無料ブログはココログ

マイフレンズ

« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »

2011年2月

2011年2月28日 (月)

かっこいい会社

ゾゾタウンでおなじみのスタート・トゥデイ社へお邪魔した。

Photo_3

応対してくださったのは左のAさん、右のOさん。

http://zozo.jp/

いや~、とっても感じのいい方々だった。

コーヒーもごちそうになる。

2

オリジナルのマグカップ。

ほしいっす!

有難うございました。

千成らーめん

昨夜は遅くまで美浜文化ホールで幕張ケリーのリハ。

ベガちゃんのお陰で「情熱大陸」がめちゃかっこよくなった。

Photo_2

↑ リハ後の23時のラーメン。

いきなり芸術

Photo

これ、ノートを切り取った後のらせんの針金。

それを燃えないゴミに出すために、ぐちゃぐちゃってしただけ。

よく見ると、瞬間で出来た偶然の芸術だよね。

それほどでもない??

2011年2月27日 (日)

日本最後の仇討ち

実在した旧秋月藩士、臼井六郎の半生を描いたドラマ「遺恨あり」を観た。フィクションを織り交ぜてはいるものの、実話をベースにストーリーがちゃんとしっかりしているので、リアリティがあった。主演の藤原竜也は「デスノート」の主演でもおなじみ。つーか、実はそのデスノートを観るまで彼の存在を知らなかった。かわいらしい顔をしているので、きっとモテモテなんだろうな。私の息子もああいう感じになってほしいな。なんとなく。

北大路欣也が山岡鉄舟役で出ていた。どうも最近彼を観ると、ソフトバンクの白犬のお父さんが浮かんできてしまい、にやりとしてしまう。このドラマの中で良かったのは、病床で「さて、そろそろ逝くか。」と静かに呟くシーン。妻に看取られ、ああやって静かに死んでゆくのは男の理想だね。

原作は吉村昭の「最後の仇討」。読んでみたい。

http://www.tv-asahi.co.jp/ikonari/

麻木久仁子の復活を切望する!!

本文なし

2011年2月26日 (土)

昨夜の朝ナマ

昨夜の朝ナマ(録画)を今観終えた。まあ、なんだな。毎回思うのは、思想の違いで意見を戦わすのは、そりゃいいとして、言ってることが明らかに討論している議題とズレていて、それを二度、三度と繰り返している、例えばアレズ・ファクレジャハニ氏(イラン人女性)、そういう人が必ずパネリストに混ざっていることだ。わざとそういう頓珍漢なことを言う人間を入れているのか。まあ、今回はご愛嬌として、あの人、普段の仕事はちゃんとやっているのか不思議に思えた。余計なお世話か。少なくとも私よりは高学歴で高収入なんだから、もちっとなんとかしてほしいよ。

それから、田原総一郎氏が、ある国会議員に向かって「日清戦争のことを知らないなんて人間じゃない!!」と言ったのは凄い。ある意味痛快だった。言われた議員のほうは「その発言を撤回しろ」とギャースカ怒ったが、自分の無知さを誤魔化していた。日清戦争が何たるか、その日清戦争で日本はどうなったのか、国会議員だったらそういうことを勉強して来い。これには続きがあってCMの後に「先ほどの人間じゃない発言は撤回します。」と簡単に謝罪があった。確かに「人間じゃない」は言い過ぎかもしれないが、「バカ!」と言われるよりマシだろう。いずれにしても、朝ナマの出演者の中で一番年長の筈の田原が、しかも議長の立場で、一番鋭い言葉を発して盛り上げてくれるのは朝ナマファンにとって嬉しいこと。今後ともずっとお元気でいてほしい。



[追記]

アレズ・ファクレジャハニ氏の表記は「あれず・ふぁくれじゃはに」と平仮名がオフィシャルらしい。それで、職業は「ジャーナリスト???」。ん???

報道する人のフィルターがかかるのはやむを得ない。しかし、できるだけ真実を報道してもらいたい。その為にもジャーナリストは本質を理解する能力が重要。かの御仁はそういう理解力がまったくゼロに等しい。そんな人間がジャーナリストと名乗ってほしくない。せめて人が何をしゃべっているのか、まずはよく聴きなさい。制作スタッフが、議論を面白くする為に彼女を入れたというのは理解できるものの、せっかくの議論に水を差すことが多かったので、マイナスにしかなってない。

そうそう、今回のテーマは「国民は国を守る義務があるのか?」だった。私は有ると思うけれど、視聴者のアンケートでは15パーセントが無いと答えていた。前回の朝ナマの中でもホリエモンは尖閣諸島は中国にあげちゃってもいいよ、という斬新な意見を述べていた。時代は段々そういうことを言う若者を多くしてゆくのだろうか。国を守る義務を持たなくていいと思う国民が大多数になったときには日本はどうなってしまうのだろう。ま、私の頭も古ぼけてきているのは確かだと思う。

勉強会

昨夜、千代田区一番町の日本イベント産業振興協会で開催されたイベント学会の「金曜サロン」へかにぞうと行ってきた。プレゼンテーションが2つあって、ひとつは「イベントになぜ国際標準が求められているか」で、もうひとつは「言葉と思考が人生を創る」という興味あるものだった。その後、懇親会。そこでちょいと試練。トランプの数字でグループ分けされた中で短時間で他人のことを知り、自己紹介でははく、今知り合ったばかりの人物を全員の前で1分以内で紹介(プレゼン)するというもの。これがなかなか緊張感があって、面白かった。仕切っているのは元電通の小林さん。料理もお酒も美味しかったし、なんかすごいエネルギーを貰って帰ってきた。

2011年2月25日 (金)

しげの「うましこつけ麺」のテレビCF

昨日、テレ朝を観てたら、いきなり流れてきてびっくり。

凄い。

2011年2月24日 (木)

おれは男だ

ザッピングしてたら、懐かしの画面に出くわして、しばらく鑑賞してしまった。チャンネルは千葉テレビ。やるね。今回は、主人公の小林弘二(森田健作)が友人(火野正平)が孕ませた女性の父親として面倒を見るというような内容だった。私この番組、中一のときに観ていたけれど、なんか凄いね。親と一緒に観たくないな、こういうの。いや、こう見えても私、奥手だったので、きっとなにがなんだかわからないで観ていたと思う。

吉川君(早瀬久美)は今見ても、なんか暑っ苦しい顔だな。どうも私は好きになれなかった。それは後の「俺たちの旅」のヒロイン役の金沢碧にも通じるものがある。なんで学園ものの主人公は美人じゃないのか。まあ、好き嫌いはあるものの、小悪魔的な田坂都なんて、いい味出していたな。

今、Wiki見たら、弘二のお父さん役は松村達雄さんだね。好きな役者さんだ。それと弘二の兄は河原崎長一郎。ん~、なつかしい。おじいちゃんは言うまでもなく笠智衆さん。寅さんの御前様で有名だ。中一の私、私の友人も「よしかわく~~ん!」という真似や、笠智衆の「弘二、いかんぞぉ。」という真似をして喜んでいた。

また「俺たちの旅」へ話を戻すが、カースケの妹役の岡田奈々は可愛かったなあ。

ん?

と、思ってWiki見たら、岡田奈々はカースケじゃなくて、オメダの妹だったんだね。うーむ、記憶が曖昧になっている。そうだ、思い出した。グズ六の奥さんの紀子さんが私の一番の好みだった。上村香子さん。今、64歳なんだってね。うーむ。

Photo

(↑)紀子さん



追記:

その後、ググったら、早瀬久美さんは現在でも芸能活動をしているそうだ。
数年前に離婚している。

で、下が去年の画像。

Photo

もう六十代の筈なのだが、お若い。
そして、お綺麗。

すんません、前文(暑っ苦しい顔等の暴言の数々)は撤回っす。
ごめんちゃい。

幕張ケリー in ワンズモール

4

幕張ケリー、今年初ライブです。

3月5日(土)  長沼のワンズモールっす。入場無料。

お暇なら~来てよね~~♪

http://www.oretachi.jp/event11/0305-kelly-live.htm

Map

2011年2月23日 (水)

ベイタウン・スポーツ・フェスタ(仮称)

ベイタウン内でのスポーツイベントを企画中。主催はベイタウン商店会と社体(自治会連合会)。千葉ロッテマリーンズや、JEFユナイテッドにも協力要請。野球、サッカーをはじめ、大人もこどもも一日遊べちゃう内容を検討。開催日は4月23日(土)になりそう。まだあくまでも素案なので、皆様からのアイディア募集中!

具たっぷり焼きそば

息子との昼食。
野菜をたっぷり多めに使った焼きそばをつくった。
用意したのは以下。

・キャベツ4分の1玉
・玉ねぎ1個
・もやし1袋
・豚コマ切れ 1パック
・マルちゃんの焼きそば(生麺タイプ3玉)
 粉末ソース付き
・塩、コショー
・サラダ油

キャベツをたっぷり使うことにより、ボリュームもあるし、ヘルシー感がある。もやしをもうひと袋入れてもいいかも。野菜増しをする為には付属のソースじゃ味が薄いので、塩コショーでバランスを取る。隠し味に麺つゆをちょいと入れるのが俺流。
今更、やきそばのレシピを書いても、珍しくもなんともないので、以降は割愛する。でも、今日のつくった焼きそばはうまかったな。玉ねぎの甘味がポイントかも。普通は入れないかもしれないが、案外イケるね。

それと、余ったキャベツでキャベツスープをつくってみた。味付けは塩とブラックペッパーだけ。ごくごく少量の醤油を入れてもいい。キャベツの甘味がいい。あったまる。

と、ここまで書いて、はたと思ったのは、この程度のことは世のお母さんは何百食もつくっているわけで、いちいちそんなことで書くなよ、なんて思われるかもしれない。まったくその通り。ごめんちゃい。でも、なんというか焼きそばについてはマイブームなのだ。もちろん難しい料理はまったくつくれないのだ。

内ゲバ

吉田照美のソコダイジナトコで、ジャーナリストの上杉隆氏が今の菅政権をリビアの政府に例えて・・・。

リビアのカダフィー大佐が民間に銃口を向けるという暴挙はまさに末期的な兆候で、本来は外に向けるべきなのだ。今の民主党の菅内閣も内に銃口を向けている。本来は野党に向けるべきなのに、執拗に小沢、また小沢擁護派へ攻撃をしている。

わかりやすい。
渡辺恒三の真似も面白かった。

最近の上杉氏の活躍は目を見張るばかりなり。

それにしても、民主党の内紛にはもう誰もが呆れているのは間違いない。いいかげんに、ちゃんと政治をしろよ。小沢の党員資格を剥奪すりゃ、ちゃんと政治が出来るのか、あほんだらっ!!

それと、リビアはあまりにも酷いね。政府が国民に対して機銃掃射するは、あげくの果てには戦闘機で爆撃をしている。鬼としか言いようがない。

ダイヤモンド富士・・・失敗

Photo_3

昨年ドンピシャだった20日の夕刻の天候が悪く、21日もダメ。
で、今日22日、やっと晴れていたのだけど、写真のように、幕張の浜ではもうズレてしまっている。幕張の浜というよりも、少し検見川浜寄りでカメラを構えていた。この感じだと、ヨットハーバーの辺りで撮影していた人はドンピシャだったかもしれない。

去年のように、富士に太陽が入り始めるまで、まったく富士の輪郭が見えなかったので、ズレを修正するための移動の判断が出来なかった。

この感じだったら明日は千葉港くらいでちょうど頂上に沈むのかも。

http://blog-imgs-32.fc2.com/t/a/k/taku24/20090220201548.jpg
↑早坂卓さんのサイト

# 木更津港の中の島公園で3月20日がいいということだ。

2011年2月22日 (火)

銚子丸

Photo_2

息子の合格祝いっつうことで行った。
超久々!

やっぱり、ネタが新鮮でうまいね。

感動したのは最後に食べた生にしん。

そう、にしんって生で食べたのは初めて。

ぷりっぷりで、しかも、脂が乗ってて・・・。

ああ、また食べたくなっちまう。

でもさ、息子が残したデザートを勿体ないなんて、最後の最後に食べて気持ち悪くなってしまった。

1

ほれ、うまそうでしょ?

右のは本日一番高い皿。

2

白魚とアジ。

アジがまたいい感じの歯ごたえ。

Photo

左はトロさば。
値段が安いのに絶品。

右がそのにしんなのだ。

その他、白子の天ぷらやら、と寿司以外もいろいろ食べる。

それにしても、いつもの回転寿司の3倍くらいの会計になる。
ま、でも、うまいから、OKだな。
問題といえば、運転手だからビールが飲めず、キリンフリーで我慢。

新オフィス

Photo_2

某所(写真)が私の新しい職場となる。
現在、某氏と会社を設立中。

詳細はちと待っててね。

ちょいと怪しい芸能事務所みたいでいいでしょう?

仕事とは直接関係ないのだけど、20年前の超高級AVセットがあり、100インチのワイドスクリーンが、するすると降りてくる仕掛けのあるオフィスなのだ。
20年前のこんなすごいシステムって、物凄い金額になる。

2_2

ほれ、坊主(ボーズ)も天井から、どどーんとぶら下がっているなりぃ~。
成金っぽいって???

成金のどこが悪いのさ!!!

3_2

うーむ、こんな絵まで飾ってあって、ますます怪しい雰囲気なのだ。
でも、でも、業務内容はすんばらしいので、そのうち皆さんにもお知らせしまっすよん。

ここを拠点にいい仕事、すなわち、良い社会貢献ができるように頑張りまっすっ!!!

神田まつやのかけそば

Photo

たかが、かけそば、されど・・・。

この味、ホンモノ!!!

http://www.kanda-matsuya.jp/

勝浦担々麺(思いつきでつくってみる)

昨年、サマソニの会場で食べた勝浦担々麺と、伝聞を参考にして自己流でつくってみた。そう、まだ現地の、例えば「江ざわ」の勝浦式担々麺を食べたことはない。でも、聞くところによると、店で全然違う味だとかで、なにをもって勝浦式担々麺だという定義が曖昧なので、ならば適当につくってもそれらしいものが出来るんじゃないか。決めてはたっぷりのラー油だ。

麺はたまたま検見川浜のイズミヤで買った茂野のうましこつけ麺のストックがあったのでそれを使う。たっぷりの沸騰した湯に入れ、茹でる。その間にスープをつくる。めんつゆを適量、みりんと酒をごくわずか、魚粉も若干入れてみる。そして先日買った食べるラー油をやや多めに入れてみる。そこに生協で妻が買って余っていたラーメンのスープを若干入れる。実はそのラーメンのスープは仕上がり直前に気づいたので、蛇足だっかもしれないし、いやそれが入ったからうまくなったかもしれない。

スープをちょいとすくって飲んでみる。か、か、辛い。ちょいと食べるラー油を入れ過ぎたか。いやいや、待てよ、これで麺が入るとちょうどよいかもしれない。

麺はやや硬めで火を止め、そしてしっかりと湯切りする。そして先ほどつくったスープの中へ・・・。

う、う、う、うまいっ!!!!

まじで、うますぎじゃないだろか!!

おっと、食べた後で気がついた。
しまった、また写真を撮るのを忘れた。
ま、いいか。

食べるラー油は手に入りやすくなったので、この手のものをつくるときに便利だにゃ~。

合格

わたくしごとですが、って、全部わたくしごとでしたね、ま、こういうところでの発表もなんですが、たった今、息子から電話(母親宛て)があり、無事希望校に入学することが出来ました。実に嬉しいっす。

さ、今日も一日がんばろーっ!!

2011年2月21日 (月)

NHKオンデマンド

大河ドラマを先日(13日)観逃がしたので、今回(20日)の放送ぎりぎり50分前にオンデマンドの手続きをして2話を一挙に観た。結論から言って、あまりにも話を美化し過ぎていて、あー、観なきゃよかったという程度の感想。いや、ダメじゃないけれど、いかにも若い女性脚本家が書きそうなテイストだね。あ、馬鹿にしているわけじゃないよ。私の明智観とか、秀吉観と相当解釈が違っているなということで、むしろ新鮮さはある。

なんだかんだとぐだぐだ言っても、ちゃんと1話から視聴しているってことは、本当は好きなんじゃねえか、ってことかもね。ははは。

おっと、言いたいのはそんなことじゃない。観逃した番組をオンデマンドで視聴するのには210円かかる。レンタルビデオ屋の1本分よりは安いものの、なんかいい商売してるよね、って感じ。日本国中でどんだけの需要があるかわかんないけれど、相当数の人が210円払ってると思う。

って、ことは合計するとすげえ金額になることは間違いない。

いいよね、デジタルコンテンツって。
ずるいっ!!!

あ、でも、いまどきはHDD付きの液晶テレビが安価だからなあ・・・。ぶつぶつ・・・。

N??コミュニケーションズ

プルプルプルプル・・・・・

くそぉ~、この忙しいときにぃ~。

「お知らせしたいことがございますので・・・。」という冒頭の句。

あの言い回しは同社(あるいは同社の子会社???)の常套句なんだろうね。

最近かかってこなくなったと思ったのに、先日電話があって、また今日も。

先日は丁重にお断りしたのに。




頼むよ!!!



あ、そうそう、うち、お金あんまり無いのでセールスの電話お断りよ。
まじで!!

フィレオフィッシュ

Photo_2

あのフィレオフィッシュが期間限定100円セール。

ひさびさ。

まいう~~。

幕張ロール

Photo

グリーンタワー幕張の幕張ロール@ベイタウン朝市。

写真は試供品。

生クリームがふんわりとろ~んとしていて美味だった。

http://www.greentower.co.jp/makuhari/takeout/

2011年2月20日 (日)

超突然飲み会シリーズ

Photo_7

突然というか、バンドのリハがあり、そのまま飲みに行った。どこにゆくかまったく決めてなかったので、駅方向に歩いていったのだが、またまたテクノガーデンの24階に行った。このフロアの店、最近特にお気に入りのスポット。今回は洋風居酒屋「土間土間」。ここ、「にんにくに4」と同じく飲み放題が2時間で1,050円、3時間だと1,575円。ま、当然というか、3時間コースを選択。色々と飲み食いして楽しい時を過ごした。同店の特筆すべき点はBGMがビートルズ。当然ながらまっきー、ほっそが大喜びしていた。

上の写真は「オニオンリング・タワー」。サワークリームをつけて食べる。
空腹だったこともあって、めちゃくちゃうまかった。

Photo_6

その後、リンガーハットでちゃんぽん。同店には久々。ちゃんぽんは500円。いまどき凄いCPだ。麺の量が1.5倍でも値段が同じというのが嬉しい。2倍でもそうだったかな。

ところで、昨日のリハ、幕張ケリーで初めてホッソとベガちゃんが参加。ひと味違う幕張ケリーになった。次のステージが楽しみ。

ベイタウン朝市

Photo_4

第五回の朝市が終了した。
一年で一番寒い時期なので、お客さんが来てくれるかどうか心配だったのだが、お陰様で大盛況。

Photo_5

ドラムのK江田さんも来てくれた。

頭からがぶり

Photo_3

辛うじて今年のバレンタインデーもなんとかゼロだけは避けられた。最近、妻からも無い。写真はそのチョコ。これ、可愛いのだけど、頭からがぶりとやってしまった。中にブランデーが入っていて、旨かった。

魚がうまい

Photo_2

一昨日の夜、H社長主催の新年会。会場は、渋谷東急本店の裏にある「4番サード魚真」。コース料理をゴチになる。刺身が旨かった。

http://www.uoshins.com/i/third.html

文芸春秋・三月号

Photo

三月号(発売中)の文春は芥川賞が全文掲載ということで、久々に購入。そういえば、前回、前々回の購入も芥川賞掲載号。新刊(ハードカバー)を買うよりも早く読めて、しかも、安いので、CPが高い。特に今回の特集の「秘めたる恋35」は結構ポイント高い。取り上げている人物が凄い。田中角栄、徳川秀忠、金正日、マイケル・ジャクソン、エリック・クラプトン、などなど。それから、新シリーズの「時代を創った女」の第一回は松任谷由実。かなり深く分析している。ファン必見。「トイレの神様」の植村花菜も寄稿しているし、とくにかくこの三月号は充実している。これを鞄の中に入れていたお陰で昨日のダイヤの乱れによるストレスも半減した。

2011年2月19日 (土)

QVC本社ビル工事

Qvc

完成したら間違いなく幕張の新しい顔。

マリスタにもQVCの名がつくし、凄いね。

2011年2月18日 (金)

あいかわらずの人気

Nami

上はアマゾンのサイトで販売している宮原永海の「REASON」のページ。ご覧のようにな、なんと中古にも係らず9800円の値がついている。

レアなのと、クオリティが高いのが評価されてのこと。

そうそう、某社からこのアルバムのセルフカヴァーという話がいったん断ち切れてしまっているので、ちょいと打診してみようかな。

ちょいと自慢なんだけど、私、未開封の「REASON」を持ってるよ。大事にしているのだ。

話は変わって、とうとう民主党が割れたね。
16人の会派離脱。
16人といっても今の民主党にはバカにできない数字だ。
なにやってんだか、と、大部分の国民が冷やかに見ている。
ホント、まずいんじゃないですか。
田原総一郎さんがツイッターで、民主党にとって、菅総理は辞めたほうがいいと言っておられる。

今、解散すれば自民党が勝ちます。つまり政権交代が起きるわけです。民主党としては菅さんが辞めることで自民党と組んで予算を通した方が良い思う
(↑)http://twitter.com/namatahara


離脱した理由が、おそらく咄嗟の考え方なんだろうけれど、「マニフェストを実現するため」だという。にゃんだと~~~っ!

そんなことかいっ!!

「小沢さんに同調するため」と正直に言って、執行部ときちんと対立したほうが潔い。

2011年2月17日 (木)

イラストレーターの裏切り

アドビのイラストレーター、通称イラレは、なにかと便利なので、よく使うソフトだ。

直感的に思った通りのレイアウトが組めるので、重宝している。
逆に、MSのワードをほとんど使わないので、私のワードを使える能力は10年以上も前のままだ。
イラレは、ここ数年、またいろいろな機能を持って進化しているので、すべてを使いこなしているわけじゃないけれど、素晴らしいのだ。まして、PCが新しいということもあって、サクサクとスピーディーに動いている。

ところが、おそらく複雑なプログラムが原因なんだろうけれど、時々バグが発生する。以前はPCのメモリ不足も遠因としてあったのかもしれない。でも、今、割合ハイスペックなPCでも正体不明のハングアップがあったり、いつの間にか勝手に終了していたりということが起きる。

イラレに限らず、こまめなバックアップをしていないと痛い目に遭う。

実は今朝ほどそれが起きた。この手の痛い目はずいぶん久々。新しいPCでバグったのは初めて。迂闊にも名称未設定の状態で書類を作っていた途中、コーヒーを淹れに行って、戻ってきたら、先ほどまでの作りかけの書類がデスクトップ上から無くなっている。あれ、あれ、と探してみたけれど、いつの間にかイラレが終了しているのだ。保存(名前をつけて保存)をまったくしていないので、復帰もしない。なんじゃこれは。

貴重な朝の40分が無駄になる。しかも、直観的なレイアウトデザインをしながら、文章を考えながらの作業だったので、もう一度その創作的なところをやり直すのは不可能。というか、うんざり。

ああ、なんで一回もCtr+Sを押さなかったんだろう。
こんなことはもう過去に嫌というほど体験しまくっているのに。

くそぉ、イラレめ!!!
イライラ、イラレ。

2011年2月15日 (火)

雪の翌日

Photo_3

例のけもの道が小川になっていた。



2

早く雪が溶けてよかった。

実写版の魔法使いサリー

Photo_2

今、電話で、「だいぶ先」という言葉をつぶやいて、思い出したのが「相武紗季」。だいぶ先と相武紗季って、音感が似てるよね。「備考欄」と「李香蘭」も似てるけど。(笑)

さて、それで相武沙季で思い出したのが、OCNのサリーちゃん。
可愛かったね。
是非、実写版の映画を作ってほしい。

(今頃話題することか>俺)

ところで、「魔法使い」って言葉も面白いね。
似たような言葉で「へび使い」ってのもあるな。

「魔法使い」を「魔女」としなかった理由は、きっと魔女とするとなんか怖そうな雰囲気があったからなんだろうね。

魔女の反対語ってなんだろう。魔男かな。
うーむ。間男みたいでかっちょ悪い。

雪 午前零時

Photo

お~さむ。

今、外にちょっと出てみた。
びしょびしょの雪が2センチくらい積もっている。



グラミー賞・・・凄いね。

2011年2月14日 (月)

ボゴタ(コロンビア)特集

お待たせしました。
Tパパさんのベネズエラ滞在記の一環で、ボゴタの貴重なリポートが、ベイタウン旅行倶楽部にアップしました。

茂野製麺の味川柳がボゴタで売っているというのが写真から判明しました。(以下)

http://baytown.yokochou.com/osea/colombia_03.htm

コロンビアに在住の日本人向けなんでしょうね。>Tパパさん

佐倉一樹学園長のバースデー・ライブパーティー

Photo_2

昨夜はフリースピリット音楽芸能学園の佐倉一樹学園長の誕生日記念ライブパーティーだった。写真は四十八歳になった佐倉学園長、通称ラッチとご家族。奥さんはなんと二十五歳。年齢差は二十三歳。羨ましいんだか大変なんだかよくわからない。ぼくちゃんはシュン君だっけな。すげえうるさい場所にも関わらずおとなしくいい子にしていた。

このライブパーティー、毎年一流のミュージシャンが次々に名演奏を聴かせてくれるので楽しみである。今回私の一番の好みだったのは、ジェフベックバンド。本家のテイストもばっちり。随所に彼らのオリジナルのフレーズも入れている。「Blue Wind」は、超かっこいい。ツインギターでのハモリもいい感じだった。ラッチのキーボードも素晴らしい。驚いたのがジャズの堀剛さんが恐ろしくロックしていた。「哀しみの恋人達」のテクニカルなベースソロには参ってしまった。

当分、私の頭の中はジェフベックサウンドが駆け巡っているだろうな。

諸岡ケンジさんのステージもかっこよかったなあ。

http://shibazaki.iza-yoi.net/zaki20/shibazaki_989.htm#sakura

新宿ゴールデン街

Photo

二十代の頃にアルバイト先の先輩に何度か連れていってもらった。その人は俳優養成所に通いつつアルバイトで生計を立てていた。ゴールデン街にはそんな俳優のタマゴとか、音楽をやっている人が集まっていた。文学者も常連だというのは当時からも有名。寺山修司の行き付けの飲み屋も確かゴールデン街にあったと思う。

写真は昨日の夕刻。日曜ということもあって、ひっそりしている。前述の昔行った店は、どこにあるのか、あるいはもう無くなってしまっているかも不明。店名もまったく記憶にない。その先輩も10年後に連絡を取ったきり行方が分からなくなっている。

2011年2月13日 (日)

沈まぬ太陽

一昨日、テクノガーデンで飲んでいる間に録画しておいた「沈まぬ太陽」を一気に観た。宿題(仕事)をやっつけながらと思ったのに、結局は画面にくぎ付け。徹夜になってしまった。とほほ。ねみぃ~よ。

作品としては素晴らしい。面白かった。よくこんな映画を堂々と発表できたのか不思議でならない。こりゃ、○本航空が不快感を表明して当然だろう。フィクションだとしても、この映画を観て、あるいは原作を読んだ後では、○本航空に偏見を持ってしまう。あ、私は持たないよ。逆に主人公が完璧にいい人だというほうがちょっと不気味だ。

今、そのモデルとされている○本航空が倒産しているから、よりリアリティがあるね。同社じゃなくても、日本国中にいるパワハラを受けたり、理不尽な人事に泣いている人にはより共感できる映画だったと思う。百恵ちゃんの旦那もなかなか渋い演技だった。その渡辺謙演じる主人公と対照的な人間の役だ。彼は段々といやな奴というタイプの似合う役者になってきたかもしれない。それはいいことだ。

おー、太陽が眩しい。一晩中起きている目には太陽が眩しすぎる。沈まぬ太陽じゃなくて、なんだ、こりゃ。とんでもなくいい天気だ。久々の太陽。

2011年2月12日 (土)

はなまるうどん

Photo_2

今日の遅いお昼はこれ。ひさびさの「はなまるうどん」。
先日来、食べたくて、うずうずしていた。
最近、丸亀製麺のほうが色々なところで見かけるので、出先の近くにあったりすると寄ることもあるので、私にとってはポピュラー。だから、ずっと遠ざかっていた「はなまるうどん」の味ってどうだっけ、という興味もあって余計に食べたかったのだ。

写真は、ぶっかけ温玉うどんの中盛り。399円。それに、きんぴらごぼうの天ぷら。締めて500円ちょっと。これで結構お腹いっぱいになる。値段は幾分「はなまる」の勝ちかな。かけの普通盛りだったら105円だし、それに天ぷら1品乗っけても200円台で食べられる。これはいい。

さて、ぶっかけ温玉うどんは、玉子をぶにゅっと潰して、適度に絡めてゆくと、得も言われぬうまさ。麺も程よいコシがある。味も濃さもこの位がちょうど良いと思われる。ただ、トッピングにと思った天ぷらは無くてもよかったかもしれない。一応別の皿に乗せて、少し醤油を垂らして食べ、うどんが半分くらいになった後半にトッピングをしてみた。やはりこの手のものはかけうどんに乗せたほうがいいかも。

Norwegian Wood Beatles cover

この人、歌もうまいし、楽器もいろいろできるし、素晴らしい。シタールもこの為に買ったのだろうか。
他にもカバーバージョン色々やってるね。有名な人なのかなあ。

Somethingもいいね。(以下)

http://youtu.be/gLBjfr6LabQ


これも!!(以下)

http://youtu.be/kpypHhUnONk

ギターは昨夜まっきーが言ってたように(2度下げ?の)Gで弾いてますね。なるほど。

突然飲み会シリーズ

シリーズってこたぁないけれど、昨夜、急に飲み会になった。まっきーと飲むのは久々。ホッソさんは先月飲んだよね。

1,050円の飲み放題の魅力に誘われて、みぞれ混じりの夕刻、傘をさしてとぼとぼとテクノガーデンの「にんにくに4」に出かけた。相変わらず旨いのだけど、いい気にになって、まあ、それは予想通りだったのだけど、どえらい飲み食いし過ぎ。その後、バーミヤンにハシゴして、とどめにバーミヤンラーメン食べてしまったし。(笑)

その後、あまりにも腹いっぱい過ぎて、胸焼け。苦しくて、夜中に何度も起きてしまった。だから寝不足。体じゅうからにんにく臭が湧き出ているし。よいこのみなさん、食べ過ぎにはくれぐれも注意しましょうね。

Photo

(↑)バーミヤンラーメン
このところ、味が変わったと思う。
以前よりより魚の風味を増したと思うのだけど、皆さんはいかが??

おっと、H野さんからメールが入った。
なんと、5月5日のミハマ・ニューポート・リゾートにビッグなアーティストが・・・。(以下)

>5/5はなんと、大河ドラマの主役、上野樹理ちゃんのお姉さんの
上野まなさんがライブ出演してくれることになりました。
http://uenomana.boo.jp/site/shang_yemana_OfficialSite.html
たのしみです。

ほんと、それは楽しみだにぃ~。

大河ドラマって言えば、先週は織田信長が本能寺の変で命を落とした回で、前半のひとつの山場だ。死に際の信長がなんでほかならぬ江を思い出さなきゃなんないんだとか、いろいろ突っ込みどころが満載だけど、まあいいか。

これから市が柴田勝家に嫁いだり、その柴田勝家を秀吉が攻めたり、茶々が秀吉の側室になったりと、あまりにも色々なことが次々に展開してゆく。次回(明日だぁ~!)は明智光秀が羽柴秀吉に討たれるか。これもまた山場だ。あ、明日の夜は都内(新宿)だからテレビが観れない。うーむ。予約するか。いや、録画もたくさん溜まってきているので、あんまり録画したくない気分。昨夜の「沈まぬ太陽」も観なきゃなんないし。

2011年2月 9日 (水)

非道い

つい今しがたテレ朝のニュース番組に、恵那司の地元後援会長が出ていた。お母さんは死にたいと言ってたとか、俺を裏切ったなとか、後援会は解散する、って、何を言ってるんだ。それが後援会かよ。庇ってやれないのか。

いやいや、きっと、視聴率稼ぎで土足で人の家に入ってくるようなマスコミにやらせられているんだね。君のお母さんは泣いてるよ、って、なんか凶悪犯を追いつめているようじゃないか。それがマスコミのやり方。こういう状況の中で、全国放送でインタビュ―を受ける後援会長だって、恵那司を擁護するような言動なんてなかなかできないだろうしな。田舎の人だから純粋で、マスコミの言ってることが全て正しいと思ってしまうんだろうね。

いずれにしても、こういうときに親兄弟、親戚、地元の人へインタビューするってのは本当にやめてもらいたい。ひどすぎる。可愛そう過ぎる。

逆に、報道している人間のお母さんにも一言インタビューしてもらいたいよ。あなたの息子はフェアなのかってさ。

もうすぐダイヤモンド富士

あと10日くらいで、この界隈でのダイヤモンド富士だ。

昨年、仕事の途中でいったん海岸まで様子を見に行った。日没の1時間くらい前だったかな。その時点で、富士がまったく見えないから話にならないとがっくりしながらとりあえず帰宅、太陽はおぼろげだけれどちゃん見えているのに残念だ。

そして、仕事に復帰。打ち合わせで再び家を出ると、なんと、富士山頂上の輪郭が浮かびあがっているではないか。慌ててカメラを取り出し、小学校の校庭越しのダイヤモンド富士を撮影した。といっても、頂上の僅かな輪郭だけしか写ってないので、なにがなんだかわからないね、これじゃ。

_1

_2

上がそのときのダイヤモンド富士。
やっぱ、なんだかわからないね。

一番かわいそうなのはお相撲さんじゃないかと・・・

そりゃ、裏切られたと思ってもう絶対に大相撲なんて観ないよと言ってるファンも、八百長だかなんだかそんなことよりも大阪場所を観たかったファンも、巡業が中止になってがっくりしている藤沢のファンも、もちろんかわいそうだ。でも、今回の当事者以外のお相撲さんって、めちゃくちゃかわいそうじゃないっすか。幕下にもなっていないお相撲さんは殆ど給料が無いだろうし。将来が真っ暗じゃあーりませんか。

だいたい世間は、やれ相撲協会はどうたらこうたらと、矛先を全て協会へ向けているけれど、所轄の担当大臣に一番責任があるのだということをどうして言わないのだ。放駒理事長が頭下げても世間は納得しないよ。お相撲さんだけが責任を押し付けられて、世間から辱めを受け、職業を剥奪され、それこそとかげの尻尾切りじゃないのか。彼らは普段、どんだけ厳しい稽古をしていると思っているんだ。そして、上からの命令には絶対服従の、ヘタするとかわいがりを受けてしまう立場の人間を、いとも簡単に処分し、自分の身は絶対に大丈夫、みたいな、そういうのっておかしいじゃん。

白鵬のCMも中止だっていうし、悲しいなあ。

相撲界とプロレス界は似ている

新日本プロレスの社長、そして、話題の白井梨ブランデーの社長を歴任した草間征一氏が大相撲の八百長問題に自身のブログで言及している。(以下)

相撲界とプロレス界は似ている。歴史のさほどあれ、興行は似ているし、全てがガチンコではない。給与体系、部屋制度等は違うものの、体を使った格闘技である事には違いない。
プロなんだから、体をいたわらなくてはいけないし、星の調整も必要でしょう。恐らくこのやり方はプロレス界は相撲界から受け継いだものでしょう?日本最初のプロレスラーは力道山ですし、当然彼はこのやり方を知っていたでしょう。

ファンに言う必要は無いけれど、実態はこういうことですね。相撲界は恵まれているから、税金でも優遇されているし、社会的評価も高いし、給料も十両以上になれば高い給料だし、引退しても親方として食っていける。

待遇麺の差はあれ、プロレス界は相撲界のやり方を引き継いでいるだけである。相撲も、6時までに終わるが、かってプロレスも生放送でやっていた時も、丁度放送終了までに終わっていた。同じである。

http://www.kusamabc.com/new/index.html
  ↑    ↑
草間氏のブログ

麺? → 待遇面

なるほど、わかりやすい解説だ。そうか、力道山がその八百長(語弊があるな。大まかなシナリオとでも言っておこうか。)を取り入れたんだね。

そうだ、忘れていたけれど、かつて生でプロレスをやっていた頃、どうしてうまい具合に放送内で決着がつくのだろうかって不思議だったのを思い出した。最後に三菱の電気掃除機「風神」で掃除をするというCMが絶対だったからね。

しかし、その後、決着がつかず最後の最後はどうなるかというところで放送が終了し、スポーツ新聞じゃないと結果が分からないという方式になったのかな。いいところで終わるとものすごいストレスになる。だから会場に足を運んでしまうんだろうな。

それにしても掃除機に「風神」というネーミングをつけるというのは、とんでもなく凄いことだ。やるね三菱電機。この商品名が「神風]を呼んだのかな。銀座の三愛ビルのネオンも印象的だったしね。

あ。更に今にして思えば、外人レスラーが花束贈呈で、いきなりその花束を振り回して馬場に襲い掛かるというのは、「風神」が登場する口実なのかも。花束以外にこれといって掃除機が対象とするゴミなんて出ないだろうし。(苦笑)

小学校の頃、(三愛ビルの)現地に初めて行って、ここが銀座かぁ、と感無量だった。(笑)

今日は久々のお湿りっすね

寒いけれど、気持ちがいい。
あとで晴れて暖かくなるという予報だけど、今のところ、そんな感じはしない。

今日は昼メシに、はなまるうどんを食べたい気分。

2011年2月 8日 (火)

CQ誌

S

本棚の整理をしていたらCQ誌が出てきた。アマチュア無線、つまりハムの雑誌だ。年号を見ると、なんと、今からちょうど20年前だ。当時私は無線機は所有していたものの無線局はまったく運用していなかった。だから、このCQ誌も必要ないといえば必要なくて、しかし、1年に1冊くらい買っていた。で、この表紙を見ると、「緊急レポート:湾岸戦争とハム」とある。そうか、湾岸戦争はもう20年も前の出来事になってしまったんだ。20年なんて、ほんと、あっと言う間だね。

ところで、今、アマチュア無線をやっている人ってどのくらいいるのだろうか。

木更津にも来てたんだ!!

Photo

当時私は都内に住んでいた。
実家にあまり帰らなかったので、定かではないが、美空ひばりが大好きだった父母がひょっとしたら観に行ってたかもしれないな。

2011年2月 7日 (月)

河村たかし名古屋市長、再選。トリプルで圧勝!

本当のところはどうなんだか、よくわからないのだけど、とりあえず議員報酬を半額という庶民に分かりやすい公約は見事。数パーセントじゃなくて、半額というのは凄いことだ。

「半額じゃやっていけない。」という議員はやめたらいいんだ。代わりはいくらでもいる!(河村市長が以前テレビで発言)

えらいっ!
その通りだっ!!

http://twitter.com/kawamura758

それより、大村新知事は私より年下だというのが何故だかショック。(苦笑)
大村新知事を見ると、加藤茶を思い出すのは私だけなんだろうか。

春場所中止だと??

なにを考えてるんだ。
やるべきだろう。

八百長くらいで、なんだ。(怒)
バレてごめんなさい、でいいじゃん。(笑)
もう社会的な制裁は十分だし。

八百長たってさあ、土俵の上では敵だけど、普段は仲良しだし、先輩後輩の関係もある。八百長をしてなくても、心の中でカド番の力士に手心を加えるつうのはアリでしょ。

今後はケータイはダメよ。(笑)

と言っても、マスコミも世論も、ましてや知識人と言われる人々も、中止を唱えている。本気で言ってるのかなあ。私みたいな意見を言う奴はごくごく少数派だ。あ、だから嫌われているのかな。(泣)

それにしても、力士全員にケータイを提出しろなんてめちゃくちゃな意見もある。なんかさ、人権無視だね。オツム大丈夫?って言いたいよ。

2011年2月 6日 (日)

マジシャン YOHEY(ようへい)さん

Yohey

ベイタウンのマジシャン、YOHEYさん。(写真はプロモーション用)
昨夜お会いして、いろいろとお話しをお聞きした。

http://www.oretachi.jp/flash/flash21/fno404.htm

さわやかな青年なのだ。

ハングドラム

なんか欲しくなってしまうけれど、結構お高いのである。

2011年2月 5日 (土)

斜めに歩く人

昨夜は金曜日ということに加えて、幾分陽気が良かったせいか、終電のひとつ前の列車の中は泥酔者が多かった。私の乗った車両の中の目の届く範囲でもへろんへろんの人や、爆睡している人、背広姿で床に座っちゃってる人など、様々。海浜幕張の駅で勢いよく降りた酔っ払いは、完全に体の向きと進行方向がズレていて、あらら、そっち行くとやばいよ、みたいな歩き方をしていた。千鳥足の女性もいた。最近、電車の中ででかい口をぱっくり開けて豪快に寝ている女性を多く見かける。半分眠りながら歩いている人もいた。でもでも、みんな昼間一生懸命働いているからそうなのだ。ご苦労さん。

Photo

(↑)電車の床に座り寝こけている人。
手にしたスマートフォンが今にも落ちそうで落ちない。
だいぶお疲れのようだ。

Sonido del Viento ライブ

つばみさんからお誘いを頂戴したので、急きょ恵比寿の天窓 Switchへ行った。

Photo_2

会場はほぼ満員。久々の彼女らのステージは素晴らしかった。対バンのBGM、ウワノソラーズも良かった。

Sonido del Viento
http://www17.plala.or.jp/sonidel/framepage6.htm

ウワノソラーズ
http://uwasola.com/

BGM
http://d-bgm-d.com/

朝ナマ

結局、本当に朝まで観てしまった。

いや~、凄い。
金さんがキレていた。

ま、しかし、ホリエモンにしても東浩紀にしても、正論かもしれないが、なんでもかんでもネットやツイッター至上主義的なことばかり言っていて、逆に危機感を覚えた。議論しながら、自分のフォロアに本音をつぶやいているのって、それが現代的なのか。

田原総一郎が投げた、「国を守る」必要性があるのか無いのかに対してのその両者の「無い」という考え方が、世代なのか、私には良くわからなかったな。

池上本門寺

時間が出来たので、(4日)夕刻、ジミーさん(ジミー竹内)の墓参りをする為に蒲田から池上線に乗って本門寺へ行った。昨日は節分だったので、この界隈は賑やかだったろう。その余韻はまったく静かな境内。

ジミーの墓のある場所は昨年の暮れに娘さんからだいたいの場所は聞いていた。あの力道山の墓の近く。行けばなんとかわかるかと思ったのだけど、一所懸命探したのにも関わらず見つけられなかった。がっかりして、再び蒲田へ。その道すがら、再度娘さんに連絡を取って、改めて場所をお聞きした。ちょっと思い違いをしていたようだ。また出直しだ。

蒲田では偶然見つけた、羽付き餃子の「歓迎」で、餃子とビール。市川ダイエーの中の同店の支店は10日くらいに訪れて、ぜひ本店に行ってみたいなんて思っていたのだ。

(続く)

Photo_3

(↑)本門寺境内の白梅。
やっぱ、マクロはいいね。

Photo_4
(↑)力道山の墓

Photo_5

(↑)蒲田「歓迎」の羽付き餃子
羽がやたらにデカいので、とても餃子のようには見えないな。

2011年2月 4日 (金)

焼き蕎麦

茂野製麺の味川柳そばで、焼きそばをつくった。すなわち焼き蕎麦。中華めんの焼きそばももちろん旨いけれど、日本そばでつくる焼きそばも案外うまいのだ。むしろ香ばしい感じ。そばが焦げる感じがたまらない。

つくり方は簡単。フライパンに程度な分量の水を入れ沸騰させて、その湯に乾麺を入れて茹でる。通常の茹で上がりよりも若干やや硬めのところで、一旦湯を捨て、そして残った水分も飛ばす。このときに、完全に水分を蒸発させてしまうと、その後、なかな麺が思うように行かなくなるので、まだ水っぽいうちにサラダオイルを少量入れる。これは焦げ付き防止の為。そして、野菜(キャベツ)と豚肉をお好みの量入れ、あとは普通の焼きそばをつくる要領だ。

味付には中濃ソースに黒こしょうが私の好みである。隠し味にそばつゆの元を少し入れてもうまい。ソースをごく少量にして、メインを醤油で味付けしてもいい。トッピングにかつお節を乗せてもよい。より本格的にするならば、乾麺を別の鍋で茹でて、その他の具材はフライパンで炒め、そして合体させ、そして普通の焼きそばをつくる過程へという方法も良い。

ま、でも、そうすると、逆に、普通っぽくなってしまう。何故かそば本来の風合いが損なわれてしまうのだ。その方法も過去にやったことがある。そういう方式にするならば、茹でめんや生めんにしたほうが、茹でる工程が少なくて済む。敢えて乾麺を使う方式にするメリットは、麺の固さ&弾力(歯ごたえやコシ)を調整できるからだ。あの平山(久留里線)が乾麺を使っているのも、乾麺の保存性がもちろん第一の理由なのだが、そういった部分も大きいのだろうと推察できる。

以前、茂野製麺はそばのペペロンチーノ風味の「スパそば」という商品を出していた。スパはまさにスパゲティのスパなのだ。そばは洋風の味付けしてもかなりうまいのだ。ぜひ、お試しあれ。

2011年2月 3日 (木)

植村花菜

「トイレの神様」はなんというか教訓じみてて、苦手だったのだけれど(と言いながら、うかつにも泣いてしまった)、こういうアップテンポの曲はいいね。ギターのストロークもいいね。べっぴんさんやし。

八百長 メールに詳細な取り口

本当に八百長をしていたら由々しきこと。ま、でも、昔からまったく無かったということでもないと思う。分からないようにうまくやってたんでしょ。星の数がそのまま給金に直結するし、会社で言うところの役付きにも影響するわけだから、あとひとつ星を落としたら番付が幕下から三段目に陥落してしまう先輩力士に、仮に「おまえ今日は負けてくれ。」と嘆願されて、拒否できなかったとしても、不思議ではない土壌があると思う。まあ、それはそうだとしても、幕内の数々の名勝負のいくつかが八百長だったなんてことは大相撲ファンの私としては絶対許せないので、協会はそういうことが無いように厳重な管理をしてほしいのだ。

一方、今回のメールの内容を警察が本人に内容確認するのではなく、いきなり協会やらメディアなどに情報を漏らしているというのは、問題ではないのだろうか。例の野球賭博事件で押収していた携帯メールを調査し、ま、そこまではいいにしろ、野球賭博とは直接関係の無い八百長の疑いがあるということで、その内容を漏らしていいものなのだろうか。あくまでも今の段階では八百長をうかがわせる内容だったとなっていて、確たる証拠でもないし、仮に八百長をやっていたとしても、それ自体には違法性は無いらしいので、どうにもならないのだ。それは内々に協会が当事者を呼び出して処分すればいいだけのこと。それよりも、メディアにまたまた不祥事として情報が流れ、その出どころが警察っていうのが思い切り問題じゃないのか。あーん?

レンタルBOX(ショップ)

明日からドリームチャンキー(パティオス5番街)でレンタルボックスがオープンする。
ボックスのサイズは、幅 41.5cm、高さ 27cm、奥行き 28cm。

ただ今、オーナー募集。

月々1000円。
(ほか、登録料2,000円 販売手数料あり)

詳しくは、043-213-1293へ。
(営業時間:10:30~19:00)

http://www.dream-chanky.co.jp/

過去4か月の検索ワード&フレーズ・ランキング

01 しばざ記
02 ロッテ 優勝パレード
03 白井梨ブランデー株式会社
04 ふざけたロスタイム
04 白井梨ブランデー
06 ロッテ優勝パレード
07 ジミー竹内
08 アナログレコードプレーヤー
09 福山雅治
09 五木 つけ麺
11 住みたい街ランキング 千葉
11 ぴろき
13 田原総一郎の遺言
14 千葉 住みたい街
14 門脇知子
16 ロッテ 優勝 パレード
17 ベイタウン
18 住みたい街 千葉
19 千葉健康ランド
19 前勝軒

何か月も、これ掲載するのを忘れてました。
久々の私のブログへのランキングです。
そう、毎度申し上げている通り、世間のトレンドとはズレてます。
「嵐」とか「AKB」なんて絶対に出てこないしね。

2011年2月 1日 (火)

甲府鳥もつ煮

Photo_5

お馴染みB級グルメの甲府鳥もつ煮。

京島の鳥正という店で買った。

Photo

同店の焼き鳥もうまい。

なんと1本60円だよ。

いや~、いい店だ。

近くにあったらしょっちゅう買っちゃうのにな。

その鳥正のある京島の商店会は、キラキラ橘商店街という。

http://www2.ttcn.ne.jp/kirakira/

活気があるし、いろいろな店もちょっとだけ覗いてみたけれど、安いし、サイコー。
最寄駅は京成線だったら京成曳舟。東武線だと亀戸線の小村井駅。

市川からのスカイツリー

Photo_4

江戸川越しに眺めるスカイツリー。

スカイツリーを見に行くために近辺に行ったわけじゃないけれども、わざわざ土手に行ったのに、靄っているのは残念。天気が良く過ぎて、暖かだったのでしょうがないか。

スカイツリーの右側のほうに富士もうっすらと見える。

ぽっかぽか春の陽気だった。
この後、都内に昼メシを食べに・・・。

恵方巻

どうも関東人だからか、恵方巻なるものにまだ違和感がある。巻き寿司は好きだから、そういう風習が関東でも流行るのは反対ではない。今日、ほぼ一日ずっと外出していたので、回転ずし屋や和食屋のノボリをたくさん見かけた。今まで2月って外食産業にとっては苦しい時期だったのだけど、これで売り上げがアップするのかな。洋菓子屋はバレンタインデーもあるし、逆にあまりイベントが増えると、アクセントが無くなって、結果的にはそれほどプラスにならないのではないかとも思うけれど・・・。
イワシについては何故か昔から知ってるな。ヒイラギにイワシの頭をつけて玄関に飾っておくというのは、たぶん関東でもやってたんじゃないかな。

« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31