無料ブログはココログ

マイフレンズ

« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »

2011年5月

2011年5月31日 (火)

運動会

やっと出来て良かったね。ちょいと寒いけれどまずまずの天気。で、先ほど少し年上の知人と電話でやり取りしていたら、その方が、「いや~、今日は小学校の運動会だったから会社休んじゃったよ~~。月末だから仕事たまってんのに。」と・・・。

んっ?

私より年上なのに小学生のお子さんがいるのか。それは凄い。

んっ!?

な、な~んと、お孫さんなんだって。
えええええ!!!!

ひょー、それは凄い。
つうか、私めもそういう年代に突入したってわけか。
とほほのほ~~。

6月18日(土)は朝市です

月末でひーひーしてまして、告知関連などがややお留守になってます。(ちょっとかわいい表現過ぎ?)

そんなわけで遅くなりましたが、ベイタウン朝市は予定どおり開催します。
(既に俺達HPには商店会からお知らせされてます。)

どうぞ、ご期待ください。

2
(↑)こんなポスターをつくってみました。

まだ、正式なものではありません。しかし、昨日貰った舞ちゃんの写真は、まるでこのポスターの為にあったような感じですね。ぴったり。




またまた話は変わりますが、以下、大好きな橋本信二さんの動画です。

http://youtu.be/danfxvY1i_U

ギターとボーカルだけでもここまでかっこよく楽しく出来るんだな、なんて改めて思います。もっとも私はそんなギターを絶対に弾けませんが・・・。(泣)

舞ちゃんから写真貰いました

3

これ、先日開催の八重洲地下街グランドオープン記念ライブのときの北湯口舞ちゃんの写真です。メールで送ってもらいました。カメラは彼女のものですが、撮ったのはこのわたくしめ。うひひ。

舞ちゃんはいいカメラ(Panaの一眼レフ)を持っていて、なかなかうるさいようです。

おっと、あんまりこういうことでにやけていると妻子に怒られてしまう。やば。

2011年5月29日 (日)

秀吉と茶々が・・・

ついに、ついに・・・。
ちと悔しいのぉ。

父母の敵であった秀吉の側室になった過程が美化されているとはいえ、ここから秀吉の死後の悲劇が始まると思いながら観ると悲しいのだ。

それにしても、凄い雨。

ぽぽぽーんのシリーズでは一番好き!

http://youtu.be/e1LtrnCMEek

これ、いいね。(笑)

Love Notes / Maki Inouye sings DEVIL MAY CARE

雨なんで、一日外に出ないで、自主残業。
で、そういうときにはジャズ。

以下、LOVE NOTESがYOUTUBEにあったので、PCにちゃんとまともなオーディオセットを繋いで聴いてます。

http://youtu.be/MMbPUF5RnkQ

井上真紀さんの歌はやはり素晴らしい。川島さんのトランペットもいい。ピアノは栗本。最近、このユニットで栗本が弾くことはあまり無いようだけど、またLOVENOTESでの栗本を聴いてみたい。

制作:Hiro川島
produced & directed by Hiro Kawashima

http://www.lovenotesjoy.com

2011年5月28日 (土)

世界ふしぎ発見!にマヤちゃん登場!

ベイタウンの方々からは、そんな情報古いっ!とお叱りを受けそうだけど、昨日マヤちゃん(ジャイネパール)に偶然会って、DVDをお借りしたので、まだ観てない貴方の為にYOUTUBEにアップ。なんだか最近、YOUTUBEにハマってるな、俺。

2011年5月27日 (金)

ライブ終了!

0527

お疲れさまっ!

盛況でした。

舞ちゃん、ばっちり!

ぽわんとしたライブだったっすね。(笑)

Photo
(↑)ライブ終了後の舞ちゃん
熱心なファンの方も応援に駆けつけた。

その後、彼女達と別れ、A社の部長さんと、同地下街の日本海庄屋で、ちょいと飲む。

Photo_2
(↑)刺身の盛り合わせ
爽やかな舞ちゃんのライブの後には、おやじ同士のむさくるしい(笑)飲み会。舞ちゃんも誘えばよかったね。次回、ぜひ!

2
(↑)ついでに・・・
楽屋入りした直後の写真。
きゃわいいのだ。





お待たせしました。
YOUTUBEにアップ完了です。

http://baytownmusic.tyonmage.com/event/2011/yaechika-live.htm

(↑)八重洲地下街ライブ まとめ
(ベイタウン・ミュージック・フェスタ編)

北湯口舞さんのライブ

本日の午後6時、東京駅八重洲地下街に於いて、既報の通り、北湯口舞(きたゆぐちまい)さんのライブを行います。八重洲地下街グランドオープン記念です。入場無料です。お仕事帰りにぜひお立ち寄りください。

会場は、東京駅の地下、八重洲中央口から出て真正面のちょい左だったかな、右だったかな、八重洲地下街という表示があるので、そっち方面に行くと自然に行き着きます。わからない場合は、八重洲地下街のインフォメーションでお聞きください。

って、そのインフォメーションのあるところと同じフロアでやってます。あ、近くに八重洲地下街の郵便局があります。

http://youtu.be/CkMhywH5zt8
(↑)北湯口舞さんの本日向けPV

さて、話題は変わるざんすが、ベイ中関連、または栗本修関連の古いビデオファイルとか、音源がファイルを置いていたサーバーなどの閉鎖に伴い、視聴が出来なくなってます。で、このワタクシが自分の使命だと思って、全力を出して、つうか、適当なんですが、しこしことYOUTUBEなどで復活する為の作業をしております。

その中のひとつ、田村直美さんと、栗本修の企画で、2006年の10月にクラブ・イクスピアリで行われたライブ「Dream Never Ends Vol.2」の中から、「雨降りお月さん」と、「When I Grow Too Old to Dream」をアップしました。弦楽四重奏の響きがたまりません。ぜひ聴いてケロ。以下っす。

http://youtu.be/X8fZ4Aj-YSA

2011年5月26日 (木)

幕張音楽祭 2011

実は、以前から「今年の開催は無いのですか?」という質問や、ご意見等を数多く頂いております。できれば、私としても、幕張に特化したイベントをどんどん積極的にやってゆきたいところです。実は、又聞きですが、ベイタウン商店会の年間計画にも「幕張音楽祭」がリストアップされているということです。幕張新都心賑わいづくり研究会の一部のメンバーも開催しては如何だろうかとおっしゃってます。

ということなので、ぼちぼち開催を検討みましょうか。またその節には皆々様のお力添えをお願いいたします。

ん~、なんか、まだはっきりしないからなんですが、みんな、また一緒に音楽やりましょう!!(そういうこと!!)

メタル・グルー / T.REX

ずっと借りっぱなしになっている懐かしの洋モノ全集(?)をこのところ集中的に聴いている。すんません、YOUさん。で、その中から最近ハマっているのが、表題の「メタル・グル―」。もちろんこれはリアルタイムで聴いていて、当時としては斬新な響きと、イっちゃった感みたいなものを感じていた。

http://youtu.be/bCxtfBEhjRs

今、改めて聴くと美しい旋律だよね。
グラムロックなんて言葉なんてどうでもいい感じ。

2011年5月25日 (水)

北湯口舞さんのリハ

0525

午後11時まで、タッキースタジオにて八重洲地下街グランドオープン記念ライブのリハをやってました。北湯口さんは初めてお会いしましたが、とてもチャーミング、かつ、歌声は私の好みですね。素晴らしい。

(↑)急造のプロモーションビデオです。

http://youtu.be/ubYOZSQ1CIM
(↑)ロングバージョンはこちらです。

この曲は、ルクプルの「ひだまりの詩」というらしいです。
実は私、恥ずかしながら知りませんでした。
ところどころに聴いたことがある旋律があるので、この私でさえ聴いているってことは凄いヒットしたんでしょうね。

皆様、お疲れ様でした。

私は今、ビールをぐびぐびやってます。(笑)

新検見川ブルース / ベイタウン中年バンド

ベイ中 10周年記念 その2

これは2001年11月3日に幕張新都心の空き地で開催されたエコメッセちばにおけるベイ中の演奏。当時とんでもない大雨になった。本来はイベントは中止のだが、なんせ、せっかく練習して準備万端なので、どうして演奏したいと駄々をこねて、挙句の果てにステージの上にテントを乗っけて、その狭いスペースの中で10人以上の奏者がひしめきあっていたという伝説のステージ。(笑)

噂によると、演奏者よりも観客のほうが少なかったとか。(笑)

ベイタウン中年バンド 10周年記念企画

本当は昨年に(ファイルをアップ)しようと思ってたんだけど、多忙だったので、出来なかった。上は2001年、つまり10年前の花と緑のフェスティバルのベイタウン中年バンド。ずっきーが元気だった頃だ。懐かしい~。レジェンドだね。

イントロの後半、コーラス隊の「ルパン ザ さ~~~ど ♪」がいいね。(笑)

身長差

昨日、朝食時に息子が、矢口某がどうたらこうたら、身長差が云々なんて話をしていて、全然興味が無かったもので、おやじの俺は全くスルーしていたのだが、写真見て、びっくり。こ、こ、これは・・・。(汗)

Photo

まさか、合成写真じゃないよね。

2011年5月23日 (月)

原信夫とシャープス&フラッツ ft.ジミー竹内~Sing,Sing,Sing

以前、このブログのどこかにも貼ったけれど、またまた貼っちゃいます。
ジミー、やっぱ、かっこいい!!!

momimomi1963 さん、すみません、またお世話になります。

この頃って、毎日のように飲み歩いてた時期かな。
私の中でのジミーはいつまでもこの時期のジミーさんだな。

ジミー、フォーエバー!!

ギター名人

石川鷹彦さんって、もうなんというか、ネ申 っす!!

そうか、22歳の別れはナッシュビルチューニングなんっすね!!

すき家で夕めし

昨夜は家内が所用でいなかったので、息子と二人で外食。
例によって息子はチープなものを好む。

「今、牛丼が安いよ。」と、息子。

好みよりも値段優先かいっ!!
(親の背中を見て育ってるな。 泣)

で、幕張のすき家に行った。

驚いたことに、駐車場が満杯。
我々は辛うじて駐車できたが、後から来たクルマはNG。
凄い人気だ。
牛丼が250円。
人気なわけだよね。

Photo_4   

で、私は牛皿とん汁定食(牛皿1.5倍 ご飯大盛り)を食べた。
なかなか。
卵につけながらスキヤキみたいに食べられて、グー!!

Photo_2

息子は牛まぶし。
左上の出汁をかけてお茶漬けみたいにして食べられる。
いわゆる「ひつまぶし」の牛丼版。

たださあ、盛り付けをもっときれいにしてほしいよね。
玉ねぎがひとつ飛び出ている。それだけで、ビジュアルがかなり悪くなる。
まあ、安いし、早いし、そんなに文句言っちゃいけないね。
ごめん。

2011年5月22日 (日)

マクチャリ終了!

天候にも恵まれ、たくさんの方々にご参加いただいた神田外語大学の幕張チャリティフリーマーケット、通称「幕チャリ」。今年も幕張ケリーが演奏させて頂きました。ありがとうございました。演奏を聴いてくださった方々にお礼を申し上げます。まもさん@ChisatoCCBさん、写真を撮ってくださいましてありがとうございます。

今、あんなにいい天気だった空から大粒の雨が・・・。
でも、幕チャリが終わってからで良かったですね。
スタッフの皆様、お疲れ様でした。

木谷さん、餃子ドッグ、おいしかったっす。
ありがとうございました!!

(↑) 「上を向いて歩こう」 / 幕張ケリー

なんと、じゅんちゃんがトラ(ベース)で初登場。

昨日、一夜漬けのリハ。(笑)

それと、演奏者の右半分が安田大サーカスのように見えるのは私だけだろうか。

(↑)「ブルーライトヨコハマ」 / 幕張ケリー

音がわんわんと回っちゃってるけど・・・。

これ、演奏が終わってすぐに、私は滑って飛ばしたピックを、じゅんちゃんは風で飛んだ楽譜を拾っている。(苦笑)

 

In
(↑)まもさんの撮影。
すげえ、写真が上手!!

私もこのくらいぼけているといい男に見える。(笑)

In_2
(↑)いいね! 仲良し3人組。

In_3
(↑)神田外語大学メイドの311バッヂ。
我々もこれを胸につけて演奏させて頂いた。

Photo
(↑)ロイホのパンケーキ。
打ち上げというか、これが昼メシ。

こういうの食べるのって、久しぶり~~。

餃子ドッグ(ボリュームがある)を食べたばかりだったので、腹が苦しい~~。

おはよううなぎ

うぃ~~。リハ後、打ち上げ、そして、いつの間にか今日になった。
かなり寝不足。

さて、今日は神田外語大学のキャンバスで開催の幕チャリに、幕張ケリーが出演するです。朝10時から20分間なので、お見逃し、お聴き逃しの無いようお願いいたしまする。

2011年5月21日 (土)

いい天気

Photo_5
昼近く、ベイタウンまつりに行って、そして、かにぞう氏の店でつくねの串を食べつつ昼ビール。ぶよちょとも話せたし、蓑原先生から本を貰ってしまった。その他、いろいろな人に会ってしまった。おっと、てっちゃんパパには会えなかった。あまりにも人がたくさんいるので、早々に帰宅。

あー、いい気持ち。午後のひととき、昼寝でもしようかと思ったのだが、こんないい天気に昼寝も勿体ない。昨日、アマゾンから届いた新しいHDDに、古いデータの移行をしていたら、懐かしいというか、ずっきーの想い出のファイルが出てきた。以前、フラッシュでつくってINFOSEEKのHPに貼り付けていたものだ。それが以下。ちょっと編集し直して、YOUTUBEに載っけた。

ずっきーが死んでからもう4年が経ってしまった。今年もどたばたしていて命日近辺には現地に行ってない。でも、ときどきこうやって彼のことを思っている。彼は今、天国でこの原発のことなどどう思っているだろうか。なんたって活動化だからね。自然志向だし。

Photo_6
(↑)蓑原先生の著書
「このままでは街がなくなる」という物騒なことが帯に書いてある。
それはまずい。慌てて読まなくては!!

2_2
(↑)それにしても、すんごい人!

2011年5月20日 (金)

八重洲地下街のライブ 第2弾 終了しました

Photo

いや~、いいライブでした。
(ライブの良し悪しなんて、クライアントさんが判断することでしょうが、あまりにも良かったのと、うっとりしましたので、フライングかましちゃいます!すんません!!)

葵ちゃんの歌唱力には改めて脱帽っす。
リハのときの十倍はいいです。聴いてくださっている皆さんからエネルギーを貰っているように見えます。お客さんとの一体感のようなものを感じました。私も単なるオーディエンスの一人になり、タイムキーパーであることを忘れてそうでした。

何人かのお客さんが終わった後に「感動しました!」と葵ちゃんの元に走り寄ってきました。そういう光景もまたジーンと来ますね。

出演者の皆様、関係者の皆様、そしてご来場の皆様、ありがとうございました。


2
(↑)楽屋にて

(↑)PRIDE

例によって、YOUTUBEの動画っす。プレイボタンを押してちょ。

ありゃりゃ、カメラがちょいと左に寄ってしまった。
すんません。

(↑)オリビアを聴きながら

順番が逆になってしまいました。こちらがオープニングです。
葵ちゃんはMCもうまいですね。
さすが慣れてる!!

そうだ。葵ちゃんと今度飲もうなんて話が出てます。若菜ちゃん(ベース)も行こうって言ってます。じょん吉さんの得意な押上近辺でもつ焼き屋なんかできゅーっと。参加募集。(笑)


次回のライブは、5月27日です。

Photo_2
北湯口さん。キャッチによると、ビジュアルはメルヘンチックですが、歌はメランコリック、語らせればエキセントリックだということです。楽しみだす。

今夜もひとり飲みっす。(涙)

Photo_3
つーか、街飲み。(笑)

晩メシは、以下。
お金無いもんで。(悲)
そう、吉野家の牛丼。

Photo_4

並み盛りでなんと270円のキャンペーン中。
写真は大盛り。370円。
暫くこの価格帯のものを食べて暮らしてゆこう。
まじで。

里見公園

1
2

4月は桜。今は、バラが見事。

里見公園は、江戸川沿いの高台。かつては城があった。徳川家康が関東を治めたときに廃城になる。


今日はまた八重洲地下街でリニューアルオープン記念ミニライブです。
出演は葵さん。
18:00~18:40 入場無料です。

今日のスカイツリー

Photo_3
(↑)隅田川からのスカイツリー

実は、「今日の」と言いつつ、昨日のスカイツリーなのだ。
曲がって、あるいは傾いて見えるけれど、でも、中心線は垂直。断面が微妙な形状をしているので、歪んで見えるのだ。

# なんとなく今朝も胃がもたれているような感じ。
あのでかいチャーシューの塊が脳裏から離れない。
でも、2、3日経ったらまた無性にラーメンが食べたくなるんだろうな。(笑)

2011年5月19日 (木)

ラーメン二郎 小岩店

Photo

いや、すごいのなんのって・・・。
久々の二郎。と言っても、まだ2回目。店の前を通り過ぎてから、思い切って引き換えし、並んだ。並ぶこと外で20分。カウンタに座ってから10分。
前回は普通盛りに、ニンニク、野菜増しだったけれど、意外に楽に食べられたので、今日は大盛りに挑戦。

ところが、後半、残り4分の1がきつかった。
物凄く腹いっぱい。
麺の量も多いけれど、なんといってもチャーショーの塊がデカい。デカすぎる。あんなのが2個も入っている。恐れ入った。

でも、うまかった。
前回食べたときよりもうまく感じた。
また食べたい。

今度はやっぱ普通サイズでいいや。


Photo_2
(↑)店の前に4人が並び、ちょっと離れたところに(私が撮影している場所)その列の続きがある。私が並び始めたときには店の外に計10人が順番を待っていた。

しかし、この列って事情を知らない人が見たら、いったいどう思うのだろう。それも、私みたいないい歳こいたおやじも並んでいるし。(笑)

暑いのでビールがぶ飲み

少し前に帰宅。
今日の仕事は、クルマで都内まで行って、駐車場にクルマを置き、何件か自転車で回った。20kmくらいしか走ってないのだけど、暑さと風でヘロヘロ。帰宅してからすぐにビールをがぶ飲み。メシは喉を通らない。実は、昼メシに凄いやつ(後述)を食ってしまった為、こんな時刻(夜8時)まで腹いっぱい。

8時間寝た!

元々寝るのは趣味で、大好き。でも、たっぷり寝たという日は一年にそう何度も無い。昨夜がその一日だった。いや~、実に爽快。もうちょい寝ていたいかな。

Photo

(↑)焼き鳥「さっちゃん」
あのミハマのイベントの担当者 H野さんが経営する店。
昨日前を通ったので、ちょいと覗いてみた。
今度は夜に行くね~~っ!

「さっちゃん」の場所は、浅間神社脇の道路沿い。京成稲毛駅とR14の間くらいかな。京成稲毛駅から徒歩5~6分くらいだと思う。

2011年5月18日 (水)

ポートタワー

Photo_2

久々に間近で見る。
いつの間にか、マンションが2つも出来た(1つは建築中)。

今日は波も無く、風も無く。
暑いくらいの陽気だった。

ぼくらの七日間戦争

録りだめしていたものを昨夜眠い目をこすりながら観た。1988年の映画。宮沢りえが主役。今から23年前か。映画初主演だけにりえちゃん初々しい。賀来千香子や浅茅陽子も若い。ありし日の出門英や、室田日出男も出演している。大地康男、笹野高史はあんまり今と変わってなくて笑えた。笹野は1948年生まれだから今も結構若いんだね。

映画はつうと、ひとことで言えば反体制活動の中学校版。青春コメディというところか。まあ、この頃だったらストーリーに多少の理解出来るところもあるが、現代ではちょっとなと思ってしまう。実際に私は、封切り当時にもこの映画にまったく興味が無かった。大人だったからね。その後、深夜のテレビでやはり眠い目をこすりながらだらだら観た。ストーリーを殆ど覚えていなかったので、当時の私もあまり映画としては評価していないと思う。ただ、リアルタイムで中学生だったら、どうだろう。こんな映画は憧れかもしれないね。ま、りえちゃんが可愛いので、全てを許したい。

『とんかつまい泉』のヒレかつサンド

Photo

八重洲地下街ライブのときのロケ弁。
とんかつまい泉(Maisen)のヒレかつサンド。

はっきり言って、うまかった!!

http://mai-sen.com/delica/sandwich.html

(↑)まい泉のヒレかつサンドのページ

2011年5月16日 (月)

八重洲地下街ライブ 初日終了!

まず初日は、BMF Players with ケリー。無事終了。
皆さま、お疲れ様でした。
ケリーちゃんのピアノはグーなのだ!!

打ち上げ、そして、なぜかひとり反省会を門仲で。ほろ酔いで、ぎりぎり本日中に帰宅した。2日連荘の深夜帰宅。ちかれた~。

さ、次のヤエチカライブは5月20日(金)。葵ちゃんの登場だ。乞うご期待。

Photo

(↑) 帰宅時に出会う癒し系のサウンド。
義援金もありがとうございました。

(↑)Fly Me To The Moon

Photo_2

(↑)永代橋
震災後にはブルーの光線にライトアップされていたが、今は質素な照明のみ。

Photo_3 

(↑)リバーシティ
震災前とあまり変わらないが、右端の橋がライトアップしていない。

<浜岡原発>「復水器」に海水400トン混入 5号機

結局、安全に止めるという際にもミスがあるわけだね。
パーフェクトというのは絶対に無理だっちゅうことか。

春日部でバンドリハ

昨夜は遅くまでBMFプレイヤーズのバンドリハをやった。本日のヤエチカでのライブの為。ピアノは我が幕張ケリーのケリーちゃん。私は立会い。春日部駅西口より比較的近いライブハウス「和音」という店。気さくなオーナー夫妻。とてもアットホームな店だ。バンドノルマなし。2000円でプレイできるので、幕張の諸君はぜひとも行くべし。但し、11時前には駅に向かわないと、やばいかも。春日部駅を11時30分過ぎの浅草行きに乗ったのだが、南越谷でぎりぎりの武蔵野線新習志野行きに乗れた。帰宅は1時過ぎ。疲れた。

01
(↑)和音のマスター。
ボーカルをやっているそうだ。

後ろの壁にかかっているJ-45を弾かせて頂いた。
サイコー楽しい。

http://music.ap.teacup.com/waon/

(↑)上は、Let it Be。
ベースが、かなり遅い時間の登場だったので、23時近くなって初めてバンド全員で音を出した。

日中は予定していた仕事が早めに終わったので、3時半頃には既に春日部にいた。あまり訪れない街を散歩するのはまことに楽しい。東口で降り、古利根川まで歩き、そして折り返す。ネットで調べた蕎麦「更料」が安くてうまいとのことで、寄る予定だったのだが、残念ながら日曜定休。がーん、かなりショック。今度は東口に回り、再び徘徊。体がそば、もしくは日本食を求めているのに、良さげな店がなかなか見つからない。その代り、ラーメン屋は目につく。こうなったらラーメン屋でもいいや。

そう思い直した途端に、今度はラーメン屋にもなかなか出会わなくなっていた。今までやり過ごしたラーメン屋のどれかに入れば良かったと後悔しつつも、ひたすら歩く。そして出会ったのが、つけ麺「ブラウン」という店。ヘンな名前だけど、これ、ジェームス・ブラウンの「ブラウン」だということが看板からわかる。しかも自家製麺。こりゃ入るしかないだろ。(笑)

Photo

麺は物凄く太目。あの六厘舎もまっ青。へたなうどんよりも太く、コシも強い。つけ汁も、甘味が強くどろりんとしている。魚粉もたっぷり入ってそうだ。好みとしてはもう少しスパイシーなほうがいい。テーブルに置いてある一味唐辛子を入れて辛くする。ほろほろと崩れる肉の塊もうまい。シナチクも太くてしっかりしている。総合的な私の評価としてはまずまず。いや、美味いと思う。

Photo_2

(↑)今にも「ゲロッパ!」と聴こえてきそうなブラウンの看板。
Get Up ! 餃子! イエーっ!

店内のBGMはもちろんファンキーなソウルミュージックだった。
幕張にもこういう店が欲しい!!(笑)

春日部市街をまともに歩いたのはおそらく初めて。特徴の無い街だと思っていた。でも、そのラーメンを食べた後に藤棚が両脇に延々とおそらく1キロメートルは続くであろう通りを発見。これは凄い。駅前にも藤棚があるが、春日部は藤で有名だったのだ。今まで生きてきた中で、藤棚がずっと続いている光景を見たのは初めて。いや~、素晴らしい。残念ながら今年は花が終わってしまった。来年は是非見たいものだ。

Photo_3

(↑)駅前には有名(?)な夫婦松。松といっても、ほとんどがイチョウの木なのだ。よく見ると、右側が松の木になっている。2種類の木が根本でしっかりと1本の木としてほぼ合体しているので、夫婦というネーミングになったのだが、でもイチョウ(銀杏)という文字が入っていないのはイチョウに悪いような気がする。転じて、胃腸が悪い。あ、それ以上言うまい。

Photo_4
(↑)ほれ、こんな感じで道の両側に藤棚が延々と続くのだ。

2_2

(↑)一日駐車しても500円。
それも駅からさほど遠くないところだよ。
さすが春日部!!

2011年5月15日 (日)

汚染水保管のメガフロート、横浜港を出発

大量の汚染水のうち、低濃度の放射性物質を含む汚染水を保管する施設としてメガフロートを利用する、ということなのだが、しかし、当面は大丈夫だとしても、その蓄えた汚染水はどうなるのだろう。それにこのメガフロートが巨大な産業廃棄物ならぬ、放射線汚染物質になってしまうわけで、さて、それをどうすべきか。困ったもんだ。東電にしても、政府にしても、その先どうするかということについてはいつも発表しないのだ。単に対策を考えてないのか、それとも内緒にしているのか。

朝も早よから

稲毛の柏台にあるファミールハイツという団地で開催の朝市に汗だくになりながら自転車で行ってきた。
稲毛といっても、穴川とか、千葉北インターに近いほう、ちょうど2つのインターチェンジの真ん中くらいか。わかりやすく言えば、ワンズモールの裏手。すぐ近く。そう、そういえば、3月のはじめワンズモールに幕張ケリーのライブをやらせてもらったときに、この団地の脇を通った。

この周辺は時々自転車で来ることが多いので、それほど苦ではなかったが、帰りは気温もだいぶ上がっていて、喉がからからになってしまった。しかし、気持ちのいい汗をかいた。これでビールをぐびぐびやったらさらに気持ちがいいのだけど、さすがに朝ビールはちょっと。まだ10時前、今日は忙しい。

ファミールハイツの朝市に行ったのは初めて。県内のいろいろな場所で朝市の仕掛けをしている千葉朝市プロジェクトの富田さんにお誘いを頂いたからだが、ベイタウン以外の朝市に行ったのはベイタウン朝市を始めてからも初めてのことだ。他の地域の朝市もなかなか新鮮で楽しい。ベイタウンでお馴染みの店もいくつか出店していた。野菜とパンを買わせて頂いた。

ファミールハイツは、自治会長さんとお話しさせて頂いたところ、約1,200戸の方々が暮らしていらっしゃるということだ。ベイタウンから比べると規模は小さいけれど、でも、団地が出来た当時はきっとマンモス団地だったのではなかろうか。緑も多く、落ち着いた風情で住み心地は良さそうだ。当時としては珍しく、いろいろな形状の建物を配し、向きもいろいろ変えてあるということで、いわゆる団地っぽさを薄めているそうだ。

勝浦のわかめを販売していた若い漁師さんともお話しした。彼の販売する生わかめはあっという間に完売だったそうだ。元ボクシングのチャンピョンだったということで、新聞記者の肩書きも持つ多彩な方だ。

私は彼にその場の提案だったけれど、生わかめを麺に練りこんだご当地ラーメンを創ることを提案した。もし実現すれば、竹岡ラーメン、勝浦坦々麺、ベイタウンラーメン、そしてその生わかめラーメンという千葉県のオリジナルシリーズが出来上がる。ぜひぜひ実現しましょう。

それにしてもいい天気だ。(しみじみ)


1
(↑)ファミールハイツの朝市会場。
緑が多くて、ベイタウンの朝市会場とはまた違う雰囲気でしょ?

2
(↑)ごぼう。うまそうなので、買った。

3
(↑)ベイタウン朝市にも来てくれるパン屋さん
手作りパンなのに安い!

4
(↑)左は世話役の富田氏。ベイタウン朝市でもおなじみ。右はその生わかめ屋さん。

次の月の朝市もまた自転車で来ようかな。
むしろ、早朝からたっぷり汗を流した後に来てみたいものだ。

ナガレボシ / 宮原永海

栗本ページが無くなってしまったので、そこに載せていたサウンド・ファイルをYOUTUBEにアップしている。今日は「ナガレボシ」をアップした。この曲は、星になってしまった大切なあの人に捧げる歌。大震災で亡くなり、天国にいらっしゃる方々にも届いてほしい。

永海ちゃんの癒しボイスもいいし、栗本の優しいピアノも素晴らしい。

八重洲地下街ミニライブのご案内

2011年5月14日 (土)

昨日のタモリ倶楽部

内外のマイクの特徴やそれを使っているアーティストの特集。あんまり詳しくないが、自分も一応バンドをやっているので、楽しく観た。いいね、こういう企画。ソラミミで男のケツも観れたし。(笑)

内外といっても、日本のメーカーはオーディオテクニカだけか。
その昔、同社のものすごく安いマイクだったら持っていたな。ヘタッピなギターの弾き語りを録音して、友人に無理やり聴かせたりしていた。あれが災いして友人が少なくなったような気がする。(苦笑)

2011年5月13日 (金)

らうめん ながまた

昼はそば、夜はラーメン、っつうわけで、昼夜、麺食なのだ。

「らうめん ながまた」は木更津の郊外(16号沿い)にある。お洒落な内外装。4人掛けのボックス席はゆったりとして快適。

ながまたというのは、海藻で、どうやら、その海藻が麺に練りこまれているそうだ。スープの上にも具材として乗っていた。

私は濃い口醤油の魚醤チャーシューメンをオーダーする。ちょっとしょっぱかった。スープはどうも私にはイマイチだった。麺は確かに特徴があって、面白い。なかなか。70点だな。でも、店内は混んでいたので、人気があるという証拠。食べログでも割合評判がいい。

Photo_2
(↑)チャーシューがたくさん入っている。
880円という価格はまあ、普通かも。
でも、メニューを見ているとだいたい800円が値段の中心なので、ちょいと割高な気もする。ながまたを使うことで、コストアップになっているということであれば納得。

スープが真っ黒いのは、デジカメや光のせいではなく、本当にこんな色なのだ。

2
(↑)麺はこのように色がついている。
最初、いわゆる日本そばが入っているのかと思った。

http://r.tabelog.com/chiba/A1206/A120602/12005119/

(↑)食べログの「らうめん ながまた」

藤棚の下で蕎麦を食う!

久留里の名水で打ったそば。5月3日の読売新聞でも紹介された久留里の藤美。

今日、実家に行ったので、母親と二人で食べに行った。透明感のある爽やかなそば。程よいコシで喉越しも美味しい。ランチには天ぷらとおにぎり2個まで付いて、900円。安い。おやじさんも気さくな人でたくさん話をした。

01
(↑)店の外観。
店舗はご主人の手作りということだ。
因みに本職は床屋さんで、今でもやっている。

02
(↑)藤の花を愛でながら、そばをすする。
サイコーっ!

03
(↑)というか、藤の花は殆ど終わっていた。
その上の写真の藤はここの一角だけ辛うじて残っていた。

でも、新緑が綺麗なので、別に花が咲いてなくともいいや。

04

(↑)そしてこちらがランチサービスセット。
これにおにぎりが付いている。
嬉しい。

麺は太目。つゆは、さっぱりとしたかつお出汁。
文句なく美味い。

薬味には大根おろしまで付いている。

05
もうちょい大きな写真だと、そばの質感が出るのにぃ~~。
そう、そうなんです。

しょうがない。
じゃ、特別に拡大写真を載っけます。

Photo
(↑)このように、やや透明感があって、そして、そばの粒々があって、ルックスもグーなのだ。しかも、独特の太さ。しかも包丁切りだと思う。

06
(↑)おにぎりはこれ。
薄い塩味のみ。

昆布煮とたくわんが添えられているので、お好みで、それらと一緒に食べることが出来る。

07
(↑)この方がおやじさん。
話題の酒粕入りうどんのお話もたくさんしてくれた。
次回行ったときにはぜひそちらを食べたいが、大吟醸の酒粕の今年分はもう終わってしまったという。

酒粕は、同じ久留里の吉崎酒造のものを使っているとのこと。

サービスランチセットは14時まで。
私たちが行ったときは、その14時ぎりぎりの時刻で、大勢のお客さんがいた。明日からの土日はおそらくたくさんのお客さんが来られるのではないだろうか。

08
(↑)駐車場も野趣あふれていて、グー!
クルマは4台分駐車できる。
しかし、できれば電車で行きたい。

帰りに駅前で、例の三萬石もなかを買った。
買ったというより、老母に買ってもらった。

いくつになっても甘ったれた子供である。
情けない。

1号機、燃料棒の大半溶ける 圧力容器に穴

ふーむ。メルトダウンしていたことを認めたなんて大ニュースなんだけど、しかし、不思議なことになんか異様なまでに冷静。ぎゃあぎゃあ騒ぐ人はあんまり見ない。

というか、わかっていたことだからか。むしろそういうことを今の時点よりもずっと早くからぎゃあぎゃあ言ってたから疲れてしまったのかもしれない。

一方、東電も、保安委員も、政府もずっと同じトーンを持続している。ずっと抑揚の無い声で冷静にこの一大事をさらりと言ってのける。さすがだ。さすが偉いな、大企業の幹部や政治家は。

2011年5月12日 (木)

必死剣鳥刺し

やっと観た。やっとというのは、例によってロードショーを逃し、DVDがレンタル開始になってからもその旬を逃し、そして今のタイミングでやっとという意味だ。この藤沢周平のシリーズは大好きなのだ。前回はキムタクの「武士の一分」だった。あれからずいぶん時間が経っている。

それにしても良かった。トヨエツも吉川晃司もいい。しかしなんといっても岸部一徳の悪役ぶりが素晴らしい。凄い存在感。出てくるだけで、今回はどんな悪いことをしてくれるのだろうと期待してしまうではないか。悪ければ悪いほど、主役が燃えるのだ。最後の殺陣も良かった。結末が分かっているのに、はらはらどきどき。久々に手に汗を握った映画だ。

いや~、映画って、本当にいいですね!

HOTEL CARFORNIA

友人(こっちが勝手に友人だと思っている)に教えてもらいました。
すばらしいのだ~~!!

Char、奥田民生、山崎まさよしです。
3人とも歌もギターもかっけえ!(○○歳を過ぎたおやじの言うセリフか!)

2011年5月11日 (水)

賑わい研 in グリーンタワーホテル

1

今日開催された賑わい研は、初めてのグリーンホテル。
3階の宴会場。
いいね、いつもと違う雰囲気。

2_2

そして、その後の懇親会は1階のビュッフェレストラン。
これがまた美味い。

3

同店にはもう1年半くらいは行ってなかった。
肉系が特に旨い。

腹いっぱい。



#業務連絡
Made in Chiba Bound For サマソニ を実施するかどうかはまだわからないのですが、出来るだけ開催する方向で検討してみるということです。
関係者にはまたメールしますね。

#熊谷市長を絶賛
市(職員)の方と熊谷市長のことで話をした。あの若さで、言うべきことはきちんと言うし、やるべきことをちゃんとやっているということでその彼と意見を同じくした。部下からもかなり信頼されているという点でもどこかの知事なんかと異なる点だ。ほんと。

#どっかの知事は、一所懸命さはわかるけれど、ちょいとぬけてる気がするのだが・・・。ま、それも売りなのかも。

ベイタウンラーメンの記事

今朝の読売新聞京葉版にベイタウンラーメンの記事が掲載された。その関係かどうかわからないけれど、たぶんそうだと思うのだけど、当サイトへのアクセスが朝から徐々に上昇中。

2

(↑)上は、賑わいづくり研究会の木谷副会長から送って頂いたファイル。

地域活動の中心が商店街とか、マリーンズのパレードの紙ふぶきも「商店会が中心となって」みたいな書き方には私も当事者なんだけど、違和感を感じるな。特に紙ふぶきに関しては実行委員会は住民で組織(会長は商店会長だったけど)した筈。校正って誰がしたのかな。

ま、いいか。せっかくのポジティブな記事なんだし、活動を推進したのも間違いなく商店会であるから・・・。


おっと、けれどもベイタウンラーメンはうまいので皆さん、食べてくださいね。
茂野製麺のHPでも購入できます。

http://www.shigeno.co.jp/shop01/b_raumen.htm

かもめ食堂

以前、高井戸の映画館で「南極料理人」という映画を観た。食べ物がたくさん出てきて、お腹のすく映画だ。それほど抑揚の無い、ぽわんとした作品となっている。「かもめ食堂」もそういう映画。その頃から予告編を観たり、ネットでどんな映画なのかチェックしていたりしていて、いつの間にか本編を観たつもりになっていた。

昨日、TSUTAYAで偶然目にとまったので借りてきた。内容をある程度知っていたので、わくわくするわけでもなく、DVDプレーヤーにディスクを入れ、淡々と視聴した。いい映画だと思う。やはり抑揚が無い映画だ。恋愛も無く、大した事件も無く、大きな感動を与えるようなストーリー展開ではない。それがいいのだ。

舞台はヘルシンキ(フィンランド)。登場する日本人は、かもめ食堂の3人だけ。背景もかもめ食堂と、主人公(小林聡美)の家、その周辺が少しだけ。特殊な撮影もあまり無い。それもいい。おにぎりが無性に食べたくなった。

ところで、かもめ食堂は実在していた。(以下)

http://www.kahvilasuomi.com/

シナモンロール、食べたい。

こういうときだから敢えて言う

今、世間の殆どの人が反原発、脱原発と主張している。それはそれでいいと思う。肝心なのはそこから先、単に原発は要らないと言うだけで、そこから先は思考が止まっている人が多い。風力、地熱に注力すべきだと言う。言うだけなら誰でも出来る。でも、その先はどうするの?

--明らかな電力不足にどう対処するの?

当面は火力発電にするという。それで大丈夫なのか。節電すればいいのか。それで大丈夫なのか。浜岡原発の近くには世界のトヨタの工場がある。生産性に大きな影響があるのは必至だ。そうなると減産しなくてはならない。社員の給料も減るし、大きなリストラが起きるかもしれない。国際競争も負けて、売上が大きく落ち込む。すると、関連企業もどんどん売り上げが落ちる。倒産が進む。失業者が増える。消費がますます冷え込む。日本経済がますます冷え込む。

--あんなに急いで火力から原発に移行したのに・・・

このところ温暖化の話が殆ど無くなってしまっている。フクシマ以前は、やれ異常気象だの、北極の氷が溶けるだの、二酸化炭素が増加しているだのとメディアは騒ぎまくっていたし、それだからこそクリーンなエネルギーとして、火力発電を止めて原発に移行してきた。原発が危険だからそれを元に戻して、単にそれでOKなのか。温暖化による自然破壊などの諸問題がまたまた浮上するわけだけど・・・。
(LPGだと二酸化炭素の放出は殆ど無いらしい。)

--原発に携わっていた人を批難するのはやめろ!

原発というと金が絡む話があちこちにある。我々がわからない政治的な金が飛び交っているだろうし、原発をつくる代わりに地域へ渡る金もそうだ。浜岡原発のすぐ近くにある御前崎市の温水市民プールもそうだし、雇用もそのひとつだ。そう、原発事業に関しては相当数の人員が関わっている。今、その原発関連の人が何か悪いことをしたように世間から罵られている。でも、働いている人が何をしたというのだ。生活の為に一所懸命働いていただけなのに。しかも、原発が停止したり無くなったしたら、その人達はどうやって食べてゆけばいいのだ。

ま、そんなことをぐだぐだ言っても、今はしょうがない。まずは地震の巣のような上に立っている原発を止めることは正解かもしれない。緊急を要するのだ。前述のように、そこから先だ。そこから先をどうするか。これが大問題。

2011年5月10日 (火)

MAKUHARI by KRONIZCK

以前からご要望が多かったMAKUHARIのライブバージョンをアップしました。
メンバーは、栗本修(ピアノ)、是方博邦(ギター)、後藤輝夫(サックス)、グレッグ・リー(ベース)、セシル・モンロー(ドラム)。
ご承知の通り、これは2005年1月31日にリリースした栗本修&クロニックのアルバムからのナンバーですが、このバージョンでは、セシル・モンローがドラムを叩いています。(アルバムではマーティー・ブレイシー)
アルバムのものとはまた少しニュアンスが異なり、聴き比べると面白いです。
尚、ベースが良く聴こえるように、やや音量をアップしてお聴きください。

この曲、ベイタウン中年バンドでも何回か演奏しているように、以前は幕張界隈で耳にすることが多かったのですが、こうしてまた聴いてみると、名曲だな、と思います。

お、ここまで書いて、なんかヘンだと思ったら、「ですます」調だった。
あまり長い文章を「ですます」調で書くのは疲れるわい。

かっちょいい!!

タイトルは「カッティング名人」。
ほんと、すげえよ。

2011年5月 9日 (月)

おとうと

山田洋次監督、吉永小百合と笑福亭鶴瓶の主演映画。大変評判の良い映画で、ちょっと観たいと思っていたが、いつものようにロードショーは見逃し、というか、劇場で一番最後に観た映画ってマイケル・ジャクソンの「This in It」じゃん。うーむ、なかなか映画って行かないもんだな。そろそろ季節も良くなってきたからレイトショーでも行きたい。

話が逸れた。そう、そんなわけで、期待して観たけれど、ま、ちょっとがっかりというか、殆ど予想通りというか。姉役の吉永小百合が、まるで天使みたいな人で、弟役の鶴瓶が徹底的にダメ男なのである。この人物設定だけでももう筋書は決まったようなもんだ。前半は別に観なくてもどうってことはない。そうは言っても、寅さん映画が好きだし、もちろん、山田洋次監督も好きだ。

この映画が寅さんと異なる点は、寅さんが兄で、桜が妹という立場の違いはあるが、弟が末期ガンで最後に死んじゃうところ。死に至るまでの過程を丁寧に描いている。今年始めに私の好きな叔父がガンで亡くなり、その葬儀に行ったことが記憶に新しいので、色々な感情が交錯して、暫く瞑想に耽ってしまった。

で、実は先ほど(夕刻)、検見川浜のTSUTAYAに寄ってDVDを2本借りてきた。両方とも邦画だ。そうだ、映画のレンタルを利用したのももう1年以上経っているかも。

林家三平

これ、凄い。最初誰だかわからなかったが、な、なんと、風間杜夫!!!

ビンラディン 射殺

今更ながら衝撃的なあの事件についてちょいとだけ語りたい。

まず日本人が驚いたのは、容疑者の段階で既に射殺。そして、あっと言う間に(海に)水葬したということ。更に、それをアメリカ国民が大喜びしていたことである。日本では決してあり得ないことだ。更に驚いたのは、娘の前で射殺していること。今回の東日本大震災で「トモダチ作戦」と称したアメリカ軍の救難活動は非常に有難いので、言いにくいけれど、やはり軍は怖いということだ。そして、アメリカは怒らせちゃうとなんとも怖い国だということだ。そうは思っていても、アメリカのお陰でかなり安心して暮らしてゆけるのもあるので、何にも言えない。

ところで、アメリカ国民がビンラディン射殺の報を受けて、笑みさえ浮かべて、あるいは狂喜乱舞している映像は誰もが観た通り。これで911で失われた多くの人達の想いが少しは報われたとインタビューに応える映像も多い。日本人の感覚ではまったく理解できない。最近、東電の社長に土下座させる映像も流れているが、せいぜいそのくらい。ま、その土下座させることすら違和感を覚える人が多い。でも、その仮に911の張本人だということが明白になったとしても、その場で射殺という感覚は分からない。いくら悪者でも、人の死を喜ぶというのは日本人の国民性には無い。

アメリカ事情に詳しいAさんは、殆どのアメリカ人があの報を受けて喜んでいるわけじゃないと言う。あの行為を肯定する為、またオバマを肯定する為に取捨選択をしたのがあれらの映像なのだ。なるほど、それならわかる。そりゃそうだ。アメリカ軍の取った行為に否定的な意見ばかりテレビで流れていれば、大部分の世論も否定的になってくる。完全な情報操作だ。ま、でも、この場合仕方ないか。菅総理もオバマを支持すると表明しているわけだし。

ま、日本のメディアも色々あるので、せめて、A氏の「全てのアメリカ人がビンラディン射殺に好意的ではない」ということを信じたい。



BubroozeのYOUTUBE映像(5月4日)の再生回数が既に168回!!
凄い人気なんだね。

http://youtu.be/VRbqSYzCak8

初心者にも出来るブルースギター

YOUTUBEの私へのお薦めみたいなところにあった。
私でも出来そう。

やっぱ、ブルースっていいな。

いいアコギが欲しいだす。

2011年5月 8日 (日)

チネチッタ川崎

Photo

一日中、川崎で過ごした。チネチッタ川崎で、沖縄フェアをやっていた。オリオンビールと瑞泉(泡盛)を飲んだ。

川崎はたまに来るといいね。
エネルギーを感じる。

今日のお仕事。
"うたごえオールスターズ"の葵さんのデモ音源を録る、
バンドが手配できないので、カラオケで対応。
忙しい中、わざわざご足労頂き、川崎まで出てもらった。
(川崎は彼女の自宅とベイタウンの中間地点?)

Photo

この(↑)顔、ミハマN.R.などでお馴染みっしょ??

ランチまでお一緒してくさった。
ありがとううさぎ!!

(↑)イメージ動画(デモPV)
歌っているのはもちろん、葵さんっす!

2011年5月 7日 (土)

KIKIでの母の日イベント(夜の部)

長谷知子さんによる歌と花育のセラピーのイベントの夜の部は、大人を対象としたジャズのライブ。上は田中裕一(g)、山本裕之(b)のデュオで、デューク・エリントンの曲。「イスパファン」という曲名だという。私、勉強不足で、知らなかった。

http://yt.web5.jp/

(↑) 田中裕一オフィシャルサイト

(↑) 田中裕一氏のつくった曲。ボーカルは長谷知子さん。


http://youtu.be/8E91J5_v51I

(↑)こんなの見っけ!!
田中裕一さんの「枯葉」。ギターソロ。
やっぱ、ギターの先生だけあって、素晴らしい!!

http://www13.ocn.ne.jp/~tomo113/

(↑)長谷知子さんのHPは、ここ。
ん? 休止中だって。

Sweet Memories

ギャラリーKIKIで開催の母の日イベント。ちょいと立ち寄ってみた。

長谷知子(vo.)、田中裕一(g)、山本裕之(b)による松田聖子「Sweet Memories」のカバー。なかなかいい感じ。

長谷さんは、こども向けの歌の専門家。花で人の心を和ませる「花育」と「歌」を広めるために各地で活動している。田中さんは、千葉市出身のジャズギタリスト。まだ決まってないけれど、今年のベイタウン夏祭りに出演したいということで、この地(ベイタウン)にやってきたのが、この母の日イベントをやるきっかけになった。

コメンテーターのこういうときの原発への発言が気になる

世間の大部分が反原発、脱原発へ向かっている風潮の中、それでも浜岡原発は動かしてゆくべきだと主張するのは、非常に難しいことだと思う。世間はそういった専門家や、政治家、コメンテーターを仮想敵国にしてどんどん叩きたいのだ。ツイッターを見ている限りネタの大部分がそういう感じ。自分をまず世間の大多数と同じポジションに置き、そして自分達と違う意見には大いにクレームを言い、恫喝まがいのことまで言う。人の尻馬に乗るというのはまさにこのこと。

メディアに関わっている立場で、今まで原発推進派のポジションにいた方々はどうされているのか気になる。政治と同じで、先述したように、世間をあまりにも気にしていて、持論を簡単に曲げてほしくない。世間と同じことを言っているのなら、そんな人が何人も集まってやっているワイドショーなんてなんの価値もない。この時点で推進派と名乗るのは非常に難しいので、覆面で声色を変えてもいいからどんどん意見を言ってほしい。ひょっとしたら原発反対派も大きな間違いをしていることもあると思うわけで、そういうことを反対側の立場から指摘することも重要なのだ。

もちろん、推進派の人達の中にはさしたる意見も持ち合わせていないくせに、原発を推進することでなんだかの利権を得ていたというケースもある。そういう人は論外。自分の既得権益を守ろうと必死になり、デマばかり垂れ流す。勝間和代がわかりやすい例。彼女は最近、今までのことを謝罪したものの、しかし、じゃ、今まで言ってきたことが全部ウソだったのかということにもなる。今までデマで稼いできたんだから、評論家というようなプロフェッショナルな肩書きを外して、頭をまるめるくらいのことをしなければ、世間は許さない。

浜岡原発を菅総理が停止要請

焼肉店とこの浜岡原発の話題がメディアの主流だ。この「しばざ記」でも言及しておかねばならないと筆を執った(じゃなくて、キーボードを叩いてる)次第。焼肉店の事件については、一昨日のラジオで、「こどもだったらわかるけれど、成人がO-111で亡くなるというのはトンデモない量の菌の量で、ちょっと付着したくらいじゃそうはならないですよ。」と医者が言っていた。どこかで凄い勢いで菌が増えてしまったということだ。恐ろしい。

元々、生食用の肉という定義が無かったらしい。それって、どうなんだよ。ユッケなんて珍しい食べ物じゃないだろう。それを当局は見逃していたのか。なんだかなあ。つまり、今まで生で食べていた肉というのも、表面をトリミングしていただけっつうわけなんだな。もうユッケって食べることが出来ないのだろうか。大好きだったのになあ。

ということで、次の話題の原発の停止に関する問題。総理がその停止の要請をしたことを大英断だとか、見直したとかと思っている人が多い反面、今更という意見もあるし、ごくごく少数だが、今止めたらまたまた経済に大打撃だと言う人もいる。私はど素人だから、何が正しいかわからないけれど、世論を最優先した政策が必ずしも正しいというわけじゃないと思う。世論を最優先するならば、現政権は恐ろしいほどの不人気なので、即刻退陣したほうがいい。

苦し紛れに、じゃ、原発止めますと言えば、全てが丸く収まるのか。そうじゃないだろう。風力や地熱発電やらなんやら、代替エネルギーが確保されているんだったら、明らかに危険な原発だから堂々と停止の要請というか命令を下せばいい。でも、即刻止めて大丈夫なのだろうか。足りない部分を関西電力から供給してもらうということも視野に入れているということだが、それで大丈夫なのか。中部電力はそういうことされて企業として大丈夫なのだろうか。中部地方の経済はそれで平気なのだろうか。電気料金は上がらないののか。

とは言っても、東海で、ここ30年内にマグニチュード8以上の大地震が起きる確率が80パーセント以上だという予想がある以上、とにかく今の浜岡原発は非常に危険だ。フクシマのような事故が起きても不思議じゃない。30年内と言っても、明日それが来るかもしれない。原発保安院の見解だと安全対策に2年を要するという。なるほど、じゃ、止めるしかないか。止めるにしても、安全に停止するにはまたまた大変じゃないのか。だったら、安全対策をしながら使い続けるほうがいいのか。うーむ、どうもうまくまとまらない。やはり素人な私が言及すべきではないのか。

2011年5月 5日 (木)

VOLKS 稲毛店

VOLKS(フォルクス)は、サラダバーやスープバーがあって、ランチなどガツンと食べたいときには重宝していた。でも、行かなくなってからもう10年以上は経っているだろうか。幕張にかつてあった幕張店(現ステーキの「どん」・357号のところ)に主に行った。今は、船橋と稲毛(小仲台)の2店舗が幕張から割合近い。

で、今日、ランチに稲毛店へ行った。何気なく入って、びっくり。パンの食べ放題がある。焼き立てでふわふわのパン。種類も豊富。これはいい。普段あまりパンを食べないから余計にうまかった。

Volks01
Volks02

あ、このパンの食べ放題というのは昔からあったっけ??

台湾と日本の草の根交流サークル「台日会」

台湾に住む日本人のKさんからメールを頂戴しました。
もっと台湾を知るページ。
以下をご覧ください。

http://www.taipeinavi.com/special/5028492

台湾ナビ

*    *    *

今回の大震災の義援金のことでもお分かりのように、台湾は日本のことを大事に思ってくれている。今まで私が人づてに聞いているだけでも、台湾は世界一の親日国だということだ。日本の映画やタレントやスポーツなどのことを台湾人はよく知っているし、日本の文化についても同様。街のあちこちで日本のものや日本に影響を受けたと思われるものを見かけるそうだ。

日本は素晴らしい国と、日本人が大震災の後に叫び続けているけれど、台湾人は以前からそう言っているそうだ。そして、いつかは日本を旅行したいと思っているらしい。日本を旅行することが一種の憧れなのだ。もちろん、日本に帰化した有名人にも憧れを持っているらしい。

そんな国なのに、日本は台湾のことをあまりよくしてあげていない。ま、それはその近くにある大きな国との関係があるからなのだけど、でもさ、今回の大震災でたくさんお金を貰ったことに関しては大きな声で「有難う!」と言うべきだ。その昔、日本があんなに迷惑をかけていたのに、これだけのことをしてくれているのだから、とってもとっても大きな感謝をしなきゃいけないのだ。

Kさんは台湾に住んで20年だそうだ。これからも台湾事情を教えてください。お金貯めたら私も行きたい。永住しちゃうかも。

幕張ベイタウン祭り in ミハマNR(ミハマ・ミュージック・ジャック)

2011年5月4日、つまり昨日、ミハマ・ニューポート・リゾートで開催されたイベント。災害復興募金をテーマに、幕張ベイタウンのアマチュアアーティストが競演した。プロデュース・バイ・ベイタウン中年バンド。出演は、Pagu! 、BCU、Bubrooze!、おやじナイフ、Tackey & Friends、幕張ケリーの6バンド。涙あり、笑いありの半日だった。天気も良かったし、最高。打ち上げして、それからなんだかんだで深夜3時帰宅。楽しかったけれど、くたびれたよん。

みなさん、お疲れ様。ご来場の方々、ありがとうございました。

上は、Pagu!の演奏。
とってもいい感じ。なんというか、真っ青な空にふわふわと浮かぶ雲の上を歩いているような、そんな気分にさせてくれる。
メンバーは、くまちゃん(vo)、じゅん(key)、ギタキム(g)、あずまっち(b)、ゆうこ(perc)。この手は今までベイ中関係には無かったテイストだ。いやいや、恐れ入った。

Pagu_2

花束なんて貰っちゃう辺り、俺達とはちょっと違うなあ。(悲)
ま、しょうがないか。

上は、バブローゼの演奏。すげえ迫力。こういう場所でこういう音を聴けるのは意外性があって面白い。今やこういうメタル系で、しかも、45歳くらいのバンドなんて絶滅危惧種ではなかろうか。本来ならば、彼らの活動の場は、夜のライブハウス。アクティブに県内のいろいろな場所で活動しているようなので、皆さんもぜひ応援してください。

http://youtu.be/dsS6hMKrSgo

(↑)BUBROOZE パチスロGOGO
すげえくだらないけど、なんかいいぞ!!(笑)

そもそも彼らの演奏レベルは高いのだ。
リーダーのJOEのかっこいいギター。特に速弾きとか、ハイトーンのボーカルがたまらない。めちゃファンだよ、俺。

その他の動画もアップする予定。徐々にやるつもり。しかし、実は、撮影しているときにメモリー不足で最後のほうが録れなかった。ごめんちゃい。


-- 追加 --

メッセージ性があってアクのある曲で、強烈に存在感を主張するBCU。パワフルで歯切れの良いサウンドがめちゃかっこいい。じょん吉さんが初めてメンバーとして参加。ボーカルとギターはナッキー。ドラムはベガちゃん。

大トリのタッキー&フレンズの中でのひとコマ。特別出演のtomtomさんのキーボードで歌うタッキー。素晴らしいのだ。アングルが失敗。ちょいと画面が切れてしまった。ごめん。歌っている本人が別途ビデオ撮影しているので、そちらを入手したら差し替えたいのだ。

Tackeytomtom
ちゃんとした映像が今のところ無いので、この全景の写真で許して。
それにしても、tomtomさんはよくこの企画を了承したな。驚き。
演奏はさすが。

おやじナイフの登場。リーダーのぽんちゃんパパこと、ケンさんの本職はカメラマン。もちろん、プロフェッショナル。芳野藤丸さんの大ファンだ。他のメンバーは楽器を初めてまだ2年未満。でも、一所懸命練習してこのステージに立っている。何故かツインベースというのが面白い。



-- 更に追加 --

Photo

(↑)じゅんさん、イメチェンか??
髪型を変えて、気分一新!!

ん????????

Photo_5
(↑)左が以前の髪形。右が今の髪形。
なんか逆のような気がするものの、それがその、逆じゃないのだ!
とても同一人物とは思えない!!

ん????????

ま、いいか。
でも、かっこいいぞ、じゅんちゃん!!

In

(↑)幕張ケリー

* * * * * * *

-- 打ち上げ --

ご苦労さん会は、海浜幕張駅前の千の庭(アウネの3階)で開催。幕張と都内に住んでいる出演者が集まった。「おやじナイフ」、「バブローゼ」のメンバーさんはまたね。

Photo_2
千の庭は何度か来たことがある。ちょいと値段が高めかな。
店に入って靴を脱ぎ、橋を渡ってそれぞれの部屋に行く。なんとなく高級割烹に来た気分にさせてくれる。

手作り豆腐がうまかった。

_2
韓国焼酎「鏡月」が、やわらかい味で、くいくい飲めてしまう。
ちょいと飲み過ぎだすな。
幸い極端な二日酔いにはならなかった。

Photo_3
そしてとどめはバーミヤンラーメン。
深夜のバーミヤンラーメンに、餃子。そして、紹興酒。これがまたうまい。
うーむ。超からだに良くないことをやっている。
放射能がどうしたこうしたと言ってる以前の問題だろ! > 俺


http://shibazaki.iza-yoi.net/zaki21/shibazaki_1023.htm

(↑)その他の写真、動画はここをご覧くだせーませ。
しばざ記(HP版)

2011年5月 4日 (水)

いい天気っすね!

今日はミハマ・ニューポート・リゾートにて、ベイタウンのロック、ポップス、歌謡曲バンドがその演奏を競い合います。そして、被災地への募金を呼びかけます。お時間があれば、ぜひぜひお越しください。スタートは13時。もちろん、入場無料だす。よろすぐ!!

2011年5月 3日 (火)

幕張ケリー in 食楽ICHIBA

In_ichiba_2

無事に終了しました。
天候はイマイチでしたが、でも楽しかった。
応援してくれた仲間たちにも感謝っす。
演奏後に、模擬店で焼きそばやタンドリーチキンや、芋煮など食べ、そして千葉パルコに遊びに行ったり、一日中愉快に過ごせました。

田中アキラちゃん、ありがとううさぎ!!

さて、明日は、いよいよミハマN.R.にてベイタウンのいろいろなバンドが出演するイベントです。13時からです。入場無料。もち、幕張ケリーも出演しまっす。因みに私はギターの弦を張り替えました。やっぱ、新しい弦はいい。とってもいい。

http://www.oretachi.jp/event11/mihama0504.htm

(↑)明日のイベント情報

ベイタウンラーメン

Photo

うまい! 安い! 早い!
い、いや、普通のインスタントラーメンよりはやや遅い。
でも、うまい。
あの諸岡ケンジさんも大絶賛!!

皆さん、買ってちょんまげ。


ベイタウンラーメンはネットでも買えますっ!!(以下)

http://www.shigeno.co.jp/shop01/b_raumen.htm

物欲主義から・・・

この震災で考え方が変わった人が多い。私もその一人。せっせと、色々な物を買ったり、保存したりしていたのだけど、いざあんな状態になると、何も無くなってしまう。しかも、突然死はやってくる。そう考えると、見たり、聴いたり、遊んだり、食べたり、飲んだり、笑ったりしていたほうがいい。ちょっと文章がまとまらないが、そういうように考えている人が私の周囲にもたくさんいる。だからといって、自分の部屋にうず高く積まれた本、CD、乱雑になっているパソコンの周辺機器、ギターなど一掃する勇気もまだ無い。せめてむやみに物を買うのは控えたい。おっと、そうすると消費が冷え込んでしまうので、きちんと別のところで消費する。そして、ちょっとお金が余ったら、被災地に少しでも募金したいと思うのだ。

誰が言ったか失念したけれど・・・

人間は、疲れたり、飽きたり、忘れたりして、原発が今どうなっているのかという関心が薄れてゆくが、しかし、原発は疲れない。確実に熱を発散し、そして(放っておくと)放射能を巻き散らかす。何年も何十年にも渡って。

まさにそんな感じかな。何も常に原発を意識していなくてもいいのだが、今も、そしてこれからもフクシマで戦っている人がいることを時々は思い出してほしい。

幕張ケリーのライブのお知らせ

今後の予定っす。

(1)5月3日 11:50~
食楽ICHIBA in 千葉中央公園
やばっ! 今日じゃん!!

(2)5月4日 13:00~
ミハマ・ミュージック・ジャック・幕張ベイタウン特集 in ミハマN.R.
やばっ! 明日じゃん!!

(3)5月22日 時刻未定
幕チャリ in 神田外語大学

いずれも入場無料です。

http://baytownmusic.tyonmage.com/bay-chu/2010/makuhari-kelly.htm

Kelly_special

(↑)ボーカルのKellyちゃん
撮 影:ぽんちゃんパパ
撮影日:2011年3月28日 Kelly家
* さすがプロのカメラマンが撮ると素晴らしい。
* ダウンロードOK! 但し、ネット、印刷物などへの2次使用にはひとことお願いしますだ。

2011年5月 2日 (月)

5月だね

あっと言う間に5月だよ。5月というと、まだまだという気もするけれど、一年で言えば、もう5ヶ月目。がーん。やばい。一年がもう半分近く終わっているのだ。

5月というと連休。昔に比べて、休みが多いよね。今年は10連休している会社が多い。昔っから豪華な休日をぽんとくれる会社がある一方、きっちり暦通りにしか休まない会社。サービス業は別としても、連休中にも仕事に行かねばならない会社などいろいろある。運悪く私の以前お世話になっていた会社は後者。

毎年毎年、GWに海外旅行に行っている知人がいる。GWに海外旅行に行ける人は夏も結構余裕で、有給と組み合わせてたっぷりとバカンスを楽しんでいる。いったいこの差はなんなんだ。私の場合、有給も取れず、サービス残業、年末年始もぎりぎりまで仕事して、年始の挨拶に社長宅に行ったり、休日もポケベル(だいぶ前のこと)、ケータイに連絡が入り、緊急出勤したり、そんな生活をずっと続けていた。

ちょいと悔しい。ウソ。待った無しの仕事を常に抱えていると、毎日毎日時間が足りなくて、休日をたっぷり取りたいという気持ちはあんまりなかった。むしろ今は仕事が無くて休みがたっぷりある人が少なくない。更に3月11日の震災の影響で会社が無くなり、また業績が悪化して職を失った人もいる。お気の毒だ。私も収入が激減したもののお陰様で仕事はたくさんある。仕事のあることはいいことだ。そういう幸福感に浸りながらとにかくポジティブに頑張るっきゃない。

さてっと、明日は千葉中央公園で食楽ICHIBA。幕張ケリーがステージに立たせて頂ける。11時50分。もしお時間があれば遊びに来てください。模擬店が多数出店しているので、一緒にたこ焼きでも食べましょう。

2011年5月 1日 (日)

ポポラマーマ@検見川浜

Photo 

Photo

午前中から幕張ケリーのリハ。コーラスに重点。わたくしは苦手なのだが、パーカスのカベちゃんがスンバらしい!!

で、リハの後にポポラマーマで食事。スパゲティに、ピザ。ここ、安いけれど、スパゲティ生めんなのでなかなか旨い!

クルマじゃなかったらワインも飲みたかった。

諸岡ケンジ 抱きしめながら

いいね。
ドラムは、AB'sでおなじみのおかもっち。

諸岡ケンジ氏は、今年、25周年記念のイベントを開催する。
今、あちこちで災害復興の活動をされている。

http://kenzi.ninpou.jp/index2.html

« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »