無料ブログはココログ

マイフレンズ

« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »

2011年7月

2011年7月31日 (日)

ミハマライブほか

昨日は2つのライブがありました。

ライブへお越しの方々、ありがとうございます。

幕張ケリーメンバーへの私信:
2回目のNの街でのライブの録音ですが、暗がりで全然わからなかったのですが、その時点で既にメモリーがFULLになっていて、録音できてなかったっす。せっかくケリーちゃんがいい出来だと言ってたのに、ごめんちゃい。

ではでは。

そうそう、世界のノブさん、いつもありがとうございます。

Photo

(↑)幕張ケリーの演奏風景。
左端の素敵な男性が私です。なーんてね。誰も素敵と言ってくれる人がいないので自分で言うしかないか。残念っ!!

撮影はタナカユウイチ君です。
ありがとう!!

Photo_2
(↑)ライブの後には炭水化物が優しく迎えてくれる。
深夜に食べるバーミヤンの「酸辣湯麺」(スーラータンメン)。
深夜食べることは体に悪そうな気がするが、酢がたくさん入っているので、健康的な食べ物じゃないかと自分に言い聞かせて、気にしないで食べる。ビールをたくさん飲んだ後だと逆にバランスが良くなるという説もある。うそ。

さっそく、ひとつサウンドファイルをYOUTUBEにアップしましたので、お聴きください。

残念ながら動画じゃないんですが・・・。(すみません。)

http://youtu.be/EIgcB_SLJ1w

(↑)これも

http://youtu.be/ZyrFvDQms7g

(↑)これ、皆さんご存知の「Spain」です。
かっちょいいです。

http://youtu.be/SvOv6G00WSs

(↑)これでおしまい。

以上、クウセツでした。

その他のバンドのファイルも鋭意公開準備中。



幕張ケリーの「渡良瀬橋」(ミハマNR)を追加。

http://youtu.be/PxOi7IfLkXY

お待たせ、タッキー&フレンズの「Lady Wants To Know」をアップ。

2011年7月30日 (土)

天候が芳しくないですが・・・

一応、ミハマNRに行ってきます。

皆様もどうぞお越しください。
小雨程度でしたら、決行です。
テントの下でご観覧できます。

http://baytownmusic.tyonmage.com/event/2011/mihama0730.htm

2011年7月29日 (金)

浦和のうなこちゃん

Photo
いくらうなぎが名物ったって、あんまりだ。

安易だよな。

これ、話題にはまったくなってないと思うけれど、せんとくん並みにやばくない???

浦和駅前で。

2011年7月28日 (木)

分上野藪 かねこ

「食べログ」浦和のそば屋ランキングで常に上位にある「分上野藪 かねこ」に行った。そば定食1,000円。お洒落な店内で、そば、天ぷら、なんと刺身までついている。意外にCP高い。なんと最後にアイスクリームまで。人気があるわけだ。

01
(↑)外観。気づかずに通り過ぎてしまうほどシンプル。

玄関は右側の通路を入ってゆく。
ちょっと隠れ家的な感じ。

02_3
(↑)窓際のカウンタに座る。
窓の外の緑が美しい。

ひとつずつの量はそれほどでもないが、全体でこれだけのボリュームがあるので、腹いっぱいになる。

03_2
(↑)どれも美味しい!!

アイスクリームはゴマ風味。コクがある。最初、アイスクリームが付いているなんて知らなかったので、そば湯の後に出てきたときは感激だった。

南浦和で午前中打ち合わせ、その後、電話をあちこちに掛けている間にランチ時になったので、思い切って行ってみたのだ。行って良かった。浦和に行ったらまた行こうっと!!!

富山の鰤寿司

Photo
鱒寿司もいいけど、これもね!!

2011年7月25日 (月)

列車を穴に埋めた???

某国はトンデモないことを!!
まだ現場検証も済んでいないのに。
先頭車両には事故の原因に繋がるものが残っているのではないだろうか。
国際的な信用とか、そういうことを考えない国なのか。

2011年7月24日 (日)

九十九里浜まで(往復91km)

今朝ほど、ベイタウンの友人のM野さんが笠森観音まで自転車で往復してきた旨をメール(Facobook)で流してくれて、それが引き金になり、仕事が一段落した3時半過ぎ(具体的に言うと3時46分)に、私もそれじゃそっち方面に行ってみようとベイタウンを出発した。

そのときは軽い乗りで、昨日も走っているし、まだ自転車で走ったことの無い東金街道(国道126号線)を様子見も兼ねて、適当なところまで行って、引き返そうとしたのだが、走っているうちに欲が出て、東金まで行ってみようと思った。

126号は結構走りやすい。長くだらだらした坂もあるけれど、まあそれほどきつくは無い。それに路肩が広めなのが有難い。大網街道のようにクルマにプレッシャーをかけられ冷や冷やする箇所は少ない。

とは言っても、ベイタウンから16km地点の登りで、かなり息が弾み、小休止。その後も2回、坂を登ったところで休憩を取る。後で分かったことに、坂は東金寄りにピークがある。従って、行くときにはかなりシンドイ。でも帰りは、東金から一気に坂を登ると、千葉までは殆どが下り坂になるので、楽だ。

東金にはほぼ2時間かかって到着。ややゆっくり目だ。駅前で何か食べようかと思ったのに、居酒屋風の店あひとつあるくらいで、何故か殆どシャッターが閉まっているので、再び126号まで出て、すき家のうな丼を食べる。680円にしては結構なボリュームで、味もそこそこいい感じ。肉がふっくらしている。ま、どちらかと言えばちょっと柔らかすぎるかな。値段が値段だけにしょうがない。プラス130円でうなぎの隣に牛も乗る。

さて、そこで引き返すかどうか迷った。東金で引き返せば確実に明るいうちに帰れる。この季節、日没が18時50分頃。行きは登りが多かったけれど、帰りは飛ばせるので、たぶん、18時30分には帰宅できる筈。ところが、そこで魔が差した。

