無料ブログはココログ

マイフレンズ

« 新宿副都心といえば | トップページ | 銀だこ »

2011年10月 1日 (土)

たこ焼き「三よ志」@新検見川

Photo_3

昨日初めて行った。新検見川の駅前で便利なのだが、なかなか行く機会が無かった。なにしろ今まで幕張には「栄たこ」があるので、わざわざ新検見川まで行くこともないだろうと思っていた。しかし、「栄たこ」がたこ焼きをやめてしまったので、我が家から一番近いたこ焼き専門店はその「三よ志」になるのかな。

というわけで、ついでがあって、えっちらほっちらママチャリで買いに行った。1つ6個入りで300円は安い。しかも大ぶりである。注文してから10分待った。店の前の広場にはベンチやテーブルも置かれていて、それで缶ビールを飲みながら食べることも可能。私は我慢した。帰りは猛烈な南風が吹いていて、大変だったけれど、でも、それほど冷めないうちに帰宅できた。

さて、味のほうは、てえと、これがまたイケる。タコも大きいのが入っている。またこれは是非買いにゆかねば・・・。

http://takoyaki-miyoshi.com/index.html

(↑)「三よ志」のホームページ

なんと、あそこが本社で、FC展開しているのですな。

« 新宿副都心といえば | トップページ | 銀だこ »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

ここ、良さそうですね。勝田台にもあるじゃないですか。何がいいっていかやきもやってる。そもそも銀だこのあの油で揚げるような調理法の丸い食べ物は作ってるところを見るだけで食べる気がしないのです。これはいい店を教えてもらった!

いわゆる揚げたこ焼きがお嫌いなのでしょうか。それとも銀だこがお嫌いなのでしょうか。私は銀だこはそれほどでもないけれど、まあまあの路線です。揚げたこは、今から20年くらい前に小岩の駅前に出ていた屋台で初めて食べましたが、かなり旨かったと記憶してます。

おお、揚げたこというジャンルがあるんですか。それは知りませんでした。銀だこは「築地」と名乗ってるぐらいだから関西のたこ焼きとは別物と考えた方がいいんでしょうね。それより興味は「いかやき」に一直線です。

そうですね。関西風のたこ焼きと、揚げたこ焼きに大別できます。しかし、揚げたこは最近の傾向ですね。
関東は出汁で食べるたこ焼きも今から20年くらい前にぼちぼち出始めてましたが、大ヒットには至ってません。
yoshiさんがおっしゃるところのいか焼きもポピュラーではないかも。

だしで食べるのはたこ焼きと似た形をしていますがころもの成分が全く異なるので「明石焼」というよりも「たまご焼き」とよばれることが関西では多いです。これはたこ焼きとは全くの別物です。いかやきは関西でもマイナーな食べ物かも知れませんが、阪神百貨店の地下のいかやきは知るひとぞ知る人気メニューです。たこ焼きといかやきはおやつ、玉子焼きはビールのあてといった位置づけでしょうか。よく関西人がお好みを食事にするのを引き合いに出して「じゃあたこ焼きもご飯になるんだ」という人がいますが、お好みはご飯になっても(実際「お好み定食」みたいなメニューもお好み屋にはあります)たこ焼きは断じてご飯(食事)にはなりません。

おー、阪神のいいかやき、通販で売ってました!

http://www.hanshin-dept.jp/lpo/ikayaki/

明石焼きは何度も関西地区で食べましたが、成分が違うというのは知りませんでした。阪神のいか焼きは一度くらい食べてると思うのですが、大阪では一時期あまりにも多くのソウルフードを食べ過ぎて、どれがどれだかわからない状況。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/517676/52876561

この記事へのトラックバック一覧です: たこ焼き「三よ志」@新検見川:

« 新宿副都心といえば | トップページ | 銀だこ »