無料ブログはココログ

マイフレンズ

« 深夜の海鮮冷やし中華 | トップページ | 越谷レイクタウン »

2011年8月17日 (水)

バーミヤンへ連荘

この1週間でなんだかんだと4回くらいバーミヤンに行っている。打ち合わせとか、イベントの打ち上げとかでついつい便利なバーミヤンに行ってしまうのだ。でも、この間の日曜、実家の木更津に行ってまでバーミヤンに行くことになるとは思ってもいなかった。というのは、この日は絶対にバーミヤンには行かないと心に誓っていたのである。

ところがだ。カミさんが、昼食に麺類がいいと言い出したのだ。当初はスーパー回転寿司のやまとということにしていたのにだ。恐妻家の私としては特に最近は絶対に逆らわないようにしているので、いいよ、と笑顔で答えると、炎天下の中、妻と老母をクルマに乗せて(息子は部活)市内のそこそこ人気のラーメン店に行った。ところが店内に入ると待ちが出来ていた。あらら、残念。それじゃってんで、郊外の餃子の王将にしようってことになり、行ってみた。しかし、待ちが外まで溢れている。

うーむ、気を取り直して、じゃあ、ここまで来たら、君津(八重原)の喜多方ラーメン(坂内)に行ってみようと意気揚々、行ってみたら、なんと店が変わっている。駐車場にクルマは1台しかとまってない。やばい。カミさんの顔をチラリと見ると、なんとなく怒っている。しょうがない。じゃあ、ってんで、木更津に引返し、竹岡ラーメン太田店に行ったら、駐車場がクルマで溢れている。あちゃー。その後、別の店2軒に行ったのに、どこも溢れている。もちろん、その時点でも一度行ってあまり美味しくなかった店は除外している。

するとカミさん、「やまと」でもいいよ、と言うではないか。はいはい、承知しました。そして港に面する同店に行ってみたものの、ここもとんでもなく並んでいるのが見えて、断念。あー、なんてこったい。どういうわけか猛烈に責任を感じる私。車内では世代は違えども、女性2人がぶすっとしている。で、ダメ元でバーミヤンに行ったのだ。な、な、なんと、時刻も1時15分頃になったからというのもあるけれど、すんなり入れた。

そして、へとへとになりながら、やっとの思いで昼食にありつけた。私は、10日くらい前に食べて旨かったワンタンメンと餃子を注文した。ワンタンメンはスープが選べる。今回はしょうゆ。この前食べたときのトンコツ味のほうが好みだな。それよりキリンフリーがやたらに旨かった。クルマだから当然ビールは飲めないものの、ヘタな発泡酒よりも旨いんじゃないかなんて思った。

Photo_3
(↑)ワンタンメンのしょうゆ。
ちょっとあっさりし過ぎてるかな、と思った。

Photo_4

(↑)うまいっ!!!!

« 深夜の海鮮冷やし中華 | トップページ | 越谷レイクタウン »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

しばざ記さんのブログを拝見しながら、ふっとした疑問が?
なぜ、バーミヤンのマークは「桃」なのか?
ご存知かもしれませんが、正解はこれでした。

バーミヤンは、シルクロードへの街の名前
桃の木は花を咲かせ実を付け、『人が集まる木』だからということです。

ずっと以前のバーミヤンには桃のマークの由来が店内に書いてあったような気がします。バーミヤンというネーミングに関する記述も同時にあったような・・・。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/517676/52499496

この記事へのトラックバック一覧です: バーミヤンへ連荘:

« 深夜の海鮮冷やし中華 | トップページ | 越谷レイクタウン »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31