九十九里まで行ってみよう。そうさ、ここまで来たのだから、行くしかない。体力はまだまだ大丈夫そうだし。うなぎがまだ腹に落ち着いていないのにも関わらず、更に東に進路を取った。しかし、向かい風に加え、この辺りから乳酸地獄というのか、腿の筋肉痛が出てきた。スピードが落ちるのを腿の痛みを我慢しながら、いや、むしろスピードを上げるように踏ん張った。田んぼの中の一本道、筋肉痛さえ無ければ、快適な道だ。

九十九里浜に到着。到着時刻をチェックするのを忘れたが、17時40分頃。まだ十分に明るい。サイコンのデジタル表示は走行距離が45kmを示している。誰もいない。轟々と水煙を上げ唸る九十九里。写真を撮ってすぐさま引き返す。帰りは2時間として19時40分。もちろんその頃は暗いけれど、今の季節は残照で19時15分頃までだったら薄明るい。大丈夫。

乳酸地獄はまだ続いている。苦しい。泣きたくなる。ただ、風が後押ししてくれているし、田舎の一本道は非常に走りやすい。オーバー30km/hの本来ならば快適クルージング。あっと言う間に東金へ戻れる。確かに時間はあっと言う間。腿はもう感覚が無くなってくる。そうか、昨日の疲労も加わっているのだ。

東金を通過しても休憩を取らないことにした。ここで休んだらもう走り出せなくなる。信号待ちで給水。126号をひたすら走る。東金有料道路と交錯するところの坂はこたえたが、それでも一度も自転車を降りることなく通過。そして最大の難関。物凄い長い登り坂。心臓が飛び出るくらいの上り坂。もう一気に登るしかない。シフトをどんどん下げてゆく。でも傾斜はそれほどでもないので、下から3段目くらいのギアで登れた。

ピークからは下り坂。噴き出す汗がさーっと引いてゆく。心臓の鼓動もどんどん緩やかになってゆく。坂の一番下まで行き、今度は加速する。いつの間にか筋肉痛を通りこしたのか、ペダルが軽くなる。若干の登り坂でも平気。不思議なもんだ。休憩もしないでもどんどん先に進める。もちろん信号待ちのときにはフレームに取り付けたボトルで水分補給。そしていつの間にか千葉市街。千葉港からは京葉線沿いを走る。帰りのペースは物凄く早い。平均30km/h近かったのではないだろうか。残すところあと数キロメートル。

ここで、ベイタウンに近づき安心したせいか、稲毛海岸の近辺を走行するときにペースががくっと落ちた。ペダルが非常に重く感じる。ママチャリに乗ったおばちゃんくらいのスピードになる。もう自転車を降りて歩きたくなる。汗も噴き出してくる。だらだらと走る。そしてやっとベイタウン。ここでヘロヘロになった姿を知り合いに見つかったらかっこ悪いので、何食わぬ顔でスピードアップしたらまたモチベーションが少し回復。自宅には倒れそうになりながら到着。

90kmをほぼ4時間で走る。平均時速は22.5km/hということになる。サイコンの示した数字は23.4km/hだった。MAXは43.5km。かなりキツかったけれど、いい感じだった。

それにしても、これだけ身体をいじめているのにもかかわらず、ここ1ヶ月で1kgも体重が減っていないのは何故??

01
(↑)126号線はこんな感じ。
ここは千葉市街から10km地点。向こう側が千葉方面。
向こうから坂を登ってここまで来た。まず、ここでバテて最初の休憩。

02
(↑)古めかしい店舗がいい感じだったので、写真撮影の為の休憩。2度目。

03
(↑)東金の駅前商店街。
殆どシャッターが降りていた。
日曜だとこんなものなのか。

Photo

(↑)落ち着いたたたずまいの東金駅。
木造で、臙脂の屋根瓦がいい味を醸し出している。

04
(↑)郊外のほうが賑やか。
東金に限らずそういうところが多い。

05
(↑)すき家のうな丼。
東金名物(ってなに?)を下調べしておけばよかったけれど、ま、しかし安価にうなぎが食べられて嬉しいのだ。

06
(↑)そして九十九里浜だっ。

久々に近くで見たスカイツリー

Photo_3

都内に用事が出来たので、自転車で出かけた。そのついでに、夕刻スカイツリーを見に行った。

いつの間にか、クレーンがひとつを残して撤去されている。

本日の走行は72.5km。
涼しかったからか、結構余裕だった。

2011年7月23日 (土)

青潮だぁ!

Photo

先日以来、かれこれもう4日くらい青潮が続いている。いや、青潮ってのはそのくらい続くのが普通なのかもしれない。

今日、行徳バイパスのところから旧行徳街道の方向を眺めると、ご覧のように、江戸川が一面にこんな色になっている。海から3~4kmも離れた地点でこれ、つうのが恐ろしい。

東京湾のお魚ちゃん達、大丈夫かいな。
(マジで心配)

奥のほうにスカイツリーが見える。

ところで、「青潮だぁ!」というタイトルですぐに「青島だぁ!」を連想した人は、五十路、オーバー還暦の方々ですな。(笑)

安いサウナ

自転車で江戸川近辺を走っていたら小さなサウナがあり、300円と看板に書いてあった。お、安い。今どき、銭湯だってこんな価格じゃ入れない。サウナは久しぶりだし、体は汗びっしょりだし、ちょっと入ってゆくか。

汗を落とし、さっぱりしたところで店を出ようとしたら、お兄さんが、「すみません。入会費を頂戴します。」と私を呼び止めた。なに、会員制なのか。ちょっとぎくっとして、壁に掛かっている料金表を見ると、年会費が40,000円のところ、今ならお得な30,000円となっている。

な、な、なに???

背中から汗が噴き出る。

私は猛烈に抗議する。入ったときに入会費の説明なんてしてないじゃないか。だいいち、自転車乗りに来ただけだから30,000円なんて持ってないし。自分でも何を喋っているのかわからないほど興奮していた。こういうときにはどうしたらいいのだろうという考えが全然まとまらなかった。

歯ぎしりをしながら、目を覚ました。なんだ夢だったのか。真夏の夢だった。しかし、3万円取られなくてよかった。

その昔、青山のちょいとお洒落な文具屋というか、雑貨屋で、1,500円という安いシステム手帳を見つけた。どう見ても6,000円以上はしそうなものだ。しめた。儲けもの。レジに持ってゆき、女性の店員さんに「これください。」と言ったら、店員さんはタグを見て、「15,000円になります。」と言った。え?

それは単純な見間違いだった。確かに15,000円だった。でも今更かっちょ悪いし、当時は独身だったから日々のやりくりで予定外の出費もなんとかなっていたから、買ってしまった。しかし、そのシステム手帳を見る度に、落ち込んでいた。

そんな昔を思い出させてくれた真夏の夢だった。

2011年7月22日 (金)

ミハマ・ミュージック・ジャック

いよいよ来週です。
第一部はベイタウン関連のお馴染みのバンドが出演。
第二部では上野樹里(江~姫たちの戦国)のお姉さんの上野まなが出演。

こりゃ、行かねばならぬ!!

Photoもちろん、入場無料。
皆さん、会場でお会いしましょう!!

http://baytownmusic.tyonmage.com/event/2011/mihama0730.htm

おじちゃんのおやつ

おじちゃんは炭水化物が大好き。

特に粉ものが大好き。

たこ焼き、お好み焼き・・・etc.

もちろん、焼きそばも。

01
と、いうわけで、イオン幕張(カルフール)で98円という魅力的な価格を見つけ、迷うことなく買った。キャッチは「快感!マヨビームノズル搭載!」だ。

一平ちゃんというネーミングもいい。

これ、想像以上に楽しかった。

02

しかし、それほどうまく、綺麗にはできなかった。
いや、青のりがかかって見えない部分がちょっといい感じかも。

味はもちろんグー!!
からしマヨネーズが、いい具合に味をぴりっとさせる。

これ、毎日食べても飽きない。

もちろん、そういうことを続けてしまうと、ますます腹が出てしまうのだ。

2011年7月21日 (木)

青潮

Photo_3

カメラのホワイトバランスのせいじゃなくて、本当にこんな色していた。
時は既に夕刻。
不気味なコバルト色。

こんな海に落っこちたくない。

さ、ここはどこでしょう

Photo_2
ノーヒント。

高校野球が好きな人だったら知ってるかな。

キリン

Photo

夕刻、仕事のついでにちょいと立ち寄った千葉港にて。

まさにキリンだね。

現代版、トロイの木馬か。

足元の船と比べてもその巨大さがわかる。

こういうの動かしてるのも電力だもんなぁ。(深いため息)

我が家もうなぎ

01
写真を撮る前にうっかり半分食べてしまったのだ。
仕方なく尻尾のほうだけ。(笑)

02
うなぎと一緒にこれ。
じゃじゃーん、オリオンビールなのだ!!!

うなぎの「かどかわ」

世界のノブさんのブログから

http://blog.livedoor.jp/sekainonobusan/

ママチャリであそこまで行っちゃうというのが凄い。しかも、この暑さの中。信じられないくらいの体力!!

しかも、文章、おもしろすぎだし。

私はまだ行ったことないのですが、是非行きたいです。

ベイタウン旅行倶楽部にも転載させて頂きました。

http://baytown.dokkoisho.com/

しっかし、今日は寒いくらいだすなあ。

2011年7月20日 (水)

加齢臭

暑いから当たり前のように汗が噴き出ている。
以前だったら、それほど気にならなかった臭いがある。
アンモニア臭っぽい。
やばい、これが噂の加齢臭だ。

実は昨年辺りから息子に指摘されていた。
ほぼ徹夜で仕事して風呂に入らないのが原因だったらわかるけど、最近は毎日入っているのに・・・。

ピストバイク

ピストバイクというのは、いわゆる競輪の自転車のように、固定ギアで、ペダルとタイヤの回転が繋がっているというか、走っている限り、ペダルは回り続ける。つまり、普通の自転車のように、減速したときに、ペダルが空回りしないのだ。

最近、知人がこの手の自転車に乗り始めた。
以下のサイトを参考にされたそうだ。

http://www.kakurega-online.com/blog_entry/83_1

うーむ、私には無理だけど、興味はあるな。

Photo(↑)変速ギアが無いだけでもルックス的にはシンプルでかっこいい!

2011年7月19日 (火)

モナ夫

報道ステーションを観ていたら、細野原発担当大臣が出てた。私は彼を観る度に、心の中に「細野モナ夫」という名前が浮かんできてしまう。まあ、それはいいのだけど、古館アナに限らず、アナウンサーってのは、うっかりそういうことを口走ったりしないのだろうか。それが不思議。不思議でもないか。

ジョギング

最近、自転車とともに、ちょっとだけジョギングを始めた。
真面目にジョギングしたのは、一昨年以来。
といっても、一昨年も三日坊主で、仕事が忙しくなると、やめて、寒くなるとやめて、という感じで、年間を通じてジョギングしたのは僅か。
でも、このぷっくりと出た腹をへっこめるには頑張るしかない。

というわけで、たった今、ジョギングを終えて、帰宅。
風呂に入る前に我慢できず、ビールを飲んでいる。
結局、うまいビールを飲むためのジョギングなのか。
情けない。

原田芳雄

つい先日、テレビに痩せこけた姿を見せ、気丈にラストとなった映画をアピールされていたのだが・・・。

同氏は、ブルースが似合っていた。また、鉄道マニアということで、タモリ倶楽部に出演されていた。

合掌

なでしこ

やりましたね。

しかし、「大和なでしこ」の定義を変えるか、彼女達を「なでしこジャパン」と呼ぶのをやめるか、どちらかにしたい。(笑)

2011年7月18日 (月)

40km/hの壁

昨日、自転車のトレーニングにちょっといい場所を知人に教えてもらう。

何がいいかって、松並木があって、夕刻、いい感じの木陰になる、ほぼ直線の道路。それほど交通量が多くなけれど、そうだな、せいぜい400mくらいしかないかな。それをしかし、全力疾走で2~3回往復するだけで思い切り汗が出てくる。

だいたいピークは42km/hくらい達するのだが、40km/hのスピードを維持するのはかなりキツイ。ま、私の乗っているのはあくまでもランドナーだからそもそもスピードを出す自転車じゃない、と自分に言い訳はしている。

そろそろサドルでも交換しようかなあ。

パルプラザ夏祭り 2011

おっす!(いかりや長介ふう)

今年もパルプラザ幕張の夏祭りをやります。
8月20日(土)11時からです。
まだポスターやチラシ等が出来上がってないのですが、だいたい以下(昨年のWEBポスター)のような内容です。

http://www.oretachi.jp/event10/palplaza-summer2010.htm

音楽ライブのスケジュールはこれもまた仮ですが、以下(画像)のようになります。

Photo
moecotic、幕張初登場です。

http://www.moecotic.com/

2011年7月17日 (日)

朝一で朝市

と、シャレたタイトルをつけてみたけれど、実は朝一の出発じゃなくて、かなり暑くなってから今日の朝市会場である稲毛ファミールハイツへ自転車で向かう。かなり暑くったて、9時半くらいだ。

めちゃくちゃ暑い。とんでもなく暑い。もうこのところ、暑いって言葉も使い過ぎて、ほんと、嫌になってしまう。しかし、暑いもんは暑い。どうにもこうにも暑いので、しょうがない。ああ、暑い。

ファミールハイツはベイタウンから約8km。それほど遠くないけれど、到着したら汗びっしょり。木陰で休む。朝市は殆ど終わりに近づいていて、出店者は店じまいしていた。富田さんも汗びっしょり。

「今日は暑すぎてあんまりお客さん来なかったよ。」と、彼。そうだろうな。蛸たこさん(栄町)も店じまいしている。こう暑いとたこ焼きどころじゃないだろうな。

本日の走行距離: 16.13km(往復)
平均速度: 19.0km
最高速度: 37.5km

めまいがする。

Photo
(↑)トマトを買った。きゅうりは富田さんに頂いた。

2011年7月16日 (土)

鎌取へ

当ブログの読者の方々は、「あの野郎(私のことっす)、いつも自転車に乗ってて悠々自適じゃないか。え、おい。」とお怒りになっていらっしゃるのではと思う。確かに自転車に乗っているのは楽しいし、多少ストイックに走って痩せてでもしたら嬉しいので、それで一所懸命ペダルをこいでいるのもある。しかし、最近では一番の目的が電車賃を浮かすということである。これ、かなり大きい。稼ぎが少ない私にとって、電車賃が浮くというのは何にも増して嬉しいことなのだ。例えば、よく行く津田沼界隈を例に挙げると、海浜幕張から津田沼までのJRの運賃は、片道290円。往復で580円かかる。これ、自転車で行って、そして牛丼の大盛り食べたほうが安上がり。都内まではめったに自転車で行くことが無いが、東京駅まで片道540円だから、自転車でゆくと往復1,080円が節約できることになる。これ嬉しい。水分も極力家でポリタンに汲んだ水道水にすると大して金を使うことはない。

とは言うものの、都内まで出るのはちょっときついし腹も減る。ファミレスに入って、冷たいものをぐびぐび飲みながらハンバーグ定食とか、ラーメン屋で大盛りを食べて、結局は結構金を使ったりしている。またそういう日の夜はビールを通常の3倍くらいのスピードで飲んでしまって、へたをすると底なし沼状態になるので、長距離のライディングが必ずしも経済的かと言えばそうではない。

と、前置きが長くなった。さて、このところ忙しいのだけど、新規の仕事が減ってきている。その原因はちゃんとした営業をしていないからだ。ルーティンばかりだと売上はどんどん下がっていってしまう。そうだ、新規の営業をしよう。そう心に決め、ふと思いついたのは、大網街道を鎌取辺りまで自転車で往復し、そのついでに新規のセールスをしちゃおうってこと。いいアイディア。そうと決まれば、すぐ実行。自転車をこぎ始めた。しかし、飛び込み訪問するにはあまりにも格好がラフ過ぎる。そこでふと頭をよぎったのは、鎌取にはかつて取引していた業者さんの営業マンのT田君が住んでいる。営業のターゲットを彼にしよう。それはいい。道端に自転車をとめて、ケータイで彼に電話してみた。繋がった。彼と話すのは7年ぶりだ。

「え~!?今からですか!?私まだ都内ですよ。1時間で帰れますけど。え?仕事?うーん、私は発注の窓口じゃないからなあ。とりあえずじゃあ現地で。」と、私よりも10歳は年下の彼の声。

約1時間ちょっと後に鎌取の駅前から再び彼に電話する。汗びっしょりだったので、駅前の「ゆみ~る」というショッピングセンターの中に入り、涼む。3時間まで無料の自転車用のコインパーキングに自転車を停めロックする。そして、マックに入り、コーヒーを飲んで時間調整。すると彼が現れた。がーん。風格がある。7年前の若造的なイメージが無くなっている。名刺を貰った。わ、わ、わ。部長じゃん。でかい会社なので、部長だとかなりの年収。なんとなく怖気付く。彼は「せっかくなので家に寄っていってください。」と言った。頑なに遠慮したが、結局彼のクルマに乗っていた。国産車だけど、高級な部類のクルマ。品がある。それだけで彼の暮らしぶりが想像できた。

5分もしないうちに彼の自宅に到着。周辺は落ち着いた住宅街。ワイヤレスの駐車場のゲートが開く。それほど大きな家では無いものの、庭があって、芝生があって、そしてセキスイハイムみたいなCFに出てきそうな小奇麗な家が建っている。うわ~~、すげえ。なんて素敵なんだ。それに比べて俺はなんだ。情けなくなってきた。結局小一時間応接間で話をしたものの、当初の目的を話すことはできなかった。あの状況で「仕事くれ。」はちょっと言えない。彼が年上だったら言いやすかったかも。帰りは手ぶらで、いや、行きも手ぶらだったが、何の営業の成果も無く帰宅の途に就いた。ま、今回は鎌取まで自転車のトレーニングに来たと思えばいいや。

海浜幕張~千葉寺~青葉の森~鎌取 往復で39.08km。
最大速度 36.6km/h  平均速度 20.5km/h

大網街道は走りにくい。

01
(↑)千葉寺で休憩。

02
(↑)鎌取駅前。左側の建物が「ゆみ~る」。

寒川町のガスタンク

Photo_2
千葉の16号寒川大橋から見るガスタンク。手前の川は都川。この分野では、例えば谷原(練馬)の巨大なガスタンクのようにそれほど迫力があるわけではなく、巨大建造物マニアの目からしてあまり魅力的ではない。現にこの風景は何十回、何百回も見ているのに、このガスタンクをそれほど意識して見たことは無い。ただこうやって写真に収め、じっくりと見ると、小ぶりとはいえ、とんでもなくでかいし、異様な球体だということが分かる。万が一、例えば大きな地震があって、支えている柱が折れて、転がり出してしまうことはないのだろうか。あるいは爆発などしないのだろうか。311のときの市原コンビナートの爆発炎上(あれは石油タンク?)が記憶に生々しい。

そうめんは家で食べるに限る

Photo
この季節はそうめんが旨い。でも考えてみると、そうめんを外で食べたことはここ数十年無い。あのなんというか、氷が入っていて、水に浸っていて、食紅とシロップで漬けたさくらんぼが入っていて、時には缶詰のみかんがひと切れ入っている、そば屋とか、定食屋の店にありがちなそうめんを食べたのは一度っきりだ。それもおそらく二十代くらいじゃないだろうか。

ああいうそうめんはどうも苦手。だいいち、果物が入っているのはどうも好きになれない。例えば、弁当の中に、オレンジがひと切れ入っているだけで、かなりめげるのだ。仕切りがあっても、肉汁が混ざったり、醤油が混ざったりしていて、そのオレンジを食べるのは恐怖でさえある。ただ、欲張りなので、ほかの味が混じったオレンジはしっかりと食べる。そうめんの場合もしかり。水に浸かって絶対に不味そうな果物を最終的には食べてしまうのだけど、想像しただけで、身震いがする。

それから、量だ。そうめんは、つるつるっとあっと言う間にかなりの量を食べてしまう。そば屋のそうめんでは絶対に物足りない。私の場合は3人前くらい無いと満足できない。だからどんどんデブになっている。ちょいとセーブして2人前は欲しい。麺のコシも重要な課題だ。やや固めに茹でて、しゃきっとしていないとダメなのだ。

以上のことからそうめんは家で食べたい。我が家では夏の食事のメニューとしては割合定番だ。自分ひとりでもつくることがある。それは簡単だから。上の写真は昨日食べたそうめん。

2011年7月14日 (木)

行田公園まで

今日も凄まじい暑さだった。夕刻、ちょいと涼しくなったのを見計らって、自転車で西船のお客さんのところへ自転車に乗って出かけた。打ち合わせを手早く済ませて、行田公園へ。

初めて知ったけれど、行田公園って県立だったんだね。
(驚くほどのことは無いけれど・・・。)

行田公園の一帯はJ吉さんによると、かつて無線送信所があった一帯で、空から見ると独特の地形になっている。地形というか区画というほうが正しいか。

で、今日の走りはなかなかだった。

走行距離:31.78km
平均速度:22.50km/h
最高速度:38.20km/h

海沿いはだいたい34km平均で走れた。しかも、このところ走り慣れてきたせいか、そのペースでずっと走っていても疲労感はあまり無かった。もちろん、折り返しするときに打ち合わせがあった為、小一時間休憩のようなものがあったので、帰りは相当リフレッシュ出来て、ペースダウンは一度も無かった。

久々に注油したのも良かったのかも。

しっかし、痩せないなあ。(泣)

01
(↑)日中、とんでもない暑さの中、とぼとぼと駅からベイタウンへ向かう。

久々にBMFのファンキー利根川氏と打ち合わせを終えて・・・。

02
(↑)西船へ向かう時に、ちょこっと寄り道。

この時点で夕刻の5時半なんだけど、この明るさ、日差しの強さ、この暑さ、信じがたい。

03_3
(↑)行田公園の近くに、これ。
船橋高架水槽。管轄は栗山浄水場だ。

久々のご対面。

当ブログを時々ご覧になっている方はご存知の通り、わしゃ、給水塔マニアなのだ。

04
(↑)行田公園。

暗くなりかけている。
でも、まだまだ明るい。

公園の中の殆どの人が犬を連れていた。

驚いたことに、ウンチとオシッコを垂れ流し、しかも放し飼いという御仁もいた。注意したいけれど、面倒なことになりたくないので、見過ごしてしまった。なんと度胸がないのだろう。そう、私は人に注意するのが苦手。

05
(↑)今夜は満月???

国道14号線、船橋の総武線を跨ぐ陸橋の上から船橋市街と月を眺める。

丸亀製麺の冷やしかけうどんと、悲しみの冷やし中華

先日、夕食というか、夜食に丸亀製麺のうどんを食べた。しゃきっとして美味しいのだけど、給茶器がぶっ壊れていて、うどんを食べた後、無性にお茶が飲みたく、非常に欲求不満だった。うどんの味はそこそこなんだけど、そのお茶が飲めなかったことで心象はマイナス。

11時頃、帰宅。珍しく家人は寝ていた。息子は起きてるんだか寝てるんだかわからない。自分の部屋に籠っていて、物音ひとつもしない。ドアの隙間から明かりが漏れている。とりあえず帰宅したらまずは必ずやる癖で、冷蔵庫を開けてみる。なんで冷蔵庫を開けるのか不思議だ。聞くところによると、男って外から帰ってくるとほぼ間違いなく冷蔵庫を開けるようだ。

そして、冷蔵庫の中に冷やし中華があることに気づく。明らかに私のだ。具と麺が別々の皿になっている。タレは袋に入ったままその皿の脇に置いてある。うーむ、そうか、そうだ、そうだ、今日、夕飯要らないと言ってなかった。やばい。

きっとご同輩も同じ境遇かと存ずるが、夕食を外で食べて帰る日は必ず、今日は夕食要らないよって、託けををしている筈だ。それを忘れると、かなり気まずい状況になる。翌朝、予想通り、妻の機嫌が悪かった。

で、その後、一人その冷やし中華を食べる。盛りつけは自分でやる。なんかうまく行かない。途中で面倒になってくる。盛りつけひとつでも妻は一所懸命やっているんだな、なんて思いながら、ちょっと感動しつつ食べた。食べてゆくうちに、そういえば、最近妻と会話が殆ど無いことにも気づく。うーむ、やばいかも。

2011年7月13日 (水)

赤い自転車

Photo
上は、三井不動産の機関誌の表紙。
緑と赤い自転車がいい感じ。

おっと、私も偶然赤い自転車だ。(笑)

2011年7月12日 (火)

投票お願いします!

ベイタウンのKさんからです。

Future Energy

投票〆切りは19日(火)です。未来のエネルギーを世界の人々が​考えるきっかけになればと、日本から唯一参加したフィルム・コン​テストは、皆様のご協力のおかげで順調に票を伸ばし、残り1週間​の得票しだいではサンフランシスコ会場で上映される20位以内の​可能性が高まってきました。ご家族やお知り合いにも投票をお願い​いたします。
(投票方法)(1)サイト右上register to Voteをクリックし、ユーザーネームやパスワードなどを入れ、​I would...emailはNoが無難。captchaのぐに​ゃ文字を箱中に書き込み(何度でもトライOK)、SUBMITを​クリックするとメールが届きます。(2)メールのオレンジ色の文​章(Click here ..... voter.)をクリックしユーザーネームとパスワードを入れ『​Future Energy』に投票してくださいい。(3)投票完了するとYo​u've voted..... になります。

http://possiblefuturesfilmcontest.org/watch-vote/film-detail/?film_id=25385055&cat=4&sort=random&country=Japan&topic=alt_energy&keyword

2011年7月11日 (月)

自転車で名水を汲みに久留里まで

と、言っても、実は実家に用事があって行ったので、自転車に乗った区間は木更津から久留里の往復40kmのみである。でも、緩やかながらアップダウンがあって、運動量はそこそこありそう。下りはノーブレーキで前傾姿勢をキープしているとそれだけで50km近くなってしまう箇所がある。スピードを調整したが、サイコンの記録には48.3km/hがMAXということになっている。すげー。こんなにスピード出していると、いつか怪我をするかもしれないので、ほどほどにしなければ。

水はめちゃくちゃ旨かったっす。久留里駅のやや南側にある地下から湧き出ているところで水を汲み、そして飲む。冷たい!!

01
(↑)久留里線の俵田駅で水分補給していたら、唐突に列車がやってきた。

2輌編成で、前と後ろのカラーリングが違う。

02
(↑)列車が通過すると、な~~んにも無い無人駅。

03
(↑)久留里駅

意外にあっさりと到着してびっくり。
木更津を拠点にすれば、色々なところに行けるなあ、なんて思った次第。

今度は亀山まで行ってみたい。

高低差が問題かな。

04
(↑)ここが水汲み場。

1.5リットルのエバーポリタンに水を満タンにして、それを4分の1ほどぐい呑み。もういちど満タンにし、持ち帰る。

藤美のそばはこの水で打つ。

2011年7月10日 (日)

そらのかけら@千葉中央

ミュージシャンでもある田中アキラちゃんの店「そらのかけら」で今年5月に開催された「食楽ICHIBA」の反省会というか報告会と、来季に向けての打ち合わせがあった。同会の今年の主旨には被災地への義援金を集めることで、しかし毎年赤字のイベントなのに、なんと50万円近い義援金を贈ることが出来たという。素晴らしいことだ。色々工面しながら、英知を結集し、汗を流して大任を果たしたスタッフの皆さん、協力してくれた業者の皆さんに感謝したい。

0710_01
(↑)午後2時過ぎ、海浜幕張のホームから。
めったに電車で蘇我方向に行かないので、新鮮な景色。

それにしても、ピーカンで、とんでもなく暑い。
いったい地球はどうなってしまうんだ。

脱原発も良いけれど、安易に化石燃料に頼ってしまうのは本当にまずいという危機意識がますます強くなる。

0710_02
(↑)まずは腹ごしらえ。栄町の「蛸たこ」さんでたこ焼きを食べる。

この微妙なマヨネーズのかけ方が凄い。

聞くところによると、蛸たこのオーナー(若い!)のチャーミングな妹さんは太鼓の達人とか。それと、以前もこのブログに書いた通り、オーナーはギタリストで、まくはりスポーツフェスタに出演してくれた真優さんとも一緒にバンドを組んでいたこともあるらしい。

おっと、いつも彼の写真を撮るのに今日は忘れた。

0710_03
(↑)そらのかけらにて

主催者から収支などの発表。
ドリンクはフリー。
昨日、結構飲んだのに、またまたビールをぐびぐび。

0710_04
(↑)まさむね(富士見町)の若旦那と、田中アキラちゃん。

まさむねは創業50年の居酒屋。
今度行こうっと!!

まさむね
http://r.tabelog.com/chiba/A1201/A120101/12015649/

同店の系列ではラーメン屋もやっている。
鷹の羽
http://r.tabelog.com/chiba/A1201/A120101/12024982/

ところで、そらのかけらの料理も旨かった。
カウンターの中で25歳のおにいちゃんがつくってくれた。

散々飲み食いし、しかし、夕刻途中で抜け出し、帰途につく。
行きは京葉線で蘇我折り返し。
帰りは総武線で幕張まで。

0710_05

(↑)夕暮れの幕張ストリート。
総武線の幕張駅をちょっと南下し、旧14号の交差点のところ。

うーん、哀愁を感じるなあ。

今日は運動不足だったので、ここから徒歩。

0710_06
(↑)人気の店「むら田」。
床が無く、砂利になっている。
そこがお洒落!

ここでタッキーに出会う。

彼は隣の店(ほっともっと)でお買い物中。

おかげで自宅まで送ってもらった。
ありがとう!!

お礼に脂肪を吸収しないで排出しちゃうという夢のダイエットの薬をご紹介。っつうか、エステシティのほ〇のさんに教えてもらったんだけど・・・。

http://www.456.com/sp-diet/alli/alli.html

中華ざんまい@竹園

昨夜はめちゃめちゃ高カロリーで攻めまくった。しかも、ビール、紹興酒も思い切り飲みまくった。週明け辺りから一所懸命節制しないとまたぜい肉が・・・。

しかし、竹薗、安くて、うまくて、グー!!!

01
(↑)最初に注文したのがこれ。酢豚と生ビールのセット。

そう、セットものが安いのである。

04

02
(↑)生ビールと唐揚げと水餃子がセットで980円。
嬉しいっ!!

水餃子は竹園に前日も来たというくらい通の「ほ〇の」さんのリクエストで、黒酢で食べた。いいね。初めてかも。

05
06
(↑)これ、ご主人とママ(奥さん)の出身地である四川の麻婆豆腐。すごく辛くて、ちょいとむせるけれど、グーっ!!

07
(↑)チャーハンはパラパラしていていいのだけど、若干、脂っぽかったかな。
でもうまい。

08
(↑)途中でママがサービスです、って持ってきてくれたデザート。

しかし、ここからが凄い。
写真に撮らなかったものも含め、どんどん追加注文。
紹興酒のボトルも3人で3本空けた。(笑)

09

そう、この人達と飲んだのである。
料理は全部で15、6皿くらい注文したかなあ。
全部、ぺろりんと食べてしまった。

左の人は後半、かなりへろへろ状態で、帰途につくときには千鳥足のもっと重度の状態だった。(笑)
そういう私もかなり疲れた。久々の午前様。あ、そうでもないか。(笑)

10
(↑)明るく、チャーミングなママさん。
日本語少しね。ちょっと難しいあるよ。

ほ〇のさんは、中国系の企業に勤務されていて、中国にもしばしば渡航されているので、ママさんとは中国語で会話できる。羨ましいな。

よし、それなら俺はタガログ語でも習うか。うそ。

ベイタウン夏祭りの打ち合わせ

Photo
昨日、青少年育成委員会の方々との打ち合わせに行きました。
場所はギャラリーKIKI。

左端の方はTwitter等ではおなじみの方で、私は初めてお目にかかりました。

今後ともよろしくお願いします。

LEDランタン

Led
4番街のドリームチャンキー店頭で売ってます。
実用的でもあり、可愛いインテリアでもあり。
在庫僅少につき、お早めに!!

と、宣伝してみました。(笑)

2011年7月 9日 (土)

夏本番

01
ひょえ~。暑い。早くも夏バテ。

でも、そうは言ってられない。ちょっとだけストイックに体を鍛えるのだ。なぜなら、今日はこれから打ち合わせ、そしてその後、飲み会。そう、なんとなくこのところ毎晩飲んでいる。昨日、自転車でエネルギーを消費したけれど、まだまだ足りない。もっと消費しなくては。電力は節約しても、体はもっとエネルギーを使い、ぜい肉を落としたいのだ。

午前中は自治会があったので、昼メシを食べてから自転車に乗り出す。えらい暑い。凄い日差し。関東甲信越は梅雨明け宣言。7月の上旬に梅雨明けなんて珍しい。今年の夏はこの調子で厳しい暑さなのかなあ。しんどいなあ。

でも、ペダルをこぎ出すと快調。あっと言う間に花島公園(写真上)。遠くに入道雲が湧いている。花島公園でエバーポリタンのぬるい水をぐいぐい飲む。激しく汗をかいているときには、ぬるい水だろうがなんだろうがうまいのだ。

で、今日走った距離は30,2キロメートル。早めに帰りたかったので、逆算して、その距離にとどめた。い、いや、それも理由のひとつだけど、昨日の疲れがあって、そんなに長く走れないだろうと思ったからだ。

02
本日の平均時速は、21.4km/h。
MAXは、38.6km/hだった。

そのうち、サイコンに、本日の被曝量みたいなものもわかるような機能が付くかも。(笑)
笑いごとじゃない。

で、その出発してからすぐに気付いたことに、頭が異常に暑いということだ。そうだ、この日差しの中で自転車に乗るときには帽子は必需品。でも、私は帽子が嫌い。なぜなら顔がデカいので似合わない。でも、仕方ない。そこで下の帽子を14号沿いの某店で買ってしまった。

03
お値段は、いいたくないけれど、315円。
もちろん、ダイソーだ。(笑)

どうせ似合わないので、これで十分なのだ。
ただ、これ被っているときに誰にも会いたくないな。
それに、同じ帽子を被っている人にも会いたくない。これは切にそう思う。

さて、今日はそれほどのカロリーを消費しているわけではないので、ビールはほどほどにしておかねばならない。でも飲みだしたら気にしないで飲んでしまうのだろうな。(笑)

一番人気のそば店「磁久庵」

知人にその存在を教えてもらいました。

確かに良さそうですね。
しかし、2時間半待ちは嫌だなあ。

http://www.jikyuan.co.jp/

同店のHP(の動画)には神田まつやの小高孝之氏も登場してます。

IE9

IE9 つまり、インターネットエクスプローラーVer.9をインストールした。今のところいいのか悪いのかさっぱりわからない。ボタンの位置などが今までと微妙に違っていて、それが厄介。慣れれば平気なのか。とりあえず、若干カスタマイズして使う。

それにしても、昨日はかなりグテグテになって寝てしまった。

2011年7月 8日 (金)

サイクルコンピューター

今日はやや涼しいので、大久保(習志野市)の得意先に行くのに自転車で行った。で、ふと思い出し、買ってから半年くらい経ったサイコン(サイクルコンピューター)を取り付けてみた。走行時のスピードが分かるし、もちろん走行距離もわかるので、確かに面白い。気がついたら帰宅したときの走行距離がなんと49km近くにも達しているではないか。道理で疲れたわけだ。汗びっしょり。タオルも絞れるくらいの汗を吸っている。ややストイックな走りをした。平均速度は25.4km/h、MAXのスピードは44.5kmだった。下り坂でちょいと飛ばしてみた。ちょっと怖いね。

01_2
(↑)あと1キロちょっとで50kmだったのになあ。
でも、もう少しも走りたくない。

50kmでこんなにバテていいのだろうか。

これじゃ印旛沼にも行けないや。

02_2
途中で、ビールが飲みたくなって、我慢が出来ず、サントリーの「オールフリー」を買ってごまかす。でも、アルコールが入ったように酔ってきた。

03_2
今日の自分へのお土産。
缶入りみそ汁。
うまいのかなあ。

今日和(こんにちは)@ベイタウン店

近所なのに、やっと行った。昨日、タッキー氏と夕食を兼ねた打ち合わせ。夕刻の6時30分頃か。空いていて、窓際のテーブルに座った。懐かしい。「今日和」の前に来たのは、ここが「Charinko」の時。

私は「サーモンと野菜のジェノベーゼ」、タッキーは「完熟トマトの冷製パスタ」を注文。それをつまみに生ビール。パスタはもちもちしていて美味しい。さすが生パスタ。結構、旨かった。

自宅から近いし、今後も時々行こうっと。

01

02
03

04
05
06    

2011年7月 7日 (木)

"Superstition" 師弟対決!@JayNEPAL

http://youtu.be/-yO412x2Rhs

へえ、こんなんだったんだ。
tomtomさんも参加してたんっすね。

ベイタウン・ジャズ・ストリートのスペシャルなゲスト

Photo

ベイタウン夏祭りの音楽ステージ(ベイタウン・ジャズ・ストリート)のスペシャルゲストが決まった!!!

是方博邦スペシャルユニット

是方博邦(これかたひろくに)---ギター
石川俊介(いしかわしゅんすけ)---ベース 元・聖飢魔II
坂東 慧(ばんどう さとし)---ドラムス  T-Square

数々の有名ミュージシャンとの共演や、テレビなどでおなじみのロックandフュージョンギタリスト、是方博邦をリーダーに、元・聖飢魔IIの石川俊介、そして現役のT-SQAREのドラムス、坂東慧のトリオによる演奏をお届けいたします。乞うご期待!!

http://baytownmusic.tyonmage.com/event/baytown_natsumatsuri.htm

2011年7月 6日 (水)

BIG-Aで買った生うどん(安っ!)

Photo_3

なんと値段が1袋(2人前)90円(+ちょっと)。
これが意外にうまい!

機関限定なのかな。

金子半之助

Photo

日本橋(三越前)の路地を入ったところにある天丼の店。テレビ等にしょっちゅう登場する超人気店。以前から行きたいと思っていたのだが、昨日の夕刻、その念願が叶った。具がどどーんと載る天丼880円。横にはみ出ている巨大なものはアナゴ。エビは2本。特筆したいのは、半熟玉子の天ぷらも載っている。それを割って、黄身がとろーんとご飯に絡む。美味い。それに味噌汁100円。この味噌汁が侮れない。テーブルの上に置いてある漬物も旨い。幸せ。

02
(↑)店の入り口にある蚊取り線香。
いい香り。

03
(↑)店の前をこの猫が往ったり来たり。

Photo_2
(↑)かつおだし
金子半之助に行く前にCOREDO(コレド)の1階にある「にんべん」の「だし場」(Dashi-Bar)に立ち寄る。1杯100円。うまい。若干醤油を垂らすのも良し

04
(↑)昨夜は舞ちゃんと色々打ち合わせ。

松本大臣辞任

短期間といっても大臣就任に伴う報酬などが税金から支払われている。(吉田照美のソコトコ)

2011年7月 5日 (火)

松本龍復興大臣

とっとと辞めろ。
自分の裁量次第で金を出す出さないと言ってとしか思えない。
単なる高飛車ではない。九州男児だからというのでもない。
それこそ被災地を舐めている。
無礼な言動に対し、知事はその場で「出てゆけ!」と言ってもいいくらいだ。
各被災地の長である知事として、被災者を馬鹿にされたわけだから、それくらいのことを言ってほしかった。

2011年7月 2日 (土)

自転車でグルメ 第〇回

第何回だったか、ちょっと忘れましたが、とにかく、そんなわけで行ってまいりました。メンバーは、yoshiさん、ほっそさん、まっきーさん、そして私の4人。最近だとマックスが3人だったので、4人というのは初めてです。

今回のターゲットは、いきなり決まった、しかも、ほぼ現地まで行って決まったのですが、八千代中央の「味の民芸」。ここで、うどんとそばの合い盛りに天ぷらのセットです。価格は1,152円。うまかったです。

天候が心配だったので、道の駅で引き返しましたが、戻ってきたら、とんでもなくいい天気で、もうちょい先まで行ってりゃよかったかも。

01
(↑)朝、コアの前に集合。
バイク談義に花が咲く。

02
(↑)花島公園にて。
まっきーとはここで合流。

03
(↑)これが「味の民芸」の昼食。
そばの下にうどんのせいろ。
うどんはそこそこなんだけど、そばはちょっと残念。
茹で方をもっとちゃんとすればいいのでは。(と、そばには厳しい私)

そばつゆと、うどんのつゆが2つ付いてくるのが嬉しい。
できれば、そば湯も欲しい。
こういう店は難しいのかな。 

04
(↑)うどんは見た目にもグー。
さすが、うどんを売りにしているだけある。
お土産も売ってるざんす。

05
(↑)道の駅での、例のアイスクリーム。
これ食べたいが為に、わざわざここまで来る。

ちなみに具志堅(元ボクシングの世界チャンピョン)が連勝がストップし、引退した理由は、計量後にアイスクリームが食べられなかったからだ。(本人談)

06
(↑)家に帰ってから、なぜかところてん。
海苔と白ゴマを降りたいところだ。
(このところてんにはタレしか付いてなかった。)

07
(↑)夕刻、所用で再び自転車に乗る。
走り足りなかったので、蘇我の辺りまで行った。




YOUTUBE

イメージビデオをつくってみたよ。
こういうのを粗製乱造という。(苦笑)

かなり暇なときに観てください。 

今年のベイタウン・ジャズ・ストリートは、きっと凄い!!

8月27日(土)に開催されるベイタウン夏祭りの同時開催のベイタウン・ジャズ・ストリートのスーパーゲストは、きっときっと凄いことになります。まだ交渉中なので、オープンに出来ないのですが、期待してください。特にロックやフュージョンが大好きな方だったら、「おおお!!!」と叫んじゃいます。ここ1週間くらいでオープンにできるのではと思います。では。

2011年7月 1日 (金)

サブロー電撃トレード

うーむ、昨日は千倉に行って、そして、その後もバタバタしていて、大事なニュースをリアルタイムで逃してしまったが、改めて、びっくり。まいった。サブローだけは生涯ロッテだと思っていたのに。ま、しょうがないね。プロである以上、条件のいいところに行くのがいい。

そういう意味では大臣の椅子を条件に党を出ることもプロの政治家なのかも。

« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »