無料ブログはココログ

マイフレンズ

« NOODLE WORLD @パシフィコ横浜 | トップページ | 横浜開港記念館 »

2011年10月22日 (土)

利休庵

前回の号に書いた通り、パシフィコ横浜から関内に出て、そしてその界隈ではとても有名なそば店に行った。食べログの横浜のそばランキングで堂々の1位だ。自社ビルの1階にある。やや古い佇まい。午後4時半という中途半端な時間帯だから、店内にはややお歳を召したご婦人がお二人(別々のお役さん)だけ。とても静かな時間が流れている。

実はこの時点でも全然お腹は減ってなかった。お銚子でもつけてもらい、ちびちびやってようかとも考えたのだが、まだ仕事が残っている為にお酒はやめて、ざるそばを注文した。780円。せいろうがいわゆる「もり」に当たるのか、それは730円。つまり、メニューが色々ある中で二番目に安いものを私は注文したわけだ。

730円というと決して安くは無い。でも、高くは無い。同じ価格帯のラーメンに比べるとボリューム感や具材の点で見劣りするかもしれないが(私もかつてそう思っていた)、手打ちのそばはその工程など見ているとお分かりのように、物凄い労力を使ってつくっているわけで、むしろそんな芸術品のようなそばが千円しない価格で食べられるのは、安いくらいなのだ。

02_2
運ばれるのを待っている間、4人家族が一組、それから、2人の男女が一組入ってきた。それでも店内は静か。注文と同時に運ばれてきた週刊新潮をペラペラめくり、茶を飲む。えーと、なになに、萬田久子がいいともを降板、なるほど、玄葉外相は恐妻家なのか、なんて斜め読みしていたらざるそばが運ばれてきた。

01
そばはあまり黒くない色をしている。まずは海苔のかかっていないところを箸でひとすくいして、つゆにつけずに食べてみる。しゃきっと冷えている。うん、うまい。なんというか、きちんとエッジが立っていて、食感は言うことない。ほのかな甘みもある。今度は海苔と一緒にネギとわさびを入れたつゆで食べる。つゆは辛すぎず、これもなかなかいい味。

噂に違わず、美味しいそばだった。さっきまで腹いっぱいだった筈なのに、ペロリと食べてしまった。Noodl Worldでさんざん旨いそばを食べた後なのに、それでもちゃんと美味しいということが分かるくらい美味しいそばなのだ。これで空腹だったらさぞかしこの10倍くらいの美味しさを感じるのではないかと思ったくらいだ。

そばを食べた後、関内の駅構内で売っていた崎陽軒のお土産を家族に買い、慌てて電車に乗った。海浜幕張までは1,050円。いっぺん自転車に乗って来てみたい。横浜を自転車で走ったことが無いので、是非やってみようか。帰りは輪行袋に入れて電車で帰ればそれほど大ごとでもないし。

Photo

(↑)上は崎陽軒のシウマイ。
やっぱ、旨いや。
これで、冷やしておいた藤平酒造の大吟醸「福祝」を飲む。

« NOODLE WORLD @パシフィコ横浜 | トップページ | 横浜開港記念館 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/517676/53053383

この記事へのトラックバック一覧です: 利休庵:

« NOODLE WORLD @パシフィコ横浜 | トップページ | 横浜開港記念館 »