無料ブログはココログ

マイフレンズ

« 岡本郭男ドラムレッスン上級者編 | トップページ | 二十数年前の目覚まし時計 »

2011年11月15日 (火)

雑感

昨日、仕事で会った方と雑談し、人生論だか幸福観だかに発展した。

そんな話をしたからか、今日は妙に重たい。

以下、昨日お話しさせて頂いた続き。
ここ、ご覧になっているかな、KOOさん。

---

我々の小学校時代には、不幸のオンパレードみたいなこどもが当たり前のようにいましたよね。
ドラマだったら、そういう境遇から這い上がってきて、立派な人間になったりするのだけど、現実は実に厳しい。恵まれた境遇にいる奴はほとんど恵まれた未来があるし、不幸な生い立ちのこどもは大人になっても不幸であることが多い。

幸福から不幸になるのは簡単だけど、不幸から幸福になるのは難しい。たぶん。
でも、それを言っちゃうと、ねえ・・・。

---

でも、がんばりましょうよ、ね。

« 岡本郭男ドラムレッスン上級者編 | トップページ | 二十数年前の目覚まし時計 »

コメント

いますね、そういう境遇の人。

大人になってもいます。すごくいい人で、いつもニコニコしてて、でも働いても働いても貧乏で苦労してて、周りの人もみんながどうしてあの人に幸せがこないのかしらなんて言ってる間に、カミさんガンで死んじゃったりガキが交通事故に遭っちゃったり勤務先が倒産しちゃたり。

そんな星の下の人って、どんなところに幸せを感じてるのかなと考えたときに、きっとインスタントラーメンでも、そらもう超美味しく食べられてたり、セッ○スの時はもう死んでもいいってぐらい気持ち良かったりで、バランスがとれているのかもしれません。妙に哲学的ですが。

そういう自分も、回り道と苦労だらけで、まさしく死ぬほど働いても金と幸せは一向についてきませんね。(汗

切ない話題ですね・・・ぼくもせめてはもう死んでもいいってぐらい気持ち良くなってから死にたいな。

努力すればなんとかなる。
ま、そういうこともあるんでしょうけど、でも、世の中どうにもならないことって結構ありますよね。

楽天的な私でも時々、うーんと唸ってしまいます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/517676/53248499

この記事へのトラックバック一覧です: 雑感:

« 岡本郭男ドラムレッスン上級者編 | トップページ | 二十数年前の目覚まし時計 »