無料ブログはココログ

マイフレンズ

« ケータイに管理されている俺 | トップページ | アウネ幕張・ジャズ・ナイト(第2夜) »

2008年8月16日 (土)

深夜のバーミヤン

しばざ記 504

かつて、ベイタウンに24時間のファミレスが出店を希望していた。一部の住民は、若者がたむろして風紀が乱れる等の理由で、出店に反対だった。しかも、アンケートなどを募って、反対運動を煽っていた。その後、バーミヤンが深夜2時までの営業ということで、出店説明会をしていた。そのとき、私も出席していたが、その深夜2時でも「ダメっ!」って言ってた怖いおっさん達がいた。私はバーミヤンの出店には大いに賛成で、怖いおっさんに楯突いた。未だにそのおっさんは、そのことを根に持っているようで、街で会っても、こちらが挨拶しても、無視している。

昨夜はバーミヤンに2時までいた。8時少し過ぎた辺りからいたから、実に6時間くらいいたことになる。2杯目から中ジョッキが390円というキャンペーンをやっていて、ぐいぐい飲んでいた。途中から(22時半頃?)、美人奥様のSさんが入ってきた。久々にお会いする。その頃、私達2人と、Sさん達2人と、あと数人しか店の中にいなかった。たまに深夜零時過ぎでもたくさんのお客がいるときもあるし、昨夜みたいに殆ど誰もいないときもある。かつてその怖いおっさんが危惧していたように、深夜営業のファミレスに若者がたむろするという現象は全く無く、むしろ、深夜たむろしているのは、私を含めて、結構いい歳したおやじ達であることが多い。

ああ、睡眠不足だ。

« ケータイに管理されている俺 | トップページ | アウネ幕張・ジャズ・ナイト(第2夜) »

しばざ記(501~)」カテゴリの記事

コメント

なんか、いまどきバカじゃないかと思いますよね。

スイスって観光立国だから、若者が喜びそうな猥雑なものは規制が多いんですよ。
おかげで若者は行くとこがないから、橋の下で注射の回し打ちをしてる。しかもエイズ防止の為に政府が注射器を支給してる、と。
変に形だけ整えても、ロクなことにならない。

オランダも政府が支給してますよね。チューリップと風車と格闘技と○○の国!(最近のアーヴィングの小説にも、そんな話があったな) ちなみに佐倉は姉妹都市だったっけ??

> 変に形だけ整えても、ロクなことにならない

おっしゃるとおり。
そういうのって、結構、いたるところにありますね。

> チューリップと風車と格闘技と○○の国!

ですかぁ・・・。
昨日は日本が野球でやっつけてましたが・・・。(笑)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/517676/42180406

この記事へのトラックバック一覧です: 深夜のバーミヤン:

« ケータイに管理されている俺 | トップページ | アウネ幕張・ジャズ・ナイト(第2夜) »