無料ブログはココログ

マイフレンズ

« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »

2010年6月

2010年6月30日 (水)

北総線の値下げに関するニュース

日本一運賃が高いと悪名高き北総線がなんでも今年の7月中旬から若干値下げするらしい。値下げするためには近隣の市町村(実際には全て市になったのかな?)と、県が補助金を出し合ってということが前提になっている。ところがだ、今朝の新聞を見ると、なんと白井市が市議会で補助金を出さないことに決めたらしい。これはいったいどういうことなんだ。それに対して森田知事は白井市の肩代わりはしないらしい。まあ、それは当然だろう。鎌ヶ谷市も、白井市が払わないならうちが払うというのもおかしい、みたいなこと言ってるようだ。北総鉄道の事業体は、へたすると、値下げしてもすぐに元に戻さなくてはならないかもしれないという。うーむ。不可解だ。なんで白井市だけが補助金を出さないんだろうか。それとも、補助金を出すことのほうがよくないことなのか。北総線を利用しない人もたくさんいるだろうから、そういう人の論理なのか。高速道路無料化の話にも似てるかも。どなたか詳しい人、解説してちょーだい。

# 白井市といえば、白い梨ブランデーの件もよくわからんしなあ。

野球賭博(その3)

大嶽親方(元貴闘力)は好きな力士だったなあ。だけど、人を指導する立場にいながら、自らが違法で、しかも反社会勢力の資金源となる野球賭博に関わり、しかも、多額な借金をし、こともあろうに琴光喜に借金の肩代わりをさせていたというのは許しがたいことである。除名処分もやむをえないだろう。

ただね、同情ってわけじゃないけど、彼、いったいどうなっちゃうんだろう。退職金も無いし、まして借金があるっていうと、芸能人が大麻やって、それでもうまいことカムバックしちゃったり、著作権を騙して何億という代金で売って、でもまたプロデューサーに復帰できちゃう人たちに比べて、とんでもなく可愛そうじゃないか。それでこれからあんた、刑事告発される可能性だってあるわけだから。

彼を救ってやる手立てはないのかなあ。社会的制裁はこの時点で既に十分あったと思う。(だから減刑しろとは言わないけどね。)

今回の事件での決着の仕方は、結局、関わっていた人間を処分してお仕舞いというところなんだろうな。私として腑に落ちないのは、朝青龍の品格が云々なんてつまらないことで辞めさせておいてだよ、その相撲協会やら横審がもっとトンデモないことを見逃してたちゅうことだよ。品格云々と言う前に、そういう犯罪の温床になってた協会の体質を見抜けなかったかねえ。それとも朝青龍を追い出したらそれで相撲協会が、大相撲が良くなると本気で思ってたのかな。だったら相当おバカさんじゃん。

朝青龍の暴行事件は、示談が成立してるし、警察がその後事情聴取してるけど、でもなんにも無いし、事実がどうであれ、推測でああだこうだなんて言えない。言えることは、サッカーやってた、ガッツポーズしてた、それだけで大の大人が、ぴーひゃらぴーひゃら言って、マスコミもまた尻馬に乗って、多くの国民に私怨をぶちまけたっつうことだわな。それはほんと、反省してほしいよ、まったく。内館さんよ、悪いけどガッツポーズの話はもう聞き飽きた。

惜敗

でも、よくやった。
偉いっ!!

# PK戦は心臓に良くない。

2010年6月29日 (火)

黄金芋

Photo_2

人形町にお住まいのKazucoさん(ジミーさんのお弟子さん)に頂戴した。寿堂の黄金芋。ほくほくしてとても美味しい。なんとなく漢方のような香りがする。あとでスペックを見たら、ウコンが入っていた。なるほど、なっとく。いい隠し味になっている。

野球賭博(その2)

ちょっと名案。禁酒法と同じで、法律でダメだから地下組織が出来てしまうのである。つまり解禁すりゃいいじゃないか。胴元を免許制にするとか、公営ギャンブルにすればいいのだ。日本野球賭博協会みたいな組織をつくればいい。新たな財源となり、消費税をアップする必要もないかも。大相撲協会で野球賭博に関わっている力士は、逆にその手のスペシャリストとして堂々とハンデ師としての職業に就けばいいのだ。

ハンデ師=
「単純にチームの勝ち負けに金銭を張るわけではない。ハンデを付けることで、ギャンブル性を高めているのが野球賭博の特徴だ」。元暴力団関係者はそう証言する。ハンデ師は暴力団員ではなく、野球に深い知識を持つ人物が務めることが多いという。
(産経新聞)

熊本ラーメン

Photo

京急品川駅のガード沿いにあるラーメン7人衆のうちの1軒。「肥後もんず」という店。こってり味。いわゆる博多のラーメンに似ている。麺は博多ラーメンほど細くはない。やや細めというところか。

直前にマックのハンバーガーを食べたり、かなりがぶがぶ飲んでいたので、食べている途中で飽きてしまった。それと、生ニンニクをがりっとやったらそれ以降は味があまり分からなくなってしまった。正当な評価が出来なくて残念。

2010年6月28日 (月)

ジミー竹内を偲ぶ会

昨夜、無事に終了しました。
集客はゴリさんに頼ってしまいましたが、ブルーパシフィックのキャパを超えるたくさんの方々にご来場頂きました。ご来場の皆さま、有難うございました。スタッフの方々、お疲れ様でした。若林さん、色々お世話になりました。お弟子さんたちも有難うございました。ドラムバトルは物凄い迫力で、師匠が乗り移ったのではと思いました。出演者の皆さまも有難うございました。特に北村英治さんには不躾ながらラストのご挨拶までお願いしてしまいました。快くお引き受け頂き、感謝に絶えません。ピアノをずっと弾いてくれた栗本修にも感謝。スウィングでの才能に改めて感激。もちろん、神村さんや伊藤潮さん、リチャード・パインさん、青島信幸さん、渡辺サバオさん、皆さん凄い演奏でした。渡辺明日香さん、とても可愛かったです。清家さんの歌とドラムもかっこよかった。ケリーちゃん、司会、有難う。またこういう集いをやりたいですね。ではでは。

02_2

上の写真はケリーちゃんが撮影。
北村英治さんの熱演。
さすが大御所。「Memories of You」にうっとりしてしまった。

[ 追記 ]
お、ケリーちゃんもブログにアップしてますな。
http://hello-kelly.blog.so-net.ne.jp/
(↑)ここ。
最近の彼女の写真の巧さには脱帽なのだ。

[ 追記 ]
私もHP版をアップしたよん。
http://baytown.dokkoisho.com/shiba/zaki18/shibazaki_860.htm
(↑)ここだす。

2010年6月26日 (土)

第2回 ベイタウン朝市

前回大好評の朝市は、次回7月24日土曜日です。約70店舗が出店します。シャボン玉おじさんもやってきます。お楽しみに。

Photo_2
告知ページは以下をクリック。(イラストはケリーちゃんが担当しました。)

http://www.oretachi.jp/event10/0724-asaichi.htm

未明のポタリング

ここ何日も殆ど缶詰になってデスクワークをやっていて、頭がぐしゃぐしゃになっていた。なにをやっているのかわからなくなってしまった。出口が見つからない。気分転換しなければ。

自転車に跨り、郊外まで走ってみた。行き先は決めていなかった。午前4時少し回ったときだったからクルマは殆ど走っていなかった。空はどんよりとしている。昨日真夏日だったので、その気配も多少あるが、でも風はひんやりしていて気持ちがいい。

適当に走っていたら、新検見川の駅前に出た。そこまで行ったので、ついでに未明の検見川無線送信所の廃屋でも見に行くかと進路を決める。検見川無線送信所の脇にある数年前に出来た遊歩道を入る。その遊歩道がなかなかいい。そこへの行き方を説明しておく。新検見川駅から検見川浜駅に向かう通りを大京というファミレスを過ぎてすぐ左に入り口がある。検見川浜駅方面から向かうと検見川陸橋を渡り、大京の手前の右側だ。

遊歩道に入るとすぐに右側に検見川無線送信所の建物が真っ黒い塊として鎮座している。その周辺だけ光を放つものがまったくないので、不気味。遊歩道の明るさとは対象的だ。そこは軽くスルーしておく。さらに進む。近辺は建売住宅もあり、畑もあり、という中途半端な郊外の雰囲気があって、私の好み。完成された古い街も嫌いじゃないけれど、スカーンとした畑のあちこちで家が建ち始め、骨組みだけの建築中の家の前に、ブロックや木材が積んである風景には心を惹かれる。

ネギ畑の隣に小ぶりだけど、お洒落な建売住宅が出来る。ところどころにはまだ砂利道もある。農家も点在している。田舎なんだけど、都会的な、そういう中途半端な風景って、日本全国どこにでもある。自分がこどもの頃から土地が無いって騒いでたけれど、まだまだあるんだな、と少し安心する。

空がだいぶ明るくなってきた。どうやら太陽は出ないようだ。まだ明かりのついている家は少ない。畑の向こうの新築の家の明かりが点いた。パステルカラーのいかにも若い夫婦が住んでいるといった風情の家だ。今日は土曜日だから家族揃ってどこかに遊びに行くのか。それとも出勤。あるいは単に早起きをしているだけなのか。

遊歩道はやがて、東関東自動車道の側道にぶつかり、そこで終わる。2kmくらいの距離だ。クルマの通行は無いし、好き勝手なことを色々考えながらゆっくりと自転車で走るのは気持ちがいい。あと10年もするとその遊歩道沿いには住宅がびっしりと立ち並ぶのだろうか。そのとき、果たして検見川無線送信所はどうなっているのだろう。

再び、遊歩道を引き返し、そして夜明けの検見川浜の街並みを眺めながらベイタウンに戻ってきた。さて、シャワーでも浴びて、また仕事しないと。

(実際にはこれ書いているので、仕事してない。)

片山さつき氏HPが怖いと話題

いや~、マジで怖かった。(笑)
以下、Niftyの記事。(元記事はR25)

HPを開くと、トップにあるのは巨大なピンクのハートマークのなかで微笑む片山氏の画像。数秒後、テニスラケットとボールを持った3D映像の片山氏が現れる。「みなさん、こんにちはー。片山さつきです」という挨拶から始まり、政治に対する自らの考えを述べながら、テニスラケットを振り回したり、ボールをバウンドさせたりし、最後は髪を振り乱して強烈なスマッシュを放つという決めポーズで締めくくられる。

この3D映像は、ラプト社が販売するサービス「ネットアバター:ライブフェイス」を使用。ウェブサイトやブログ、メールに自分自身を3D感覚で登場させることができるというもので、スクロールしてもその映像が一緒についてくるため、これを見たネットユーザーらは

「ボールがバウンドする音が不気味です」
「動いてるよー声出てるよーこわいよおおお」
「スクロールしても追いかけてくるwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww」
「下手なホラー映画より上」

など、一様に恐怖におおのいている様子だ。

(R25編集部)

ぎゃははは。
それにしても、お金かけてるなあ。
たいしたもんだ。
良し悪しとか、意図してるかしてないかは別にしても、こういうように話題になるってことはアクセスは相当になるわけだし、知名度が益々アップするので、お金かけた意味があるわけだ。(と、納得。)

片山さつきHPは以下

http://www.satsuki-katayama.com/

2010年6月25日 (金)

決勝トーナメント進出決定!

 サッカー・ワールドカップ(W杯)南アフリカ大会第14日の24日(日本時間25日未明)、グループリーグE組の最終戦が行われ、日本が同組2位で決勝トーナメント進出を決めた。

 日本の決勝トーナメント進出は、2002年日韓大会以来、2大会ぶり2度目。自国開催以外では初の快挙となった。

 日本はグループリーグ初戦のカメルーン戦を1―0で競り勝ち、白星スタートを切った。2戦目のオランダには0―1で惜敗したが、最終戦のデンマークに3―1で快勝し、2勝1敗の勝ち点6でグループリーグを突破した。

 日本は29日午後4時(日本時間午後11時)から、決勝トーナメント1回戦でF組1位のパラグアイと対戦する。

2010年6月25日(金)5時27分配信 読売新聞

よくやった、ニッポン!
前半の本田のシュートと、遠藤のシュートはお見事。
眠いの我慢してテレビ観戦していた甲斐があった。

いったいどのくらいの視聴率だったんだろうね。

2010年6月22日 (火)

幕張名物「昆陽」

Photo_3
幕張新都心賑わいづくり研究会で、アイディアを募集し、開発し、パティスリータルブがつくったサツマイモのお菓子「昆陽」。写真は石橋さん。

サツマイモとチーズを合わせた餡を丁寧にギュウヒで包んだしっとりしたお菓子です。甘さ控えめです。パティスリータルブでお買い求め頂けます。

野郎ラーメン@プレナ

Photo_2

昨夜、次回のベイタウン朝市(7月24日開催)の打ち合わせだった。ケリーちゃんもわざわざ来てくれる。その後、1ヶ月半くらい前にオープンした。野郎ラーメンに行った。打ち合わせ中にお菓子(煎餅など)をポリポリ食べ過ぎて、それほど腹が減ってたわけではない。だけど、ラーメンは別腹なのだ。

私は野郎ラーメン(680円)と野菜増しのチケット(50円)を注文。もちろんニンニク入り。ケリーちゃんは野郎ラーメンの普通盛りだ。ジロリアンのまっきーが、「二郎のインスパイアだけど、二郎とはまったく別物っすよ!」と言ってた通り、確かに雰囲気は異なる。それと野菜増しはびっくりするような量ではなかった。

でも、でも、食べているうちに胃袋が悲鳴を上げ始めた。そうだ。お菓子を食べ過ぎていたのだ。ケリーちゃんもふうふう言いながら食べていた。空腹の状態じゃないから正確な印象じゃないけれど、量も味も私としては合格点をあげたい。ただ、それはケリーちゃんも言ってたけれど、スープの味にパンチが無い。きっとわざとそうしているのかもしれない。私は、後半、醤油やらコショウやらを色々加えてアクセントを出して食べたら美味しくなった。

とにかく腹いっぱい。

千葉国体100日前イベント

海浜幕張駅前の広場で演奏させて頂く。一番最初に出演のオファーを頂戴したときには物凄く軽く考えていたのだが、蓋を開けてみると、例えば斉藤りささんがMCをやってくださったりと、豪華な雰囲気。そして当日、ステージの立派さと、それからオーディエンスの多さにビックリ。オーディエンスというよりは、ダンスコンテストへの出演者がたくさんいるって感じなんだけどね。でも、観客には違いない。(笑)

_01

上の写真はケリーちゃんのカメラでJUN@Ariさんが撮ってくれた。有難う。幕張ケリー結成以来最大の観客数だったね。(笑)

その他の写真はケリーちゃんのブログを見てね。(このページの左側にリンクあるよ。)

タッキー and ベイ中もいい演奏だったなあ。1ヶ月半前のミハマの演奏も素晴らしかったけれど、tomtomさんに代わってJUNちゃんのキーボードも良かった。サンシンなんて楽器も加わって、一段の豪華。ベースが私と同じ苗字の、しかもちょいデブ。それも同じか。

Photo

上は、幕張ケリーの演奏が終わった後の記念写真。左からまっきー、斉藤りささん、ケリーちゃん。

幕張ケリーの「また君に恋してる」を聴き逃した人は7月18日のミハマNPRへどうぞ!
もちろんタッキーandベイ中も出演するのだ!!

2010年6月21日 (月)

部屋に菓子が散乱している理由(わけ)

朝、まぶしくて起きた。蛍光灯がつけっぱなしだし、パソコンもついている。そして私は床に転がっていた。

いつ、どうしてそこに寝たのかまったく記憶が無かった。よろよろと立ち上がる。そして床を見て驚いた。なんと、スナック菓子が散乱している。いったいどうしてこんなことになっているのだろうか。暫く呆然としていた。キッチンに行き、水をがぶがぶ飲む。

薄っすらと記憶が戻ってきた。そうだ。昨夜は酷く酔っ払って帰ってきた。そして、駅前のコンビニで菓子やらパンやらを買ったのだ。脳みその片隅の微かな記憶だ。でもそれを食べたことも部屋に散乱させてしまったこともまったく覚えていない。飲みすぎだ。

そりゃそうだ。昨日は幕張ケリーの打ち上げで、夕方から飲み始め、そしてハシゴした。いやー、まいった。まいった。ちょっと飲む量を控えないとね。

ホットドッグ屋さんでの写真展

MIZKさんが主催する写真展に行ってきた。
MIZKさんの友人やら仕事仲間やらの無作為に選んだ約20人が出品。
決して広くない店内でビールを飲みながら、ホットドックにかぶりつきながら写真を眺めるという趣向。写真でコミュニケーションするという新しいイベントの形態か。ナイスな企画だ。

出品者の中には幕張を撮り続けて数十年の早坂卓先生も。不肖、私も参加させて頂いた。恐縮っす。

2010年6月19日 (土)

日本 敗れる

サッカーW杯・南アフリカ大会第9日(19日、オランダ1-0日本、ダーバン)日本は後半8分、オランダのMFスナイダーに先制点を奪われ、そのまま得点できずに0-1で敗れた。岡田監督は試合終了直後、しばらくピッチに立ち尽くした。

うーむ、何度かチャンスがあったんだけどなあ。
次のデンマーク戦の健闘を祈る!

品川パシフィックホテル

ジミー竹内の追悼ライブ(ジミー竹内を偲ぶ会)がいよいよ10日後に迫った。バタバタしていてスタッフとしての仕事をあまり出来ない。7月31日の夏のイベント、更に7月24日の朝市のイベント、おっと、それより直前に迫った6月20日の国体のイベントなど、色々と重なって、ワケが分からなくなっている。ホテル(京急)とのパイプ役をやってくださっている肝心なY森さんも入院しちゃうし、頑張らねば。ゴリさんには申し訳ない。

今週、東洋化成さんとのミーティングが延期になったこともあり、水曜日に現地(品川パシフィックホテル)の最上階ラウンジ「ブルーパシフィック」を訪れて、担当マネージャーの下迫さんと、音響さん(女性)と打ち合わせをしてきた。司会を務めてくれるケリーちゃんも同行してくれた。時は6時、下の写真のように徐々に陽が沈む風景を見ることが出来て嬉しい。ブルーパシフィックは三方が都内を一望できる造りになっていて、素晴らしい夜景を楽しめる。毎晩ライブもやっている。

そんな素晴らしいラウンジというか、ホテルなのに、なんと今年の9月で閉館になってしまう。勿体無い。閉館後にはどうなってしまうのか、居抜きでまたホテルになるのか、それは分からない。でも、勿体無い。なんとか存続してほしいのだ。同ホテルはこのブログで何度も話題に出しているとおり、ジミー竹内の思い出の場所である。今から20年前の6月。そこで還暦パーティーを開催したのだ。だからこそその20年後の6月27日(日)、同所で偲ぶ会を開催するのだ。

「ジミー竹内を偲ぶ会」は既報の通り、北村英治さんや、リチャードパインさん、渡辺明日香さんなどの豪華メンバーのライブがある。大筋のところはかなり前に決まっていた。ところが前述の通り、私が多忙になっていて暫く打ち合わせ等に顔を出せなくなってから、進行については神村さんが中心となって進めてくれたようだ。また、当初は8時終了となっていたが、8時半頃に閉演というスケジュールに変更になっていた。セットリストも出来ていた。

さて、そういうわけで、音響の打ち合わせも終わったし、更に多くの方々に来て頂くよう営業活動をしなきゃ。このブログを読んでくださっている方々もよろしかったら如何でしょうか。6月27日(日)17時半開場、18時開演です。日本のクラリネットの第一人者の北村英治さんの生の演奏も聴けます。ジミー竹内のお弟子さんたちによるドラム合戦もありますし、栗本のウェルカムミュージックもあります。まだお席に多少余裕がありますので、是非是非お越しください。

ジミーとまったくご縁の無かった方も大歓迎です。これを機にジミーのファンになってくださると嬉しいです。

http://www.oretachi.jp/jimmy/memories.htm
(↑)Memories of Jimmy Takeuchi・・・ジミー竹内を偲ぶ会
ビュッフェ+フリードリンク+ライブ

潮さんのベースも超久々に聴けるのだ。(嬉)

Photo_3

ヨシベーのラーメン

先日、錦糸町のヨシベーという名前のラーメン店に行った。とても評判の良いラーメン店だ。その並びにハッスルラーメンがあり、それは一年くらい前に食べたことがある。そちらもなかなかだ。そのときにはヨシベーとどっちに入るか迷った末に、派手な看板と、店の間口の大きさでハッスルラーメンに決めた。そんな単純な理由だ。どちらかといえば、ハッスルラーメンの派手さに比べるとヨシベーのほうは地味だ。

ただ、地味でも、昭和30~40年っぽいつくりになっていて、それはそれでいい感じ。まあ、なんじゃタウンに代表されるように今や日本のいたるところでそういう表現は珍しくもなんともないのであるが、でも私の幼少時代はその対象なので、ぐっと来るわけだ。

で、その凝った外観、内装はともかくも、そのラーメンの味はというと、これまた、凄く旨かった。私が食べたのは魚とんこつラーメン。確か680円だったかな。コクがあって、それでいて全然しつこくないスープは絶妙。麺は太め、細めが選べる。私は太めを選ぶ。これがまたコシのあるシコシコ麺。麺はもちろん、スープも殆ど飲んでしまった。ごっつぁんです!

Photo_2 

2010年6月18日 (金)

野球賭博

日本相撲協会の現役力士や親方らによる野球賭博問題で、大嶽親方(42)=元関脇貴闘力、本名・納谷忠茂=と幕内の豊ノ島関(26)=本名・梶原大樹=のほか、豪栄道関(24)=本名・沢井豪太郎=も野球賭博を行っていた疑いのあることが17日、捜査関係者への取材で分かった。3人とも大関琴光喜関(34)=本名・田宮啓司=と同じ仲介者の紹介だという。警視庁組織犯罪対策3課はすでに大嶽親方から事情聴取し、大嶽親方は賭博への関与を認めた。(2010年6月18日(金)8時0分配信 産経新聞)

やれやれ。どんどん芋づる式に野球賭博に関与している力士が増えてゆくなあ。ま、しょうがないっちゃ、しょうがない。お相撲さんって、昔から物凄い遊び人って認識しているし、今更驚きはしない。昨今の品行方正だの、なんのって、ああいう世界を一般の世界と同じような見方をするなって。もちろん犯罪はいけない。法を犯せば裁かれるのは当然だ。だから相撲好きだけど、ヘンな援護はしたくない。

それよりも、こういうときに鬼の首を取ったように登場してくる文化人気取りのコメンテーター。誰かが悪いことをしたときには、小学生でも言えるようなことをいい歳した大人が大上段からもっともらしくモノを言う。まあ、ご年配の人が諭すような言い方をするのはまだしも、社会に出て何年も経っていない若いリポーターが「何でも知ってるよ」みたいな顔をして偉そうに言うな。

なんかさ、事業仕分けにしてもそうだけど、若造が詰問して、じっちゃんが小さくなっちゃってるシーンが最近やたらに多い。詰問される側が可愛そうになってしまうよ。そりゃ天下りも、まして野球賭博もよくないことだ。有名無実な外郭団体みたいのはさっさと潰してもいい。でもさ、なんかそういうことで溜飲を下げている人もいて、いや、実はそういう人たちへの売名も多少あるんじゃないかと思うんだわさ。

そうそう、天下りといえば、前々から疑問に思っていたんだけど、そこそこの民間企業だと、例えば定年になってからも勤続できる制度があったり、関連会社に嘱託で勤務できたりと色々あるじゃないっすか。定年を待たずに首切られる企業も多い中、そういうことが民間の大手だったら何も問題なくあって、公務員はそれが許されないっつうのは分からない。いや、転々と天下りして、それぞれから退職金を貰って、その合計が6億とか7億なんてことににもなっているのはもってのほかだけど。でもさ、優秀な人材を定年後に起用するということは悪いことじゃない。

だから、常識的な給料で、あるいは、ボランティアで知識と経験を活かせる仕事を与えてもいいと思うのだ。と、つぶやいてみたり。ああ、でも、こんなことしている暇は無い。仕事、仕事。

2010年6月15日 (火)

まずは勝ちましたね!

南アW杯 日本初戦勝利 カメルーンに1-0
サッカーのワールドカップ(W杯)南アフリカ大会は第4日の14日、1次リーグE組の日本が当地のフリーステート競技場でカメルーンと初戦を行い、前半の本田圭佑(CSKAモスクワ)の得点を守りきり、1-0で競り勝った。4大会連続4回目の出場となる日本は2002年日韓大会を除いて勝ち星がなかったが、国外開催のW杯で初勝利を飾った。(毎日新聞)

なにはともあれ、おめでとう!!!
さて、次はどこだっけ、オランダかデンマーク?
どっちも強い。(怖)

2010年6月14日 (月)

二郎を意識してラーメンをつくる

自分でインスタントラーメンをつくるときは面倒なので、具を最小限にしてしまうが、いっそ二郎みたいにどさっと野菜が入っていると、炭水化物の量が抑えられてヘルシーなのではないかと考えた。そこで、さっそくスーパーに行って野菜を買ってくる。たまたま目に飛び込んできたのが、野菜炒め用に予め野菜が切ってあって、もやしがどっさり入っている袋。便利だし、値段も安い。これを茹でてインスタントラーメンに載せるだけで二郎のラーメンっぽいのではないか。ちょっと安易か。ま、とりあえずやってみよう。

まずは、野菜を茹でる。十分茹でたらザルできちんと湯切りをする。同時にラーメンを別の鍋でつくって、どんぶりに移す。そして野菜を載せる。簡単だ。インスタントラーメンをつくるのは実に手際がいい。って、誰でもそうか。

食べた。まずくはないけれど、いくつか反省点。野菜は茹でるとひとまわり小さくなるので、思ったよりもボリュームが無かった。まあそれでも、食べるとお腹いっぱいにはなる。また、野菜がたくさん入ることにより味が薄くなってしまう。それは、醤油やらを追加することで解消。ただ、決定的に異なるのはコク。よく考えてみれば、後から気づいたのだけど、肉類がまったく入ってない。そうか、せめてチャーシューを入れるべきだった。食べ進むに従って、次回は豆板醤を入れてみようとか考えてみた。それから、今回は味噌ラーメンだったのも感動しなかった一因かもしれない。トンコツがベースのほうが良かったと思う。それから、ニンニクはどっさりと入れたいところ。やはり食べながら物足りなかったので、チューブに入っているすりおろしのニンニクを入れたら格段に味が良くなった。

次回は今回の反省点を生かせば、相当旨いラーメンが期待できる。ちょっと太めの生麺を使うともっと旨くなる。ま、ただ、ある意味インスタントラーメンのグレードアップというのもひとつのテーマなのもある。そこはかとなくチープさが漂っていたほうが好きなのだ。問題はスープだな。肉類が入れば、かなり豪華な味になるはずだし、野菜を増量すると、かなり二郎っぽくなるのではないだろうか。だからといって寸胴の鍋で長時間ごとごと煮込んでスープをつくるプロのラーメン屋の味は絶対無理なので、そこまでは期待していない。そうそう、野菜がたっぷり入るというところが重要なのだ。野菜をたくさん摂って、楽しく痩せるのだ。うしし。そううまくゆけばいいけれど。

今回使ったインスタントラーメンは千葉北インターの近くの園生町のジェーソンで買ってきた。元はユニクロだったところだ。昨日の日曜の夕刻、運動のために自転車で行ってきたのだ。行き先を決めずにぶらっと走っていたらそこにいたという感じ。更に千葉北インター方面に進むと宮の杜という住宅地がある。皆さん、ご存知だろうか。パステル基調のお洒落な家が並ぶ住宅街。千葉北高校の近くだ。自転車で走るのが楽しくなる風景。それから、宮野木小学校の斜め前にちょっといい感じのお好み焼きやさんを見つけた。本来のサイクリングロードじゃないけれど、あちら方面へのポタリングもなかなかいいですよん。

Photo

http://baytown.dokkoisho.com/shiba/zaki18/shibazaki_852.htm

2010年6月13日 (日)

ブブゼラ

すげえ、うるさいですね。

でも、欲しくなってたりして。(苦笑)

2010年6月12日 (土)

ゆめ半島千葉国体プレイベント

千葉国体100日前のイベントに、ベイタウン中年バンドも出演させてもらう。出演するのはタッキーがボーカルで、KAZさん、JUN坊さん、ベガさんの4人編成のユニットと、それからケリーちゃん、まっきー、私という3人編成の幕張ケリーのユニット。最初は商店会のPAを出して、せっせと自分達で何から何までやるようなステージと聞いて、軽い気持ちで引き受けたのだが、実は、結構大げさなイベントであることが判明。海浜幕張の駅前にちゃんとしたステージをつくって、そして、MCがベイエフエムでおなじみの斉藤りささん、ANNAさん、KOUSAKUさんなのだ。我々が出演するときには、斉藤りささんが担当。我々のためだけにMCをやってくださるのだ。ありゃま~~。なんとも勿体無い。かたじけない。(これ、読んで驚いてね > たっきー)

開催日は6月20日(日)10時50分頃から幕張ケリーが登場します。
詳しくは以下をご覧ください。

http://www.oretachi.jp/event10/0620-ekimae-live.htm

それから、駅前ステージで12時からはダンスコンテスト、幕張海浜公園内とかベイタウン内でも色々なアトラクションなどがあるのだ。幕張海浜公園(花時計のある公園)ではベイタウン商店会のブースも出る。幕張名物(「昆陽」「イモワッサン」)、ベイタウンオリジナル(「ベイタウンラーメン」「ベイタウンおこげ」)の販売もある。さすが国体!!

http://www.oretachi.jp/event10/0620-kokutai-pre100.htm

ところで、千葉国体のイメージマスコットになっているチーバくんの中に入っている人と先日打ち合わせのときに会った。ゆめ半島千葉国体実行委員会の〇尾さんという方で、海老蔵似の物凄くかっこいい人なのである。さぞや、モテモテだろうけれど、チーバくんの中に入ってるとそのせっかくの美男子ぶりが勿体無いのだ。彼はプレイベントで、ボランティアによるゴミ収集の企画も担当しているので、私は「いっそ、ゴミの海老蔵というキャッチでビジュアル付きで宣伝したら?」という提案をした。これはウケた。一同笑ってくれた。ドリームチャンキーの山田さんもゲタゲタ笑ってくれた。一人悦に入る。広告代理店のD通さんはちょっと引いてたかな。するとすかさず竹見さんが「ゴミ蔵というのは?」と言ってた。いくらなんでもゴミ蔵ってのは可愛そうだ。D通さんは青ざめていた。

チーバくんといえば、幕張ケリーの番長ケリーちゃんが昨年の夏祭りのときにこっそり被って写真を撮っていた。彼女の被った前後にかの海老蔵が被っていたので、間接キッスならぬ、間接〇〇〇。うーむ、こういうのってなんだろうね。どうでもいいか。

2010年6月10日 (木)

なんとあのBro.のイチローさんが・・・

今日久々にイチローさんと電話でお話しした。
イチローといっても、メジャーリーグにいるイチローじゃなくて、浦安のギター弾きで会社経営者のイチローさんだ。

ベイタウンまつりでギターを弾いてくれたり、ジャイネで開催のイベントでもギターを弾いてくれた。超人的なテクのフラメンコギターは、ベイタウナーの心を熱くさせた。今でもライブはやっているそうだ。ただ、仕事が猛烈に忙しいので、なかなか思うように音楽活動できないらしい。

で、なんで私が彼のことをこうしてブログに書いているかといえば、そう、彼の今の仕事はな、な~~んと、私が大好きで時々ウォッチングに出かけているスカイツリーの設計に携わっているのだ。ちょーうらやますぃ~~。3Dのわけのわからないソフトでやってるそうなのだ。

そうと聞いた日には、すぐさま彼とコンタクトして、その仕事を拝見したいのだ。つうことで、また電話しちゃうね、イチローちゃん!!!

土壇場で同点に追いつく

波多野さんからチケットを貰ってマリーンズ対広島の試合(6月9日)を観にマリスタへ行く。3塁側のどちらかといえば広島ファンで埋まる内野自由席で観た。広島の応援団は相変わらず凄い。ロッテ応援団を数でも勢いでも凌いでいた。面白いことに私の周辺には、親がロッテのユニを着ていて息子が広島のタオルや旗を持っていたり、夫がロッテ、妻が広島というような組み合わせが多かった。きっとお父さんとか旦那とか広島方面出身なんだろうね。ベイタウンにも広島出身の人は多い。商店会の山根会長もそうだし、カメラマンの石橋さんもそうだ。

さて、試合のほうは、成瀬も良かったけれど、前田健もとてもよくて、終盤までマリンガン打線は2安打に抑えこまれていた。9回、2点差を追ってマリーンズの攻撃。2アウト、1、2塁で大松登場。彼ならやってくれると思ったとおり、鮮やかな同点タイムリー。残念ながら延長12回で引き分け。でも、負けなかっただけ良かったし、野球は9回2死からという醍醐味も味わえたし、大満足。ビールも酒もガンガンにやってしまったわい。最後はヘロヘロ。

延長12回が終わり、とぼとぼと歩いて家路に就く。

深夜、急激に腹が減ったので、禁断(?)の担々麺(カップ麺)を食べてしまった。しかも、酔っ払っていたこともあり、食べたら急に眠くなって、ごろりと横になって朝まで寝てしまった。なんという不健康なことやってんだ、俺。いい歳こいてんのに。

たぶん、俺が死ぬときってのはそんな感じで、酔いつぶれて、単に朝が来なかったというだけのことなんだろうね。遺族(うちの家族)はどうか分からないけど、そういう死に方ってある意味、理想的だよね。ま、そんなのどうでもいいか。とにかく大松、偉いよ、君。



侮れない一杯

前述の通り、昨夜、担々麺を食べた。酔っ払っていたものの、ゴマの香りや辛さとか、それと、麺の固さ(ちょい固めのところで食べ始めた)が、カップ麺とナメてかかれないクオリティだった。うまい。酒の後のラーメンが死ぬほどうまいのは当たり前なんだけれど、そういう前提を踏まえても、この担々麺は絶賛に値する。(実は、最近食べたラーメンの中では一昨日食べたヨシベーの魚とんこつラーメンがサイコー。またそれは別途アップしたい。)

容器は既に捨ててしまったので、どこのメーカーのどの商品だったか正確に覚えていない。でも、今は便利な世の中だよね。ネットで検索してみたら、ありました。図柄から判断して、たぶん下の写真に違いない。

Photo_2 

エースコックの「飲み干す一杯 担々麺」というやつです。
また深夜の非常時(笑)のために買っておこーっと。

http://www.acecook.co.jp/brand/nomihosu/index01.html

2010年6月 9日 (水)

SONY NEX-5

うへ、やられた。このカメラの出現で誰でもプロっぽい写真が撮れてしまう。何が凄いって、背景のボケを簡単にコントロールできるのだ。今までボケをコントロールするにはある程度の知識があって、レンズの選択やら絞りやらで調整していた。だから、背景をぼかした写真なんぞを撮ると、それだけで写真撮るの巧いね、なんて言われたもんだ。

うーむ、ちょっと悔しい。長年カメラが趣味だった私が唯一自慢できるのがちょっと高いレンズでのボケだったのだ。(近年は持ち歩くのが面倒なので、そのレンズの登板回数は極端に少ない。)

このカメラのカテゴリーとしてはコンデジなのか、それとも一眼レフなのか。レンズ交換できるし、大型CMOSセンサーがあるので、一眼レフなのだろう。おっと、書きながらHP見たら、ミラーレスの一眼カメラだということだ。つうことは、一眼レフじゃないけれど、一眼なのだ。

コンパクトだし、ヘタな一眼レフ買うよりもコレのほうがいいかも。

http://www.sony.jp/ichigan-e/products/NEX-5A/

ま、そうは言っても、写真の良し悪しなんて、最終的には感性だと思うし、自分で気に入ったか気に入らないかということだと思う。自分が納得できればいいのだ。と、強がりを言ってみるが、それにしても欲しいなこのカメラ。うーむ。

Nex

2010年6月 8日 (火)

日本記録が同日に2つも!!

ロッテが、ヤクルト戦で10者連続安打の日本記録。同日、その後行われたオリックスも広島を相手に10者連続安打。なんという偶然!

2010年6月 7日 (月)

レコ検

レコ検のオフィシャルサイトです。

http://www.recoken.com/

2010年6月 6日 (日)

ユーカリが丘に行ってきた

午後2時半頃、天気もいいので家の中でPCにかじりついているのが勿体無く、気晴らしと運動不足解消を兼ねて、自転車に乗る。例の印旛沼往復くらいに考えていた。でも、それじゃ芸が無いので横道を逸れて、ユーカリが丘に行ってみた。過去に何度も訪れている好きな街なのだ。

ユーカリが丘は山万(総合商社)が開発して、その大部分は今でも山万が運営している。ベイFMのスポンサーとしても有名。駅前からモノレールが出ている。そして、ユーカリが丘の駅北部のごくごく狭い範囲をぐるりとまわってまた駅に戻ってくる。ミニミニの山手線のような感じ。

そのモノレールの路線で区切られた円の中は山林と田んぼと、そしてお洒落な住宅街になっている。山林と田んぼがほぼ70パーセントを占めているだろうか。沼まである。そこは湿生植物園のようなウッドデッキの道まである。街の中心にあたる部分がより田舎っぽい景色だというのは、なんか面白い。モノレールの路線の外側は緑多い住宅地になっている。かれこれ30年以上の歴史のある町並みなので、落ち着いた佇まい。

当然ながら私はモノレールの写真を撮りまくっていた。田んぼの向こう側を走るモノレールはおもちゃの乗り物みたいで可愛い。こんな乗り物に毎日乗って通勤している人が羨ましい。都心近郊の住宅っぽい垢抜けた景観の住宅街と、のどかな田園風景を持ち合わせたその街を終の住まいに出来たらどんなに幸せだろう。

ここで暮らしていることを想定しながら、青い空と白い雲と溢れる緑に包まれて、自転車で街の中をゆっくり走った。

Photo

2010年6月 5日 (土)

アクロバット飛行

幕張の浜で、南アフリカの航空チーム「レッドブル」の元メンバーによる航空ショーが開催される。それは「ビーチなんとか」っていうライブとか花火大会などとセットになっているのだ。地元にはあんまり宣伝してなかったので、昼間はあまり人出が無かった。私もついでに観に行った程度。現地からやや離れたところで観た。あんまり大きい機体じゃないからラジコン飛行機が飛んでいる感じだった。

でも、夕方の2回目のは気合を入れて観に行ったのだ。日中目星をつけていて、ここなら迫力満点で見物できるだろう、というところを陣取った。陣取るというか、ただ立ってただけだけど。途中、夕陽に輝くJun@sentoさんにもお会いした。彼も気合が入っていた。いや、彼は常に気合が入っている。いいな、いつも元気で。

しかし残念ながら機材トラブルで中止。がっかり。帰り際、自転車に乗ったyoshiさんが「1時間待ちましたよ!」と残念そうに言ってた。私も約50分近く海辺に居た。半袖だったのですっかり体が冷えてしまったわい。あーあ、またやってくれないかなあ。

Photo_2

一度聞いたら忘れられない名前

最近は、樽床(たるとこ)という名前がキョーレツな印象で耳に残っている。例の菅氏と代表を巡って一騎打ちをした議員さんだ。生まれて初めて聞く名前。樽床議員は島根出身。島根には樽床という地名の集落もあったとか。樽床ダムというのもあって、それは広島県。

今日、歩いているときに頭の中を「タルトコ、タルトコ」という単語が駆け巡っていた。当分、抜けないと思う。

2010年6月 4日 (金)

やっと足場が取れ始めた

今、私の住んでいるマンションは、10年に一度の大規模修繕工事の真っ最中なのである。3月の中旬頃から始まったので、かれこれ2ヶ月半くらいやっている。その間、白いネットを被せられて、景観も無くなってしまったし、窓も開けられなくなっていた。でも、昨日、中庭側のネットや足場が取れて、久しぶりに青空を見ることが出来た。反対側も今塗装の工事中だけど、数日後には取れるのだろう。

鳩山さん

志半ばで辞任しなくてはならないのはまことに気の毒。個人的には非常に好きな政治家。うそつきとか散々言われても、頑張って総理を続けてほしかった。なんて書くと、自民支持のうるさ方から怒られちゃうけれど(このサイトは自民支持の人が多いんですよ)、自民でも優秀な議員さんはいらっしゃるし、野党の自民にも期待しているよ。ただ、与党の悪口だけ言ってんじゃなくて、普天間の問題にしてもちゃんと代案を出しなさいよ。

それとさあ、支持率ってのは何?
マスコミが連日のように支持率が落っこちたなんて騒いでいるけど、そのこと自体が情報操作じゃん。テレビ、新聞って、昔っからだけど、麻生さんのときもそう思ったし、今回の鳩山さんのときもそう思った。印象だけで政治やってるんじゃないのだ。じゃあ、普天間問題を次の総理はどうやって決着するんだったって、どうにもならないよね。そんなこと誰だってわかっているのに。沖縄の皆さんがうそつきって言うのはもちろん分かるけれど、世間、マスコミが同じ口調で攻撃する資格ってあるのかいな。

鳩山総理が辞任を表明した日、どのテレビ局でも偉そうな人が解説していた。それは当たり前だけど、必ずあるのが街頭インタビュー。ヨッパライのおっちゃんからイケイケのギャルまで色々登場する。
「え?鳩山総理大臣が辞めるんですか。びっくりーー。」ってな受け答え。

番組的にはどうなんっすか。意味あるのかなあ。

なんかさあ、尿漏れパンツのCFに出てくるオバサンとか、座椅子のCFで「これがあればテレビを観ていても疲れないですよ。」みたいに言っているヘンなオヤジのレベルだな。更に、「発毛のメカニズムを遺伝子レベルで解明して・・・。」なんて言ってる社長。おっと、話が全然違う方向になってしまった。

---発毛(はつもう)・・・あの社長、「はちゅもう」って言ってるよね。(笑)

話が違うついでに、龍馬伝は遂にお龍が登場してきたね。ちょっと気の強そうな感じが以前見た写真のイメージに合っている。以蔵はとうとう捕まってしまったね。武市さんも可愛そう。龍馬伝は、毎回観る度に悲しくなってくるが、それは悲劇の結末があるからに他ならない。悲劇って言えば、黒木瞳の同級生(ラブアゲイン)もひょんなことで毎週観ている。昨日はかなりヤバイ状況になってきた。ハラハラドキドキ。

2010年6月 2日 (水)

アルカディアのライブ

四谷のアウトブレイクという店でのライブ。対バン形式のイベントで、彼らはそのトリを務める。なんと9時40分に登場。会場はほぼ満員。4人編成になってからの彼らは凄い人気。凄い迫力。演奏もうまい。楽しかった。特に、俺とケリーちゃんのお気に入りはベースのタケハル。演奏もビジュアルもかっこいい!!!

金の蔵

都内の駅前などでよく見かける「270円均一」の大きな看板。とうとう入ってしまった。安かろう、悪かろうということも危惧していたが、まともだった。さすがにビアジョッキが小さめ。それでも日本酒なんて2合徳利だし。安く、早く酔っ払うのには最適な店だ。(笑)

« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31