無料ブログはココログ

マイフレンズ

« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »

2010年8月

2010年8月30日 (月)

茂野製麺の酸辣湯麺

茂野の酸辣湯麺(スーラータンメン)がひとつだけ残っていたので、つくった。具は妻が昨夜つくった野菜炒めの残りを利用した。

旨いね。また追加しておこーっと。

Photo_4

青物横町の「麺ごっつ」

Photo

食べ物屋さんで、うまいと思った店はたいていブログで紹介しているけれど、たまに忘れていることもある。表題の店もそのひとつ。店を訪れたのが7月中旬。だから1ヶ月半経過している。

なんで忘れていたかというと、そのとき忙しかったというのもあるだろうが、気に入ったそういう店の紹介は、きっちりと書きたいので、まとまった時間を要するからだ。と、言いつつ、時が経ってしまうと、段々臨場感が薄れてしまうものなんだけどね。

京急の青物横町駅からすぐ近く、旧東海道沿いにその店はある。ラーメン屋にして、実は立飲み屋さん。だからどっちつかずで、味はあまり期待してなかった。でもそれがめちゃ旨い。ちゃんとつくっている。実にうまい。(写真はこくまろ醤油ラーメン 750円)

それと、つまみ類が200円からだいたい400円くらいでお安い。庶民の味方だ。ついつい長居してしまう。酒は色々種類が揃っている。きーんと冷やした八海山をぐびぐびたくさん飲んでしまった。

店長さんはじめ、スタッフの方々が皆感じよくて、そして元気で、行くだけで楽しくなってしまう店。また是非行きたい。店長さんはバイクのツーリングが趣味で、休日はあっちこっちに出没しているとか。幕張にも時々来るらしい。いつかばったり会ったりして。

http://www.shigeno.co.jp/contents/menkiko/mens48.htm
(↑)茂野麺紀行

2010年8月29日 (日)

海浜幕張駅のつけそば

海浜幕張駅の中のフードコートの前に「つけそば」の大きな垂れ幕が掛かっていて、それが以前から気になっていた。今日、たまたま食べることが出来たので、そのリポート。

「つけそば」といえば、茂野の「うましこつけ蕎麦」とか、愛宕(港区西新橋)の港屋の「つけそば」を思い浮かべる。港屋のものは麺が太くて硬く、つけ汁がピリ辛く、若干酸っぱい感じのインパクトのあるメニューだ。従来のラーメン屋の「つけめん」を蕎麦にしたものという感じ。

茂野のうましこつけ蕎麦は、つけ汁を既成品である「めんつゆ」をベースにラー油を入れて、楽しむというもの。いずれにしても、ぴり辛いというのが共通点。で、そのフードコート(「あずみ」だっけ?)のつけそばは如何に・・・。

価格は420円。つけ汁は醤油がベースで黒っぽく表面にはネギと脂が浮いている。半分に切ってゆで卵、しなちく、ネギが入っている。味は、濃いけれど、かつお出汁が効いた和風。辛くも酸っぱくもない。それから、そばは細めで、同店のほかのメニューのそばと同じ。つまり、つけそば用の麺ではない。

食べた感じは、なかなか旨い。そして、食べ終わった後にそば湯を貰って、薄めて飲むと、これがまた美味。420円という価格を考えると、なかなかグーである。

Photo_3

ブラボー! ベイタウン夏祭り

また今年も汗びっしょりになって、PAを操作させてもらった。朝からの設営でたいへんだけど、やりがいのある仕事だ。多くの人たちに聴いてもらいベイタウン・ジャズ・ストリートは盛り上がった。ビッグバンド(ベイサイドパラダイス)の演奏は圧巻だった。海江田トリオも色々な方々から「素晴らしい!」と大絶賛の声。ポップスでは玉城ちはるさん、ガラクタジェネレーションや、The Beersが素晴らしい演奏を聴かせてくれた。そして、幕張ケリーの演奏も良かった・・・かな。かなり暑い時期にやったので、お客さんもまばらだったけど、でも、楽しく演奏できた。下は、じゅんさんに撮ってもらい、メールで送ってもらった幕張ケリーの写真。お恥ずかすぃ~~。

皆々様に感謝します。有難うございました。

Photo

(↑)なんか、往年のぴんからトリオみたいな雰囲気になってきた。(笑)


<追記>
そうそう、玉城ちはるさんのステージが終わり、彼女たちが引き揚げるときに、彼女が汗でぐしゃぐしゃになった私にハグしてくれた。嬉しい~~。ファンの方々、どうだ、まいったか。

2010年8月28日 (土)

一日で3箇所からスカイツリーを眺める

1

幕張に住んでいると、海越しにスカイツリーを遠望できる。その日(一昨日)、異様なくらいまで未明から目が冴えて、短時間の睡眠にも関わらず、海まで散歩した。上の写真は日が昇ってから少し経った頃に撮ったスカイツリー。あまりパキッとしていない。

2

それから数時間後、今度は都内に仕事をしに行くときの途中。おなじみの新木場駅のホームからの撮影。ここで乗り換えるときには時々写真を撮っている。

こうして見ると、展望台のところから更に上に結構延びているもんだ。

3

さて、3箇所目はすぐ近くまで行って撮影したもの。実は青山で半定期的に開催しているミーティングが早く終わったので、半蔵門線1本で行ける気軽さから久々に近くに来てみたのだ。

展望台が出来てから威圧感のようなものが出てきた。

20世紀少年

T・レックス、いいね。「メタル・グルー」は当時の琴線だった。この映画の凄さ、もちろん原作もそうなんだけど、T・レックスに目をつけたところだと思う。1970年の万博の頃に少年時代を過ごした現代の40歳代後半が一番コアで、でも、それ以降の世代にも新鮮に映っているのか、大ヒット。我が家でも息子が真剣に観ている。なんとなく不思議な気分。豊川悦司がめちゃかっこいいな。

さ、今日はお待ちかねのベイタウン夏祭りだよん。

http://www.oretachi.jp/event10/natsumatsuri_2010.htm

2010年8月27日 (金)

レコ検を藤田朋子さんが・・・

本日、レコ検の公式ガイドが発売になる。
そして、そのオマケ(といったらなんだけど・・・)に、藤田朋子さんの朗読があるのだ。

http://ameblo.jp/tomoko-fujita/entry-10623426644.html
(↑)彼女のブログっす

2010年8月25日 (水)

久々の北習志野・大勝軒

茂野製麺の打ち合わせにぽんちゃんパパとケリーちゃんの3人で行って、その帰りに大勝軒に寄った。久々。目的はつけ麺の研究。ケリーちゃんには味の研究をしてもらい、大勝軒ライクな独自のスープをつくってもらうためなのだ。別に我々がラーメンスープをつくって売り出そうとしているのではない。単に商品撮影の準備というか、前段階なのである。

私は同店のつけ麺(もりそば)は何度か食べたけれど、普通のラーメンを食べたことが無かったので、そちらを注文。ぽんちゃんパパもそちらだ。ラーメンは魚粉の味がして、コクがあるのにあっさりという感じだった。チャーシューがちょっとぼそぼそしているのだが、これはこれでいいのかな。麺は歯ごたえの良い太麺。ボリュームもあって美味しかった。

ケリーちゃんは量が多いので苦労していた。半分くらい麺を貰った。スープ割りも私が殆ど飲んだ。うーむ、暫く食べていなかったので、大勝軒のつけ麺(もりそば)の味を忘れていたが、これほどまでに、すっぱくて辛かったっけ、と意外な味に驚く。

そうそう、半月ほど前に(もっと前だったっけ?)、海浜幕張の前勝軒の味は覚えていたのでそちらのと混同していた。あちらはマイルド。北習志野大勝軒のほうはもっとツンとくるような酢と辛味なので、根っこは同じでも全然違う味だ。

Photo_2

2010年8月24日 (火)

ベイタウン夏祭りパンフ

Photo

そもそも今年は(はっぴーもーるにベイタウン夏祭りのことを記載しているので)作成しない筈だったのだが、事情があって作ることになった。今、印刷中。明日には仕上がって、配布が始まる。表紙はご覧のように、ベイタウン・ジャズ・ストリートに参加してくださる玉城ちはるさん。ページ構成などは例年通り。スケジュールなどが記載されている。

ところで、この急遽つくることになった同パンフには、三井のアクアコースト様がスポンサーになってくださっている。有り難いことだ。アクアコーストは既に完成していて、どんどん入居が始まっている。何気なく、アクアコーストが出来る以前の写真は無かったかなあ、と思いつつ、過去の写真を探していたら、ちょっとオモシロイ写真が出てきた。写真というよりは同社の広告だ。

Photo_2

ご覧のように上空からの撮影。一般的な航空撮影ではなく、ベイタンだけにピンが合っているように撮影している。ひょっとしてフィルター効果か、あるいはあとでデジタル加工(遠方については自然のボケかもしれないが、手前のボケは加工している感じ。その為、トイカメラで撮影したような効果になっている。)でやっているのかもしれない。コピーが「海と川と街を楽しむ暮らし」となっている。素晴らしい。

2010年8月22日 (日)

パルプラザ夏まつり ワンダフル!

Photo

先週のエステシティ海浜幕張に続いて、昨日はパルプラザ幕張の夏まつりに関わらせて頂きました。パルプラザの皆様、お世話になりました。ご来場者、出演者の皆様、有難うございました。前日から、また当日、朝から晩まで、準備、運営、片付けと、パルプラザのスタッフの皆様、お疲れ様でした。それから、音響担当のまっきー、T山さん、司会を担当のケリーちゃん、ありがとね。ここでもお礼を言っときます。

今朝は、昨日遅かったのにも関わらず、早起きしました。つーか、自然に目がさめてしまったので、仕方なく早起きしたという感じです。歳取ると早起きになるっつーのは本当だすなあ。困ったもんだす。

起きた時に感じたのは、朝晩に窓から緩やかに吹き込んでくる風に秋の成分がかなり混じっていることですね。思わず、ぶるっとしました。わーん、夏が去ってゆくのだすなあ。悲すぃ~~っす。幕張ケリーの昨日演奏した曲の中に「夏をあきらめて」も入れてしまったのが余計に悲しさを助長させてしまったのかしらん。

それにしても疲れた。エステシティにしても、今度の土曜(8月28日)に開催するベイタウン夏祭りにしても、半日だから疲れも程ほどだけど、幕張音楽祭と、パルプラザ夏まつりは、まるまる一日、文字通り朝から晩までのイベントなのでかなり疲労する。昨日も流した汗はハンパじゃなかった。タオルが午後になってもう汗でびしょびしょになって、汗を拭うことが出来なくて、しょうがないので、水で濡らし、よく絞って使っていたのだけれど、途中で納豆の香りになってきた。来ていたTシャツも、汗でびしょびしょ。相当気持ち悪い。

でもね、疲れた、気持ち悪いなんていうことを忘れてしまうくらい素晴らしいイベントだったことは間違いない。オープニングの福山裕子さん、続く、きしのりこさんの素晴らしい歌声、そして、ソロで力いっぱい歌ってくれたナッキーや、渡辺ヒロ子さんのピアノ弾き語りも良かった。ダンススケッチ、フラダンスのチームもいい感じ。スタッフでありながら、素晴らしいステージを堪能させて頂いた。続く、幕張ケリー。いや~、毎回色々と問題だらけだけど、楽しかった。

その後、タッキー&ベイ中、ナックス、ガラクタ・ジェネレーション、A for Realと、レベルの高いバンドが続々と登場。暗くなってもお客さんは帰らない。むしろ段々増えてゆく。夕闇の中での彼らの演奏は素晴らしかった。楽しかった。サイコーだった。パルプラザの皆さんにも褒めて頂いた。嬉しいことだ。是非是非来年もよろしくお願いしたい。

そうだ、パルプラザのS田さんにも幕張ケリーを褒めて頂いた。それって、かなり得点が高い。ちょー嬉しい。ダンススケッチのI津さんにもお褒め頂く。エステシティの林さんにもお越し頂く。有難うございます。

片付けが済んで、ごくごく内輪のスタッフだけで打ち上げをする。ビールがめちゃくちゃうまい。だけど、深夜12頃にはもう眠くなっていた。公園のベンチに座って、そのまま寝込んでしまいそうだった。夜風が気持ちいいしね。その頃、タッキーたちのチームはまだまだ盛り上がっていたのかもしれない。とにかく、皆さん、お疲れさん。さて、次はベイタウン夏祭り。よろしくお願いします。

http://baytown.dokkoisho.com/shiba/zaki18/shibazaki_893.htm

2010年8月21日 (土)

パルプラザ幕張 夏まつり2010

本日、11時開催です。
来場者プレゼントもありますので、お早めのお越しを!
ライブステージもよろしく!

ナッキーさんの久々のソロ出演もあります。

      ☆  Shedule ☆

11:20~11:50  幕張ケリー(サウンドチェック)
----------(Start)-------------------------
12:10~12:40  福山裕子
13:10~13:40  きしのりこ
13:55~14:25  Nacky (ex. BCU) 
14:40~15:10  渡辺ヒロコ
15:20~15:40  ダンススケッチ
15:50~16:30  フラダンス
16:40~17:00  幕張ケリー
17:15~17:45  Tackey and BayChu
18:00~18:30  ナックス
18:45~19:15  ガラクタジェネレーション
19:30~19:55  A for Real
----------(End)-------------------------

http://www.oretachi.jp/event10/palplaza-summer2010.htm

ベイタウン・オータム・フェスタ

昨年は井手麻理子さんをゲストにお招きして開催したベイタウン・オータム・フェスタ。海浜デッキ(仮称)の着工記念イベントでもあった。海浜デッキは、ベイタウンのバレンタイン通りと海に面した公園を結ぶ橋。広い海浜ストリート(正式名称はわからない)をまたぐ歩道橋である。本来ならば、今年開通だった。着工が延期になったので、今年は別のイベント(スタンプラリー)に切り替えた。

ところが、いよいよ工事が着工。完成は来年の春になるという。楽しみですな。以前、ベイタウン商店会としては、橋を渡った向こう側に楽しい施設(例えば遊具を充実させるとか、商業施設をつくるとか)を県(企業庁)に提案していた。橋の開通が現実になるのであれば、再度、あのどうなっちゃてるかわからない公園の有効活用をお願いしたいものだ。

http://www.oretachi.jp/event/autumnfes09.htm
(昨年の同イベントの告知ページ)

ぽんちゃんスタジオ

Photo

先日、カメラマンのM村氏のスタジオに見学に、はっぴーもーるの取材に来ていたケリー氏と一緒に行った。M村氏はぽんちゃん(写真の奥のほうで女性に抱っこされているわんちゃん)のパパである。スタジオに行ったのは。今度、一緒に仕事しようということで、その打ち合わせも兼ねてだ。

スタジオは稲毛と西千葉の間くらいの閑静な住宅地にある。外見はあまり目立たないけれど、中は物凄く広い。人物など、かなり引いて撮れる。バイクとか、楽器なども置いてある。3万円で買ったというドラムもある。素晴らしい。そうそう、彼は「おやじナイフ」というバンドのリーダーでもある。彼らの練習もそのスタジオだそうだ。

いいな。遊びと仕事が一緒になっているような事務所って、憧れなのだ。ぽんちゃんはほぼ一日そこで過ごしている。おかめインコもいるし、熱帯魚もいる。ぽんちゃんママもいる。広いスタジオだけど、色々な生き物がいて賑やかだ。

2010年8月19日 (木)

パルプラザ夏祭りに

8月21日(土)パルプラザ夏祭りにASLANの福山裕子(FUKUYAMA HIROCO)が出演することになりました。
乞うご期待!
出演は、12:10~12:40です。
お見逃しなく!
CD販売、サイン会も開催いたします。

ASLAN
2009.11.5結成HIROCOを中心に結成されたASLAN(アスラン)。メンバーは数多のバンドで経験を積み集った実力派揃いのバンド。メンバーの持つキャラクターもそれぞれに個性がありバンド内で異種格闘技戦のよう。70'sの個性の強い女性ヴォーカルの時代に影響を受け、「ロックディーヴァ」をバンドスタイルに掲げその系譜を継いでいく。どこか懐かしさも感じる歌声はバラード、ハードロック、へヴィーな曲までサウンドを選ばない。ヴォーカルHirocoの特徴的なビブラートは真似の出来ないまさに持って生まれたもの。ASLAN(アスラン)・・・強さと優しさの象徴としての言葉をバンドの名前にしたいと命名。トルコ語では獅子の意味。

http://aslan-music.net/
ASLAN オフィシャルサイト

Aslan 

http://www.oretachi.jp/event10/palplaza-summer2010.htm
パルプラザ幕張「夏祭り」 2010.8.21 SAT

パルプラザ幕張の夏祭りの開催時刻は、11:00~20:00です。もちろん、入場無料。冷たいビールや、美味しいものがたくさん揃っております。ガラクタジェネレーションやTackey and Bay-Chuも出演します。幕張ケリーも出演します。どうぞ、遊びに来てください。


追記
ひょ、ひょっとして、福山裕子さんって、あのChisatoCCBのF山さんのお嬢さんじゃないかしらん!!
と、思って、今、あたふたとしてF山さん宛にメールを送ったところなのだ。はふはふ。お嬢さんだとしたら、いっしょけんめいに応援しなきゃ。

2010年8月18日 (水)

成田高校ベスト4に!

凄い。
強打の関東一高に競り勝つ。
そして次はベスト4の戦い。
ベスト4に進出したのは58年ぶりだとか。

配色などを変更

今更ながらだけど、あまりにも暑いので、せめてブログの配色を変えて涼しさを演出したらどうだ、っつうことで、やってみたけど・・・、どうでしょうか。寒くなったらまた暖色系に戻そうかと思うのであります。

2010年8月16日 (月)

エステシティ海浜幕張のビアガーデン(夏まつり)

夕涼みの芝生でビール。そして、焼き鳥に枝豆。そんないい感じの夏祭りがエステシティ海浜幕張(ヨーカドーの隣のマンション)で開催された。ライブステージにはベイタウン中年バンドがお招き頂き、気持ちよく演奏させて頂きました。たくさんの方々から拍手を頂戴し、嬉しかったっす。エステシティのスタッフの皆さん、有難うございました。

出演は、タッキー&ベイ中(タッキー、じゅん坊、KAZ、ベガ)、幕張ケリー(ケリー、まっきー、おじちゃん)の2ユニット。ローディでなおちゃん。強風だったけど、なんとか無事に演奏が出来てよかったです。反省点としては、コード譜がまったく見えず、堂々と間違ったコードを弾いてしまっていた私です。100円ショップでLEDのライト買ってゆけばよかった。すみません。

演奏終了後、一旦荷物を片付け、飲み会。ビールがうまかった!!

2010.8.14 SAT

Photo

http://www.ec-makuhari.com/contents02/10_06.htm  

[追記]

身内を褒めるようで申し訳ないのだけど、タッキーユニットは凄いね。歌も凄いし、演奏も凄い。かっこいいし、気持ちがいい。21日(土)にはパルプラザの夏祭りに出演するので、(このブログをご覧の)皆さんも是非聴きに来てください。サイコーっす。幕張ケリーも出るよん。エステシティで、(幕張ケリーとして)初めて「花嫁」(はしだのりひことクライマックス)を演奏させてもらったんだけど、気持ちよかったので、次回もやります。

「花嫁」って、かつて大ヒットした名曲で、私の世代には誰もが知ってるのだけど、ケリーちゃんはまったく知らなくて、3日前に初めて聴いたらしい。そんなものなのかなあ。だいたい「夜汽車に乗って」とか、歌詞がまるっきり古いしね。「帰れない何があっても」みたいなのも今の時代とはまったく異なるね。


(写真は林さんご提供です)

2010年8月14日 (土)

お龍(真木よう子)

真木よう子は印西市の出身。役柄か、最初に(龍馬伝に)登場してきたときには陰気な雰囲気で、かつ、声も低いので、もうちょい愛嬌があってもいいんじゃない?と思った。でも、今は段々良くなってきている。美人だし。随所に可愛らしさが出てきている。演出家のうまさもあるのだろう。前回のストーリーでは、千葉サナに控えめなヤキモチを焼くような雰囲気がとてもよかった。

木更津

木更津の実家にいる。ビール飲んでごろりとしていたら、そのまま畳の上で寝てしまった。畳の上で寝るっつうのは気持ちがいいね。しかし、3時半は早起きしすぎだろう、いくらなんでも。もうちょい寝たい。

2010年8月13日 (金)

草刈りしようか

未明に散歩していたら、急にギターを弾きたくなって、家に戻りクルマの中に置きっぱなしになっているギターを持って海辺で弾いてみた。なぜか「もとまろ」の「サルビアの花」を弾きながら、蚊の鳴くような声で歌った。早朝とはいっても、散歩している人が多くて恥ずかしいのだ。でも、すぐに左手の指が痛くなってやめた。練習が足りないから指先がヤワになっているだ。ライトゲージでもテンションが強く感じる。今日にでももう少し柔らかい弦に替えておこう。

それはいいのだけど、この界隈を歩いていて目についたのは、舗道の脇とか中央分離帯に生い茂っている夏草だ。背丈が大人の膝よりも上になっている。本来ならば芝がベースになっている箇所だから地表から5センチくらいのところでカットされている筈なのだ。年に何度かは県の土木から委託された業者が来て、綺麗に刈ってゆくものの、そのインタバルでは足りない。ぼうぼうになっている期間が長すぎる。もちろん、予算ありきで、しょっちゅう草刈りをやっているわけにはゆかないのだ。

であれば、この私のように草刈りを趣味にしている人間に委託すればいい。無料でもいいし、飲料と汗を拭くタオルを支給してもらえれば、ガンガンやってしまうよ。出来れば、終わった後に冷たいビールを飲みたいので、居酒屋で軽く飲めるくらいの日当があると更に嬉しい。草刈り機の燃料の混合油を買うお金(実はめちゃ安いのだ)も欲しい。でもでも、一般的な業者さんに頼むよりもかなり格安でやることは間違いない。何人かで幕張草刈り社中を組んでもいいぜよ。

ちと、真剣に考えてみて。>県のご担当さま

そうそう、意外だけど、あのハカマンさんも実家に帰ると草刈りをするらしい。あんなにギターのうまい人が草刈りするなんて、物凄く嬉しい。草刈りをする人に悪い人はいない。草刈りサイコーっ。それ、今日の結論。

でかい顔

私が何故写真を撮られるのがあまり好きじゃないかというと、顔がでかく写るからなのだ。顔が小さめの、例えば女の人と一緒の写真に収まると、顔のでかさが余計強調されるのだ。いや、実際に顔がでかいからそれはしょうがない。写真を撮られるときは、なるべく後方のポジションで小さく写るような工夫をしている。

昨夜、アントニオ猪木と一緒に肩を組んで写真を撮られている夢を見た。なんでそういう夢を見るのかはわからない。だから夢なのだ。仕上がった写真を見たら、私とアントニオ猪木の顔のサイズはそれほど変わらなかった。夢だとは言え、彼は実はそれほど大きな顔をしているわけじゃないのかもしれない。バランスとか造作がでかい顔の印象をつくっているのだろう。(よく考えてみれば、猪木さんとは3度お目にかかっている。)

さて、今日は墓参りだ。

ヤキソバをマジメにつくった

息子の分と私の昼食にヤキソバをつくる。過去にヤキソバをつくったのは何度かあるが、どうも納得の味を出したものは無い。お好み焼き屋さんで食べるようなチープながらも旨いというあの味にならないものか。一体何が違うのか。フライパンと鉄板の違いなのだろうか。キャンプで食べる鉄板のヤキソバ然り、旨いよね。食材の違いもあるのだろうか。

色々そういうことを念頭に、今回はかなり旨いヤキソバを目指した。気合十分。鉄板じゃないけれど、大きめのフライパンで鉄板気分。食材は全てリンコスで調達。キャベツ、もやし、豚肉、ヤキソバ用の生麺。豚肉はちょい高めのものを買って、贅沢にふんだんに入れた。キャベツは今高いなあ。まいった。最大火力で一気に野菜を炒める。味付けは付属のソースに、隠し味にめんつゆ少々、ごま油少々。スパイスは多い目に入れる。唐辛子をちょいと入れ、辛味を強めた。

おお、いい感じ。盛りつけも旨そうに見せるために一苦労。アツアツではふはふしながら食べた。おっと、写真を撮るのを忘れた。味は・・・、まあ、そこそこ旨い。完璧ではないけど。息子の感想は、「まあね。」のひと言だった。「まあね。」はないだろう、「うまい」って言えよ。最近、急激に生意気になっている息子にそんな言葉を強要しても仕方ないので、「まあね」=「うまい」ということで取り合えずは満足した。

それにしても何が違うのか。やっぱ、お好み焼き屋さんでつくるヤキソバにはならなかった。あ、でもね、たまに都内で食べる居酒屋のヤキソバよりも旨いかもしれない。

2010年8月11日 (水)

冷やし担々麺

以前にちょっと触れたけれど、じゅんちゃん(A)がバーミヤンで冷やし担々麺を「うまい!」と連発していたので、俺も絶対に食べてやるぞと思ってたところ、いつだっかな、最近、新聞の折込に、旨そうな冷やし担々麺の写真付きのチラシが入った。バーミヤンよりもセンスが良さそうな感じなので、じゅんちゃんに対抗して食べにゆくことにした。チラシを良く見ると、それはニューオータニ幕張のチラシなのだ。そうか、すっかり忘れていた、ホテルにも中華料理店があるのだ。たまにはちょっと贅沢でもしてみるか。そう意気込んで、財布に5千円以上入っていることを確かめて、出かけることにした。ところがだ。何気なくもう一度チラシを見たら、2,310円という白抜きの文字に気づいた。ははは、まさか。冷やし担々麺が2,310円するなんてことはない。きっと、ランチビュッフェのお値段なのだ。気にせず、靴を履く。

ちょ、ちょい待てよ。玄関の扉を開けたところで、急に不安が訪れた。家の中に上がり、もう一度確認してみた。な、なんと、冷やし担々麺だけで2,310円なのだ。因みに写真の隣にあるスパイシー海老そばはなんと3,300円。とてもじゃないけれど薄給の私ごときが手が出る金額ではない。もちろん出かけるのは中止。しかも、猛烈に悔しさがこみ上げてきた。私にとっては高いけれど、この近辺の高給取りは、平気で家族揃って食べに行くんだろうな。しかも、高級な紹興酒なんか飲みくさりおって。おちびちゃんなんて、半分くらい残すだろうし。ううう。中華料理のチラシを見て悲しくなるなんて初めてだ。涙が出る寸前。気を取り直した。行き先変更。幸楽苑に向けてクルマで出発。もちろん290円の中華そばに180円の餃子、そしてチャーシュー丼をセットにして食べるのだ。うひひひ。どうだ、まいったか。情けない。

Photo

2010年8月 9日 (月)

やったぁ~キリ番ゲット!!

「111111」なのだ。
といってもなあ、自分のブログだから意味ないか。(苦笑)

実はそれでも嬉しいのだ。

Sonido del Vientoの山本さんから

先日、幕張音楽祭で熱演してくださったSonido del Vientoさんからメールを頂戴したので、皆様もお読みください。(メール公開の許可を頂いてます。)

>>幕張の皆様へ
>>
>>7/31 幕張音楽祭
>>
>>8/7 Mihama Music Jack!
>>
>>と2週に渡り大変お世話になりました。
>>
>>幕張音楽祭は活気に溢れ、スタッフの皆さんの団結力が目に見えて伺えました。
>>仙台から参加という事であまりお手伝いもできませんでしたが(すみません)
>>そんな私たちにも暖かく暑く、いや熱く接して下さり
>>本当に感謝しています。
>>
>>翌週のミハマNRでもお祭りムードの中、楽しく演奏させていただきました。
>>暑い中、最後まで聴いて下さる方もいらして嬉しかったです。
>>
>>幕張はこれまでも何度か訪れていて、何かと縁がある街だなぁ…と思っていましたが
>>「これを機にSonidoの関東HOMEにすべく、また是非行きたいね(^-^)!」
>>
>>というような話を二人でしていた矢先、
>>千葉ロッテマリーンズのイベント担当の方から
>>思いもかけないオファーをいただきました!
>>
>>昨日、サマソニ真っただ中のマリンスタジアムにて
>>担当スタッフMさんと打ち合わせをしてまいりまして
>>8月31日(火) VS 楽天 の試合にて、
>>GAME開始前の国歌演奏と、イベントステージでのライブが決定しました!
>>
>>あまりの急展開にドギマギしていますが
>>光栄です。嬉しいです!
>>精一杯、Sonidoらしい国歌とライブで
>>マリーンズファンの方たちに楽しんで頂ければと思います。
>>
>>Marin at Marineスタジアム(笑)
>>よりによってVS楽天のゲームなので「仙台から来ました♪」なんて言ったら
>>大ブーイングを浴びそうですが、そこは「Marinです♪」という事でカバーします(笑)
>>
>>平日のナイターですが、お時間があればまた是非お会いしたいです。
>>本当にありがとうございました!!
>>今後ともどうぞよろしくお願いいたします<(_ _)>
>>
>>+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
>>
>> ♪ Sonido del Viento 山本さとみ&Marin ♪
>> 
>>URL : http://www17.plala.or.jp/sonidel/index.html

Sonidos

*えーとですね、解説しますと、Sonidoの笛を吹いているほうの彼女のお名前は、まりんちゃんといいます。まさに偶然なんっすけど。

2010年8月 8日 (日)

スティービー・ワンダー

サマソニ、行ってきたよん。スティービー、最高。世界一歌がうまい。間違いない。60歳になってもまったく衰えを知らない。しかも、1時間のステージの殆どが歌い放し。大丈夫なのかとさえ思ってしまう。感無量。マリスタの3階席だから豆粒くらいにしか見えない(もちろんオーロラビジョンで観ることは出来る)のだけど、でも、その臨場体験というのは凄い。いい想い出になった。ライブ終了後の花火も綺麗だった。

幕張にスティービー・ワンダーが来たのはめちゃ嬉しい。何はともあれ、クリエイティブマンは偉い。来年はポール・マッカートニーを頼む!

時間の関係で3つの出演者しか観なかったけれど、どのアーティストも「I LOVE TOKYO」と叫んでいた。幕張とは言ってくれないのだ。まあ、サマソニの東京会場ということなので仕方ないのかもしれない。東京ディズニーランドも浦安なのに東京だけど、東京からもっと距離のある幕張が東京というのにはちょっと抵抗がある。待てよ、東京ドイツ村っていう例もあるな。(笑)

スティービー・ワンダーのステージの前に、サマソニ会場で賑わい研の出しているブースに立ち寄り、勝浦担々麺を食べる。今年の初春に有名店の前を通ったのに、残念ながら営業してなくて、あれ以来、いつ食べられるのだろうと恋焦がれていたのだ。ピリ辛く、というか、結構キョウレツに辛いのだが、でもそれほどしつこくない旨さだった。
勝浦式担々麺は、ラー油ブームよりも若干早くブレイクしていたのが、凄いと思う。ナッキーさんもそれに目をつけていたのは先見性があると言っても華厳の滝、もとい、過言ではない。



[追記]

今、思い出した。彼のステージで一番驚いたのは、30人くらいいるメンバー紹介。まるでアンチョコを読んでいるように早口で一人一人を紹介してゆく。全然つっかえない。頭がいいのだ。健常者が、メンバーの顔を見ながらでもなかなかああはゆかない。まあ、彼の場合、複雑な展開の楽曲だって全部頭の中に入っているわけで、メンバー紹介くらいへのカッパ(なんとも酷い表現だ)だ。とにかく凄すぎるのだ。

Arcadia and Sonido del Viento

昨日はミハマNRでのライブ。いつものように「Arcadia」(アルカディア)のマネジメントとして私も現地へ。同所の彼らの出演は今年で2回目。一昨年、昨年のCROSSの時はもっと頻繁だったが、このご時勢で予算も厳しくなっているので、難しいらしい。H野さんは彼らのことを気に入ってくれているので、またライブがたくさんあるときには是非お願いしたい。

それにしても毎度々々、Arcadiaの演奏は素晴らしい。カツユキ、カツヤのCROSSのコンビにタケハルのめちゃ凄いベース、まー君の天才ドラムが加わってからのグルーブの良さは圧巻。めちゃかっこいいのだ。H野さんがアンコールと叫んだ。H野さんからのアンコールなんて滅多なことで無いことだ。春に出演したSHOGUN以来だ。

Mihama01

http://www.myspace.com/a-dia

それから「Sonido del Viento」のステージも楽しませてもらった。この前の幕張音楽祭のときは2つの会場で行ったり来たりしていたので、落ち着いて聴かせて頂くのが出来なかったが、今回はじっくりと彼女達の素晴らしさを堪能した。Marinさんはケーナだけではなくアイリッシュ・ホイッスル、オカリナなども使用する。加えて、独特の民族楽器的なボーカルも素晴らしい。キーボードの山本さとみさんのつくった楽曲の素晴らしさもあって、聴きやすいし、癒される。本拠地が仙台だからなかなか幕張界隈にお呼びするのは難しいけれど、関東地区でもそこそこ演奏に来る機会が多いらしいので、うまくツアーなどでタイミングが合えば、幕張の界隈のライブイベントに是非出演してほしいのだ。

Mihama02

http://www17.plala.or.jp/sonidel/

偶然だけど、ChisatoCCBのゴルゴさんも会場に来られていた。

そうだ、肝心なことを忘れてた。
ぽんちゃんパパこと、M村さんの「おやじナイフ」が初出演。彼はギターとボーカルを担当。ベースはなんとツイン。ちょっとよく分からないツイン。(笑)

ライブが終わった後、千葉港の花火大会だった。ミスターマックスの屋上で観た。今まで千葉港の花火を一番近くで観た。と言っても、まだまだ距離があるので、びっくりするほど大きくは見えない。幕張だと尺玉こそ無いけれど、やっぱマリスタの花火を間近で観ることに慣れているから、わざわざ観に行くこともないな。

http://baytown.dokkoisho.com/shiba/zaki18/shibazaki_885.htm

2010年8月 7日 (土)

サマソニ前夜祭

仕事をすっぽかして会場に。7時半頃に行ったら、「唱頂の大員」がちょうど演奏していた。会場で賑わい研の方々にお会いした。風が強く、結構涼しかった。ラストステージは「つるの剛士」。有名人らしい。実は私、まったく知らなかった。情けない。KAZさんたちと、草むらで飲んだ。

http://baytown.dokkoisho.com/shiba/zaki18/shibazaki_884.htm

さあて、今日、明日はサマソニだ。明日はなんと、スティービーワンダーだよん。

私は今日はミハマNR。私の担当のアルカディアのステージがある。
アルカディアは15時から。
その後、Sonido del Vientoのステージも。
皆さん、来てね。

玉城ちはる

Photo

今年のベイタウン夏祭りパンフを現在制作中です。
今年の表紙を飾ってくれるのは、シンガーソングライターの玉城ちはるさん。

http://chihachiharun.jugem.jp/

ライブは5番街-6番街の交差点(蔵の角)で18:40からの予定です。
お楽しみに。

2010年8月 6日 (金)

バーミヤンの酸辣湯麺

バーミヤンのチラシに酸辣湯麺が載っていて、それが凄く旨そうだったので、食べに行った。酸っぱくて、辛くて、まずまずだ。ラー油たっぷり。麺がもうちょいモチっとしていたらいいかな、とは思った。値段が599円+税。最近は普通のラーメンでも700円を越えるのは当たり前だから、チェーン店とは言えど、安いと思う。幕張音楽祭のあった日の深夜、じゅん坊が冷やし担々麺を食べて、盛んに「うまい!」を連発していたので、次に行ったときはそれにしよう。

バーミヤンは酸辣湯麺を「サンラータンメン」と呼んでいる。大多数の店は「スーラータンメン」という。茂野の手折りめんシリーズも「スーラータンメン」だ。ベイタウンのチンタンタンは、「スーラーメン」とメニューに書いてあった。どの店もそれぞれ見た目、具、味とも個性的で、だから茂野製麺の撮影のときにはなにがベストなのか考えすぎて苦労した。(ケリーちゃんのお陰でうまくいったけど・・・。)

最近、酸辣湯麺はカップ麺でもあるらしい。

http://baytown.dokkoisho.com/shiba/zaki18/shibazaki_883.htm

2010年8月 5日 (木)

【幕張音楽祭】 on Cable TV

JCN千葉(ケーブルテレビ)に幕張音楽祭のことが取り上げられました。
あの人のインタビューもあります。

http://www.youtube.com/watch?v=siOhXd1wDhQ

2010年8月 4日 (水)

【幕張音楽祭】 写真集

すみません、ちょっと作業が遅れてまして、もう少々お待ちください。

クーラーが無くて・・・

実は私の職場にはクーラー(エアコン)が無い。
天然の風をそよそよと入れ、そして縦型の扇風機をブーンと回して涼を取っている。ま、でも、風通しがいいので、そんなに暑くは感じない。やせ我慢というのもある。(痩せてないけど。)
三十年近く前に暮らしていた都内のアパートなんて、西日がガンガンで、室温は常に30度を超えていて、とても部屋に居られる状態じゃなかった。それに比べりゃ天国だ。ヘタにクーラーの効いた部屋に居れば、外に出るのが嫌になって営業活動が出来なくなる。

都内に何箇所かの飲食店を経営するF田さんとこの前電話で話した。彼はこの猛暑で仕事にならないと言って、最近事務所にクーラーを入れたらしい。事務所といっても自宅を兼ねていて、事務処理をする以外には殆ど店に居るので、滞在時間は長くないらしい。でも、何十年もクーラー無しだった事務所にクーラーを入れるというのは今年の夏がハンパじゃなく暑いってことだ。7月の猛暑は明治何年からだかの観測史上初ということだし、ロシアでも平均気温がびっくりするほど上がっているという。

熱中症で亡くなっている人も多い。熱中症は何も炎天下の外でなるだけではない。家の中に居てなるケースのほうが多いらしい。家にクーラーがあって、猛暑でも室温が25度以下に保たれている家の人が亡くなるということは考え難い。であれば、何故、お年寄りが熱中症で亡くなるのだろう。答えは簡単だ。単にクーラーが無いだけだ。あるいは、電気代を惜しんでクーラーを点けないかだ。暑くて寝られない、食欲が無い、だるい、そして段々弱ってゆく。

お年寄りでも何不自由なく暮らしている人が熱中症になるなんてあまり考えられない。即ち、経済力が生死を分けていると言っても過言ではない。これからどんどんそうなる。金持ちはどんどんクーラーで室温を下げ、その排気でどんどん世間は暑くなる。都内の密集地帯ではおそらく千葉よりも1~2度高いと思う。クーラーの無い家の人が熱中症にならないわけがない。貧乏人はせいぜい公園の木陰に座って幾分涼しくなるのを待つしか手立ては無い。

テレビのニュースでも盛んに「熱中症に注意しましょう。」なんて言っているけれど、クーラーでギンギンに冷えたスタジオから言われてもまったくリアリティのかけらも無い。それよりも、経済弱者に、涼しく過ごせる環境を社会が与えてあげるか、涼しいところでお年寄りが過ごせるようなシステム(無料で過ごせる施設などをつくる等)をつくってあげることが大事じゃないのかと思うのだ。

2010年8月 3日 (火)

七輪さえあれば・・・

少し涼しくなって、人が殆どいなくなった海岸に七輪を持って行き、そして魚の干物とか、イカ、貝などを焼いて、それをツマミに酒を飲む。かつて私が得意としていた究極のアウトドアグルメなのだが、ここ何年かはそういうことをしていないな。今、チューハイを飲みながら仕事していて、ふと、「そうだ。それをしなきゃなんない!!」と心に固く誓った。

誓ったからには、決行しなきゃなんない。

誰か付き合わない??

*   *    *

今野雄二さんが亡くなったそうだ。
ショックだな。
お洒落に生きてて、俺とは対極だったけど、憧れてたなあ。
合掌。

Tackey and BayChuがエステシティのビアガーデンに・・・

さてさて、幕張音楽祭が終わり、ひと段落。
8月になってしまった。
8月というと、夏休みが40日もあるこども達でも、ああ、もう8月か、なんて思ってしまう季節なのである。

さて、今週の金曜日はサマソニの前夜祭、土日はサマソニの本番なのである。金曜日の夜は私も現地に行ってみる予定。でも土曜日はミハマNRに行く。久々のアルカディアと、幕張音楽祭でも素晴らしい演奏を聴かせてくれたSonido del Vientoが出演。彼女達はもうご存知の方もいらっしゃるかもしれないけれど、母娘なのである。

マリーンズの音響担当のMさんが気に入ってくれて、なんでも近々試合開始前の国歌斉唱をケーナで演奏するとか。ナイス!!

それから、8月14日(土曜日)、18時から・・・。
エステシティの中庭でビヤガーデンが開催される。生ビール(中ジョッキ)が300円という嬉しい価格。音楽ライブもある。幕張音楽祭で活躍した「Tackey and ベイタウン中年バンド」の生バンド演奏があるのだ。楽しみ~~。幕張ケリーも出演しちゃうのだ。すんません。ポリポリ。

http://www.ec-makuhari.com/contents02/10_04.htm

Photo_2

だがしかし、自分ちのマンションの夏祭りに、他のイベントがあって出られない私。それも悲しいのだ。焼肉食いたい~~。って、関係ないか。

起動が速くなるソフト

S社で1,980円で買ったソフト。ワードやエクセル、PDF、インターネット・エクスプローラーが驚くほど速くなる、つうことで買ったのだけど、インストールしたら、逆に正体不明の低速感。ぐぐぐっと負荷がかかったように、アプリケーションが暫くフリーズ気味。アプリが立ち上がるのに、従来の2倍くらい時間がかかるし、ファイルの保存をする際には一瞬画面が乱れ、不安がよぎる。いったいこのソフトってなんなのだ。

CB750Four(K0)

Cb750fk0

うわーー、めちゃくちゃ欲しいのがデァゴスティーニから創刊された。
1/4スケールっつうのが凄い。

http://deagostini.jp/hcb/

このCB750Four(K0)は、80回で全てのパーツが揃うようになっている。80回つうのは、どんでもなく凄いのだ。1ヶ月に2回としても、2年以上もかかるし、お金もかかる。初回は690円で、次回からいくらになるのだろう。1,500円くらいかな。クオリティから考えると10万円以上の価値はあると思うから、そのくらいなのかな。

確か、県のK坂さんが同社の安土桃山城にチャレンジしていたのだけれど、どうなったのだろうか。その後を知りたい。ディアゴスティーニの方式じゃなけれど、自分でつくるボトルシップを挫折した知人がいる。彼は物凄く簡単に考えてたらしいのだが、3ヶ月経ってもやっと1/10くらいしか進行しなくて、そのうちにパーツの紛失やら仕事が忙しくなったのやらで、最後には捨ててしまったらしい。

私はプラモデルも好きだったし、若いときにはそこそこメカ好きだったのだが、今は面倒なものが厄介になっている。つくるよりも完成品が良い。完成品を改造するほうが好きかな。その時間も取れなくなっている。いつか、ブランデーを飲みつつ、葉巻をくゆらせながらボトルシップをつくりたい、なんていう夢を持ったこともあるけれど、現実はこうして少しの余暇も無く、あっても公私に渡ってPCに前のめりになってタイピングしているのだ。情けない。

#そういう意味でもリアルな世界を体現できた「幕張音楽祭」は素敵なイベントだった。

2010年8月 2日 (月)

【幕張音楽祭】 ケーブルテレビで放映

皆様へ

すみません、ご連絡が遅れましたが、実は本日、ケーブルテレビ(千葉)で「幕張音楽祭」のことが放映されます。

時刻は、
(1)18:00~
(2)19:40~
(3)20;40~
(4)21:40~
(5)23:40~

の5回です。
おっと、1回目は終了してますね。
うわ、2回目も終了してます。(泣)
と、言いつつ、観ました。(笑)

ところで、色々な方々からメールを頂戴しておりますが、個別のお返事が難しくなってまして、この場をお借りして
お詫びいたします。

# ホッソさんが、でっかく映ってて驚きました!!

パルプラザ夏まつり

海浜幕張北口、徒歩5分のショッピングセンター「パルプラザ幕張」の夏祭りページをオープンしました。ライブステージの詳細は未定ですが、先日好評だった幕張音楽祭のタッキー&ベイ中や、クウセツ、安井則之&ガラクタジェネレーションなどのバンドが出演いたします。幕張ケリーも演奏させて頂きます。よろしくお願いします。

http://www.oretachi.jp/event10/palplaza-summer2010.htm

2010年8月 1日 (日)

【幕張音楽祭】 御礼

スタッフの皆様
関係各位
出演者の皆様

昨日はお疲れさまでした。
天候も良く、おかげさまで無事に楽しく開催できたこと一重に皆々様のお陰です。
有難うございました。

企画者の一人として、また運営者の一人として、このイベントに深く関われたのはたいへん幸せでした。心から御礼を申し上げる次第です。また至らぬところは随所にあり、その点は申し訳ございませんでした。

昨夜は出演者の方々(一部)と深夜まで美酒に酔いしれておりました。疲労もあり、今朝はやや体調不良です。

と、まあ、ここまでは神妙にご挨拶。

しかし、楽しかったけれど、暑かったなあ。水やお茶のペットボトルを3~4リットルくらい飲んだ。滝のような汗もハンパじゃなく凄かった。司会のアキラちゃんもケリーちゃんもご苦労さんでした。またこういうイベントをやりたいっすね。ではでは。

準備が出来たら、オフィシャルページに演奏の光景などをアップするざんす。


【追記】
安井則之さん(ガラクタ・ジェネレーション)のブログに幕張音楽祭のことが載ってました。
http://blog.livedoor.jp/nanashiboshi1968/

« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »