無料ブログはココログ

マイフレンズ

« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »

2011年8月

2011年8月31日 (水)

ほうとう@小作・石和駅前通り店

金峰山の登山を終え、時間がたっぷあったので、信玄ゆかりの恵林寺に寄り、勝沼のぶどう園に寄り、更に甲府の甲斐善光寺、武田神社と回り、石和の小作で夕食。

地元(山梨)では有名なほうとうのチェーン店。
私は初めて行った。
なかなかいいお味。
かなりボリュームがあって、腹いっぱい。

先ほど甲府出身の奥様の小高屋商会で、山梨のほうとうやら温泉などの話題で盛り上がっていた。

01
(↑)店内は広い。
単に広いのではなく、席と席の間に余裕がある。

02

(↑)私の食べたのはこれ。豚肉ほうとう(1,300円)

大きな野菜がごろごろしている。
全部食べるとかなり腹いっぱい。

嬉しいのはやけどするくらい熱いということ。

2011年8月30日 (火)

金峰山に登る

8月28日。突然、久々の登山。しかも家族同伴の登山なんて2006年の筑波山以来。家族揃ってどこかへ出かけるのも久々。

金峰山(きんぷさん)は標高2,599mの奥秩父の山。私にとっては丹沢と同じくらい何度も行っているいわばホームグランドのような山だった。とはいえ、かれこれもう17、8年以上は登ってはいない。

今回は登山といっても、大弛峠(2,360m)が出発点なので、高低差は約240m。いわば尾根歩きである。とはいえ、アップダウンは当然あって、片道の行程は2時間以上。即ち、往復で5時間近くはかかる。

大弛峠の出発は午前8時半頃。のんびり歩く。ぬかるみで歩きにくい場所も多々あったが、気温15度の中、快適な山歩き。最近自転車によく乗るようになったので、全然疲れない。前夜、殆ど寝ていないのにかかわらずだ。事前に飲んだレッドブルが効いているのか。

11時近く、金峰山の山頂に到着。残念ながら濃いガスのせいで景観が良くない。富士はもちろん、八ヶ岳方向も展望が効かない。登山をして一番の醍醐味は景観なのだ。ちょっと残念。雨が降らないだけいいか。

私はまったく疲れていないし、足も全然痛くないのに、妻はかなり疲れているようだった。息子は平気な顔をしているものの、山頂近辺にわんさかいるハエのような虫にうんざりしていた。

そう、このハエだが、例えばザックを下ろし、写真を撮っている間に、ザックにもう二十匹以上のハエがたかっている。弁当を食べるときも、ハエを追い払いながら食べる。17、8年前にはいたかどうかの記憶が定かではない。いたとしてもそれほど多くなかった筈だ。

標高2,500m以上にこんなにハエがいるなんてどうもイメージ出来ない。温暖化の影響なのか、それとも登山客が多くて、しかも生ごみを置いてゆくからか。いずれにしても、妻子は景観もよくない、ハエもいる金峰山に対して良い印象を持たなかったようだ。

私はといえば、久々の登山に加えて、フットワークが意外に軽く、密かに楽しかった。更にどこかの山にまた行ってもいいかな、という気にもなってきた。また暇を見つけて山に行きたい。

01_2

(↑)大弛峠から金峰山への道はこんな感じ。

02

(↑)一瞬ガスが無くなり背後に朝日岳が顔を出した。

03
(↑)頂上は近い。このピークを越えたところにある。

04
(↑)そして山頂に到着。
展望はまったく無い。

05
(↑)私っす。頂上でひとりぼっち状態。
私と年齢が同じくらいのおっさんに撮ってもらう。
彼も単独行だった。
そのおっさんと頂上で暫く語らう。

その頃、妻子は金峰山小屋までトイレの為の往復。
なんで一緒に来なかったということで後でまたえらく怒られた。

06
(↑)頂上のすぐ近くにある五丈岩。
天気の良い日、目の良い人ならば国道20号線辺りからもこの存在がわかるほどでかい。

クリックして拡大したら、その近辺に豆粒みたいな人がいるので、対比してほしい。とんでもなくでかい岩だということがわかる。

また五丈岩はてっぺんまで登ることが出来るものの、下に降りるのが難しいということだ。私は金峰山に十五回ほど登っているがまだ一度もこの岩に登ったことはない。

ベイタウン夏祭り2011サウンドファイル追加

田中裕一トリオ 01
http://youtu.be/n46d8m8aRIU

田中裕一トリオ 02
http://youtu.be/upxH3Wt9QDg

田中裕一トリオ 03
http://youtu.be/I0qK8gsDcfE

田中裕一トリオ 04
http://youtu.be/1DY2TqpR-IE

北湯口舞
http://youtu.be/CcWeTFVuKGk

是方博邦スーパージャム06
http://youtu.be/tWJ5j_JmQqI

その他は準備中。

脱原発と言うのは簡単だけど(江川紹子)

脱原発と言うのは簡単だけど、全国にある原発を安全に廃炉にし、放射性廃棄物の問題も安全に保管を続けられる状況を作るのには、何十年もかかるでしょう。心配なのは、それに対応できる若い技術者を、今度、どのように育てていくか、ということ。今まで原発を推進する役割を果たしてきた方々には引き続き、技術者を育てていく役割を担ってもらわなければならない。でも、自分の進路を決める時、もっぱら廃炉にするためだけという分野に人生をかけようという若者がどれだけいるか…。ましてや世の中から叩かれ、発言の機会さえなくなった先生のところに行く?そこは本当に心配。だから、単に廃炉のためというだけでなく、日本のエネルギー政策全体を担う技術者として今後に希望をもってその道を専攻できるようにしないと。そのためには、原子力の専門家も含めて議論する必要があると思う。脱原発って、そういう懐の深いことじゃないかな。だからこそ、人を「原発推進派」などというレッテル貼りするのは有害だし、発言の前にいちいち「あなたは原発推進派ですか」などと聞くのは本当にばかばかしい。原発を少しでも少なくしようと思うなら、いろんな専門家がそれぞれの見地から自由闊達に発言し、議論できる環境が大事だと思う。(了)

上は江川紹子さんの今朝のツイッター。私もほぼ同じ意見。世の中、単に「脱原発」と言ってりゃそれでいい人になったような錯覚に陥っている人が多い。逆に、「原発推進」の人を見つけだし、徹底的に痛めつける。魔女狩りだね。

是方さんからメッセージを頂きました

>今回のイベントすごく楽しめました。
>ありがとうございました。
>あんな開放的で素敵なイベントが幕張にあったとは・・・。
>また是非声かけてくださいね!

嬉しいことですね。
私たちももちろん楽しかったのですが、ご本人たちが楽しんでくださったというのがなによりです。

Photo
(↑)上は是方博邦オフィシャルブログより

http://ameblo.jp/korekata-h/

また、スペシャルショーケースをご提供くださったビッグビーチフェスの関係者からは、「お陰様でアンケートを650人くらいの皆様から集めることができました。今後ともベイタウンとのよりよい関係づくりをしてまいりたいと思います。」とコメントを頂戴した。

ありがとうございます。

もえさんから招待状が届いています

表題のような迷惑メールがゴミ箱に200通くらい入っていた。フィルターをかけて自動処理しているとはいえ、相変わらず迷惑メールは多い。困ったもんだ。とはいえ、以前に比べると3分の1くらいにはなったかな。

民主新代表に野田財務相

 菅直人首相の後継を決める民主党代表選は、8月29日の同党両院議員総会で投開票し、野田佳彦財務相が海江田万里経済産業相との決選投票の末、新代表に選ばれた。野田氏は、30日の衆院本会議で首相に指名される見通し。

国民が総理大臣を直接選ぶことは出来ないのはこういう国難のときだからこそ、もどかしい。

声優・ナレーターの滝口順平氏が死去

 滝口順平氏(たきぐち・じゅんぺい、本名・幸平=こうへい=声優・ナレーター)29日、胃がんのため死去、80歳。葬儀・告別式は近親者で行う。

 アニメ「ヤッターマン」のドクロベエ役が有名。他に「ルパン三世」など数多くのテレビアニメをはじめ、テレビ人形劇「ひょっこりひょうたん島」で声優を務めた。日本テレビ系「ぶらり途中下車の旅」では、平成4年10月の番組開始時から今年7月まで計958回にわたりナレーションを担当した。

産経新聞 8月29日(月)22時31分配信

とても悲しい。大好きな声優さんだった。
どうぞ安らかに・・・。

2011年8月29日 (月)

突然、山梨へ

というわけでただ今戻りました。(22:30)

朝4時30分、幕張出発。
ちかれた~~。
しかも前日の睡眠僅か2時間。

すみません、メール関連やらブログのコメント、諸々、レスポンスは、少々お待ちください。

訃報 セシル・モンローさん

ドラマーのセシル・モンローさん(56歳)が亡くなった。千葉県館山市の海岸での海難事故。東京の下町に住み、有名アーティストの共演は数限りない。栗本修&KRONIZCKのライブやアルバムの中でもドラムを叩いてくれた。ベイタウン・コアのオープニングイベント(2002年)にも来てくれた。ご冥福をお祈りいたします。

ベイタウン夏祭り 写真集

04

現在、WEB、ベイタウンはっぴーもーる、デジタルコンビニ45(4番街)などで写真集を準備しております。今年のベイタウン夏祭りはオフィシャルカメラマンを大量動員しましたので、たくさんのシーンが集まると思います。デジタルコンビニ45では今月末までに写真を店頭に貼りだし、お好きな写真を注文出来る(プリント代実費)ようなサービスを始めます。

上は同店の看板娘さんの撮影したベイタウンのきれいどころです。

坂東慧ドラムソロあり!!

27日の是方博邦スーパージャムの「派手なドラムプレイの曲目を教えてください。」というお問い合わせを数件頂きました。ちょっと私も把握してなくてすみません。おそらく是方さんがMCでご紹介しております。以下のYOUTUBEでお聴きください。

◇是方博邦スーパージャム04 in ベイタウン夏祭り
 4曲目(バラード)と5曲目
http://youtu.be/tUYMI6L1SLU

2011年8月28日 (日)

ベイタウン夏祭り御礼

昨日はたくさんの皆様のご来場、ありがとうございます。
また、当然ながら音がうるさいなどの苦情もありました。
パフォーマンス、音楽ライブなどの会場が分散し、その分、楽しみもたくさんある一方、プログラム上、お好みのメニューが重なったり、時間に余裕が無い為にセット時間が延び、結果的に全体のスケジュールが延びるという改善しなければならない課題もあります。
しかし、多くの方々に喜んで頂けたと思っております。また来年出来るように日々精進致します。
多謝。





01
それにしても、是方博邦スーパージャムの演奏は凄かったですね。昨夜あの場に立ち会った皆さんはラッキーです。感動を共有できたと思います。


いや~、疲れた。片付けが終わって、あれから私は久々に幕張に現れたN村さん達と何故か14号のサイゼリアにいて、深夜2時近くまで飲んでいたのだった。夏祭りの最中にもビールをいっぱい飲んだし、汗をいっぱいかいた以上に水分を摂取したせいか、腹の調子がやや下降気味。(笑)

ジャズステージ、来年は出演枠を減らして、インタバルを長く取ったほうがいいかもしれない。私もあの交差点からまったく離れることが出来ないので、レッドブルのステージ、まったく観られなかった。(泣)

音響のサブ、というより、メインでアロージャの田中君が素晴らしい威力を発揮してくれた。お年寄りの私はそろそろ引退か。

02

(↑)海江田トリオの演奏。

03
(↑)是方博邦スーパージャムの演奏風景。
このときのお客さんの数は写真から見ても1000人以上じゃないかと思われる。もちろん過去最高だ。

その他、写真多数あり。
うわ~~。写真の整理がたいへんだぁ~。

今日は45さんから更にたくさんの写真(データ)を頂く予定だし・・・。

 



(↑)動画じゃなくて、しかもMP3モードでの録音だけど、よかったらお聴きください。

他にもアップしてます。
YOUTUBEのページで「ベイタウン夏祭り」というキーワードで検索してください。
マモさんがアップしている動画もヒットします。

(↑)熊谷市長が来場され、ご挨拶。
幕張の活性化について短いながら熱く語る。

2011年8月27日 (土)

暑くなってきた

いい天気とまではゆかないけれど、日差しも出てきた。

12:52

今日はベイタウン夏祭り

おおっ!
天気予報が変わりましたね。
雨のマークが無くなっている。

午前中からずっと曇りのマーク。
気温は25度。

十分イケますね。

http://baytownmusic.tyonmage.com/event/baytown_natsumatsuri.htm

2011年8月26日 (金)

明日はベイタウン夏祭り

ちょっと天候はビミョーっすね。今のところははっきり言えないのですが、私の予想だと、なんとかなるでしょう。

さて、今日はテントの用意をしたり、丸テーブルを出したりと、商店会のスタッフに混じって夏祭りの準備をしました。その後、A社の田中君とタルブで音響の打ち合わせ。

Photo_3
ショーケース越しのタルブのデコレーションケーキ。

うまそうだ。

久々に一眼レフを引っ張り出して撮った写真。
最近コンデジが使い勝手もいいし、そこそこのクオリティだしと思って一眼レフをまったく使ってなかったものの、やはり描写力はいい。

Photo_5
ついでに(帰宅してから)「ベイタウンおこげ」も撮ってみた。
うん、この写真も質感が出ている。

Photo_4
タルブさんからスパゲティをゴチになった。
明日のベイタウン夏祭りで、商店会として販売する。

もちもちとした生パスタだからおいしい。

これはコンデジで撮影。



連絡事項2点

(1)スケジュールに若干の変更があります。http://baytownmusic.tyonmage.com/event/baytown_natsumatsuri.htm

(2)熊谷市長がご来場されます。
(18:30頃から19:00頃の間。滞在時刻は極めて短し。)

こども神輿

3

(↑)6番街のビ・ボーン・メッセ(床屋さん)で。

この神輿は同店の大旦那の手作りなのだ。

因みに左側ののぼりに書いてある文字は、「冷やし中華始めました。」ではないので、ご注意を。

行く夏を惜しむ

Photo
猛暑だ、なんだかんだ言っても8月がいざ終わってしまうとなると、なんか悲しい。

今年は特にこの道、この自転車にはお世話になったな。(しみじみ)


Photo_2
(↑)こんなに天気が良かったのに・・・。
今、土砂降り。

明日のベイタウン夏祭りが心配。

2
(↑)雨雲が空を覆った。

パティオス4番街の近くで。

2011年8月24日 (水)

蜘蛛と蛾

商店会の夏祭りの打ち合わせ、そしてその後、飲みながら雑談してたら深夜になる。その帰り道、某所にある公衆トイレに入っておしっこしながら視線をやや上に持っていったら小さい蛾が飛んでいて、あ、こっちに来ないでねと思った瞬間、蜘蛛の巣にひっかかった。その上部には蛍光灯が光っていて、蛾は蛍光灯の光に誘われたのだ。その直下に蜘蛛の巣が張ってあるというのは蜘蛛の計算なんだろうか。

蛾は羽を広げることさえできず、動きを止めた。すると、蛍光灯の下部に隠れていた蜘蛛がゆっくりと出てきた。蛾の(羽を閉じた)体長とほぼ同じくらい15mmくらいの小さい蜘蛛だ。頭は私の肉眼ではちょっときついくらい小さいが、胴体はまるまる肥えている。もちろん手足(どこが手なのかわからんが・・・)は長い。

蜘蛛はその蛾の様子を窺いながら少しずつ間を縮め、そして蛾の近くまで行き、脚を細かく動かした。よく見えなかったがおそらく蛾を更にがんじがらめにするために糸を出しているようにも見えた。蛾は最後の力を振り絞ってぶるぶると震えた。それはまるで人間が恐怖に直面したときに震えるのと同じだ。

蜘蛛は蛾がすっかり観念したのを見計らい、そして蛾の腹部辺りに噛みついた。生きたまま蛾の体液をちゅーちゅーうまそうに吸っている。なんとも残酷だ。これぞ生命が誕生して以来、ずっと続いている生きるか死ぬかの生物の営み。こんなコンクリートの街にもそういうことがちゃんとあるのだと改めて知った次第。

そしてもうひとつ私は肝心なことに気がついた。そうだ。その蜘蛛が捕食するのをチンチンを出しながらずっと見ていたのだ。その間の約15分かあるいは20分。なんか凄いドラマチックなものを見たのとは正反対の間抜けな私。慌ててジッパーを引き上げ、トイレから出た。

島田紳助

芸能界引退。
会見を聞いた限りだったら引退することも無かろうに。
しかも、2005年から2007年という過去のことで吉本が彼を呼びつけ事情聴取。何故、このタイミング。そして、潔くいきなり引退を言う。なんか慌てているようにしか見えない。もっと深いところに何かありそうな気配。それを隠す為の引退か。

いずれにしても、彼を英雄視はしたくない。
(はっきり言って俺は紳助をまったく評価していない。)

2011年8月23日 (火)

雄蛇ヶ池(おじゃがいけ)

千葉県東金市には全国区に名を馳せた心霊スポットがある。それが雄蛇ヶ池。実は自転車で東金に行った前回、ちょっと寄ってみたいなと思ったのだけど、そのときは夕方だったので、本当にお化けが出たら怖いので素通りしたのだ。

でも今日はなりたけのラーメンを食べて元気100倍。夕刻の打ち合わせまでに幕張に帰ればいいかと、千葉から東金へと向かった。できれば成東の方面にある食虫植物の群生地まで足を延ばしたかった。

例によって126号を東に向かう。緩い起伏がいくつも続く。前回は結構ヘロヘロになってしまったけれど、今日は全然疲れない。もう1ヶ月以上もコンスタントに自転車に乗っているから慣れてきたのかな。ほんと、あっと言う間に雄蛇ヶ池に到着。そして散策。

雄蛇ヶ池は江戸時代だったと記憶するが、その時代から農業用のため池として存在した。結構広々としていて、池というよりは湖と呼びたいくらい。周囲には遊歩道があり、西側は山道になっている。そこを歩いてみた。なかなか気持ちがいい。バスの釣り人が何人かいたくらいで、静かな散策が出来た。

で、心霊スポットとは言っても日中はまったく怖くない。だけど、夜だったら怖そうだ。お化けが出ても不思議じゃない。いやお化けならまだしも変質者とか、殺人鬼みたいなほうが遥かに怖い。肝試しに訪れる観光客目当てに、そんな輩が出没しそうな雰囲気。そんなこと考えながら歩いていたら、ケータイが鳴った。お客さんからの緊急呼び出し。

というわけで、食虫植物はお預け。本日の走行距離は約70km。やたら元気で走り足りない。

01
(↑)ほら、かなり広いでしょ???

02
(↑)湖面に沿って遊歩道が完備。
起伏あるけれど、歩きやすい。

ところどころ眺めの良いところがある。

03

(↑)お、あぶら蝉はっけ~~ん!!

今年初めて見るなぁ。

04
(↑)おお、また発見っ!!

というか、この後、次々に発見。

めちゃくちゃいるな。こりゃ。

05

このちょっと広くなったところで、木漏れ日と湖面を渡る風を楽しみながら、俳句をひと捻り。おっと、かっちょ悪い句なので、披露しないんだもん。

そうそう、126号の帰り道、3人のロードタイプの自転車に乗った人とすれ違った。そのうち2人が軽く手を上げ、挨拶をしてくれた。

いや~、ここ数年で初めてのこと。いや、バイクのツーリングを含めて、そういう挨拶をしてもらったのは少なくともここ二十年以上は無かった。なんで今日に限って・・・。

なりたけのラーメンでのギャルの会話

なりたけ千葉中央店は、カウンターがL型になっていて、そのちょうど角の近くに私が座ってラーメンの出来上がりを待っていた。すると、その角の近くの別の一辺にギャル2人が腰かけた。従って、私とは90度向きが違っているとはいっても、視界には絶対に入ってくる位置関係なのだ。それと、周囲が黙々とラーメンを食べていて静かなので、自ずと、彼女たちの会話が私の耳に入ってくる。

彼女たちはいったい何歳なんだろう。見た目には高校生にも見える。いや、二十代か。若いには違いないけれど、年齢がまったく読めない。しかも会話の内容も幼いというか言葉遣いがなっちゃない。

「あっしさあ、この間、ふったんだよ、ってかさあ、超やば?」
「あ、そうなんだ。いい感じだったじゃん。」
「つーかさ、あんまし。」

まあ、こんな感じだ。

あ、私も殆ど似たような言葉しか使ってないか。(苦笑)

その「あっし」というのは、本来は「あたし」と言ってるのだけど、「あっし」っ聴こえる。そう言ってる娘さんは多い。「あっし」と言えば、「あっしには関わりないことでござんす。」みたいなのを連想してしまう。(笑)

それから、「この間さあ、仕事に行って。」「ご飯食べに行って。」「3か月つきあって。」というように、本来ならば読点「、」がついて次に文章が繋がる「て、」じゃなくて、言いっぱなしの句点「。」がつく「て。」を多用している。読み方は「て。」と言った後に相手の同意を取り付ける為の間を置く。相手は適当なタイミングで頷いたり、合いの手を入れる。「それってやばくね?」みたいな突っ込みもあり。

なんだかねえ。
ま、前述の通り、私もたいした言葉遣いができるわけじゃない。
若い娘さんの指摘している場合じゃないってか?

なりたけのラーメン

午前中、打ち合わせにトレーニングを兼ねて自転車で千葉中央に行った。ここ10日ばかり忙しかったのに加え、この数日、天候が悪かったので自転車にまともに乗ったのは久々。しかも、昼ごろから猛烈に暑くなってきたので、打ち合わせが終わって外に出たときにはバテ気味。

でも暑いときに熱いラーメンが旨いのだ。つうわけで、せっかく例のナンパ通りで昼食を迎えるのだから、まさむね(居酒屋)の経営するラーメン「鷹の羽」にでも行ってみようと周囲を探したのだが、見当たらない。

ちゃんと地図を見てなかったから仕方が無い。約20分くらい周囲を探したのだけど、諦めた。ではどのラーメン屋にしようか。一風堂、とん太、武蔵屋、なりたけ、その他、色々と店がある。で、選んだのがなりたけ。

なりたけは津田沼店に今から15年くらい前に行った。いや、もっと前だったかな。千葉のこてこてラーメンでは老舗。それ以来行ってないので、どんな味だったか確認したかった。こてこてラーメンの店も色々変遷があるけれど、このなりたけとか、青山のホープ軒などはスタイルを変えていない。いいことだ。

大盛りを注文。これがまた本当に大盛り。麺が2倍なのだ。うひゃ~~。でも、楽に食べてしまった。旨い。たまにはこういうラーメンもいいね。汗びっしょり。腹いっぱい。幸せな気持ち。元気がもりもり湧いてきた。

Photo_4

神戸らんぷ亭のかつ丼

Photo_3

うっかり間違って入って、間違って注文してしまった。
ちょっと酔っぱらった勢いで。(苦笑)

実は同店のかつ丼は好きじゃない。
肉は硬いし、玉子のとろり感もイマイチ。
安いからしょうがないか。

ところがだ。この日はなんか旨く感じた。
しかも、通常500円のところが、50円引きで450円。
や、安い。
この値段だったらもう絶対に文句は言わない。

2011年8月22日 (月)

ベイタウン夏祭りに庄司こなつさんも来ますよん!!

Photo
先ほど、千葉ロッテマリーンズのスタッフ嶋○さんから、ベイタウン夏祭りのキャストに若干変更があるという連絡を頂く。彼は電話口で、「○○ざき(私の名前)さんの好きなこなつを連れてゆきます。」と言った。私の好きな、というのは、その通りなので、そのような形容詞は別に構わないのだが、彼がなぜ私が彼女を好きなことを知っているのか、かなり謎である。ひょっとするとこブログを読んでいるのかも。うーむ。(笑)

でも、うれしいっすね。彼女のMCは元気が出ますね。

2011年8月21日 (日)

パーティールームから野球観戦

QVCマリンフィールドのパーティールームをベイタウン商店会で借り切り、同商店会関係者で盛り上がる。私はマンションの夏祭りがあったので、参加は7回が始まる間際。その時点ではマリーンズがライオンズに2対1とリード。接戦である。

このパーティールームというのは、ガラス張りの部屋と、デッキがセットになっていて、飲みながら、談笑しながら、優雅に野球観戦が出来るスペシャルな場所。今年、すなわちQVCマリンフィールドになってから初めて。といっても通算して4回目なので、そうしょっちゅう行ける場所ではない。

さて、試合のほうは、私が行った7回の表に西武が2点を上げ、勝ち越し。あらら。情けない。7回裏、8回裏のロッテの攻撃にはまったやる気が見られない。あれよあれよという間に9回裏。このまま負けてしまうのか。

しかし、ここからが神がかっていた。1アウト1、3塁から里崎がバットを折るショートゴロ。ああ、だめかこりゃ、と思いきや、凄い勢いでホームへ突っ込んだ今江がセーフ。がはは。それで同点。次のバッターは渡辺正に代わった根元。それが逆転サヨナラヒットを放つ。

デッキで一緒に観ていた吉識さん、猿田さん、磯田さんたちとハイタッチ。もうお祭り騒ぎ。いやいや最高のゲームだった。根元、有難うっ!!

Photo_2

今江の打席。
がんばれ~~。

パーティールームに何人か来ていたベイバスの4年生の応援が凄かった。(笑)

うちのマンションの夏祭り

朝から雨が降り、中庭でのBBQは中止となったものの、ビンゴゲーム大会、射的、スーパーボールすくい、花火大会などの楽しい内容で盛り上がる。特に今年はヤンマーさん、タルブさんで仕入れた景品が素晴らしいので、ビンゴはエキサイト(笑)。一等を仕留めたのは引っ越してきて間もない方。ずる~~ぃっ!!スタッフもビンゴに参加させてもらい、私は辛うじて4等。その下が参加賞なので、ぎりぎり。ビールも楽しくたくさん飲めて、まずまずの夏祭りであった。

Photo
(↑)ささやかながら花火大会。

でも、こどもたちは最高に盛り上がっていた。

こどもたちは、ここがふるさと。
いい想い出となってほしい。

うちのマンションの夏祭り

うーむ、凄く涼しくて夏祭りという雰囲気じゃないけれど、でも、夏祭りやります!!!

残念ながらBBQはできないものの、ビールはあるし、的当てゲームと、ビンゴゲームは予定通り。

ビンゴゲームの景品は結構凄いので、私と同じ番街の方々は、ぜひぜひご参加ください。スタートは4時からです。役員は3時集合。

2011年8月20日 (土)

パルプラザ夏まつり2011

お陰様で盛況のうちに無事終了しました。

天候が気になりましたが、なんとか持ちました。
逆に、主催者側の判断で事前にイベントコミュニケーションズでステージ用テントを借りて設置していたから却って雨が降らなかったのかもしれません。

ベイタウン夏祭りにもぜひ欲しいです。
(商店会長にはお願いしてます。)

あ、そうだ。
会場には色々な方々が来られてました。
久々に名古屋に単身赴任のT岡さんにもお会いできました。

(↑)最初にステージに登場したのは真優さん。
ギターの音色もばっちり!!

02

(↑)市川市(千葉県)出身のMoecoticさん。
60年代テイストのポップス。
かっこいいジャン。

(↑)ウッドベースがかっこいい。

03

(↑)オープン直後のどうぶつ村。

この時点ではどうぶつたちものんびり。

でも、一時間後くらいには柵内にこども達がどーっと入ってきて、いじられる、いじられる。(笑)

04

(↑)超豪華なスタッフ弁当。

おかずが充実しているので、ごはんの量がこの2倍くらい欲しいのだ。

05
(↑)ドラムだけじゃなく、フリューゲルホルンもこなす海江田トリオのリーダーK田氏。

13

(↑)オリジナル曲を熱唱する北湯口舞ちゃん。

14_3
(↑)弾き語りも披露してくれたのだ。

06
(↑)可愛らしく、そして迫力のダンススケッチ。
観客動員数も凄い。

07

(↑)カマカニ・オ・ウタセ(舌を噛んでしまいそうなネーミング)の渡邊先生。綺麗な人だ。

08
(↑)昨年も出演した幕張ケリー。

お、右側のギターの人はかっこいいっ・・・うそ。
1kg痩せて、かなりスリムになった。(?)

09
(↑)Kellyちゃん。

この上の写真2枚はPagu!のボーカル(くまちゃん)が撮ってくれた。
いい感じに撮れてる。
ありがとうっ!!

10
(↑)Tackey and Friends。
久々にTackeyのバックにK田氏が・・・。

11
(↑)相変わらずかっこいいPagu!のステージ。

12
(↑)トリは海江田トリオの演奏。

ジャズはいいなあ。

こういうのいいなあ

http://youtu.be/lPMehKsgXUw

上のYOUTUBEは偶然に見つけた。
シンプルなブルース。
パーカスがパンディーロ。

高田渡のカバーだなんて・・・。
この若者たち、わかってるな。

2011年8月19日 (金)

明日はパルプラザ夏祭り

天候がイマイチ。しかし、雨でもやりますよん。

皆様、是非是非お越しくださいまし。

http://baytownmusic.tyonmage.com/event/2011/palplaza-summer2011.htm

CATEYE INOU

INOUというのは、伊能忠敬のイノウなんだとか。
すげえネーミング。
動画、スチールが撮れて、んでもって、GPSが付いて・・・。
いずれ私も欲しいな。
でも、もっといいやつが出てからにしよーっと。

2011年8月18日 (木)

優しいセオサイクルのお兄さん

そろそろ太陽が沈みそうな頃、埼玉まで行ったりバタバタした割に、早めに仕事が落ち着き、わーい、今日は早めに飲み始めるか、なんて思っていたその瞬間、ケータイがけたたましく鳴る。あらま、おとっつぁんじゃないの。船橋駅の近くのお客さんが今から来れないかと言っている。え~~~、まじですかぁ???

でも顔が悪くても人の良い私はついついわかりましたと言ってしまう。この時代、便利な宅ファイル便もあるのに、そのお客さんは写真の原稿をCD-Rに焼いて取りに来てと言う。何度か宅ファイル便のやり方をお教えしているのに、次の機会にはすっかり忘れていて、面倒だから原稿を取りに来て、と言う。

船橋は電車だと意外に不便。クルマだと、夕刻には渋滞にハマってしまう。それよりも電車にしてもクルマにしても写真1枚取りに行くのに経費が勿体ない。そういうわけで、自転車で取りに行くことにした。

夕刻、思い切り車道を飛ばすのは怖いので、袖ヶ浦団地の辺りは裏道を適当に走った。その辺りに311の震災の後の大きな段差があった。夕暮れのほの暗い道。高輝度LEDのライトを点灯していたが、気付くのが遅かった。まったく無防備にそこを通り過ぎた。通り過ぎるときに、こりゃやばいというくらいの衝撃があった。

そう、体を使ったクッションでショックを吸収することを一切しなかったのだ。衝撃はモロにタイヤを直撃している。空気圧は携帯用の空気入れで入れているので、イマイチ。あー、こりゃ間違いなくパンクだな、と思った。しかし、セーフ。そのまま走り続けた。よかった。今日はタイヤのパンクに対する工具やら空気入れなんて持っていない。

船橋のそのお客さんの用事が終わり、さて、自転車に乗ろうとしたら、明らかに後輪のタイヤの空気圧が下がっている。やば、こりゃやっぱりパンクしたかな。でもでも、まだ走れないことはない。恐る恐る跨り、ゆっくりと走る。OK、OK、走れる走れる。

約1キロメートルくらい走っただろうか。いよいよその辺りから空気が漏れている気配を感じる。そして、とうとうタイヤがぺちゃんこになった。がーん。

国道14号線。なんてこったい。そこから自転車屋まで自転車を押して歩く。自転車というのは乗ってこぐから便利であって、乗れなくなると急に邪魔になる。ま、でも軽いから許せる。二十代の頃、ガス欠の為、大型バイクを押して5キロメートルくらい山道を歩いたことがある。とんでもなく辛かったけれど、クルマが通過する度に恥ずかしいのがもっと辛かった。今回も同様。「おっさん、ざまあないな!」という声がどこからか聞こえてきそうだ。でも眼中にないか。

セオサイクルの船橋競馬場駅店はなんとなくそこにあるって以前から知ってた店だ。そこまで約1キロメートルくらい自転車を押して歩いた。店にはいかつい顔をした(失礼)お兄さんがいて、「すみません、パンクしたのですが・・・。」と言ったら驚くほど優しく甲高い声で「わかりました。すぐに直しますよ。」と笑顔で言った。あ、なんていい感じなんだろう。先ほどいかつい顔という印象を思い浮かべたことを恥じる。

彼は素早く後輪を外し、あっと言う間にタイヤを外し、そしてチューブを取り出す。私よりも100倍くらい早い。そしてパンクの箇所を見つけ、すぐに接着剤を塗り、そしてパッチを貼る。早い、早い。なんちゅうことだ。そして、はい完了。手際良すぎる。

お兄さんは、「この手の高圧のチューブ、いわゆる細身のチューブはパンクしたら普通はチューブ交換なんですが、ぎりぎりイケるサイズだったんで、こういう方法で修理しました。チューブも新しいのでね。こちらのほうが安上がりですから。」と言う。なんと嬉しい。修理価格は480円だった。更にお兄さんは、「きっと空気圧が少なかったんですね。空気圧が少ないと、パンクし易いので、ちゃんと空気を入れてくださいね。」と言い、そして前輪にも空気を入れてくれた。

うわ~、爽やか。セオサイクル最高っ。

http://seocycle.net/author/keibajyoeki

ところで、2年前(だったっけ?)までセオサイクル・ベイタウン店の店長さんだった郡司さんは、今、独立してご実家のある茨城県ひたちなか市のセオサイクルを経営している。立派なホームページもある。スタッフ日記には本人も登場する。自転車好きには羨ましい人生じゃなかろうか。

http://hitachinaka-seocycle.jp/category/1383181.html

巨泉の次女チカ シンガーがモントレーに

大橋巨泉の次女でジャズ歌手のチカ シンガー(50)が、9月16日(日本時間17日)から米で開催される世界3大ジャズフェスティバルの1つ、モントレー・ジャズフェスティバルに日本人ボーカリストとして初めて出演することが16日、分かった。

 チカ シンガーは94年から02年まで日本とニューヨークを往復しながら活動してきた。関係者によると、主催者側が、歌唱力だけでなく、堪能な英語の発音の良さも評価し、厳しい耳を持つファンを満足させられると判断したという。

 日経スポーツコム[2011年8月17日6時11分]
http://www.nikkansports.com/entertainment/news/f-et-tp0-20110817-821153.html

昨日来、「チカシンガー」のキーワードで拙ブログにたくさん訪問される方がいらして、あれ~~、なんでかな~~なんて思っていたら、こういうことだったのですね。

いずれにしても快挙ですね。

チカシンガーさん、おめでとうございます。

越谷レイクタウン

南浦和でのプレゼンが終わり、ちょうど正午。気温は35度。クソ暑くて気がヘンになりそうな中、武蔵野線の越谷レイクタウン駅を降りて歩いてみた。駅を降りてすぐにショッピングモールへ昇るエスカレーターがあるのだが、人がたくさんいそうなので、何も日よけの無いだだっ広い公園を突っ切り、そのレイクと呼ばれている池に向かって歩いた。

はっきり言うと、焼き殺されそうなくらい厳しい日差しの中、そんなところを歩いているのは馬鹿。私以外誰も歩いちゃいない。人っ子ひとりいない中を歩いて、そのレイクだかアコムだか沼だか池だかに行って景色を眺める。やはりそこにもこんな暑いときに景色を眺めている馬鹿は私を置いて他にはいない。汗だくだくになり、逃げ込むようにイオンレイク店に駆け込む。涼しい。節電だなんだかと言っても涼しいのに越したことはない。

そしてフードコートで昼メシを食う私。フードコートで何を食べるかの基準はコストパーフォーマンスと、如何に待たずに食べられるかということで、結局、吉野家になった。吉野家といっても、なんと十割そばもメニューにあるのだ。ざるそばと牛丼並で680円のセットにした。そばは歯触り、のど越しはまあまあ。なんというか、もう少し蕎麦の香りが欲しいところだった。ま、値段からしたらしょうがないか。

越谷レイクタウンはご存知の通り、数年前に突如誕生した街だ。今から7年前くらいの通勤で私はこの界隈の景色を武蔵野線の車窓から眺めていた。それはそれは寂しいところだ。今もそのイオン店が無けりゃ寂しい原野でしかない。南口に至っては今でも何にも無い。そんなところを歩いているだけで熱中症になりそうだ。冬は逆に凍傷になりそうな感じ。

さて、あまりそこにいても楽しいことは無さそうなので(この言い回し、ノブさんの影響かも)、早々に海浜幕張に向けて電車に乗る。そこでちょっと驚いたこと。それは海浜幕張から南浦和まで890円だけど、越谷レイクタウンで降りると、なんと安くなる。海浜幕張駅から同駅まで620円。同駅から南浦和までは210円。つまりだ、60円も安いのだ。いったいどういうことなんだ。誰か説明してくれ。納得がいかない。

それと、時刻表を見ると、しもうさ号なる記述がある。えー、なんだそのしもうさ号つうのは。まるで聞いてないよーーっ!それは、大宮と海浜幕張、新習志野、南船橋の直通列車なのだ。えーーっ、そんなのあり~~!??ずるーい。私が大宮に通ってたときにあったら、会社辞めなかったかもしれないのにぃ。今頃、薄給とは言えども、夏のボーナスで湯河原の温泉できゅーっと一杯やってたかもしれないのに。ショックだ。往きも帰りも南浦和で乗り換えるのが結構しんどかった。電車一本で行けるならどんなに通勤が楽だったか。今更言ってもしょうがない。

いつもならこの辺りで、話はおしまい。ところが、今回はそうはゆかない。電車の中で凄いヘンな人を見てしまったのだ。年齢は40歳くらいか。その人は外気温が35度もあるのに、完全に冬のジャンパーを来ていた。ジャンパーのジッパーは真ん中くらい迄下りていて、下にはジーンズ生地のシャツが見えている。とんでもなく暑そうだ。それが証拠に彼は思い切り汗をかいている。彼の右手は胸元をポリポリ掻くように、時にはぐちゃぐちゃと汗をかき回しているようにも見えた。サウナに入っているおやじがよくやっている仕草だ。見ているだけで暑苦しい。

昔なら夏でもジャンパーを羽織っている人は新宿の地下街にはよくいた。でも、電車の中で、いや、見た目はその新宿の地下街の人とは明らかに違うので、逆に不思議なのだ。その人は西船橋で慌てて降りた。大きなカバンを2つ持っていた。それと、どうもスーパーのレジ袋の大きいやつに、小さなレジ袋が100枚以上まるめて入っているという奇妙なものを持っていた。不思議だ。短く刈り込んだ髪型にしろ、割合端正な顔立ちが不思議。

ヘンな人を見るときにはまとめて見るもので、そのヘンな人の前にも越谷レイクタウンのトイレでヘンな人を見た。見た目は四十代後半という感じ。やや小太りのワイシャツ姿。見方によればごくごく普通のサラリーマンだ。その人は私が小用を足しているその脇の手洗いで、かがんで蛇口の下に頭を入れるような形で、しきりに頭に水をかけて、そしてぐしゃぐしゃっとやって、ため息をついていた。それを何度となく繰り返していた。あまり暑くて水をかけているのかな。まあ、そこまでは無理やり納得した。

でも今度は、蛇口に口をつけて、いきなり水を飲んでいる。そしてその後うがい。がらがらがらと大きな声を上げてうがいしている。うがいはどうでもいい。ただ、その手洗いは私が小用をしている便器の隣の水道なのだ。なんとなく汚いとは思わないのか。しかもだ、蛇口に口をつけて水を飲むということは衛生上めちゃくちゃリスクがある。いったいどうしたことなのだろう。で、私が外に出た後、気になって、いつ出てくるだろうと少し待っていたら、何喰わぬ顔で出てきて、普通に歩いてどこかに消えた。あの光景は幻だったのだろうか。

これだけ暑いとこちらのアタマの中もヘンになっている。ひょっとしたら、その二人のヘンな人は私のアタマの中の幻想だったのかもしれない。いや、そう思わないとどうも本当にアタマがおかしくなりそうだ。ではでは。

01
(↑)越谷レイクタウン駅の北口。

02
(↑)駅構内から見た南口。
しっかりと閉鎖されている。フェンスの向こうには荒野が広がる。

ここから熱風が入り込んでくる。

03
(↑)イオン・レイクタウン店。

ま、ららぽーとみたいなつくりになっている。
商圏としては新三郷のららぽーととバッティングしているんじゃないか。

04
(↑)これがレイク。

近くまで行って景色を眺めるが、少なくとも私の視界には人の姿がまったく無い。人類滅亡後の地球を見ているようでもある。

05_2
(↑)牛丼とそばの組み合わせ。

大衆食堂的なビジュアル。
富士そば(立ち食いそば店)にもこんなメニューあったような。

2011年8月17日 (水)

バーミヤンへ連荘

この1週間でなんだかんだと4回くらいバーミヤンに行っている。打ち合わせとか、イベントの打ち上げとかでついつい便利なバーミヤンに行ってしまうのだ。でも、この間の日曜、実家の木更津に行ってまでバーミヤンに行くことになるとは思ってもいなかった。というのは、この日は絶対にバーミヤンには行かないと心に誓っていたのである。

ところがだ。カミさんが、昼食に麺類がいいと言い出したのだ。当初はスーパー回転寿司のやまとということにしていたのにだ。恐妻家の私としては特に最近は絶対に逆らわないようにしているので、いいよ、と笑顔で答えると、炎天下の中、妻と老母をクルマに乗せて(息子は部活)市内のそこそこ人気のラーメン店に行った。ところが店内に入ると待ちが出来ていた。あらら、残念。それじゃってんで、郊外の餃子の王将にしようってことになり、行ってみた。しかし、待ちが外まで溢れている。

うーむ、気を取り直して、じゃあ、ここまで来たら、君津(八重原)の喜多方ラーメン(坂内)に行ってみようと意気揚々、行ってみたら、なんと店が変わっている。駐車場にクルマは1台しかとまってない。やばい。カミさんの顔をチラリと見ると、なんとなく怒っている。しょうがない。じゃあ、ってんで、木更津に引返し、竹岡ラーメン太田店に行ったら、駐車場がクルマで溢れている。あちゃー。その後、別の店2軒に行ったのに、どこも溢れている。もちろん、その時点でも一度行ってあまり美味しくなかった店は除外している。

するとカミさん、「やまと」でもいいよ、と言うではないか。はいはい、承知しました。そして港に面する同店に行ってみたものの、ここもとんでもなく並んでいるのが見えて、断念。あー、なんてこったい。どういうわけか猛烈に責任を感じる私。車内では世代は違えども、女性2人がぶすっとしている。で、ダメ元でバーミヤンに行ったのだ。な、な、なんと、時刻も1時15分頃になったからというのもあるけれど、すんなり入れた。

そして、へとへとになりながら、やっとの思いで昼食にありつけた。私は、10日くらい前に食べて旨かったワンタンメンと餃子を注文した。ワンタンメンはスープが選べる。今回はしょうゆ。この前食べたときのトンコツ味のほうが好みだな。それよりキリンフリーがやたらに旨かった。クルマだから当然ビールは飲めないものの、ヘタな発泡酒よりも旨いんじゃないかなんて思った。

Photo_3
(↑)ワンタンメンのしょうゆ。
ちょっとあっさりし過ぎてるかな、と思った。

Photo_4

(↑)うまいっ!!!!

深夜の海鮮冷やし中華

Photo_2
深夜っつうのはどうしてこうも私に食欲を掻き立てるのだろう。いけないと思いつつも、ついついリモコンの呼び出しボタンを押してしまう私。いやいや、あの時はじゅんちゃんが押したのだ。困ったもんだ。暫くはバーミヤンには行かないようにしよう。

と、かたく、かたく心に誓ったのに、実は翌日もバーミヤンに行ってしまうことに。まいったな。

野球観戦

Photo
いや~、昨日は習志野高校がベスト8に進出したり、色々と仕事が重なりバタバタしながらも嬉しいなんて思ってたら、突然、ミハマNRでお世話になっているH野さんから、ロッテ対日ハムの試合のお誘いが・・・。うひ~~、嬉しい~~。

ところが出かける夕刻にまたまた色々あって、すったもんだ。急な打ち合わせも入る。H野さんには大変申し訳ないのだが、思い切り遅れて今やQVCマリンフィールドと名を変えたスタジアムに向かったのである。私としてはマリスタという呼び名に慣れているので、QVCの冠が付いてもその後ろはマリンスタジアムにしてほしかった。

ま、そりゃどうでもいいのだ。とにかく成瀬がいいピッチングを見せて勝利。ヒーローインタビューは成瀬と、3打点の習志野高校出身の福浦。スタンドで飲むビールも格別。H野さんには弁当もゴチになった。酢豚弁当っ!!!うまいっ!!!ぽんちゃんパパも大喜び!!!

だが、いい気分で球場から戻り、再び仕事。(悲)

2011年8月16日 (火)

萬田久子の(内縁の)旦那

まだまだ若いのに急逝したことは誠に残念だが、一方あれだけ愛されて、想われての旅立ちはある意味とても羨ましい。

2011年8月15日 (月)

商店会の新兵器

Photo

お陰様で、幕張ベイタウン商店会のイベント事業部(勝手に命名)が好評であります。でも、音響設備が、特にチャンネル数が不足気味だったので、商店会長にお願いし、ミキサーを買って頂きました。上がその写真。新しいのはいいね。

ところで、幕張ベイタウン商店会では、音響設備の貸し出し、イベントの企画・運営、オペレーターの派遣などを「どひゃ~~!びっくりしたな、もう!」というくらいの、通常では考えられない安価な価格でご提供しております。また、アーティストのキャスティングもできます。アマチュアから有名ミュージシャンまで、またプライベートなパーティーなどにもご対応します。ぜひぜひ。

2011年8月14日 (日)

エステシティ海浜幕張の夏祭りビアガーデン

01

昨夜はエステシティの夏祭りにベイ中の2ユニットがお招き頂き、演奏をさせて頂いた。じゅんちゃんは昨日に続いての連荘で、大変なのだ。お疲れちゃん。

エステシティの住民の皆様、昨日は手前どもをお呼び頂き感謝であります。有難うございました。お陰様でベイ中メンバーも楽しく演奏させて頂きました。不躾なところも多々ありまして、その点は深くお詫び申し上げます。

↑ YOUTUBE 「少年時代 / Tackey」

(↑)YOUTUBE 「雨音はショパンの調べ / 幕張ケリー」

(↑)YOUTUBE「チャコの海岸物語 / Tackey and Friends」

*YOUTUBEといっても、動画で撮ってなくて、すみません。

2011年8月12日 (金)

サマソニ前夜祭

02
今年は適度な風があって、なかなか涼しい前夜祭であった。海が見え、リゾート風の雰囲気の中で飲むビールは格別。

しかし、なんですな、地域密着のイベントというならば、もうちっとその心意気を感じたいところなんだけど、どうもイマイチ。おっと、いきなり苦言を言うつもりはなかった。すみません。

クレモンティーヌは想像よりも良かった。バカボンの歌で奇をてらっただけかと思ったら、殆どがボサのいい感じの歌声。演奏も3ピースのシンプルなスタイルで最高だった。

それから、我がベイタウンのPagu!。残念ながら僅差で昨年優勝の唱頂の大員に負けてしまったものの、素晴らしい演奏だった。応援のし甲斐があった。西の街の方々も大満足。ありがとう!!

01
(↑)オフィシャルカメラマンを務めてくれたCCBの古谷さんと、交通整理をやってくれた神田外語大学の学生さん。

03
(↑)こんな感じでのんびりと飲めるのだ。

04
(↑)生ビール、一杯600円。
うーむ、400円くらいにならないだろうか。
しかも、買うときに並ばないといけないし・・・。

05
(↑)演奏開始直前のPagu!

(↑)ちょいとウィンドノイズ入りだけど、彼らの熱演をちょこっと。

ウィンドノイズもそうだけど、録音レベルの設定に失敗したので、再生するときには音量を大き目にしてね。でも、その設定のままほかのYOUTUBEなどを聴くと、急にドーンと大きな音がするので、注意。

あ、それから、レコーダーをステージの下(地面)に置いてたので、案の定、高音をあまり拾ってない。言い訳ばっか。ごめん。

06
(↑)演奏が終わって、ほっとしているPagu!の面々。

07

(↑)キャンドルをデザインしよう、というコーナーのNaoさん。
描き上げたのは、Pagu!のピアノのじゅんちゃんのイメージ。

08
(↑)うまいね~~!似てるし!!

09
(↑)暗くなるにしたがって、段々いい感じになってくる。

10
(↑)クレモンティーヌのステージ。
まさに癒しだね。

スーダラ節が良かった。

せっかくなんで、では、ちょこっとだけスーダラ節を・・・。
全部聴きたいという方はCDを買ってちょんまげ。

11

(↑)ぼんやりしたお月さまも出ていたね。

今日はサマソニ前夜祭

皆さん、ベイタウンが推薦するPagu!を応援してちょ。

↑ 今年5月のミハマMJのステージ。

同バンドの良さは、なんと言っても楽曲の良さ、ボーカルくまちゃんの歌唱力に尽きる。いや、それだけじゃない。バックの演奏の素晴らしさ、パーカスの正統派美人の優子さんの笑顔、ちゅうことになるだすかね。それと約1名、ぴっかぴかに光っている人がいることも特筆ものだす。楽すみ~~。

ベイタウンはっぴーもーる6号

一昨日辺りからベイタウンの皆様のお宅にお届けしております。

今回の特集は以下の通り。

Photo

そうそう、この号に漏れてしまったのですが、ベイタウン商店会が行っていた東日本大震災のペットボトル募金の集計が出ました。な、な~~んと、614,003円です。まくはりスポーツフェスタのときの募金も入っています。みなさま、ありがとうございます。これに、ベイタウン商店会から10万円を加えて、被災地にお送りしました。

と、昨夜の商店会の役員会でお聞きしました。

2011年8月11日 (木)

ウツボカズラ

Photo_2

プリンセスフラワー(ベイタウン)の店頭で見つけたウツボカズラ。

子どものころ最も興味があった植物が食虫植物。なんかちょっと薄気味悪いんだけど、実際にどうやって捕食しているのか見たかった。でも、付近に実物が無くて、だいぶ経ったときにモウセンゴケを見た。でもやはりハエトリグサがハエを捕食しているのを見てみたい。

そういえば、東金のほうに食虫植物が群生しているところがあって、子どもの頃に行きたかったのだけど、未だに訪れてない。今度自転車で行ってみようかな。

本八幡のガストでモーニング

Photo

今朝も本八幡の駅前のガストで打ち合わせ。
約2時間、意見を戦わせた。

ここ、モーニングセットがお得。

上は目玉焼きセット。
厚切りのトーストが付いて、更にスープバー、ドリンクバーが付いて、なんとお値段399円。めちゃいいっ!!!

wasabiのかき氷

01
昨日、打ち合わせで山根商店会長と二人、夕方のひととき、ベイタウンのwasabi(ミラマール)でかき氷を食べた。私のは宇治金時。実にうまい。相当クールダウンできた。

wasabiのかき氷は13日(土)の夕刻から開催されるエステシティ海浜幕張の夏祭りにも登場する。エステの皆様、どうぞ楽しみにしていてください。

02

wasabiの美人ママにだっこされているのはフレンチブルドッグのwasabiちゃん。男の子だ。

わんちゃん好きのお客さんだけの場合、彼が店内をうろうろしていて、ほうぼうでお客さんにかわいがられている。私もぺろぺろなめられた。(笑)

03
一方こちらはお隣のタルブさんで、巣から落っこちて、辛うじて生き残ったツバメくん。当初よりだいぶ大きくなった。手はタルブ店主の竹見さん。

このツバメくんはもうすっかり竹見さんのことを親だと刷り込まれているようだ。

2011年8月10日 (水)

保証書が付いていない???

うわ、これ、はらはら、どきどき。

2011年8月 9日 (火)

市川ウズマサのラーメン

Photo_4
デザイナーのEさんに教えて頂いた、彼が市川周辺で一番おいしいというラーメン店。今日は暑いし、さすがに3日連荘で外ラーメンはキツイと思っていたのだが、しかし、現地に近いところで午後1時過ぎになるとさすがに行かずには居られないということで、禁断の3連荘ということになった。

場所は市川駅の南口徒歩10分くらいか。目立たない外観。中に入ると、10人くらい待つことの出来る椅子が置いてあって、私はその5番目くらい。約20分くらい待ってカウンタに座れた。

食べたのは中華そば。煮干し出汁が効いている。濃厚な味。私の好みの味に近い。そして、固めの太麺。色といい昨日のジャンクガレッジの浅草開花楼の麺にやや近いかも。煮干しがこれだけ効いているスープとその麺の相性はなかなか。チャーシューは大振りで、くど過ぎず、これまた私好みかな。うん、これなら並ぶのも納得。

サイゼリア1号店

Photo_3
朝10時からの本八幡のミーティングにだいぶ前に到着したので、周囲を散策。以前から気になっていたサイゼリアの1号店に行ってみた。

今やどこにでもあるサイゼリアなのだが、しかしここがスタート地点だったのかと思うと感慨深い。創業者魂を感じる。

Naomi and Goro

吉田照美のソコトコのゲストに出演していた。
最近、めちゃヒットしている(らしい)。

ボサでこれだけ名を馳せた日本人って、小野リサ以来じゃないか??

ベイ中にはdesafioというボサノバのユニットがあるが、復活を望む。

2011年8月 8日 (月)

ジャンクガレッジ@海浜幕張店

Photo_2

賑わい研の後、ちょこっと寄り道してから、そしてプレナの1階のジャンクガレッジに寄ってみた。二郎のインスパイア店として、最近至る所に出店している。私は初めて。二郎の大ファンであるM野さんに前評判は聞いていた。彼が言うには、二郎に似て異なるもの。どうもあまり良い評価ではなかった。ま、こういうものは人それぞれの好みの問題。

さて、夜10時近くだというのに店には6割くらいのお客さん。ふーん、人気だね。私はラーメンの中盛り、そして野菜マシを注文。お値段は720円。約15分待つ。写真を撮ってから、食べ始める。野菜は驚くほどの量ではない。チャーシューは厚切りで、二郎っぽいことは確か。でも、M野さんが言ってたように、どことなく二郎ではない。それがどこかということははっきり言えない。ちょっと上品な印象も受ける。

麺は浅草開花楼のもので濃い黄色の極太麺。コシは十分、いや、硬いくらい。だけど、もう少ししなやかでもいいかなと思った。ま、それも好みの問題だな。私の評価としては美味しい部類には入っているものの、好みからは少々外れている。むしろ、昨夜食べたバーミヤンのワンタン麺のほうが好みだ。とはいえ、食べログでの評価は高い。殆どの人が良い評価をしている。ということは、私はどちらかと言えばラーメンに関してはマイノリティなのかもしれない。今に始まったことではないが・・・。うーむ。

賑わい研

Photo
サマソニ前夜祭(8月12日)直前の賑わい研(幕張新都心賑わいづくり研究会)が開かれた。写真は神田外語大学の学生さん。サマソニ前夜祭のパンフなどのデザインや記事を制作する。偉いなあ。私は彼女達と同年代の頃は頭を使うようなことを一切やってなかったなあ。情けない。

今回、オブザーバーとして、秋にQVCマリンフィールドで、1万人を集める目標を掲げる地域密着型の試合を絡めたプロジェクトを考えているアメフトのオービック・シーガルズが出席。我がベイタウン商店会も彼らのお力になれるようにと考えている。まくはりスポーツフェスタがきっかけとなり、ベイタウンとシーガルズが今後どんどん仲良くなってゆくことを期待したい。

また、賑わい研ではベイタウン夏祭りのことも発表。

ベイタウン夏祭りのWEBサイトは更新されております。(以下)

http://baytownmusic.tyonmage.com/event/2011/baytown_natsumatsuri_2011.htm

おっと、それから、サマソニ前夜祭に、ベイタウンから「Pagu!」が出演。ベイタウンの皆様、応援をよろしくお願いします。

http://youtu.be/jZ4rSojgoLc

サマソニ前夜祭の1部には14日のサマソニそのものに出演できる権利をかけてのオーディションも兼ねている。昨年の覇者「唱頂の大員」も出場。ひょっとすると優勝者には、クレモンティーヌのサインがもらえるかも。(当日、木谷副会長が突撃交渉するかも。)

夏が旬ですハウスみかん

Photo
今○さんから頂いたハウスみかん。

本来の季節じゃないものを食べるのには抵抗があったけれど、ひと口食べてびっくり。

甘くて、濃厚なのだ。
これは凄い。

冬は嫌というほどみかんを食べて飽きてしまったけれど、夏のみかんはまったく別モノと考えていいだろう。第一、きーんと冷えている。(クール宅急便で来る)

Photo_2
一方こちらはすいか。
親戚から頂いた。

さっそく冷やして食べる。

甘い。冷たい。

今年は高いらしい。

リハ後のバーミヤン

昨夜は今週土曜日のEマンションでの夏祭りビアガーデン・ライブのリハだった。めちゃくちゃ眠くて、何やってんだか途中で分からなくなるが、バーミヤンで食べたワンタン麺の味はしっかりと覚えている。はっきり言って、うまい。今までワンタン麺ってメニューにあったっけ?

01

基本は499円。とんこつ味だと105円増し。私はそれを選んだ。

02
(↑)じゅんちゃんの顔が怖い。

本当は怖くないですよ~~。

03
(↑)ホール係りのマドンナと一緒に。

リハ後の打ち上げにバーミヤンだとみんな口をそろえて言った理由が分かった。ま、確かにかわいい。うーむ。

http://youtu.be/1cm8pUymtVQ

(↑)タッキー&フレンズの「Lately」。
いい感じ。

2011年8月 7日 (日)

今朝思ったこと2点

山田うどんで会計をするときに、おばちゃんに「凄い汗ですね。運動しているのですか?」と親しげに話かけられた。おばちゃんと言っても、実は私よりも若い。むしろ彼女から見ると私はジジイである。以前だったらこういう会話の場合、ちょっと照れたり、あるいはいかにもスポーツマンっぽく、はきはきして返事したりと、色々のパターンが用意されていた。しかし今、そうやってお世辞を言ってくれたり、構ってくれる人が殆ど年下になっているのに、私の対処法が確立されていないことに気付いた。もっとわかりやすく言うと、未だに20代、30代の頃と話し方や会話の内容が変わっていない。更にもっともっとわかりやすく言えば、私の年齢相応の語彙とか知識とかが無いのだ。つまり、外見がものすごいジジイのくせに何もわかっちゃいないつうことだ。こういうのが老害の第一歩なのかとしみじみ思った。

くだらないことだけど、印旛沼まで行って思ったことは、例えば数人で会話しているときに、「○○さん、昨日は何してました。」なんて訊かれたら、「海に行きました。」と答えるだけで、質問者は必ず「いいなあ。」と返してくる。或いは若い女性が「昨日、彼氏と海に行ってさあ。」と言うだけで、聞いているほうは青い空と海、眩しい太陽、そして水着で寄り沿う若い二人というビジュアルが浮かぶ。ところがどうだ。「昨日印旛沼に行ってさ。」と話した途端、何故か周囲が暗い表情になってしまう。それは、印旛(いんば)という響きもあるけれど、なんと言っても沼ということばの薄気味悪さから来ているのは間違いない。ナマズのお化けみたいなのが沼の底でおいでおいでと手招きしているような気もする。というわけなので、日曜の午前中に得意げに印旛沼まで自転車で走ってきたと言っても、好意的に思ってくれている人はいないのだと

日曜日の早朝の山田うどん

0202
息子が部活で、遠征だかなんだか知らないけれど、4時台にドタバタやっていた、私も起きてしまった。仕方が無いので、こういうときには自転車でトレーニングだてんで、こぎ出した途端に頭の中の半分くらいを何故か山田うどんのビジュアルで占めて、しょうがないので、さつきが丘の近くの山田うどんに行った。6時45分の山田うどん。240円の冷やしたぬきうどん。大盛りにして290円。や、や、安い。しかも、驚いたことに、麺が美味しい。弾力とコシがある。いったいどうしたことだ。

実は山田うどんは安くて早くてというところだけが取り柄と私は思っていたが、早めの時間帯に埼玉方面で営業やっているときには非常に重宝するのだ。朝マックばかりでは飽きてしまう。しかし、その山田うどんの難点が麺にコシが無い、そして、つゆがしょっぱいということなのだ。まさか私がやいのやいの言ったからなのだろうか、それに応えてくれたのだろうか。麺をチェンジしている。嬉しい。休日に早く起きて山田うどんに行こう。>皆さんもどうぞ!

さて、朝の7時になる前に山田うどんを食べてしまった私はこの後どうすればいいのだろう。暫く考えあぐねた結果、印旛沼に向かうことにした。早朝の不必要な栄養の摂取をなんとしてでも帳消しにしなくてはならない。まして昨日は運動らしきことを全くしていない。朝から暑いけれど、とにかく印旛沼まで往復した。印旛沼到着はだいたい8時頃。帰りはあまりにも暑くて途中でだれてしまい10時近くなってしまった。

これを書いているとき、まだ10時台。日曜日はまだまだこれからたっぷりある。いや~、時間を有効に使っているなあ。幸せ。でも眠くなってきた。ここで寝てしまうと、結局夕方になってしまって、「あれ?もう5時かよ。」みたいな世界になる。そういう経験は腐るほどある。

01_2
(↑)早朝の新検見川駅。

まだ6時台なのだ。
日曜なので、この時刻、人影もクルマも多くない。

部活の対外試合に行くようなジャージ姿の高校生がバス乗り場でたむろしていた。

そうそう、山田うどんが最初の目的地なので、いつもと異なるルートで。

03_4
(↑)順調に新川サイクリングロードを走っていたら突如現れた通行止めの標識。

馬鹿正直に一般道に迂回した。後で通りがかりのロードバイクに乗ったお兄さんに聞いたら、「通れますよ。」と言ってた。本当はダメなんだろうけど、帰り道は悪いけど通行させてもらった。

04

(↑)午前8時の印旛沼。

いや~、この時刻で猛烈に暑い。

水に飛び込みたい気分。
いやいや、この沼の水は嫌だ。

05
(↑)帰りはこの時点で暑さの為にバテバテ。

2011年8月 6日 (土)

スーパー回転寿司やまと@木更津店

以前から木更津店はうまいと評判だったけれど、木更津出身の私なのになんと本日が最初の訪問。確かに旨い。銚子丸と拮抗しているではないか。

それと、HPを見たら、本社が鴨川だ。なんと嬉しい地場の企業ではないか。応援しちゃおう。海浜幕張にも系列店があるし。

おっと、銚子丸の本社は美浜区だった。
この2社を応援しましょう!!

01

(↑)鴨川という名を冠したセット。

これにエビのみそ汁がついて960円(だったと思う)。
左端はもちろん大トロ。

02
(↑)あじ。確かこれ157円くらいだったかな。
それと、さんま、しめさば、こはだと、光りもの好きな私は次々に制覇。

残念ながらいわしは売り切れだった。

03_3
(↑)炙りトロサーモン

これは黒い皿なので、ちょいと高め。
時々皿の色を確認しないと、かなりの出費になる。

とはいえ、CPは結構いいのではと思う。

なんだかんだと腹いっぱい食った。

クルマだったので、ビールは飲めず、オールフリーにしたが、モルツの細身のグラスだったので、なんとなくお洒落にビールを飲んでいるような雰囲気に浸れた。

レッドブルのいいちこ割なう。

お、意外とイケるな。

でもビールよりも高い飲み物なのだ。

2011年8月 5日 (金)

冷やしたぬききしめん

Photo_2

うまいっ!

うますぎる!!

これ、安い乾麺のきしめんを茹で、そして、きりっと冷やし、えび天かすとアオサをかけただけ。白ごまを振っても良かった。とにかくうまい。いくらでも食べられてしまう。

レッドブル(その2)

Photo

(↑)このクルマも来ます!

かっこいい音楽にDJ。
そして素晴らしいパフォーマンス。

場所は5-6-11-pの交差点。
(ベイタウン・ジャズ・ストリートは、3-4-5-6の交差点)

http://baytownmusic.tyonmage.com/event/2011/baytown_natsumatsuri_2011.htm

2011年8月 4日 (木)

レッドブル

Photo_2
今日、ベイタウン夏祭りの件で、レッドブルとビッグビーチの関係者と打ち合わせ。ベイタウン夏祭りでは彼らがすげえパフォーマンスを披露してくれるので、お楽しみに。

今年は音楽ステージも素晴らしい出演者だし、お祭り広場も楽しそうだし、その会場の近くではシーガルズ(アメフト)の的当てのゲーム、幕総クラブのキックターゲット、CHIBA JATS(バスケット)のシュートゲームなど、色々あるし・・・、更に千葉ロッテマリーンズのキャラクターやお姉さんたちのパフォーマンスもあるし・・・。

うーむ。何時にどこに、というスケジュールをきっちり立てておかないと損しますぞ!!

ところで、レッドブルを久々に飲んだ。なんせ普通の清涼飲料水に比べて高価なので私はなかなか買えない。気のせいなのかなんなのかわからないけど、飲んだ後、めちゃくちゃパワーがみなぎってきた。

Nの街の夏祭り

お、西の街の住民さんがYOUTUBEにアップしてくださいました。
有難うございます。

http://youtu.be/7Q6rUNLRFsw
 ↑  ↑
 幕張ケリー

http://youtu.be/roVrMz9ILIo

http://youtu.be/aaGVh7mL-zo
  ↑  ↑
 Pagu!

その他もいろいろあり。

腹筋が6つに割れる

ついに念願の体重減。

今のところ1kg減った。

1ヶ月で1kg減ということは今のペースで自転車なりジョギング(ジョギングは1ヶ月のうち2回しかしていない)を続けることにより10ヶ月で10kg減るということだ。そうすると、ぽっこりお腹とお別れし、ケンシロウや、あるいはブルースリーみたいな、ある意味グロい腹筋になってしまう可能性が高い。

今のぽっこりお腹、いや、太鼓腹もなかなか捨てがたい。それはそれで私のトレードマークでもあった。キモいと評価する妻子を除き、かわいいとまで言われている腹のライン。ま、でも、私の現在の腹が好きだというファンの方には申し訳ないが、10ヶ月後にはシェイプアップされた身体でお目にかかりたい。(理想論)

ところで、先日、腹筋を鍛えるためのトレーニング中に思い切り腰を痛めた。一昨日、そして昨日は我慢しながら街なかを平気な顔をして歩いていたものの、人がいなくなると、アイテテテテと顔を歪め、歩幅が5センチ程度になり、そして、前かがみになり塀に手をつき休んでいた。どうぞ皆さんも腹筋トレーニングには十分注意してたもれ。

2011年8月 3日 (水)

アロージャ大納涼会

幕張にある世界的に無名な会社(T山かにぞう社長)の小さな納涼会。総武線の幕張駅近くにある千扇(ちせん)という焼き鳥屋で開催。今年の後半に向けて熱く語り合った。

01
(↑)まだこんなに明るい5時ちょい過ぎ。いい気なもんだ。(笑)

千扇(ちせん)はこの界隈ではちょっとした老舗。かにぞう氏が以前よく行った店だとか。おやじさんも女将さんも、かにぞう氏を見た途端、「あら~、ひさしぶり~~!」と叫んでいた。店の場所は栄たこの斜め前。

02
(↑)インターンのYT君。

彼はビールが苦手。
彼女いない歴二十余年。

誰かつきあってくれる人いませんか~~。

04
(↑)そして、当然ながら焼き鳥。

03
(↑)かなりワサビが効いた鳥わさ。

ここまでワサビが効いている鳥わさを食べたのは初めて。
うっかりばくって食べると、涙がにじむ。

05
(↑)鳥レバ刺。

そのうち鳥も生で食べられなくなる???(泣)

06
(↑)シメに栄たこのタコ焼き。

同店はもう間もなくタコ焼きをメニューから外し、餃子やお好み焼き(だったけ?)などの店に変身するらしい。栄たこのタコ焼きが大好きだった人からは惜しむ声が続出。俺もだ。

本八幡駅前のガストでプリン

Photo
午前中、物凄い豪雨。出かけるときには雨も上がり、そして電車で本八幡へ。急ぎのプレゼンの打ち合わせ。今後、忙しくなりそうな気配。プリンは199円。ドリンクバーと組み合わせると約400円で長居が出来る。(笑)

デザイナーのE氏から市川にウズマサというラーメンの名店があることをお聞きする。今度行ってみよーっと。

http://r.tabelog.com/chiba/A1202/A120202/12024830/

Antonio's Song / Tackey and Friends

お待たせしました。先日のミハマMJでのタキフレ第2弾。マイケル・フランクスの名曲を切々と歌うタッキー。バッキングはじゅんちゃん、KAZさん、じょん吉、ベガさん。

同ユニットの次の出演は、8月13日(土)に幕張ケリーとともにエステシティ海浜幕張の夏祭り。その後、8月20日(土)のパルプラザ幕張の夏祭りに。大活躍中なのだ。

2011年8月 2日 (火)

パルプラザ夏祭りの告知ページ

http://baytownmusic.tyonmage.com/event/2011/palplaza-summer2011.htm

アップしました。

2011年8月 1日 (月)

野口健氏のブログ

http://blog.livedoor.jp/fuji8776/?blog_id=1477032

牛舎の中で繋がれたままの乳牛の死骸にウジがたかる。
ショッキングな画像。

01_2
ちょいとマイブーム。

丸美屋の「にぎやか野菜・具」。
インスタントラーメンの上に乗せるだけで、ビジュアルもいいし、旨い。

かなり便利だ。

02_2
きしめんに乗せてみた。

はっきり言って、旨い!!!

磯辺ふるさと祭り

01

磯辺はベイタウンのお隣。
パパバンドさんからお誘いを頂き、行ってきやした。

yoshiさん、まっきーも一緒。
アロージャのタナカ君も。

02

めちゃくちゃかっこいいパパバンドの演奏。
ノブさん、すてき~~っ!!

相変わらず、パパバンドは熱い!!

これぞロック!!

  ↑   ↑
ここで「20世紀少年」が聴ける!!!

スタンド・バイ・ミーもいいぞ!!!

03

200円の焼きそば。

これ、きしめんっぽい。

04
祭りを堪能した後、沖縄料理の「すまゆくい」へ。

泡盛うまい。

(Photo:ゴーヤのおひたし)

« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »