん飯にかけて食べるのもオツですよ、みたいなことも知人から事前に聞いてたし、スタッフの方にも教えてもらったのだけど、どっちともそんなことしなくても旨いので、そのまま食べ切ってしまった。幸せ。会計を済ませた後、またご来店ください的な感じの良い送り出され方をしてまたまた幸せ。いい店だ。

01
(↑)海塩ラーメン
02
(↑)すじこん飯

家政婦のミタ最終回は40パーセント超え

なんとも凄いっすね。
私はまったく観てなかったし、興味も持ってないので、スルーしていたのだが、最終回だけは世間から取り残されないように密かに録画しておいた。

うーむ、松島菜々子がこういう役柄とは・・・。

人民が飢えてる国の・・・

指導者になるべく御仁が、まるまる肥えているのはまずいだろ!!
いくらなんでも。

あ、私?

私は平民だし、しかも、安いものをたらふく食べて肥えているので、贅沢太りではありませんっ!(きっぱり)

2011年12月21日 (水)

茂野社長 at ベイエフエム

昨年、一昨年と、茂野製麺プレゼンツの川柳企画の件で、WBGのベイエフエムに随行した。
一年ぶりの門脇知子さん。
相変わらず可愛らしい。
放送ではあんなベランメエ調なんだけど、以前も書いた通り、本当はシャイな女性なのだ。

01
(↑)左が門脇知子さん。
ほらね、かわいいでしょ?

後ろのギターが気になる。

02

(↑)ベイFMの後、35階のクラブラウンジで食事。
気温は低いのに、意外にもやがかかっていて、遠望が効かず。

中央下の白い建物は免許センター。その後方、遠くツインビルが建っているが、津田沼駅の近く、千葉工大の新しい学舎だ。その下側の左右の白い線は京葉道路。

03_2
(↑)カキフライと、カニのつめ、タルタルソース。
電通さんにごちそうになった。
有難うございます。

尚、茂野製麺プレゼンツ・サプライズ川柳大賞は、12月28日までのラジオサプライズの中っす。14時15分頃。ぜひ、お聴きください。

ひとりツェッペリン

わーぉ、かっこいい。

ネックからもうひとつのネックへ移行するのがスムーズ。
凄いっす。

2011年12月20日 (火)

夜のスカイツリー

01_3
幕張からのスカイツリー。
PANAのコンデジ(LUMIX)+三脚で撮影してみた。

露光時間は、約35秒。

驚いた。

私の持っているデジイチだと、長めの露光時間ではノイズがかなり入るのだが、これ、結構きれいに撮れている。
安物のコンデジでこれだけ綺麗に撮れるというのがびっくり。
CCDのポテンシャルの高さに驚き。
1秒以上の露光時間は1秒毎に無段階で調整できる。

ちょっと前のデジイチよりも遥かにいいのではないか。

ショック。

03
(↑)これは、Take2。
サーバースペースの関係で、サイズは2分の1以下、解像度も下げているものの、微妙なグラデ部分に殆どノイズが入っていないことが分かる。

実は、昨今まで夜景に関してはフィルムカメラのほうが絶対にいいと思っていた。特にバルブの撮影は・・・。
しかし、2、3万のバカチョンカメラでここまで写るとなると、もうデジカメを馬鹿にすることはできなくなったかも。

02_3
(↑)花見川もこんな感じ。

こちらもほぼノイズレス。

まいったなあ。

因みに、このココログへのアップロード前には、平均して約1/8のリサイズに加え、画質のクオリティを70%に劣化させ、軽くしている。

やっとケータイ新調したよ!

01_2

表題の通り。
もう何年振りだろうか。

やっと、やっと、買ったっす。

スマホは要らないので、ごくごく普通のFORMA。

このくらいのでいいのだ。

買ったのは、しょうがないので(?)、イオン幕張の2F。

02_2
手続きをやっている間にフードコートのペッパーズランチで、ペッパーズ・チキンのサラダ+ドリンクセット(720円)を食べて待つ。

03_2

こうやって、まぜまぜして食べるのだ。

じゅーじゅー音がして、これが楽しい。

昨年だったか一昨年だったか、確か同グループは食品衛生上になんだか忘れてしまったけど、問題があった筈。だからこそ逆に今は徹底的にちゃんとしていると思う。

幕張新都心賑わいづくり研究会

01
昨日(12月19日)、SIIにて賑わい研が開催。その後、同ビルの最上階のレストランで懇親会が行われた。

賑わい研の議題は、サマソニ2011の報告、千葉ダービーの報告、そして、来年2月25日に開催の幕コンの件。

幕コンは、地域活性化を目的とし、正式に賑わい研の後援事業となった。これを受けて、早急に実行委員会を立ち上げる。

幕コン = http://makukon.com/

02
SII最上階からの夜景。

03
そのレストランでのオードブル。
料理は色々。
満腹っす。

04
ワインも美味しかった。
ごちそう様でした!!

夜景

1219_01

昨夜、といっても、午後6時頃、幕張新都心賑わいづくり研究会へ出席する為に自宅を出発して直後、おお、アパホテルに巨大なツリーが・・・。
慌てて、カバンからカメラを取り出しシャッターを押したものの、ちゃんと設定してなかったもんで、こんなへんな写り。

1219_02
その後、テクノガーデンのところで。
こちらは、夜景モードで。
コンクリー製のオブジェ(?)を利用して、スローシャッターで撮影できた。

2011年12月19日 (月)

イパネマの娘

すげえ。
何歳なんだろ。
めちゃうまいじゃん。

2011年12月18日 (日)

もはやA級グルメと呼びたい >>> アリランラーメン

Photo
ついに、ついに行ってきた。
あの山の中にある日本一行きにくいラーメン屋、アリランラーメン「八平」。

何故行きにくいかというと、最寄駅からえらい遠い上に、田舎の道なので、くねくねしているし、山の中の古民家を改造したような店舗なので、非常にわかりにくいのだ。

案内人はまっきー。彼は、今月これで二度目のアリランラーメンだ。ほっそも同行。いや、どちらかと言えば、ほっそがどうしても行きたいと切望しての今回のツアーだ。

午前8時ベイタウン・コア前集合。もちろん、自転車ででかける。往復約96km。そして、開店の11時前に現地到着。しかし、しかし、山の中にも係らず既にたくさんの人が開店を待ちわびている。凄い人気だ。結局。注文し、お目当てのアリラン・チャーシュー・大盛りにありつけるまでに一時間かかった。

さて、味は、というと・・・。

これがめちゃくちゃうまい。ひと口スープを飲んで実感した。以前からビジュアルを観ていたので、そこから想像するような味だった。辛くて、玉ねぎの甘さ、ニンニクの風味。具材がごろごろ入っている。チャーシューはしっかり味がついている。ややしょっぱ過ぎるかもしれない。麺は、そう、麺は事前に知った情報だと柔らかいとなっていたが、そうでもない。ちゃんとしたいい生麺を使っているし、茹で具合もちょうどいいのではないだろうか。

座った席が窓際で、そこからは店の裏側にある小さな川や、竹やぶや、山間部の田舎の風景が広がっている。そんな情緒たっぷりの店で味わえることも含めて、これは単にB級グルメという括りで語っていいのだろうか。いや、アリランラーメンは間違いなく一級のグルメである。

---

ところで、このところ不摂生で、体がめちゃめちゃなまっていて、帰りはへろへろだった。登り坂なんて、口から心臓が飛び出るほどだった。ちゃんとトレーニングしなきゃ。

お、そうだ、忘れてた。自転車で走っているときに、アリランラーメンの近くで狸の死骸を見た。なにしろ一瞬のことなので、幻かと目を疑った。でも、まっきーもほっそも見ているので、私の幻覚ではない。そんなことはどうでもいいか。

Kelly オンステージ(千葉そごうでのライブ)

千葉そごうでの「ナイト・インビテーション」というイベント(12月17日午後8時40分から)で、あの幕張ケリーのケリーちゃんがソロで出演。
クラシック、ポップス、ジャズのピアノ演奏をした。

特別なイベントなので、彼女も特別にドレッシー。

一方私は、マネージャーという、聞こえはかっこいいけれど、要するにカバン持ちだった。(泣)

01_2
イベント会場の入り口の立て看板。

ケリー嬢の写真とプロフィールが書いてある。

02_2
セットはこんな感じ。
ちょっと高いステージに感激。

03_3
控室で化粧をするケリー様。

04_3
いわゆるロケ弁。
H野さんがオーナーの「さっちゃん」(稲毛・浅間神社の近く)のオリジナル弁当。

酢ブタ大好きっ!!

05_3
控室の鉄製のドアに貼られていた紙。

ケリー様はこれを見て大変喜んでおられた。

06_3
本番直前のケリー嬢。
特別な日の特別なイベントなので、ドレッシーなのだ。

07_2

そして本番スタート。

しっとりした楽曲を選曲。

本来はBGMのような雰囲気で演奏するようにというリクエストなのだが、足を止め、ずっと聴き入ってくださるお客さまも少なくなかった。

有難うございます。

08
H野さん、お疲れ様でした。
またよろしくっす!!

2011年12月17日 (土)

ベイタウン on 欽ちゃんの日本元気化計画 メイキング

01

午前9時。ホテル・グリーンタワー幕張。
関西方面から来られたスタッフを中心に打ち合わせ。

02
レポーターのタカガキくん。
通称、タカちゃん。

今売り出し中のタレントさん。
23歳だけど、結構しっかりしている。

以前はコンビでお笑いをしていたという。

お、バックに竹見さん(タルブ)が写っている。

03
レポーターと、幕コンの発案者である石井さんがぶらぶらベイタウンを歩くの図。

実は、めちゃ寒くて、かなりつらいシーン。
Take 3まで撮った。

04

タカガキくんは、若いから平気なのかもしれないけど、でもやっぱえらい寒そう。
一方、石井さんは余裕な顔をしている。

05

レオニダスの前で。

06
レオニダスの橋本店長への取材。
凄い状態になっている。

07
続いて、ギャラリーKIKI。

08
チンタンタンの林(りん)店長。
あれ? 今日、佐川社長は?

09
チンタンタンで。
谷口プロデューサー(左)と、池田ディレクター(右)。

10

ところで、今日はこんなにいい天気。

でも、相変わらず寒いのだ。

幕コン

Photo
幕張、幕張新都心、ベイタウン、その近隣などの活性化、そして、幕張から日本を元気にという趣旨で開催されるコンパ。
飲み放題・食べ放題の協力店30店舗を自由に巡り、またその中で気の合った人と巡り会うという企画。色々なお店の逸品をちょこちょこ食べられる滅多に無い機会。

只今、企画準備中。

その絡みで、本日、ベイタウン内をテレビ局の撮影クルーが巡回中。
番組名は「欽ちゃんの日本元気化計画」。千葉テレビで2月4日放送予定。

11人もいる

うわ~、最終回、見逃した!!(泣)

現在、締め切りと格闘中。(泣)

うわ、もう4時過ぎてる!!(泣)

-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

おお。
上のラインみたいなものをつくるのって今まであまりやったことないのだけど、テンキーだと簡単だということがキーボードを使うようになって何十年(実際に何年だろう?)経ってようやく分かった。
たぶん、今までは1セット打った後、コピペしてたかな。いや、こういうラインをあんまり使わない奴だったから、絵文字も含めて、チョー苦手であった。

今後、多用しようっかなあ。

-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

というわけで、いきなり多用。(笑)
うそ。これは前出のコピーでした。(笑)

おっと、こんなことしている場合ではない。
仕事、仕事。

-----------------------------

今度はシンプルに。

あー、しかし、なんで録画をセットしておかなかったんだろう。
後日、有料で動画を観るか。
最終回に限って観てないというのは、実は多いのである。

それにしても宮藤官九郎は凄いな。
グループ魂も良かったし。

私の年代で(11人もいるを)観ているっつうのはアリ???
つくづく俺って、おこちゃまな五十代。(苦笑)

第一、バンドやってるし。(笑)


四十代のみなさ~ん。
きっと、五十代って、意外におこちゃまっすよ。
安心してください。

ではでは。

-----------------------------

< 追記 >

またまたおサボり。

昨日、ケータイを買おうと思って、色々見て回った。
今のケータイはめちゃ古い機種だし、もうバッテリーがやばくなってるし、ってことで、買い替えは急務なのだ。

先日もアウネのDokomoに寄った。展示機種を色々見まくって、うーむ、Fomaは4~5万円するし、かといって、スマホは私には使いこなせないし、なんて仏頂面しながら誰か店員が寄ってこないかな、と思いつつ、しかし、忙しいようで誰ひとり来ない。どうも、うまくゆかないもんだ。来てほしくないときには「なにかお探しですか?」みたいに寄ってくるくせに。(笑)

結局Dokomoはさすがに待ち人多く、面倒なのでイオンのケータイ屋に移動。おお。ここでは安いFomaがある。早速買おうと店員に声を掛けたところで時間切れ。そして出直したのが昨夜。一通り説明を聞いて、2万8千円の機種を買う手続きに入った。Dokomoポイントがあるから、安く買える。うひひ。と、思ったら、なんとこれ、ってオプション契約を3つ以上した場合の料金なのだ。うーん、最初にその説明してくれよ。

後で妻に聞いたら、オプション契約なんて、すぐに解約しちゃえばいいよ、ということだ。しまった。そうか、でもな、「なにっ!オプション契約なんて、聞いてないよ!!」と、若干声を荒げ、その場から退散してしまったので、もう一度行くってのはさすがに勇気いるなあ。

で、その後、もうすっかり夜になっておったが、YAMADA、ドンキとクルマで回る。ま、値段はだいたい同じだ。だけど、考えてみれば、予備知識がまったく無いので、せめて、カタログでも見てから出直すことにした。うーむ、疲れた。ケータイってもうずいぶん買ってないから、どんな機能が必要で、何がいいのかさっぱりわからない。あのデジカメなどを買いに行くときの嬉々とした気持ちにはなれない。あー、面倒だ。

2011年12月16日 (金)

俺はいやし系

癒し系だったらいいけれど、

どっちかっちゅうと、卑し系か。

(投げやり気味)

すき家の牛丼---250円

Photo_2

安くてありがたいけれど、これが当たり前の感覚になっちまうと、ラーメン1杯800円という店では食べられなくなってしまう。

ホットソックス

Photo
今これが人気だとか。
履くだけで足元ほっかほか、という。ドリームチャンキーで好評発売中。

レオニダスの橋本店長

S

ベルギーチョコレートのレオニダス(パティオス11番街)の店長さんです。
取材に協力して頂きました。

山根さん(ベイタウン商店会会長)が最近ベルギーに行って、レオニダスをたまたま見かけ、写真を撮ってそれをプリントしたものが店内に飾られてます。

あ、なんで丁寧語を使っているんだ、俺は。

2011年12月15日 (木)

サントリー・ジョッキ黒

Photo_2
いわゆる黒ビールの発泡酒版なのだ。

1ヶ月ほど前に「麦とホップ」の黒を買った。やはり6本セット。お、これは発泡酒っぽくなくていいや、と思い、また買おうと思ったら、どこにも売ってない。凄い人気で生産が追いつかないそうだ。

そういうわけで、これ。

黒ビールファンで、しかし、節約家にはぴったりだと思う。

そうめん

Photo
冬なのに、そうめんが残ってしまっているということはありませんか?
私の場合、温麺として食べます。

上の写真は、そんな感じ。
薄めの出汁醤油で食べて、そして、最後に、例のキムチの素をちょっと加えてみた。

急にジャンキーな味になる。

10年前

01
調べものしていると、そのついでに、いつも古い写真のフォルダーにポインターが動き、そして見入ってしまい、なかなか作業が進行しない。上の写真もそのひとつ。

10年前の2001年のちょうど今頃の写真である。パティオス20番街のモデルルーム見学に訪れた際、将来的にはこの写真が貴重になるだろうな、なんて意図で撮ったもの。(笑)

右側のマンションは、パティオス21番街。
まだ工事中だ。

そしてその向こう側に見える円筒形の部分を持った建物はパティオス18番街だ。

02
こちらは、ミラマール。
影も形もない、、、いや、土台はあるな。でも、こんな状態。

03
マリンフォートもこういう状態。


ということは、この頃、えらい急成長だったんだね、ベイタウンは。

---

<余談>

上の3枚の写真はオリンパスのC3030Zoomというカメラ。購入当時は14万円くらいした。まあ、当時のコンデジは高かったといっても、だいたい7万円くらいだったから、そのハイエンドクラスのコンデジだった。まともなデジイチが50万円した時代だからね。

で、実はこのC3030Zoomは未だに気に入っている。色調が私好みだし、オートの露出とかホワイトバランス、またオートフォーカスが優れている。当時の最高画素である300万画素も凄い。

一番上の写真はシャドウ部にフォーカスを持っていっているのだが、ハイライト部分が飛ばない。今のデジカメはコントラスト重視だから、こういうシーンを撮るときは、ちょっと調整しなきゃなんない。下2枚は完全に逆光。こういうときもベストな露光で撮れている。たいしたもんだ。

C3030z_2

2011年12月14日 (水)

45のオリジナルカメラ

Photo

ほんの数年前、ベイタウンの45さんには、こんなカメラ付きフィルムが売ってて、それをある理由から我が家で購入している。(笑)
このカメラの厄介な点は、まず、チープなくせに、使い捨てじゃない、そして、そこそこちゃんと写る、しかも、壊れようがないくらいシンプルである、というところかな。

だから、捨てるに捨てられないし、まして、誰かにあげちゃうってわけにもゆかないし、困ったもんだ。あ、でも、最近、見当たらないから自然消滅???(笑)


それにしても今日は寒い。
泣きたくなるくらい寒い。

2011年12月13日 (火)

夕暮れに自転車で西船へ

寒いのもあって、このところ自転車はちょっとご無沙汰。体が、なまってきている。例のランニングもやらなくなってしまった。うーむ、こりゃいかん。そう考えたら、急に自転車に乗りたくなった。本来なら電車で行くべき顧客への届け物をしに西船へ自転車で行くことにした。夏だったら夕刻は気持ちよく走れる。しかし、この季節には、寒さが堪える。しかも、寒すぎやしないかい。毎年こんなに寒かったっけ。

と言っても、あまり着こむと走りにくいし、まして汗をかきだすと大変なことになると思い、やや薄着。だからあまりスピードを上げないようにした。手袋は軍手。やはり走っているうちに手は冷たくなった。ちゃんとしたものにしないとダメだね。でも、西船に着く頃には体も温まってきていい感じ。むしろ冷たい空気が気持ちいい。

往復で27km。平均17km/hのポタだった。

山茶花(さざんか)

Photo
幕張海浜公園にて。

ところで、ツバキとサザンカの違いって、知ってた?

実は私は知らなかったのですが・・・。

ネットで調べたら、今の時期に咲いているのが一般的にサザンカで、椿(ツバキ)は初春に咲くらしい。特徴的なのは、ツバキが花ごと落ちるのに対して、サザンカは花びらが一枚づつ落ちるという。うーむ、勉強になった。何十年も生きていて、こういうことを初めて知ったわけで、そういうことをずっと以前に知っていた人って、凄いな。

2011年12月12日 (月)

夕焼けの幕張の浜

1212_02
昨日も今日も波は穏やか。

1212_01
富士の前に浮かぶ工事の船(しゅんせつ船?)が、観光船のように見える。

駅前工事中

このところ皆さんご存知のように、海浜駅前の近辺を一気に工事中。もちろん大震災によって壊れた舗道などを修理する為だ。相当大きなお金がかかる。なんせ、地盤そのものが大きく沈んでいるので。

特に北側のアウネの前なんて50センチくらいへこんでる。それを土盛りして元に戻すのだから、大変だ。

ま、そう考えると、今更ながら改めて凄い震災だったということを認識。

01
それにしても、一気っすね。
かなり広範囲を、えいやっってやっちゃうわけですね。

02
(↑)マー君達も孤立しちゃって・・・。

03
(↑)駅前がこんなになっちゃってる絵を誰が想像しただろうか。

なめこそば

Photo_2

朝のなめこ汁の残りがあったので、そば(茂野製麺の山いもそば)を茹で、そして、食べる。うん、いい感じ。

豚肉たっぷりトンコツラーメン

Photo
ビジュアルがいいので、アップ。
これ、妻がつくった。
やはり私がつくるよりもはるかに旨そうだ。

麺は生を使用。
細めでやや縮れ。
豚肉もたっぷりで嬉しい。

満足、満足。

へえ、静香ちゃんてこういう人だったんだ!

のび太、静香ちゃんと混浴(ドラえもん付き)

(↑)静香ちゃん、可愛い。
YOUTUBEにアップロードしている最中に色々動画を観てしまうっすね。(笑)

---

サザエさん 実写版エンディング(最終回)

(↑)爆笑まではゆかないけれど、こういうのをつくるパワーに脱帽。

2011年12月11日 (日)

JAZZと皆既月食

01
Nの街のクリスマスコンサート。
海江田ユニット & 門馬由哉(もんまゆうや)のライブ。
盛り上がりました。

演奏が終わった後もそのまま飲み会。
結局、皆既月食を見上げながらとぼとぼと戻ってきました。

家について、ほっとしていたら、ちょうど新しい日付。

今夜は皆さん、お疲れでした!!
スタッフの皆さん、有難うございました。

(↑) 門馬君の「アルハンブラの宮殿」

滑らかなトレモロが素晴らしい。

「アルハンブラ」がダブるけれど、こちら(↑)は演奏の数曲を録音。
但し、動画じゃないっす。(すみません。)

*YOUTUBEのURLを変更しております。ご注意を・・・。

門馬クンは、クラシックギターというイメージですが、実はフュージョンもかっこいいのです。以下のページをご覧ください。

http://youtu.be/zGeZIG6VyRk

(↑)今、見っけた 「Isn't She Lovely」。

(↑)海江田誠司 & 中澤健のユニットによる演奏。
こちらも動画じゃなく音声のみになります。(すみません。)

(↑)そして、第三部はごきげんなセッション!
海江田 & 中澤 with 門馬 のトリオによる演奏。

セッションに入る前に、中澤氏の素晴らしいソロ演奏。
名曲「ムーンリバー」を奏でる。
思わずうっとり。

録音機のマイクの位置がギターに一番近かったことにより、バランス悪いです。ご了承ください。それと、写真、M田ヨメさんの撮られたのも使わせて頂きました。

2011年12月10日 (土)

カワセミの動かない頭

カワセミって凄いんだね。

とまっている木の枝が揺れても、頭の位置は動かない。

2011年12月 8日 (木)

真珠湾攻撃から70年

今日がその日だ。

70年かぁ。(しみじみ)

現地では、ノーモア・パールハーバー的なイベントが開催される。
日本では今日を知らない人が殆ど。(しみじみ)

・・・・・

話題は変わって、柏レイソル、前半で2点リード。

うちのマンションのクリスマスの飾り

1207_01

イルミネーションもいいけれど、さりげない飾りがいい。

1207_02
サブエントランスの飾り。

1207_03
中庭には、これ・・・。

NECONO

Necono
猫型カメラ、NECONO。
ネコンではない。もちろん、ニコンでもない。
ネコノだ。

このカメラは、なんとなく知ってたけれど、実物を見たのは初めて。

所有者は、前出の音楽プロデューサー&作詞家のK氏。

このNECONO、確か、どっちかの目がレンズで、その一方の目がセンサー。
そして、しっぽのところにシャッターがある。

ま、ひと口で言えば、トイカメラなんだけど、結構なお値段がする。
だから、買うのにはちょっと勇気がいる。
いや、勇気というか、それなりの洒落心が無いとまず購入しないだろう。

このカメラを所有していることから判断しても、K氏は凄いと思う。

Necono02

実際に写真を撮っているところ。
あ、この方がKさんです。(すみません、大きく写しちゃって。)
被写体は私。(汗)

Nekono03

うっしゃしゃ。
KさんからNECONOで撮った私の写真を送って頂いた。

被写体の良し悪しは別にして(笑)、いい感じで撮れているではないか。素晴らしい。

http://www.superheadz.com/necono/

(↑)このホームページそのものもいい感じ。

蔵でコーヒー

Photo_3

蔵(5番街)でコーヒー。

今日のブレンドは、インドネシアの豆とか。

S田さんによると、クセがあるので、好き嫌いがあるということだが、あららそうなの、って感じ。クセは感じず、結構好きな味だったけどなあ。

これ、マニュアルフォーカスで撮影した。
目がおかしいので、マニュアルだと、正確なフォーカスが出来ず、5枚撮影した中で、この一枚が一番マトモ。情けない。(泣)

ところで、その蔵で、ご近所の音楽プロデューサー(K氏)と初めてお会いし、色々お話しした。初めてお会いしたといっても、メールやFBではお話しさせて頂いている。今、彼がプロデュースしているプロジェクトは、以下。

Uncle Cozy Band=http://www.unclemeet.com/

実は今、このブログを書きつつ、同バンドの曲を聴いている。
とても気持ちのいい音楽だ。

プレイヤーというか、ボーカルというか、ギタリストというか、音をつくっている人は、S山氏で、なんと、グレッグ・リーや、栗本修とは知り合いだという。一緒に仕事もしている人。まさに奇遇なのだ。こりゃ、私も応援せずにはいられない。

Uncle Cozy Bandの1st アルバムは、以下で購入できる。

http://www.amazon.co.jp/MUSUL-uncle-cozy-band/dp/B006B1WJ24

Uncle_cozy_band_2

明日はもっと寒くなるようだ

1208_2
予算の無い仕事用に、紅葉を撮りまくっている。

カメラマンのみなさん、すみません。
予算のあるときにはお願いしますので。(ぺこり)

ベイタウンの紅葉も段々深みを帯びてきた。
もう冬だ。

太陽が出ていないと、寒いし、なんとなく気分が重たいね。

でも、今日も一日張り切ってゆくか~~ぁ!!(笑)

シグマ SD15

Sd15

昨日、ある家電屋さんのDMで同機のスターティングキットが5万円台で販売ということを知った。SD15という機種は昨年発売だったと思うが、当時は間違いなく12万円くらいで売っていた。約1年で半額以下になってしまうのか。うーむ。

この機種、発売当初から機能的には古めかしく、時代遅れは否めない一方、マニアックで、さすがレンズメーカーという評価も高い。デザインも無骨。写真を撮るぞという気になるカメラだ。

日進月歩のデジカメ業界で、こういう地味だけど、しっかりしたカメラをつくっていることは大いに評価したい。でも、ここまで価格が崩れているということは、そろそろこのカメラも販売店から姿を消す頃なのだろうか。寂しい。

価格コムでそのスターティングキットの情報を見たら、アマゾンが63,180円で最安値。

http://kakaku.com/item/K0000120835/?lid=ksearch_kakakuitem_image

20年前のラジオライフ

S_2
この頃、普賢岳の爆発や信楽鉄道の事故があったんだね。

Like a Rolling Stone  桑田佳祐

へえ、驚きです。
田村直美さん、桑田さんと共演してたんだ!!!

2011年12月 7日 (水)

ディスプレイに蜘蛛が・・・

Photo

せっかくなんで、ベイタウンに関係するHPをバックに・・・。

今考えると、このサイトにしておけば良かったかな。
もうどこかに行ってしまったので、遅い。

家スパ

Photo_2
なかなか家でスパゲティを食べる機会は無いのだけど・・・。

あ、これ?

もちろん家内がつくった。
俺、自分でスパゲティつくったことってあったっけ?
(思い出せない)

命名権

Photo
そうか、どこからも声がかからなかったちゅうことですね。だったら、もうちょい安くして、チンタンタンさんが買ってくれれば、「チンタンタン花の美術館」みたいな名前になるのかしらん。面白いと思うんだけどなあ。

あるいはプクプクさんが・・・。

その場合、稲毛プクプクプールとなって、思わず笑ってしまいそうな名前になる。

ノウイング(映画)

ネタばれ有。

ニコラス・ケイジ主演の映画。この前の日曜、テレビでやってた。SF&サスペンスといった感じ。50年前に予言された人類滅亡。主人公はそれを食い止めるべく奔走するが、どうにもならず、太陽の異常フレアにより、一瞬のうちに地球上の生命は壊滅した。その前に宇宙人が2人の男女の子どもを選ばれし者として助け出すが・・・。

この映画、ハッピーエンドじゃなくて、最悪の結果となるのもあって、ネット上の評価は最悪。ストーリーもなんかヘンなところが多いし。間違いなくB級映画であろう。ま、それはそれとして、しかし、人類滅亡なんて大それたテーマは以前は笑って看過していた筈だ。今はとんでもないリアリティがある。

ここにきてまた汚染水が海へ漏れ出したとか、粉ミルクから放射性物質が出たとか、トンデモないニュースが流れてきている。民間会社が調査したことによると都内のあちこちにホットスポットがあるらしい。「ただちに人体に影響はありません。」を無理やり信じてきた我々だけど・・・。

2011年12月 6日 (火)

口パクがばれるとき

笑った。

追悼)谷啓 スターダスト Stardust 1979

いいっ、とってもいいっ!
雨の夜なんでスターダストは見られないけれど・・・。

冷たい雨

Photo

午後から雨。
しかも、気温が低かったので、雨の中の営業は申し訳ないけれど(苦笑)クルマで。
そのクルマの中で、こんな日にぴったりのファイファイセットの歌ってた「冷たい雨」(松任谷由実作)がタイミングよくFMから流れてきた。いや、そううまいことはいかないもんだ。しかし、そう思っていたら、なんと、荒井由実の「卒業写真」がFMで流れてきた。なんと、なんと。かすってるけど、好きな楽曲なので嬉しい。

「卒業写真」は、先月のチー様のお宅でのハロウィンパーティーのときに、マモさんも言ってたように、とにかくギターがかっこいいのだ。もちろん、ギターだけじゃなくて、ベースも、オルガンもかっこいいのだ。ナマっぽいサウンドがとてもいい。今の音楽には無い良さだ。

そして今日新たに発見したことがある。驚いたことにブラスも入っているではないか。ストリングスが入っていることは知っていた。けれど、ブラスまでは今まで腐るほど聴いたのに気付かなかった。うーむ。だめだめな俺だね。しかしまあ、音楽ちゅうのは、こういうことがあるから面白い。昔の曲で、ずっとコードが分からなくて、ある日それが何かのきっかけに氷解することがある。そういうのも面白いね。

売り切れです

「由紀さおり 安田祥子 ~新春童謡ディナーコンサート~」
http://www.newotani.co.jp/makuhari/event/2012/yukiandyasuda/

上のディナーコンサートは、ベイタウンはっぴーもーるの12月1日号に掲載しておりましたが、早くもチケットは完売ということです。お問合せ多数ありましたが、何卒ご了承ください。

ベイタウン商店会
http://www.baytown-mall.com/baytown-mall/

2011年12月 5日 (月)

幕張からスカイツリー

昨日、とても空気が澄んでいて、しかも雲ひとつ無い天候で、夕刻の富士山やらスカツリやらが幕張からよく見えた。残念ながら私はそのときに京葉線の車窓から見ていただけで写真に収めることが出来なかった。

悔しいので、今日、仕事の途中、幕張の浜へ行き、カメラを構えた。但し、日没まで間に合わなかった。しかも、富士山からスカツリにかけて、ちょうど雲がかかっている。富士山はてっぺんが辛うじて見えるだけ。うーむ、ついていない。しょうがないので、スカツリだけを撮る。でも、昨日のようなコントラストではない。それもしょうがないか。

1205_02
午後4時半過ぎ。この時刻でもう日は沈んでいる。
もっとパキっとした赤と、キリリとした紺が織りなすビジュアルを期待していたのだが・・・。

1205_01
拡大すると、こんな感じ。空気が澄んでいるので、これだけ薄暗くなってきても、色合いなどがわかる。

それにしても、どうもパキっとしてないなあ。
悔しい。

いっそ、下のようにしてしまえ!!

1205_04
今や、安価な画像ソフトを使うと、このようにインチキな画像処理が簡単に出来てしまう。(笑)

---

もうちょい待ってみた。
でも、単にどんどん暗くなるばかり。
うーむ。
1205_03
5時近く。もうすっかり真っ暗。
この写真は無理やり増感している。

うましこつけ麺

04
急につけ麺が食べたくなって買ってきた。
この商品の最大の良さは、スープが付いていないので、経済的で、自分好みのつけ汁を作って、それで食べられるという点である。

今日は、市販の中華スープ(粉末)に、めんつゆを適量加え、そこにニンニクの葉の漬物、キムチの素を若干入れたものをつけ汁とした。これがまた旨い!!

本当は、イワシの蒲焼きの缶詰のスープと身を少量加え、今流行りの魚介風味の味にしたかったのだが、残念ながら微妙な調整をしている際に、立て続けに電話が鳴り応対しているうちに忘れてしまった。

そう、かなり以前に、実験を兼ねて、イワシの蒲焼の缶詰を利用したつけ汁を実験的につくったことがあるが、これ、案外旨い。いい感じのトロミもつくし。仕事で缶詰になっているときに缶詰というのが、これまた洒落ているではないか!!


http://www.shigeno.co.jp/SHOP/72712.html

(↑)茂野製麺のうましこつけ麺のページ

このページの写真は、けりっぱちさんが調理し、ぽんちゃんぱぱが撮影している。

2011年12月 4日 (日)

中山法華経寺

もう紅葉も終わりだなぁ。
思い立って、夕刻の下総中山で途中下車。

01_2

この門をくぐると、不思議な世界でした。

02_2
だいぶ葉っぱは少なくなったけれど、まだ綺麗。
夕日が更に赤く染めている。

03_2

今年の春も来たっけ・・・。

04
だいぶ寒くなってきた。
日が暮れる前に帰ろう。

05
参道を駅に向かって歩く。
ちょっと小腹が減ってきた。
ガード下の「餃子の王将」に寄りたいけれど、夕食が食べられなくなるから、やめる。
断腸の思い。
い、いや、食べないと決断することはいいことだ。(いつも決断が出来なくて後悔している。)

---

(追記)
今年の春に来たと前述してますが、今、それは去年の春だったことが判明。
http://shibazaki.iza-yoi.net/zaki17/shibazaki_827.htm
そうか、今年の春はいったいどこで花見したんだっけ。
311の震災からあまり時間が経っていないからというのもあったのか、私のライブラリの中でも花見に関する写真はないっすね。

---

おっと、ありました。
ハカマンさん達に誘って頂き、花見川緑地で花見。
http://shibazaki.iza-yoi.net/zaki21/shibazaki_1005.htm
でも、桜が写ってない!(笑)

うーむ、今年は桜の花の写真が一枚も無いか・・・。
と、思ったら、辛うじてありました。

Photo
そうかぁ、この日、都内を歩きまわったんだっけ。

ねえ、亀戸って・・・。

総武線の千葉方向に向かう電車の中で、亀戸を通過した辺りで、私の隣に座っている小学校三年生くらいの女の子が、その隣に座っている母親とおぼしき人物に、「ねえ、亀戸って、なんで『かめいど』って言うの?」と、訊いた。なるほど、鋭い質問だ。「かめーど」とか「かめえど」だったらわかる。でも、なんで「かめいど」なんだ。私は耳を澄ました。すると、その母親は笑いながら、女の子に説明を始めた。

うーむ、電車の走行音で聞き取りにくい。しかも、前に立っていた男子高校生3人組が急に話が盛り上がり、げたげたと笑い始めた。き、き、きみぃ~~、静かにしたまえ!!

と、私はその3人組に注意して、いや、うそ、注意するほどのうるささじゃない。それより、どうして「かめいど」というのか、聞き逃してしまったじゃないか。どうしてくれるんだ。実は、未だに気になっている。(笑)

新木場駅からのスカイツリー


Photo_2
最近、新木場駅のホームからスカイツリーの写真を撮るのを忘れていた。というよりも、新木場駅で下車したり、乗り換えることが無いからだ。今日は空気も澄んでいたし、時間もちょっとあったので、ホームに出て、上の写真を撮った。望遠レンズが無くても、トリミングでこのようになる。相当クリアなのだ。

帰り、京葉線から驚くほど綺麗な富士山が見えた。
残念ながら写真には収めていない。

世界で最も偉大なミュージシャン

ローリングストーンズ誌が選んだトップ100
http://www.rollingstone.com/music/lists/100-greatest-singers-of-all-time-19691231/aretha-franklin-19691231

01.アレサ・フランクリン
02.レイ・チャールズ
03.エルビス・プレスリー
04.サム・クック
05.ジョン・レノン
06.マービン・ゲイ
07.ボブ・ディラン
08.オーティス・レディング
09.スティービー・ワンダー
10.ジェームズ・ブラウン
11.幕張ケリー

おっと、幕張ケリーは惜しくも10位内には入れず。(笑)

カップヌードル

01

もう今更説明もなく、カップヌードルと言ったら、これっちゅうことですな。
もう何回これを食べたのかわからないくらい食べたのです。
具がたっぷりで、特に、エビだかオキアミだか、なんだかわからない小さいエビみたいなものがいっぱい入っていて、その食感もなかなかです。

しかし、食べ終わって、カップを見たら、あれ?ロゴが・・・。

あっ!!!!

カップヌードルじゃない!!!

02
驚きです。
なんとスープヌードルなんです。

さては偽物かも。

で、調べたら、同じ日清食品から出ている、カップヌードルの姉妹品で、カップヌードルを若干ライトに仕上げているのだそうです。
うーむ、紛らわしい。

カップヌードルのラベルは以下。

Photo
ひょっとして、スープヌードルの存在を知っているのは、ベイタウンでは私だけかもしれない。それとも、皆さんは、カップヌードルだと何も疑問も持たずに食べてしまったのだろうか。いずれにしても、大変な事実を知ったしまった以上、近いうちに何がなんでも正式なカップヌードルを食べてスープヌードルとの味の比較をしなきゃ。(笑)

http://www.nissinfoods.co.jp/com/news/news_release.html?nid=948&yr=2006&mn=1

(↑)スープヌードルとは?について語っているページ

2011年12月 3日 (土)

海江田ユニット

Photo_9
コアでのリハ。
いい感じ。

夜灯(よとぼし)

Photo_8

今年は行こうと思ったのだけど、終わってから、このイベントのことを思い出した。
(時、既に遅し!!)

上野樹里

Photo_5
今から5年前。
ハイアウェイ・ウォーカーの表紙の上野樹里さん。

こうして見ると、スリムなんですな。

今は、大河ドラマで知っているけれど、あの頃ってまったく知らなかった。

のだめもまったく知らなかった。

出馬はしません

02
あくまでもパロディっす。

今、ラジオで知ったのですが、バカボンのパパは41歳だったとのこと。

なぬっ!
俺よりも年下じゃん!!

マニフェスト

Photo_4
政権が自民から民主に移るときには、マニフェストって、ああ、そういう意味だったのか、とある程度納得したけれど、今、改めて、マニフェストの意味が分からなくなった。

今見ると、「元気な日本を復活させる。」ということの意味もよくわからない。年内冷温停止させると言ってた挙句の果て、お遍路さんやって罪滅ぼしかいな。

榎本正・木工展

Photo_2
只今、ギャラリーKIKIで開催中。

ヘリコプターで空中遊覧

Photo

懐かしいっすね。
2003年のベイタウン・トピックスから。

タッキーさん、また、こんなどえらい企画お願いしまっする!!

千葉Mグルメ選手権

Photo_3
結局、311のことがあって、中止になってしまった。
楽しみにしてたのに・・・。

でも、またこういう企画をぜひお願いします。

2011年12月 2日 (金)

タルブのみたらしだんご

Photo_2

ケーキ屋さんのつくった、みたらしだんご。
強めの弾力があって、しょうゆのしっかりした味。
うまい。

時々、買っちゃうかも。

いっそセレナーデ - 小野リサ(Lisa Ono)

まさに癒しっすね!!

2011年12月 1日 (木)

船橋応援酒場

Photo_4

駅前のFaceビルの三階にある。
写真の角のハイボールは280円。

飲み放題が2時間1000円とお得。

02_2
おでんはどれもが1品100円。

おまかせの6点盛りは、580円と、ちょっとだけ安い。

内容をリクエストしようとしたら、おばさんにダメと言われた。
それだったら、600円だよって。(笑)

でも、最低限これは入れてね、っつうことで、2品だけわがままを言わせてもらった。

03_2
だいこんは味がしみていて、うまかった。
たまごもまあまあ。

味も濃すぎず、まあまあ。

でも、すげえうまいってほどじゃない。

ま、それほど私もおでんの味がわかる奴じゃないので・・・。(笑)

04_2
上はたこわさ。
これもまずまずのうまさ。

確かこれも280円くらいなので、こういのをつまみにちびちびやると、あんまりお金使わなくていい。

ところで、この店の名前の由来は、実はよくわからないのだが、きっとメニューの中に地産地消コーナーみたいなものがあるので、ま、そういうことなんだろう。

話は飛ぶが、今朝、アルカディアのカツから電話があった。元のクロスに戻るということだ。色々あるようだ。あいつらも、いや、あの業界も難しいのだすな。
というわけで、みなさん、またクロス(CROSS)を何卒、よろしくなのだ。

01_2
さて、そういうわけで、船橋からひとつ上り電車に乗り西船の駅に。
ここは武蔵野線ホーム。

今日は天気も悪いので、4時半だというのに、かなり暗い。

このホームで電車を待っていると、仕事があんまりうまくゆかなかったことだけ思い出してしまう。特に深夜はあまりこのホームに立ちたくない。

それにしても、なんて寒いんだ。今日は。

02_3

しっかしなあ、ホームからこんなに近くラブホが見渡せるちゅうのは、いったいどういうことよ。だから西船ってあんまりイメージ良くないんだよね。

って、気にしている俺がおかしいのか。

03_4

とか言いつつ、ちょっと離れたところからまた撮っているワタシ。
やっぱ、おかしい???

この写真撮っているときに、「そういえば、最近、写真を撮りながら、『これは絶対にいい!』と確信を持ってシャッターを押しているときがないなあ。」なんて思った。そう、しばらく撮影するときに気合が入ってなかった。でも、これ、仕上がったらタイトルつけちゃおうっと、なんて密かに考えていた。

そのタイトルは、「ラブホと高圧電流」ってか。(苦笑)

かなり厳しい。

04_3

勝田台方面からぞろぞろと東西線の列車がホームへと入ってゆく。

ここからはコナミのスポーツジムで、せっせとトレーニングに励む人達が見える。例えば、ランニングマシーンとか、自転車こぐやつとか、あのエネルギーを電気にして、この街の生活に役立てたらどうなんだ、なんて思った次第。圧倒的に足りないか。
ならば、前述のラブホに送電し、ベッドサイドのほの暗いライトに利用したらいかがか。

うーむ、それよりも名案が・・・。
それは・・・。

おっと、電車が来た。

05_2

で、やっとのこと武蔵野線の海浜幕張駅行きに乗り、そして網棚の上からこんな漫画誌をゲット。

パラパラめくったけれど、いやらしい漫画が多い。

これで少年誌かよ。

いったい何歳を基準にしているのかね、少年マガジンは!?

ま、それはどうでもいいのだが、そんなことを思った数秒後に気絶するように眠り、そして気づいたら海浜幕張の駅だった。

再び赤坂味一

Photo

やっぱい旨い。

しかも、500円で、ボリューム満点。

今日は寒かったから、これ食べてあったまった。

スープを飲みながら、しみじみと「うまいわ~~。」と呟いてしまった。

ドリームチャンキーのレンタルBOX

01

02


03

04
05
BOXがたくさん増えていた。
BOXを見てまわるだけでも面白い。

ウルトラ・ライト・ダウン

Photo_2
義父に買ってもらった。
有り難い。涙がちょちょぎれる。
いくつになっても、ダメな俺です。

今日は寒いから、これ着て活動中。

温ったか~~♪

ダウンで思い出した。
私がちょうど二十歳頃に、もこもこのダウンが流行っていて、いいものは6万円とか、へたすると10万円、いやそれ以上した。でも、友人が着ているのが羨ましくて、つい丸井のクレジットで購入。もうとっくに跡形も無くなってしまった下北沢の丸井だった。約5万円。

このお陰で私の人生が狂ったと言っても華厳の滝、いや、過言ではない。(苦笑)

そう、身体は暖かくなったけれど、財政に破たんをきたした。ほかにも何かのローンの支払いをしながら苦しいバイト生活を余儀なくされた。(苦笑)

などと、決して幸せじゃなかった二十歳の頃をカミングアウト。(げらげら)
つーか、今の時代、あんまり金に困っていない若者にはわからないっすよね。
いまどきの若者の住んでるお洒落なマンションには風呂も当然ながら付いているしなあ。(しみじみ)

« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »