無料ブログはココログ

マイフレンズ

« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »

2009年6月

2009年6月28日 (日)

雨中の観戦

自転車でマリスタのロッテ対日ハム戦に行く。出かけるときにぽつんぽつん来たなというのが分かっていたが、ま、でもすぐやむだろう、なんて勝手に思っていた。それが試合が始まる頃には本格的になってきて、折りたたみの小さな傘を差しながらの観戦。更に回が進むにつれて雨脚が激しくなる。

4回を終わった辺りでたまらなくなって屋根のある2階のスタンドに移動。傘を差していたけれど、ズボンは結構濡れた。同点の6回裏、マリーンズが均衡を破る今江のスクイズ。ベニーが激走した。7回に更に雨が激しくなってきて試合が中断。おそらくそれでコールドになると思ったので、傘を差しながら自転車で帰宅した。

これだけびしょびしょになって観戦したのは久々。自宅で仕事し、それから再び出かける。マンションの管理組合絡みの会合。会場は駅前の「月の宴」。せっかく着替えたのに、またびしょびしょ。濡れたズボンはそのまま履いていった。

2009年6月27日 (土)

サマソニ予選ライブ

Photo_6

今日からサマソニの「From Chiba Bound for Summersonic」の予選ステージが始まる。最初の出演は写真のCotton Shelter。ベースはベイ中のメンバーでもあるぜんこーさん。超かっこよかった。ビデオ審査は7月の終わり。

http://www.oretachi.jp/flash/flash18/fno355.htm

野方配水塔

Photo_4

東京都中野区江古田1丁目3番1号に設けられた荒玉水道の野方給水場(のちに野方給水所に改称)に作られた配水塔である。

「近代上水道の父」と呼ばれた工学博士・中島鋭治による設計で1930年に完成した。配水塔としては1966年に使用を停止した。1972年7月31日に給水所が廃止されてからは跡地及び配水塔を東京都水道局が管理してきたが、現在は中野区の災害用給水槽となっている。

地元では「水道タンク」あるいは「みずのとう」と呼ばれる。

塔に空襲時の弾丸の痕跡が残っていることから中野区の平和史跡となっており、周囲は中野区立みずのとう公園・みずのとう幼稚園として整備されている。

以上、Wikipediaより

私が以前同地を訪れたのは二十数年前。そのときからこの配水塔(当時は給水塔と言っていた)を気にかけていた。独特のデザイン、それから、森の中からにゅっと突き出た威圧感などに惹かれていたのだ。あれから暫く経って、千葉大医学部病院の近くの給水塔を見に行ってから余計に野方配水塔と再会したくなった。それからも3年経ったか。だから今回、偶然に新井薬師に行って、そして哲学堂公園に行き、あの懐かしいお姿を拝したことは非常なる喜びだった。

Photo_5

この野方の配水塔に似ているのが、栗山配水塔(↓)。それは昨年訪れた。
http://www.geocities.co.jp/baytown_oretachi/zaki10/shibazaki_470.htm

3年前に千葉大医学部病院に隣接した給水塔を訪れたときのリポートはこちら(↓)。
http://mbaytown.hp.infoseek.co.jp/chiba/benten.htm

沖縄そば

1

沖縄そばには当たり外れがあるとヒナ氏も言っているように、今まで何度か食べた沖縄そばはハズレが多かった。だから、もう食べなくてもいいや、みたいに思っていたが、昨夜食べた「めーばる製麺」(あとで店名がわかった)という店は今までの沖縄そばはいったいなんだったんだくらいにうまかった。いやほんと。

たった4席しかない小さい店、でもお洒落な内外観。感じのよいお兄さん。それも嬉しい。あっさりとした、しかし出汁の効いたスープ。コシのある自家製麺の麺。柔らかく程よい味付けの豚の角煮も美味しかった。また是非寄りたい。

Photo_3

新井薬師と哲学堂公園

下にも書いた通り、昨日、都内に色々用事があって、それにフリスピ学園(佐倉校長)のイベントが野方区民ホールであったので、超久々に西武線に乗って野方に行った。野方っておそらく二十年以上も訪れたことの無い街である。その近辺の私鉄の駅って、駅前にまったくロータリーが無くて、いきなり小さな商店が連なっている独特の景観なのだ。大手のスーパーが無いことが逆に野方や新井薬師などを個性的な町にしている。

で、そのイベントで2~3のバンドを観て(聴いて)、せっかくだから新井薬師に行くことにした。新井薬師は野方から新宿へ2つ目。喉も渇いていたし、やや腹も減ったので、焼鳥屋へ。それは下に書いたとおり。それから新井薬師にお参り。おっと、正式にお参りしたわけではなかった。本堂の覗き穴から中をちらりと見ただけだった。

焼鳥は、どうしてもホンモノを食べたかったので、その後、別のお店から買って、食べながら歩いた。

それから哲学堂公園へ。哲学堂公園は新井薬師駅を挟んで、新井薬師の反対側にある。つまりかなり歩いたのだ。到着したときにはちょうど日の暮れる頃で、閉門の6時を過ぎてしまった。残念。野方給水塔を見て、それからまた引き返す。途中で沖縄そば屋があったので入る。ここがまた素晴らしくうまい店。そのリポートはいずれ。

Photo_2

2

3

3枚ともテイスト(加工)の違う写真でごめん。

http://baytown.dokkoisho.com/shiba/zaki14/shibazaki_694.htm

白バイ野郎ジョン&パンチ

昨日は、偉大なアーティストであるマイケルが死去したり、絶世の美女と言われ、チャーリーズ・エンジェルで世界的に愛されたファラ・フォーセットが亡くなった。そのニュースを我々(くいしんぼトリオ)は、新井薬師の小さな焼鳥屋の小さなブラウン管のテレビで観ていた。

その店の女将。年齢は60代?まるでサザエさんに出てくるお母さん役の磯野ふねみたいに着物に割烹着姿。焼鳥屋と称しながら実際には鳥は扱ってなく、焼き豚であった。その辺りのエピソードは同行者のケリーちゃんのブログなどで細かくアップされるものと思われる。

チャーリーズ・エンジェルといえば、日本でももちろん大ヒットしたテレビドラマ。夜の11頃に放映されていたような記憶がある。ただ、私は初回から数回しか観ていない。同時期にやっていた表題の「白バイ野郎ジョン&パンチ」は主役が交代するまでは殆ど観ている。

彼らが所属するCalifornia Highway Patrolは、通称「CHiPs」。それが副題になっている。ワッペンとバッヂを凄く欲しかった。それ以上に欲しかったのはカワサキZ1000かな。当時私は実際にバイクに乗ってたから、それで夢中で観ていたのだ。

Chips

東洋化成(青山営業所)

Photo

東洋化成を訪問する。
東洋化成は、アジア地域で唯一アナログのレコードをつくっている会社。

一般的にはレコードの会社として知られているが、今は、印刷事業のほうが実質的な売上が高い。

http://www.toyokasei.co.jp/

2009年6月25日 (木)

スーラー麺

Photo

ヌックの小田さんにゴチになった。ありがとさんです。(すんません、いつも!!)
以前から、ちょっと気になっていたチンタンタンのスーラー麺に挑戦。小田さんは究極の担々麺。

で、写真がそのスーラー麺。とろみのあるスープは、麻婆豆腐のような感じ。甘辛く、しかし、さっぱりとした酸味が効いている。

最初はあまり辛さを感じなかったものの、徐々にそれはやってきた。やってくると、急激に喉を刺激する。しかし、それほどキョウレツでもない。

麺は柔らかめ。とろみのあるスープの中で、くたっとしたのがアクセントなのかもしれないが、ちょっとくたっとし過ぎかな。もう少し固いほうがいいかも。

そうは言ってもうまい。また是非食べたい。

星、2つ半!!!(チューボーですよを意識して)

夏ライブのお知らせ

(あっちこっちの掲示板にいろいろ書いてますが・・・。)

梅雨時で、ぱっとしませんが、ま、そういうときには一休み。
これから暑い夏がやってきます。
んで、ベイタウン中年バンド関係の夏ライブをざざっと列記してみました。
是非是非お越しください。

7月11日(土)
九十九里ライブ / BCU with Kana ほか

7月12日(日)
ミハマ / Kana*P ほか

7月12日(日)
LIVE at Live House ZX CHIBA / Kana*P ほか

7月19日(日)
ミハマMJ / CROSS ほか

8月 1日(日)
ミハマMJ / Kana*P ほか

8月 6日(木)
サマソニ前夜祭 / BCU with Kana

8月 9日(日)
ビーグルハット・プロジェクト
大塚のWelcome back

8月23日(日)
サマーライブ / PaPaBAND プロデュース
稲毛海浜公園 野外音楽堂

8月29日(土)
ベイタウン・ジャズ・ストリート
   ベイタウン夏祭り2009
(出演:井手麻理子 ほか)
http://www.oretachi.jp/event/natsumatsuri_2009.htm
 ↑ 暫定 告知ページ

8月30日(日)
パサール幕張(京葉道路・幕張PA)
出演:Kana with BCU

http://homepage2.nifty.com/baytown/live.htm

Idemariko

2009年6月24日 (水)

回らない寿司

Photo

久しぶりに回らない寿司を食べた。
といっても、とんでんのセットだけど。(笑)

いいね。こういうの。

目を離したすきに他の人に取られる心配が無い。(笑)

2009年6月23日 (火)

ヨットハーバーで・・・

01

ランチは、検見川浜のガッシュで、焼き焼きチーズカレーセット。

ヨットハーバーと東京湾を見ながらのランチはグー!!!

02

この(↑)方々と一緒。

誰だかわかんないか。(笑)

ランチ後は、サマソニの関連で保健所(千葉みなと)に行った。いや~、久々に固い話だった。どうもああいうところ苦手なんだよな~。

三浦友和と山口百恵の息子

テレビで観た。「なんだコヤツ、デビュー当時の山口百恵にそっくりじゃないか!!」と思った。でも、よく見ると三浦友和にもそっくりだ。それに、三浦友和と山口百恵って、似てるじゃん。兄弟じゃないか。

http://img09.pics.livedoor.com/009/2/a/2a71883e3a3c4bf8aa52-M.jpg

朝霧のベイタウン

Photo

昨日の朝、ベイタウンが薄い霧に覆われていた。

早朝5時過ぎにカメラを持って散歩した。

2009年6月22日 (月)

さくらんぼ

Photo_2

毎年この時期になると親戚から頂く。

2009年6月21日 (日)

父の日

Photo

自分が子どもだった頃は父の日なんてまったっく意識しなかったし、無論、イベント的なことは一切やらなかった。だが、嬉しいことに我が家では赤ワインを飲みながらちらし寿司を食べる、いつもとちょっと違う夕餉を楽しませて頂いた。息子からはプレゼントも。こういうのがささやかな幸せというのかも。

く~っ!
泣けてくるぜ。

故詫摩館長の息子さんにとって、今日はお父上が亡くなって初の父の日だったわけだ。きっと天国のお父上はご自慢のオーディオセットから流れるジャズを聴いて喜んでくださったと思う。

ジャズ鑑賞会

Jazz

故詫摩館長のご子息にご協力頂き、ジャズ鑑賞会を開催する。亡き館長が大事にしていたオーディオセットをベイタウン・コアに運び込み、参加者がそれぞれCDを持ち寄るという方式。オーディオセットは思ったよりもでかい。しかも重量がある。目玉はサンスイの超どでかサンスイのメインアンプ。スピーカーはダイヤトーン。

これで、次々にジャズを聴いた。故館長のコレクションは幅が広い。その中でもエリック宮城バンドがお気に入りのようだ。エリック氏はじょん吉さんの幼な友達。いや~、実にいいね。ソースも音も最高。早速私もアルバムを買ってしまおう。次は是非飲みながらやりたいものだ。

2009年6月20日 (土)

ル・パティシエ・ヨコヤマ

Photo_3

ここ(ヨコヤマ)がテレビに頻繁に露出していたのって何年前だっけ。もう十年くらい経つんじゃないか。だから、もう行列なんて無い、なんて勝手に思っていた。

船橋まで行った帰り、たまたま近くを通りかかったので、岩シューでもお土産に買ってゆくかと思った。すると、店先に「岩シュー完売しました。」という札が下がっていた。更に「谷津ロール完売しました。」という札も下がっている。

ええーっ!未だに人気なのか。で、店頭にいた六十代のガードマンさんに「岩シューって何時頃来れば買えるんですか?」という質問をしたら、「はい、そうですね。いっつも10時45分くらいに売り切れます。」という回答。「だいたい10時の開店10分くらい前に並んで頂いて、ぎりぎりっすね。」という。えー、未だにそんなに人気なの?

谷津ロールのほうは11時半頃に売り切れるらしい。因みに谷津ロールは予約が出来るそうだ。

http://p-yokoyama.jp/

ビワ

Photo_2

ビワアキヒロ → 美輪明宏

ん?

警察音楽隊(千葉県警)

Photo

この司会の婦警さん・・・・・。

かなり可愛い。

2009年6月19日 (金)

木場

009

門前仲町で撮影の仕事。予定より早く終わったので、富岡八幡宮にお参りに。横綱の碑などを見学。ここ3代(4代か?)は外国人横綱が続いている。スタッフとお茶をしてから、そこで解散。私は時間があったので、隣の駅の木場駅近くの深川ギャザリアに行く。

ビジネスビルとイトーヨーカドーを核にした複合施設の深川ギャザリアはオープンしてから7年だというが、徐々にスケールアップしている。未だに増築、増床中。新しい棟も建設中だ。かなりの規模。しかもお洒落。そこにビビットでお世話になったN原氏がいる。アポを取らなかったけれど、快く出迎えてくださった。

フジクラの方にもお世話になった。有難うございます!

http://www.gatharia.jp/index3.htm
(深川ギャザリア

その後、錦糸町で打ち合わせ。時間調整の為に木場公園に。まだ造成中の時から知っているけれど、緑豊かなとても良い公園になっていて驚いた。20年以上も前のその近辺は風景が殺伐としていた。こんなところに公園つくってどうするんだ、なんて思っていた。だいたいかつての江東区って、ゼロメーター地帯とか、夢の島のゴミ問題とかで、あんまりいいイメージが無かった。そのが、いつの間にか緑豊かな街並みに変身していた。木場公園だけじゃなく、至るところに緑が溢れていた。

010

錦糸町でまたまたラーメンを食べる。ハッスルラーメンだ。餃子無料券をゲットしたのが、運のつき。こってり系のラーメンを二夜連荘で食べたことになる。カロリー取りすぎだ。

かな ZXデビュー

Kanaatzx

昨夜の西千葉ZXでの、NANAMIさんのWEBラジオ・ファイナルのイベントにKana*Pが出演させてもらった。堂々としたステージはベテランの域。会場に居合わせたプロダクションの社長(すみませんお名前お聞きするの忘れてました)も大絶賛。

次回、28日出演の時には、ZXのオーナーのよしさんがドラムを叩いてくださるとのこと。楽しみだす。

たそがれの街にはキリンが似合う

Photo_2

やっぱ、キリンはうまいっ!!

ラーメン無限大(西千葉店)

Photo

昨夜、かなちゃんがZX(西千葉)に初出演するので、その前に腹ごしらえ。駅から近かったので、予備知識無しでふらりと入った。実は、ここ凄い人気らしい。千葉大の生徒さんたち御用達。

何が凄いかっていうと、店名の「無限大」という意味は、「特盛」を注文すると無制限で麺が食べられるというもの。「特盛」は確か150円増しだったかな。ま、ギャルソネちゃんみたいな人はいいかもしれない。

私は普通盛(写真)。それでもモヤシがたっぷり入ってるし、背脂の浮いたこってりスープに、うどんみたいな極太麺でボリューム満点。その後、ZXで立て続けにビールをがぶ飲みしたので、腹がはちきれそうだった。

「ラーメン無限大」はラーメン「二郎」に関係してるのかな?
詳しい人は教えてけろ。

2009年6月18日 (木)

オリンパス PENが、デジタル一眼で復活!

Pens

OLYMPUS「PEN」が誕生してちょうど50周年

ハーフ判カメラでお手軽な価格、無駄のない設計で一世風靡を巻き起こしたカメラ「PEN F」。その名機をモチーフとした、小型軽量かつ上質なデザインのマイクロフォーサーズ・デジタル一眼カメラ「E-P1」がついに登場!

往年のPENを愛用している方、コンパクトサイズで高画質なサブ機をお探しの方、カメラをかわいくファッションの一部として楽しみたい女性の方はもちろん、これからデジタル一眼を始めようとしている方にもオススメ!

「デジタル一眼はちょっと大きすぎる。でもコンパクトデジカメじゃ物足りない…。」 そんなお客様におすすめしたい、デジタル一眼の高性能ををコンパクトデジカメのサイズで実現した“いいとこ取り”のデジタル一眼カメラです!

こういうデザイン、いいねえ。ただ、レンズキットで約10万円は高いっす。パンケーキで、一眼じゃなくてもいいから5万円くらいで欲しい。

ダブルギターソロ

タイトルだけだと何のことだか分からなかったけど、とにかく凄い。

とにかく見てみて!

http://www.youtube.com/watch?v=rutyA12z3Ok

2009年6月16日 (火)

味噌ラーメン

Photo

息子と一緒に昼メシ。かつて西友のあった幕張のショッピングセンターの中、以前の「どさん子」、現在は「みそ膳」でラーメンを食べた。今どきのラーメンじゃないけれど結構イケた。色々な種類の味噌ラーメンがあるので、迷ってしまう。また是非行きたい。

http://mbaytown.hp.infoseek.co.jp/chiba/rah01.htm

2009年6月15日 (月)

ポメラ

Photo

イベントや広告の企画などのプレゼン資料をつくる場合、イメージ化がヘタなので、その分、せっせとテキストを打ち込んでることが多い。本当は簡単にフローチャートを書ければわずか10分で説明が出来てしまうところを、1時間もかけてテキストを打っている。ときには、ネットに繋いで色々調べものしながら、あるいはメールのやり取りをしながら、という場合もあって、気づいてみたら大幅に時間ばかりかかって、内容は薄いときもある。困ったもんだ。

テキストを打つことが多い私は、今でも初代のモバイルギアをテキスト入力専用マシンとして使っている。瞬時に立ち上がり、そして、テキストを打ち込むほかにはあまり大した機能が無いところが重宝している。大きさもちょうど良い。単3電池2本での連続駆動時間が異様に長い。しかも簡単なスケジューラ機能まである。ノートPCだとでかすぎるし、バッテリーの持ちも悪い。ただ、モバギの問題は、キーのタッチがあまり好きではないのだ。

そこゆくと、キングジムのポメラという製品はその点をクリアしている。ノートPCと遜色が無いタッチ。しかもこれ、なんと2つに折りたたんで収納できるのだ。従って、折りたたんだ場合は、電子手帳くらいの大きさになる。素晴らしい。まだ実物に数回しか触れていないのだが、今の時点では相当気に入っている。当然購入するしかないと考えている。価格コムで調べたら15,400円が最安値。メーカー希望小売価格からするとかなりお買い得かもしれないけれど、うーむ、どうなのか。ただ、本当にテキスト打ちだけのマシンなので、それ以外の機能がまったく無いということをしっかり認識して買わなくてはならない。

2009年6月14日 (日)

タムコレ

Photo_2

ジャイネで久々のタムコレ(田村直美 & 是方博邦)のライブ。
よく考えてみたら、お二人に会ったのも久しぶりだ。
田村さんがJ-45(ギター)を買ったのも知らなかった。

シュンの彼女にも会った。可愛いやんけ!

シュンには勿体無い!!!

ぶり寿司

Photo

いや~、久しぶり。
富山の名物、ぶり寿司だす。
酒をちびりちびりやりながらが、最高っ!

し、しかし、酒の買い置きが無く、ビールで・・・。
ま、それでもうまいからいいや。(笑)

三沢選手の死

試合中に倒れ、病院に運ばれたが死亡。

なんとも痛ましい。元々受身のうまい選手だというので、打ち所が悪かったというわけではないのだろう。余程、体調が悪かったのだと思う。相手選手も気の毒だ。三沢が社長を務めていたノアの所属のS選手。

2009年6月12日 (金)

妻と飲みに行く・・・しかもハシゴ(笑)

息子が昨日から「農山村授業」?(3泊4日)で不在なのをいいことに(笑)、夜食も兼ねて妻と飲みに行った。二人で飲みに行くなんて、滅多なことでは無いことだ。二人ともイケる口なので、ガンガン飲んで、それで、ハシゴまでした。

二軒目の居酒屋で、妻のケータイ(ワンセグ)でマリーンズの試合を観戦してたのだが、驚いたことに、めちゃめちゃ凄い点数が入っていた。帰宅後、テレビを観ると6回に1イニング15点というとんでもない試合になっていた。1イニングの日本最多得点らしい。すげえ。3回に今江のプロ初の満塁ホームランもあったのに、それがまったく目立たない。23対2の、とてもプロ野球とは思えない得点で圧勝。あまりにも点の取りすぎじゃないか。この後の試合に勢いがつくといいけれど、逆にボロ負けするような気がする。

マリーンズって、打率とか打点とか、普段あんまりよくないけれど、たまにとんでもない試合することがあるチームだよね。

夏女ソニア

つい一週間前に、とある居酒屋で、「そういえばさあ、藤丸さんのつくった曲で、えーと、なんだっけなあ、CFで流れてた曲、あ、『赤と黒』じゃなくて、その後だよ。ん~、忘れてしまった。」という会話があった。そのセリフを吐いていたのは実は私。最近、ちょっと前のことでも忘れてしまっているので、そういう会話があったことも無論忘れていたのだが、昨日、そのとき一緒に飲んでいた方からわざわざ電話を頂いた。「それって、大橋純子さんの歌ってる曲でしょう!?」ということで早速ネットで見たら、ありました。

夏女ソニア<大橋純子&もんたよしのり>(詞:阿久悠、曲:芳野藤丸 編曲:佐藤準) 1983.04.06 コーセー化粧品 夏のキャンペーンCFソング

詞、曲、編曲と、凄い布陣だ。

2009年6月10日 (水)

SIIと野球

午後から夕方にかけて、サマソニ関連の打ち合わせにSIIさんにお邪魔する。あの例のクリスマスツリーを演出する窓の側の部屋だった。夕刻からはマリスタへ。広島戦だった。俊介、宏之が好投するも、初回の2点でやられてしまった。

お隣さん

昨日お邪魔した事務所は、隣家と2mくらいしか離れてなくて、しかも、窓の位置がほぼ同じなので、この季節、窓を開放していると、まるでテレビドラマを観ているような感覚でお隣さんの居間が覗けてしまう。しかも驚いたことに、おばちゃんがこっちに顔を向けた位置でテレビを観ているではないか。更に、ちっこい犬がきゃんきゃん吠えまくっている。

なるべく気にしないように打ち合わせしていたが、うるさくってしょうがねえ。こんな環境でよくもまあ仕事が出来るもんだ。慣れると平気なのかしらん。

2009年6月 8日 (月)

サウンドハウス

Photo_2

ベイタウン商店会が、イベント用のPAを購入することになったので、下見に成田市郊外にあるサウンドハウスのショウルームに行った。成田ICで東関道を降り、とんでもない田舎の風景の中の国道51号を北東に進み、左折し、野毛平工業団地の一番奥にその建物はあった。いやはや、想像以上に大きな建物だった。単に製品が雑然と置いてあるのではなく、テーマごとに分かれている。スピーカーだけでも相当な種類があって迷ってしまう。ま、予算もあるので、サービスルームでご担当に色々と見繕ってもらった。

Photo_3

見積書を作成してもらってから、昼食を成田山の参道で。うなぎ丼をご馳走になる。これがまたふくよかな味。うまいのなんのって。

とら吉のトラ焼

Photo

昨日、かなちゃんに貰ったトラ焼。
結構うまい。
ふんわり生地の中に、かなり粘り気のあるクリーム。
この粘りは蜂蜜の粘りなのだそうだ。

この手のお菓子って、面白さだけのものが多いけれど、しっかり旨いところが浪速なのか。

2009年6月 7日 (日)

暑かった

ミハマ・ニューポート・リゾートで、Kana*Pと、CROSSのライブ。

直射日光は夏のそれだった。

KANAちゃんは今朝大阪から飛行機~電車でミハマ入り。ライブが終わった後、更に池袋でもライブ。だんだん多忙になってきたね。お土産ありがとさん。(大阪名物・トラ焼だった。) 

2009年6月 6日 (土)

せんと君

このごろ、あの酷評されていたせんと君の人気が急上昇。キモイ~キモ可愛い~可愛いに変化を遂げたそうである。そういえば、ワタシの中でも気持ちの変化がある。つまり見方が変ってきているのは確かだ。以前のような気持ち悪さが失せた。だからといって急に可愛く見えてきたのではなく、単に見慣れてきたのかもしれない。(似てる人もいるしね~。)

そうなってくると、今度はまんと君はどうなるのか。

Mantokun1300_f_240

つーか、そういえばまんと君てどんなキャラなのか忘れてた。

2009年6月 5日 (金)

ノンアルコールビール

Photo_4

さって、これから打ち合わせ。

そんなときに、こういうので、喉を潤しておく。

お、思ったよりもウマイじゃん!!

6月7日は2つのライブ

CROSS × Kana*P (ミハマ)

若手ながら実力派のCROSSと、今年3月にCDデビューしたばかりのKana*Pのライブです。観覧は無料です。6月7日(日)の午後、ミハマ・ニューポート・リゾートでお待ちしております。

アベコバのライブ at カフェリリコ

カフェ・リリコは、ピアノがあるお洒落なカフェ。花見川サイクリングロードからも、ひょいっと行けるところです。6月7日、同店にて、今最も注目されているギターデュオ「アベコバ」が登場します。
17:30オープン、チャージは2,000円です。アクセス図などは、同店のホームページ(上のバナーをクリック)をご覧ください。

2009年6月 4日 (木)

ニジマス

Photo_3

この前のみちのくツアーで、釣りも体験した。
といっても、釣堀。
懐かしいな、釣堀でニジマスを釣ったのは、かれこれ二十年ぶりくらいか。

だんごの餌をちょちょいと付けて、それっと放り込むと僅か1秒でニジマスが釣れた。ちと早すぎやしないか。息子もチャレンジ。最初は釣り上げるタイミングで失敗したが、次にやはり1秒で釣れた。なんちゅうこった。単に飢えてるだけじゃないか。

釣ったニジマスはその場でおじさんに塩焼きにしてもらう。(別途料金)

これがまた実にうまい。釣り立てだからってのもあるけれど、自分で釣ったというのが大きな要因だ。滅多なことでは魚に興味の無い息子も「うまい!」と言ってむしゃむしゃ食っていたではないか。魚嫌いには釣りが一番かも。

デニる

Photo_2

デニーズなんて、何年ぶりだろう。
この手のファミレスって、たいしたことないなんてずっと思ってたけれど、結構イケる。うまい!!

これ(写真:カレーハンバーグドリア)、アツアツで、しかもハンバーグもジューシー。ヘタな専門店(洋食屋さん)よりうまいかも。まいったな。

新ビジネス 「バーチャルファミリー」

少子化、核家族化はますます進行し、今、一人暮らしが増加しているということだ。ベイ・ドリーム・ファクトリー(代表:おじちゃん)は、そんな寂しい毎日を過ごしている貴方に、家族の温かみを味わってもらおうと、「バーチャルファミリー」(スペシャル)を開発した。

キャスト(アクター)は以下の写真の通り。様々なリクエストに応じられるよう、家族構成や、雰囲気など色々なパターンを用意している。役柄や衣装の組み合わせも自由。但し、都合によりリクエストにお応えできない場合もある。

価格は応談の上。

Photo

キャスト(役柄一例)

Ojichan:
お父さん/お父さん犬/おじちゃん/社会人になったばかりの息子/言うことをきかない高校生の息子/アタマの悪い中学生の息子/etc.

Gona:
お爺ちゃん/お父さん/いかれたロック歌手になってしまった息子/三流大学生の息子/高校生の息子/etc.

F-mi:
お婆ちゃん/お母さん/奥さん(別途特別料金)/生意気な妹/生意気な娘/ちょっとエッチな看護婦さん(別途特別料金)/etc.

M-ri:
お母さん/就職に失敗した娘/大学生の娘/影のある高校生の娘/中学生の娘/小学生の(無理)/etc.

2009年6月 1日 (月)

天地人博(米沢・上杉博物館)

スケジュールがタイトながら、予告宣言したとおり、米沢にも立ち寄ってきた。息子が例の大河ドラマ「天地人」のファンで、事前に調べたら上杉博物館で「天地人博」というのをやっていることがわかったので、そこにも寄った。上杉神社は質素だけど、上杉博物館はでかいのなんのって。そしてまあ、大盛況。大河ドラマってのは凄いね。

その天地人博のいいところは、あくまでもNHKの大河ドラマ(天地人)の博覧会ということであり、妻夫木が演じる直江兼続の鎧兜や、高島礼子の演じる着物を展示してあっても、それは歴史的に貴重なホンモノではない。撮影の為の小道具なのだ。でも、ファンは、干からびた年代モノを見るよりも、実際に役者さんが袖を通したものを求めるわけだ。

もちろん、ホンモノの書状や鑓も展示されている。それらはあくまでも脇役。そういうようなものをきちんと見るのなら、コホンと咳をするにもためらってしまう博物館に行くしかない。あ、でも、そこも上杉博物館というからには、天地人博をやっていないときにはマジメ(?)な展示をやってるわけだね。

*    *    *

米沢から福島県に行く道は、3つのある。まずは国道13号線の板谷峠を越え、飯坂温泉を経て福島市に下りる道。それが最もポピュラー。二つ目は喜多方を経て、そして会津若松へ向かう国道121号線。太閤が上杉景勝を会津と米沢に改易したときに、行き来するルートを兼続が作ったとされるが、それがその道にほぼ近いのだろう。
もうひとつは、白布峠を越え、桧原湖のほとりへ降り、猪苗代へ向かうルート。

その3番目のルートを通ったのは、ちょっと偶然。初めてのルートだった。当初、板谷峠を通るルートで、できるだけすんなりと東京方面へ向かいたかった。でも、上杉神社の前の道を南下しているうちに白布温泉と猪苗代が表示されている道路標識に惹かれ、ぐいぐいと引き寄せられるようにそちらにクルマが勝手に走りだしたのだ。途中から板谷峠へ向かう道への案内が無かったのもある。クルマにナビが付いていないからこそ出会えた感動でもあった。裏磐梯へ更に裏からアプローチするのはとってもスリリングなのだ。

交通量が少ないのも嬉しかった。こんなところに、と驚いてしまう標高約1000mにある白布温泉郷や、標高2,035mの西吾妻山の中腹から轟々と流れ落ちる二つの滝、雪が所々に残る最上川源流の深い沢、新緑。そして木々の間から見え隠れする桧原湖など、ダイナミックな景観の連続だった。残念ながら峠は霧でまったく何も見えなかった。米沢はこんな凄い山々で三方を囲まれている。そんな山奥に居城し、殖産してゆかねばならなかった上杉景勝の、そして直江兼続の苦労がほんの少しだけ分かったような気がした。

Photo

(↑)双竜の滝

http://baytown.dokkoisho.com/shiba/zaki14/shibazaki_685.htm

(↑) More

未明に帰宅

みちのくへの旅は、経費を抑える為に、ETCの休日割引を利用。日曜に入って月曜に出てもそれが適用される。逆に金夜に入って、土朝に出ても割引OK。今回はその為にスケジュール調整をする。それがまたひと苦労。どうしても割引には程遠い平日の真ん中だとこういうことが出来ない。そういう場合には電車だな、やっぱ。飲めるし。

« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »