無料ブログはココログ

マイフレンズ

« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »

2009年8月

2009年8月31日 (月)

ビッグマック

Bigmac

物凄い風雨。台風が接近しているっちゅうのに、ビックマックを食べにゆく。聞くところによると、今日まで安いらしいのだ。この手の相場感は、私、よく分からない。うーむ、でも、わざわざ食べに行くこともなかったなと、ビッグマックをかじりつつ思うのだった。

関が原の戦い

昨日、今日と雨。台風が近づいてきているので、段々風雨が激しくなる。台風の接近が一日ずれていたら、ベイタウン夏祭りも大変だった。ライブ(ベイタウン・ジャズ・ストリート)は、元々雨天の場合、ベイタウン・コアのホールで開催する予定だからどうってことはないが、模擬店などはたくさんの食材が駄目になってしまう。ほんと、屋外イベントはリスキーだすな。私は年間を通じてこういう仕事が結構多いので、その点でいつもハラハラドキドキ。

ま、それはともかく、昨日は雨ばかりか、民主の嵐が吹き荒れた。凄いね。予想は出来たけど、あれほど圧勝するとは思わなかった。自民が歴史的大敗。大物もたくさん落選した。国民の審判なのだ。ま、しょうがないね。自民はくよくよしないで、まずは民主のお手並み拝見、というくらいのところで考えていりゃいいんじゃないの。その間、反省すべきところは反省し、血液を浄化することが大事だと思う。みんなの党は健闘したね。ミッチーの息子、結構人気あるね。

それにしても毎回思うのはこいつは絶対に落としたいという人物が比例で復活当選を果たしやがるということだ。ずるいよね。後出しじゃんけんみたいで。

そうだ、ここ2回、「天地人」を観損ねたけれど、昨日観たら、なんと秀吉が死んじゃった。病床の笹野高史の演技は良かった。役者だね。宇津井健の前田利家も死んでしまった。私は宇津井健が「ザ・ガードマン」の頃からのファンで、老いて、ああいう役どころが似合うのも良いけれど、なんかえらく年取ってしまったと見るに忍びないのだ。誰でも老いるから仕方ないのだけれど。それから、松方弘樹の徳川役もいい。ああいう役は津川雅彦と双璧だと思う。

今、Wikipediaを見たら、前田利家は61歳で他界している。うーむ、今だったらまだまだ若い。

「天地人」は今まさに天下分け目の関が原へ向かっている。政界では昨日がその関が原だった。さて、しかし、民主は長期政権となるのだろうか。マニフェストは難しすぎてあまり読んでないけれど、かなり怪しい部分もあるし、第一政権を取ったはいいけれど慣れていない点(当たり前か)もあるし、当面は野党となった自民からの攻撃が相当あるだろうし、かなり難しいと思う。お役所の反発も避けられないだろうしね。おっと、私如きが偉そうにぬかしてしまった。あー、ごめんね、ごめんね。

2009年8月30日 (日)

ベイタウン・ジャズ・ストリート 2009

Photo

某所で夏祭りの反省会を兼ねて酒を飲む。後片付けを終わらせてだから深夜からなので、たった4人で、それも疲れ過ぎて、しんみりと飲む。その中の一人は、この祭りを最後に茨城県に引っ越してしまう。非常に頼りがいのある青年なので、その寂しさもある。彼は、もうとっくに荷物も(茨城へ)運んでしまったので、夏祭りに参加しなくていい筈なのに、労働するためだけに今回残ってくれた。翌日の清掃作業も参加してくれる。有難い。

いや~、ちと飲みすぎたか。日中ろくに食べてなかったので、アルコールが胃袋直撃。今朝は見事に二日酔いだ。それにしても昨日は実行委員会としてバタバタして体中の水分が一気に噴出した感じ。もちろん都度水分を補っていた。おそらく通産してリットル単位のペットボトルを空にしたのではなかろうか。汗拭きタオルは絞れるくらいにたっぷりと汗を吸収していて、仕舞いにはまったく吸水効果が無くなっていた。ま、そうは言ってもライブステージでのそれぞれの出演者の皆さんの素晴らしい演奏には感激。たくさんの方々に聴いて頂いたことも、準備段階から色々苦労した甲斐があったというもの。多くの皆様の暖かいご声援も頂く、とにかく有難うございます。

手話ダンス「マカロニーズ」、ビートルズバンド「Beers」、KAZさん、CROSS & ケリーちゃん、神田外語大学のベリーダンス、ベイタウン・ジャズ研究会の皆さん、井手麻理子 & 栗本修の出演者の皆々様、有難うございます。

私のもとへは、「井手麻理子さんの歌には感動しました!」というようなメールを何通か頂いている。併せて感謝。

いや、実際に井手麻理子さんの歌唱力の凄さには改めて感心した。一流のアーティストであると断言できる。オペレーティングをしているのも忘れて聴き惚れていた。音響に関しては不慣れな点で多々ご迷惑をかけたこと非常に反省。たった3本のマイクとは言え、途中でポジションが入れ替わってしまったこともあり(←すんません、言い訳です!)、その辺りでパニック状態になった。また、ジャズ研のステージでピアノのケーブルが引っこ抜けて(どうもお子さんがケーブルに足を引っ掛けてしまったようで)、いきなり音が途絶えてしまったりと色々なアクシデントもあった。いやいや、なかなかすんなりといかないもんですわ。盆踊り会場からの太鼓の音などの干渉の問題もあった。当然「うるさい!」というクレームも来た。ま、でも、色々勉強させてもらった。とりあえずはまずまずのイベントだったと言えると思う。多くの皆様のお陰。しつこく、重ねて、重ねて、有難うございます。

さてと、これから清掃活動をして、それで、選挙に行こう。ああ、やっぱ、二日酔いだ。頭の芯が重い。

2009年8月28日 (金)

ベイタウン中年バンド

Baychu

プロカメラマンの遠山しゅんかさんに撮って頂いた写真です。
わけあって、公開が遅れてしまいました(といっても、既に印刷物にはオープンになってます)ことお詫び申し上げます。

ここに写っている人で、この写真(その他の写真も有り)をまだ貰ってない人はわたくすまでご一報ください。但し、オリジナルはとても重たいのココロ。だから、若干縮小かけるね!

夏の終わり

Photo

早朝、家の近所の街路樹の幹にアブラゼミがとまっていた。それも、子どもの背の高さよりも低いところにだ。子どもが見つけたら大変。すぐに捕まってしまう。どこか別のところに逃げないと。まずはその前に写真を撮っておこう。

近寄ってシャッターを切る。今度はもっと近寄って。ギリギリ相手にプレッシャーを与えない程度に。おかしい、最接近しても奴は逃げようとも、身構えもしない。あれ?

蝉にそっと触れてみた。いくぶん足を動かしたが、もはや体力が弱まっているようだ。そうやってじっと死を待っているようにも見えた。おそらく数時間のうちに彼は地上に落ち、そして蟻の餌食になってしまうのだろう。

幹を這い上がってきた蟻が、そのアブラゼミの横を通過した。「そろそろですね。」と蟻は言った。「ああ。そのようだ。」とアブラゼミがつぶやいた。

2009年8月27日 (木)

天丼

リンコスで特大アナゴとかき揚げを買ってきて、ご飯の上に載せ、特製のタレ(わたすのオリジナル)をかけ、チンして出来上がり。いや~、非常にうまかった!!

ちと焦ってたので、写真撮るの忘れた。

柄にもなくセンチメンタルなのだ

Photo

ん~。朝晩、涼しいですなあ。日増しに秋っぽくなってきて、寂しさと同時になんか焦ってます。今年もまた中途半端に夏が終わってしまうのかと思うと・・・。ううっ!

夏はアバンチュールというか、この齢(よわい)になっても、なにかを期待してるんですな。ところが、やはり年齢相応のことしか起こらない。いや、私の世代だったら、ちょっとリッチにヨーロッパにバカンスにでも出かけるという人が少なくはないのだけど、私の場合、ひたすら汗をぽたぽた落としながら仕事しているだけなのですわい。くっそ。しかも、段々体力が衰えているのか、以前ほど暑い夏が大歓迎というわけではないのです。むしろ矛盾するようですが、少し涼しくなるのを待っているフシもある。寂しい。

夏が行ってしまうこの時期によせばいいのに、ややメロウな本を読み始めてしまった。題名は恥ずかしいので言えないけれど、仕事の箸休め(笑)に真剣に読んでいる。これがまた長い小説なのだ。最初はもったり。でも、途中から猛烈に展開が早まって、どんどん面白くなってくる。でも、人の死があったり、男女の別れがあったりと、段々むなしくなってくる。ああ悲しい。虚しい。段々現実と小説の区別がつかなくなってきて、悲しい場面を約20分読んでから仕事に復帰するとため息ばかり。○子さんが可愛そうで可愛そうで。というわけで、この時期には悲しい本はやめておいたほうがいいですよ、皆さん。

幕張新都心賑わいづくり研究会の写真コンクール「カシャカシャまくはり」の1次審査に行ってきやした。当初、全然集まらないと関係者一同がっかりしていたところ、ふたを開けたらこれまたびっくり。かなりの応募数があって、嬉しい悲鳴。嬉しすぎかも。点数が多いということはこれまた大変なわけで、かなりスピーディに審査をしたのにも関わらず、4時間くらいかかってしまいました。これで、入選候補が約半分になったわけです。次回は早坂先生(幕張を撮り続けてン十年のカメラマン)などお歴々が加わり、本審査になります。応募された方々、お楽しみに。

カメラマンといえば、同じマンションにお住まいの女流カメラマンの石○さんから頂いた海草サラダめんをつくって食べました。うまかったっす!
ゴーヤの夏皿うどんはまだ食べてないですが、近々食べます。この場をお借りしてお礼を申し上げます。
石○さんの家には母娘のワンちゃんがいて、石○さんと顔が似ているので、彼女がワンちゃんと一緒にいると同じ顔が3つあって面白いです。今度、機会があったら写真を撮ってご紹介したいです。(笑)

ところで、昨年アウネ幕張で開催されたジャズライブを今年もやることになったようです。ガッツマンの崎見さんが現在プレゼン中。今年も私がディレクターを担当させていただけるとのことです。有難いことです。皆様、どうぞご期待ください。

さて、ベイタウン夏祭りがいよいよ近づいてきました。皆様、現場でお会いしましょう。私はステージの脇におります。

2009年8月26日 (水)

お知らせ

ベイタウン夏祭りに来られてパフォーマンスをしてくださることになっていた白井梨ブランデーの社長(元新日本プロレス社長)の草間政一氏が都合で来られなくなりました。まことに残念ですが、よろしくお願いします。また、なし坊も、同社の販売についても中止になりました。また機会がありましたらお呼びしたいと思います。

ベイタウン商店会

*   *   *

ということで、草間社長のパフォーマンスとか、ゲストの出演を楽しみにしていた私としては大変ショックなのだ。

ま、それはともかくベイタウン夏祭りが3日後に迫っている。スタッフの皆様、ご苦労さんです。おっと、俺もスタッフだ。

抽選会の景品に期待してくんろ。

2009年8月24日 (月)

サマーライブ

稲毛海浜公園での野外ライブ(パパバンド主催)が無事終了。お疲れでした。楽しく騒げました。スタッフの皆様へ感謝。

前日のバーベキュー大会で飲み過ぎ、その後夜通し仕事。極度の睡眠不足でヘロヘロ。ま、しかし、普段あまり会えない仲間達にも会えたし、打ち上げも盛り上がったので、グーっ!

おっと、しかし、仕事を片付けないと。(汗)

Summerlive01

(↑)暑かったけれどサイコーっ!
写真はコットンシェルターのステージ。

Summerlive02

(↑)バンチャーズ(旧バンド名)のドラマーさん
かわいらしい顔をしていて、ドラムはかなりうまい!

Summerlive03

(↑)キース氏
直前に腰を痛め、かなり大変だった様子。でも、来てくれてよかった!!

Summerlive04

(↑)ホストバンドのPaPaBANDのステージ
めちゃくちゃご機嫌なステージ。黄色い声援とおやじのこげ茶色の声援で盛り上がる。

Summerlive05

(↑)ハイテンションのじゅん坊

Summerlive06

(↑)ELPを演奏するくいしんぼトリオ
ナットロッカーはたった1日のリハで仕上げたが、しかし、OKだった!

Summerlive07

(↑)演奏が終わってお疲れさんのくいしんぼトリオ

http://www.oretachi.jp/hina/Yaon090823/Jounetsu-video.wmv

(↑) ちと不本意だったけど、くいしんぼの演奏をどうぞ。

BBQ

Bbq

中庭でのバーベキュー。街区の夏祭りなのだ。
写真は、ご近所さんたち。

恵比寿の生樽で、しあわせ~。
(マジでサーバーからの恵比寿は旨い!)

2009年8月22日 (土)

八景島シーパラダイス

Photo

この夏、ずっとバタバタしていて、まともな家族旅行もなにも無かったので、せめて、せめて、ということで、八景島に行ってきた。近場でごめんね。行ったはいいけど、仕事の電話がバンバン入ってきて、かなり大変だった。(苦笑)

でも、でも、楽しかった。同園は過去2回行っている。水族館に入るのは今回が初めて。マスコットになっているシーパラ君の実物、セイウチはユーモラスで面白かった。イルカのジャンプや、白イルカのショーには感激。夜まで楽しんだ。前日殆ど寝てなくて、途中寝こけてたのもあったが、一日中居ても飽きないね。

帰りに横浜中華街に寄り、深夜帰宅。あー、疲れた。

エスパー

あるコミュで、「江○氏は、未来を予言できたり、前世を言い当てるのだったら、未解決な事件の捜査協力しろよ!」という意見が飛び交っている。偉大な力を行方不明の捜査に使ったら、あるいは真犯人を見つけたりと、色々なところで活用できる筈である。

なんたって、あんた、死者の声を聞くことが出来るわけだ。
お蔵入りの未解決事件なんて簡単に解決できるじゃないか。

で、以下のブログを教えてもらった。

http://asios-blog.seesaa.net/article/126115626.html

(↑)ASIOSというブログ。
『江○啓之 本音発言』(2)

お遊びの占いとか、駅裏の路地でひっそりとやっている分にはいいけれど、科学的な根拠が一切なく論理性もまったくいい加減な占い(予言とは言わせない)を全国放送に載せて、堂々と金儲けしているというのが、信じられない。子どもばかりか、大人までにも、大きな影響が及ぶのは必至。歪んだ教育と言わざるを得ない。まともな大人だったら、インチキだとすぐに見破ることが出来るが、物心がついたばかりの子どもにとっては危険極まりない。親として、そういったインチキエスパーの言うことを信じないようにすること、いや、嘘を見抜く(論理的におかしい点をきちんと把握する)ような知恵を授けるのは義務だと思う。

2009年8月21日 (金)

くいしんぼトリオ+1

Kuishinbo

23日のパパバンドさん主催の野音ライブのリハをちょこっとやってしまったダス。
久しぶりに食いしんぼのメンバー全員集合。
相変わらずまっきーベースはちょーかっこいいのだ!!

2009年8月18日 (火)

マックシェイクの怪

以前、海浜幕張のマクドナルドでマックシェイクを注文したら、「申し訳ないのですが、機械の故障でして・・・。」と言われた。息子はマックシェイクが好きで、諦め切れないようなので、面倒臭かったけれど、クルマで数キロメートルの別のマックに行って、注文したら、殆ど同じ回答。偶然なのかなんなのか。

なんかその日は私ですらマックシェイクを意地でも飲んでやるみたいな意気込みが湧いてきて、更に別の店に行って、とも考えたのだが、たかがマックシェイクごときであちこちに行くのも馬鹿馬鹿しいので、やめておいた。

その後、仕事の打ち合わせをしているときに、印刷屋のAさんが、「実はね、仕事帰りにマックシェイク飲むのが好きで。でも、ここんところ、機械の故障で買えないんですよ。」と言ったのだ。えええええ?

Aさんの住んでいる街は海浜幕張からずいぶん離れたところ。その街でもマックシェイクの機械が故障しているのだ。いったいどういうことなんだ。そのときには物凄く不審に感じ、マクドナルドの本社に聞いてみようと意を決した。でも、なんか面倒になって、おまけにすっかりそのことを忘れてしまった。

ところがたまたまネットで「マックシェイクが買えない」という記事を目にする。それも1、2件ではない。至るところにマックシェイクの機械が故障するという記事があった。ヤフーの知恵袋にも質問があって、回答欄には、「あの機械は故障しやすいのですよ。」と書いてあった。本当ならば、仕方ない。メーカーに言って故障しないように改善してほしいだけ。

食べたいもの、飲みたいものが無いときの悲しさって・・・。

居酒屋で、「すみません、タコ刺しください。」と言うと、「申し訳ございません、タコ刺しは切れちゃって。」と若い店員さんがぺこりと頭を下げる。「しょうがないな、じゃあ、イカ納豆でいいや。」と言うと更に「申し訳ないです。それも品切れなんです。」と困ったような顔をする。いや、困っているのは私なのだ。

そんなことってよくあるよね。先日も書いたけれど、ヤマダ電機で店員さんが薦めてくれたデジカメが品切れで買えなかったこと。あれも類似しているかも。

2009年8月14日 (金)

海水浴

毎年、年に一回だけの海水浴。それが今日だった。午前6時には海岸にいた。その頃から強烈な太陽が照りつける。段々昼に近い頃になると、雲が出てきて、また風も出てきて、涼しくなる。

午後から実家の木更津へ。14日は木更津港まつり。通称「やっさいもっさい」を十年ぶりくらいに見てきた。踊りは楽しいけれど、やはり以前にも言った通りあの曲はダサすぎて嫌になる。なんとかしてほしい。

ところで、WPは海で大活躍。初めて水の中にどぼんと浸けてみた。壊れないので、ちゃんとウォータープルーフが出来ていると感心する。でも、後から、そうだ、水の中で動画を撮ってみればよかったと物凄く後悔。次のチャンスは来年の夏まで無い。残念!

昨夜、実家でBSの映画を観た。「MEN OF HONOR」(ロバート・デニーロ)。結構、感動した。デニーロ、相変わらず凄い。かっこいい。

山城新伍氏(70)が特別老人ホームでひっそりと亡くなる。ここ数年糖尿病を患っていたという。孤独死といえば、先日無くなった大原麗子さんに共通するものがあるかもしれない。ご冥福をお祈りします。

*    *    *

[追記]

久留里線の昔のカラーリング

港祭りで賑わう木更津の駅に向かうときに駅の線路(整備用の線路?)に見慣れないというか、いや、昔十分に見尽くしたカラーリングの列車が止まっていた。ベージュと赤のツートン。すぐに、あ、昔の久留里線のカラーだと分かったが、しかし、同時に小湊鉄道の車両を持ってきたのかとも思った。

どちらにしても、木更津駅構内に停車しているこのカラーの列車を見るのは物凄く久しぶりである。

実際にどうなんだ。じっくりとあとで写真等で検証してみないとわからないけれど、以下の仮説を立ててみた。

(1)何かのイベント用に、現在のカラーリングを昔のツートンに変更した。
(2)実はこの色の車両がどこかに保管されていた。
(3)小湊鉄道から譲り受けた。

あ、でも、(3)の場合は車両(型式)が同じっつうことですよね。カラーリングも同じなのかしらん。そうだ、長いこと薄っすらと思っていたのだが、そもそも、久留里線の車両と小湊鉄道の車両の因果関係ってあるのだろうか。どちらもディーゼル車という点では大いなる共通点である。

謎は深まるばかり。今夜も眠れない。

[またまた追記]

Photo

写真をじっくり見たら、小湊鉄道の車両とは違うことが判明。

以下、以前小湊鉄道を見に行ったときの写真。

http://baytown.dokkoisho.com/chiba2/kazusa_yamada.htm

2009年8月12日 (水)

巨大きのこ発見!

Photo_2

ママチャリで走ってたら凄くでかいきのこを発見した。

傘の大きさは大人の顔くらいある。

めちゃ、きもい!(←俺の年代ではあまり使わない言葉)

場所は磯辺の公園(花見川沿い)。

これ、当然食べられないと思うけれど、なんという種類のきのこなんだか教えてちょーだい。

あぢ~っ!

おとといまでの大雨が去ったら本格的に暑いっ!

そんな中、麦わら帽子を被ってママチャリに乗って遠出してきた。

暑くても、ママチャリでもかなり遠くまで行けることを確認。

ただ、腕が・・・サーンバーン状態。

Photo

http://baytown.dokkoisho.com/shiba/zaki15/shibazaki_712.htm

(↑)溶鉱炉の見える街

2009年8月10日 (月)

夏休み親子料理教室

かなりテンパってからのご案内で申し訳ない。

以下、あのセンテナリアのシェフとフードコーディネーターによる親子料理教室。今日と、8月24日(月)に開催する。是非ご参加を。

http://www.oretachi.jp/flash/flash18/fno359.htm

(↑) ここをクリックしてください。

ご無沙汰です

探しもののついでに、古いアドレス帖をぱらぱらめくってたら、昔仕事でお世話になった人に、たまには電話でもしてみんべ、なんて思って、某社に突然電話した。もう10年はまったく音信不通状態。お互いに忙しい仕事をやっているから、ついついご無沙汰になってしまうのだ。

電話に出たのは若い声の女性だった。「現在の部署は分からないのですが、谷口さん(仮名)はいらっしゃいますか?」と取次ぎをお願いすると、「少々お待ちください。」と言われ、電子音のありがちなオルゴールが流れた。約3分ほど待たされた後、すると、今度はやや年配の女性が電話口に出て、「あのう、4年前に退職されまして・・・。」と言う。えーっ、退職ったってまだ定年じゃないのに。リストラにでも遭ったのかな。

するとその女性はややトーンを落としながら、
「いいえ、体調を壊されて、それで先月お亡くなりになりました。」と言う。谷口さんはガンだったようだ。一度治って、別の会社に勤め、またガンが再発。ここ1年は入退院を繰り返していたとその女性が言った。

昔の仕事仲間にごくたまに会うと、すぐに健康のことが話題になる。誰々はまだ元気にやっているかとか、あいつは末期でかなりヤバイとか、○○先輩はもうとっくに逝っちゃったとか、そろそろ俺もお迎えが来そうだ、とか。

しかし、口ではそう言っても、きっとそんなのあり得ないと思っている。まだまだ俺は若いんだと思っている。それは私の同年代の殆どがそう思っているのだ。でもな、現実は少しずつ仲間が鬼籍に入りだす世代なのかも。今の時代、80歳でも90歳でもお元気な方々がたくさんいるけれど、定めなのか、早世する人も多い。

谷口さんと最後に会ったのは柳町(新宿区)の交差点近くのファミレスだったっけ。何故かファミレスでビールをたくさん飲んだような気がする。そういえば、谷口さんってどこに住んでいるんだっけ。仕事のやり取りで何度も会っているし、何度も飲んだ仲なのに、未だにどんな人なのかよく分からない。そして、もう分かる術もない。

# 大原麗子さんの孤独死もショックだったよね。可愛そう。
# 芸能界で色々な不祥事が続いているから大原麗子さんのことが霞んでしまった。
# 少し愛して、長~く愛して。名CMだよなあ。

2009年8月 8日 (土)

MADE IN CHIBA BOUND FOR SUMMER SONIC

Risk

賑わいづくり研究会が千葉から選出したサマソニ出場ユニット。その名はRISK。8月8日マリスタ外周の特設ステージに登場した。

彼らはもう既にプロとして色々なシーンで活躍し、マリスタにも何度も出演している。今年、そのサマソニに出たいがためにわざわざ千葉に引っ越した。物凄い情熱である。素晴らしい。

http://pc.riskist.jp/

Risk03

上は、RISKとその関係者。右上はRISKのマネージャーさん。なんと木更津高校出身の46歳。私の後輩になるわけだ。初対面なのにローカルネタで盛り上がった。左下はRISKの事務所の社長さん。左肩から二の腕にかけて刺青が入っている。思わず「それホンモノ?」と聞いたら、「はい。そうなんです。」と申し訳なさそうに答えてくれた。ちょっといかつい顔をしているが、なんとなく優しそうな人。右下は賑わいづくり研究会の副会長の木谷さん。SII(セイコーインスツル)不動産部の部長さんで、亀戸サンストリートにライブをするためのステージをつくった人。

Photo

一方、賑わいづくり研究会では8日、9日とWBGでフリマを開催している。仕掛け人は戸田さん。通りを渡った反対側ではやはり賑わい研のメンバーである猪野さんがサマソニを盛り上げる為のベイFMのイベントを開催している。

雷雨のライブ

昨夜、マリスタにてサマーソニックを楽しんだ。しかし、途中で物凄い雷雨。最初演出かと思ったのだが、本物の稲妻が走った。たまたま私のいたところは屋根のあるスタンドだったので、濡れずに済んだ。しかし、グランドにいた数千人の観客はびしょ濡れになりながら踊り狂っていた。いいね、若者って。アラ5になるとそういうのはちょっと苦手だよね。ね、Hさん!?

Summersonic

(↑) 夕刻のビーチステージ

この土手はフリーゾーンなので、無料でライブが観ることが出来るのだ。おっと、こういうこと言うと、ここが満員になってしまうのだ。やばい。ま、いいか。

俺だ。

Photo_2

ナッキーちゃんがこんな写真を撮ってくれていた。

わたすが当サイトに登場するのは初めて。うそうそ、時々出てくる。(笑)

だが、実は写真は撮られるのが嫌い。なぜなら、デブに見えるから。ま、デブだからしょうがない。(泣)

サマソニ前夜祭(ミニ写真集)

ちと遅れてすまったですが、写真を掲載するだす。
ベイ中関係を中心で申し訳ないだすが、後日、神田外語大学のフラとかバンドの写真もアップすますので、よろすく。

01

(↑) ベイ中の代表といえば、BCU。

こんな雰囲気で飲みながらライブを楽しめるつうのは最高っす。

02

(↑) 面子はこんな感じ。おっと、じゅん坊がはりきってるね。

03

(↑) これはじょん吉さんの撮影。

「じょんきち」と打って、変換すると「ジョン基地」になる。あ、関係ないっすね。(笑) 

04

(↑) じょん吉さん、おひさしぶりだす。

ケリーちゃんはこのところ頻繁にお目にかかるだすな。

F美さんとのツーショット撮りたかっただす。

05

(↑) 出たっ! たこ入道!

って、すつれいすますた。
じゅん坊ですた。
キーボードが凄いって絶賛の声が会場のあちこちから。
かなちゃんもお疲れ様ですた。

Photo

(↑) アクアラインを800円にすただす!

ということで、森田健作知事の登場だす。
リニアモーターカーはどうなった?と、野暮なことは言いっこなしにしましょう。(笑)
のりピーの先輩としてひとこと、という要求も駄目だす。

いずれにしろ、前夜祭を盛り上げてくださいますた。サマソニの主催であるクリエイティブマンの社長さんもご挨拶されますた。

06

(↑) そんなこんなで、トリのキマグレンが登場!

さすがに人気絶頂のユニットだけあって、すんごい盛り上がりですた。わたすは詳すくないのだすが、ケリーちゃんの娘さんがファンなのだとか。やっぱねえ。そういうもんかすら。    

2009年8月 6日 (木)

サマソニ前夜祭

出演者の皆さん、スタッフの皆さん、お疲れ様でした。
また、ベイ中の皆さん、F美さんもケリーちゃんも、お疲れでした。
MIZKさんもわざわざ有難うございました。
疲れたけれど、楽しかったですね。
キマグレンも良かったです。
ラストにステージの前での握手会もよかったです。

今、勝手に一人で二次会やってます。う~い~。

さて、明日からいよいよサマソニの本番です。

*    *    *

[追記]

当日取材に来られたMIZKさんが素晴らしいページをつくってくださいました。

http://www.freestyle-life.net/makuhari/makuhari-people-page.htm

彼はナチュラリスト、WEBクリエーター、ライター、カメラマンというマルチな才能がありますが、写真、見事ですね。カメラも新調したキャノンのフルサイズ。俺も欲しいよ~~。

Mizk

(↑)MIZK氏

手にしているのが例のカメラ。

2009年8月 5日 (水)

眺めがいい!

Kuuraku01

幕張新都心のWBGの、株式会社 KUURAKU GROUPにお邪魔する。そうだ、これを書きながらエレベーターホールでベイFMの猪野さんにお会いしたことを思い出した。すみません、電話中だったもんで、ちゃんとご挨拶できずに。で、エレベーターに乗り30階に。KUURAKUの経理担当の瀬川さんと打ち合わせ。イマ風のお洒落な感じの人。ああ、世代の違いを実感する。

KUURAKUは、あのジャズのイベントでおなじみのセンテナリアや、居酒屋「食ふ楽」を経営する会社。8月10日と、8月24日にセンテナリアで開催される「親子の食育料理教室」の件でお邪魔したのだ。

Kuuraku02

それにしても、30階は高い。景色がいい。こういう職場が羨ましい。

Kuuraku03

帰りにWBGの植栽にセミ(みんみん蝉?)がとまっていたので、こっそり望遠で撮影する。幕張新都心もセミがやたらにみんみんと鳴いているのだ。そういえば、数日前には私の住むマンションの中庭でヒグラシが鳴いていた。周囲に反響してやたらとでかい音量だった。

2009年8月 4日 (火)

初めてのガンダム

Photo

遅ればせながらお台場のガンダムを見てきた。

いやはや、凄い人。

でも、かっこいいね。ガンダム。

http://baytown.dokkoisho.com/shiba/zaki15/shibazaki_708.htm

2009年8月 3日 (月)

岸ミツアキ@検見川浜

2

昨夜は岸ミツアキさんのライブ。ピアノに華があるというか、なんとも優雅な雰囲気のライブだった。選曲はスタンダードに、後半「ジャズ抒情歌」という自身がテーマをつくりアレンジをした「日本の童謡ジャズバージョン」など。「赤い靴」に「しゃぼん玉」。物悲しさと、躍動感が同居する素晴らしい仕上がり。これらの「ジャズ抒情歌」はアルバムになっている。

#しゃぼん玉を人生の無常やはかなさというような捉え方をして創作したという。
#岸ミツアキ氏というと、故藤岡琢也氏との親交があることで有名である。

メンバーは、岸ミツアキ(Piano) & 山田晃路(Bass)のデュオ。会場は真砂のカフェ・リリコ。11月にもまた同店でライブの計画があるようだ。

カフェリリコ  http://cafe-lirico.com

私は岸ミツアキ氏とは初めてお会いし、しかもお話しさせて頂いたが、私の友人でベーシストである伊藤潮氏から色々聞いていて、かなり以前から意識していた人物。CDも持っている。端正なルックスでありながら饒舌で人なつっこいお人だった。またお会いしたい。

*    *    *

お、あった、あった。

CDをちゃんと整理してないから、探すのに苦労する。
少なくとも岸ミツアキさんのCDは3枚持っている筈なので、どれか出てくるだろうと朝から棚を引っ掻き回してたら、以下のCDを発見。

Photo

おそらく、これ、2000年以前のものだと思う。
ピアノは岸三晃、ベースが伊藤潮、ギターはバーニーさんこと、田辺充邦。プロデュース:伊藤潮、解説になんとあの油井正一さん。感涙ものだ。

*    *    *

また、外食リポート。(笑)

夜、幕張公園通り(総武線の幕張駅から海に繋がっている道)にある「ラーメン開」に家族で行った。そう、あのテラスのあるラーメン屋さんだ。以前から気になっていて、でも、なかなか行けなかった。たまたまラーメンフリークのKUさんと話していたら、彼が「幕張人であのラーメンを食していないのは、イケテないですよ。」なんて言うもんだから、こりゃ是非食っておかなあかんな(なんで関西弁なんだよ~)と思い、思い立ったが吉日(古い言い回しだ)で、同店に急行したわけだ。

ラーメンの話をしていると、急に食べたくなるもんだよね~。(笑)

テラス席と中(店内)のどちらがいいか、少し迷い、でも、中にした。店内は外のテラス席のイメージとは異なり、普通のラーメン屋さんという感じ。大変繁盛していた。思ったよりも広く、そして、驚いたのは豊富なメニュー。うーむ、ラーメン店というよりは中華飯店だな。周囲が旨そうな生ビールを飲んでいるのが目の毒。ああ、クルマで行くとこういうのがつらいね~。

私は「中華そば」、妻と息子は「開ラーメン」を食べた。それと、餃子。ああ、ビールが飲みたい。がまん、がまん。「中華そば」はあっさりというよりは結構味が濃い目で、魚介類のコクが相当ある。それから具も多い。たっぷりのネギも私好み。麺はぷりぷりだった。「開ラーメン」は豚の背脂がたっぷり浮いているタイプ。つまりコッテリ系。見た目ほどはしつこくない。結構、旨いね。ま、確かに旨い。KUさんがお勧めするだけのことはある。

「ラーメン開」にしても、その並びの「辰巳ラーメン」にしても、オリジナリティを強く感じるから、そこがいい。ごちそうさまでした。

http://baytown.dokkoisho.com/shiba/zaki15/shibazaki_707.htm

2009年8月 1日 (土)

ミハマ・ミュージック・ジャック(2009/8/1)

Cross0801_01

実に楽しかった。

駐車場では縁日もあり、カレーや焼きそばを食べた。

CROSSが早速ブログに記事をアップしている。
http://blue.ap.teacup.com/cross-diary/1417.html

Cross0801_02

(↑)CROSSとケリーちゃん

エスカルゴ(フリースピリット音楽芸能学園の生徒さん達)は初出演。
想像以上に演奏がうまかった。
ギター、ベースはなんと高校生とか。
たいしたもんだ。

おっと、これから千葉みなとでは花火大会だ。

私はしかし家で既に酔って候。(苦笑)

« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31